<   2018年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

孫のしかめっつら!

孫が来ました。泣きながら家に入ってきた。
「ずーと、こんなんです」と言う。
お腹減ってるのかなぁ~と食事の準備をすませた
大人は、マーボー豆腐、ひじきの炊いたん、孫はチーズ入りの卵焼きに、一口大のおにぎり、豆腐ハンバーグ、

椅子に座らせようとすると、嫌がる・・・いやっ・・という表現が・・なんだか大きな声で泣く・・・自己主張のあらわれか?
皆と一緒が良いんやろうとお膳を囲んで立つ・・・食事も出されたものは、遊ぶだけ、ホークをさして口に入れて出す
・・皆が食べてるものをほしがる・・・なんじゃ、これっ??・・・

にこっと笑ったかと思うと、眉をひそめて眉間にしわを寄せ難しい顔をする。
「なにっ、この顔の表情?」と言うと「最近良くするんです」という。

「あっ!お母さんの真似やね!」と私は笑う。嫁はそうかしら?という顔。
怒られそうな事をして、眉間にしわを寄せて難しい顔をする・・・怒られる前に、している感じ。

もうっ、全て理解できてる・・・表現出来んだけ・・・だから、泣く・・大声をだす。

「私に似て、ヒスかも」と嫁が言う。「これはヒスではないよ!表現出来んもどかしさから、こうなっているだけ、口で言えるようになったら大丈夫やで」

表にでたがるが靴を嫁がもってくると、嫌がる・・靴下でもいいやん・・と孫を連れだす。

喜ぶ・・・歩く・・・何処までも・・今度はユータウンして、家に戻り階段を登りだす・・下りだす・・・老体にムチ打つついてゆく・・
今度はベランダへ登ろうとする・・・「駄目」は言わない・・自分で諦めるのをまつ・・・少し段になっていて、べらんだへ登れない
・・「手伝へ」とは言わない・・・少しトライするが諦めた・・・ユータウンして、階段を下りる・・・決して抱いては行けない・・
好きな様にさせる。

夕方になり、孫は連れ帰られた。

虎も私たちも疲れて、どっと横になった。

虎はゲージに入れなくても、少し距離を置いて孫のそばにいる。時たま触るが・・自然な感じ・・食べ物は孫は全て虎に上げる様子がない・・・次回おしえよう_

成長は時にこんな形でやってくる。

[PR]

by yukiwaa | 2018-06-21 18:02 | 息子・嫁・孫 | Trackback | Comments(2)

孫と遊ぶ

明日は孫がやってくる。毎回、昼ご飯を一緒にするが、最近は嫁さんが遠慮する・・「昼食べてから行きます」とラインがくる。
「遠慮してるの?私はM(孫の名前)と一緒に食べたい!時間が早いですか?」と返信する。「なら、12時に伺います。お昼頂きます」と。

さっあーー!明日はMが手づかみで食べれるものを作ろう・・椅子の下にピクニック様のナイロンをひいて・・息子たちの時と同じように。

一つ目は豆腐と鳥ミンチと人参の小さめの味も薄めのハンバーグ。
二つ目は卵と玉ねぎのみじん切りとチーズを少々入れて、これも薄味で焼こう。
三つ目はひじき入りおにぎり。小さく小さく握る。

大人たちはマーボ豆腐・・・これも小さな子供ようにも作れるのでハンバーグと迷ったんだけど。
小松菜を入れて色どりにしよう。

後はひじきと切り干し大根と人参のお浸し・・・これを孫のおにぎりの中に細かくして入れる。(高野豆腐も出来たらしたい)

今回は経済的に考えた。彼らが気を使わないように、なるべくフラットに、ナチョラルに。

Mがどんな食べ方をするのか楽しみだ!毎回送られてくる写真の顔が違う!

一番最近の写真のMは「なかなかやんちゃそうで、面白そう!」

親を悩ます時がいつかくるのかなぁ~と今から楽しみです。

f0181394_09523358.jpg


f0181394_09522384.jpg


120色の草木染(1月の川島にて)


Mに負けてられません!
私もエンジンかけなっ。


[PR]

by yukiwaa | 2018-06-16 09:56 | 息子・嫁・孫 | Trackback | Comments(0)

不思議な再開

何でも、決めるのは早い私が、ある日・・止まりました。
最低な心身状態・・止まり、沈み、ただ、鬱鬱と体を横たえる、「もう、このまま沈むのかなぁ~抵抗できん」とそんな日々が続いた、
まだ十兵衛が生きていたある日、たぶん、十兵衛は私の気持ちを感じて十兵衛も、毎日大変な日々が続いたそんなある日。

突然電話が鳴った・・携帯か?家の電話か?覚えていない。ただ、静まり返った湿った部屋には、心地よい電話の音でした。
電話の向うに、なんだか聞き覚えのある声、でもすぐには思いだせない声があった。

「もしもし、私、○○よ」「えっ、なんと珍しい・・どうして電話番号知ってるの?」そんな会話が続いた。
彼女は私の高校時代2年間勉学を共にした友人でした。でも卒業後は、彼女は就職、結婚、出産、離婚・・と続いて、ボーと毎日を学生気分で過ごしていた私とは
接点がなく、縁遠くなっていた。
卒業してからは、数えるほどしかあっていない。でも、考えると彼女の人生の節目になぜか出会っていて、彼女はそのたびに正直に自分の状況を話してくれていた。
だからか。30代の頃、彼女が生命保険会社に就職していたのを知っていたので、一度説明を聞きたいと京都の、その頃は借家住まいだった私の家に来てもらった。
それ以来、殆ど、連絡も取っていなかった。そんな彼女からの電話は、沈んでいた私を「元気」に」してくれた。
「なんだか、電話の機種が変わるたびにあなたの電話番号は消す気にならず、久しぶりに如何してるかなぁ~と思って、元気?」それが彼女の第一声でした。

歯切れの良い話し方、元気で、明確な単語・・・40年近く大手の生命保険会社に勤め、部下も持ち、その頃ではめづらしく女性ながら出世していた。
彼女の話し方には、生活の苦労よりも仕事でえた自信がみなぎっていた。

私は、知らず知らずのうちにその頃の自分の状況を話していた。

彼女は私の個人的な悩みを。真摯に聞いてくれました。時たま、彼女から出る言葉にハットさせられ、知らぬ内に、堂々巡りの私の感情から、出口が見え始めました。

そんな会話が、何度続いた事か! 接点のなかった長い時間を埋めるように、私たちは話した。市外電話でしたが、使い放題の携帯の御蔭で、通話料はかからず、
まだ携帯を持って間のない私には、携帯の便利さを嫌っというほど感じました。

気持ちはほぐれ、考え方もおおらかになってゆくのが感じられました。

話を聞いてくれた彼女に感謝しました。「ありがとう!おない年なのに、ずーと年長者のようで、しっかりしてるね」と言うと
「何度も、修羅場を越えてきてるから、色んな人を見てきたからね」と彼女は言った。「あなたはそんな経験が少ないだけ、何もしっかりしてるのとは違うよ」と。

彼女は人生の苦労のなかで、仕事で、もまれながら、決して世慣れせず、学生の頃の「良いもの」を置き忘れず、そこに居た。
私はそれが嬉しくて、安心して話せたのかもしれない。

去年、彼女は、同居していた母親を看取り、49日が終わったら会おう・・と約束していたが今度は私が白内障で手術・・また春になれば会おう、暖かくなったら・・と言っていた。その矢先に、彼女の弟が亡くなり、彼女は家の中心的な立ち場で、すべての法要をすませた。母親の時と同じように。
彼女は疲れ果てていた。通夜、葬式、納骨、法要、一人でやるには・・それは大変だったと思います。ある日梅田で歩けなくなり、座りこんだ彼女、それから
病院通いが始まりました。

明日検査入院します。彼女に何もないように・・ただ祈るだけです。

私を元気にしてくれた友人の一人・・沢山の友人に助けられ、私って、今があるようです。

頼んない私・・・まだまだ、私の周りの友人には元気でいてもらわんと、困ります。

あなたも、あなたも、あなたもです!!

元気でいる事が、どれほど大切なことか!

<めまい>なんかにまけない!そんなの病気じゃない。

人との別れもあるが、素敵な出会いもある。真摯に素直に、接しられる人は少ない。

縁に感謝する・・・そんな雨の朝でした。




[PR]

by yukiwaa | 2018-06-13 18:12 | 親戚 友人 | Trackback | Comments(0)

言葉の大切さ

長年のお付き合いの近所のおばさんー
私より年上で娘さんがいる。最後に結婚した娘さんが3人目の子供を産む。
彼女はいつも早い時期から安静にしないと「流産」の恐れがあり、そのたびに母親である私の友人は、お店をしながら、娘さんの所へ通う。
幼い孫の幼稚園のお迎えと夕飯と洗濯のために。勿論お姑さんもいて義婿もいるが、会社を経営しているため、お姑さんもお婿さんも忙しくて
できない事は助ける以外ないと彼女は片道1時間以上かかるところをもうっ、3か月も通いながら、お店もやりくりしてる。

疲労もピークだろうとたまに私は顔をだす。

彼女はある日言った。娘が気を使いながら入院してると思うので、なんでも<大丈夫、大丈夫>と言いながら、出来る事はしないとねっ。

「やるべき事はやらんとね」は私の口癖ですが、彼女は「大丈夫、大丈夫」がつく。

誰がなんと言おうと、「大丈夫、大丈夫」と返事する。

この言葉にどれほど、救われたかしれない。

私も年輩になりました。若い子に、何か相談されたら「大丈夫。大丈夫」と言える年輩になりたい!

誰をもそんな気持ちで見る事ができる年輩になりたい!

そんなことは言っていても、あかんたれな私も居るのですがー<つねに、どうしたら良い?>と心で思う。


f0181394_16234107.jpg
                   この花の名前御存知ですか?朝の散歩道で。



f0181394_16203221.jpg
虎と仲良く・・幼いふたり。

f0181394_16204213.jpg
わたし、バイクにのるのよっ!

f0181394_16205103.jpg
この人はだれだ?
しっかり目線を合すふたり。

f0181394_16214426.jpg
お父さんはうるさいんだよねっ!好きにさせて!!

f0181394_16221666.jpg
川島にて~~

只今仕事休職中??復帰後が不安??

[PR]

by yukiwaa | 2018-06-02 16:34 | 学び | Trackback | Comments(2)