カテゴリ:京都ぶらぶら( 83 )

観世会館  能楽堂

遠足が待ち遠しくて、眠れなかった小学生のように、私は何かしらの興奮を覚えてその日を楽しみにしていた。
観世会館・・日常の生活とは、かけ離れた世界へその人は私を誘ってくださった。
普段は「能楽堂」として「お能」をやられるそうだが、
今回は「邦楽を楽しむ会」素人の旦那衆が“おさらい会”としてやられるとかで、素人と言えども、発表の舞台は一流である。旦那衆だけでは「華」がないと言うので、芸者さんが笛、小鼔、太鼓、三味線を弾かれたり、舞をこなされる。
初めての私は、朝は何時もよりも1時間早く4時に起きて、仕事を手順よくこなし、早々と12時を聞くなり出かけました。

真正面に陣取れたので、幸いにも臨場感は抜群でした。
皆様には、何も知らない私ですので余計な解釈は抜きで
写真だけで楽しんで頂ければと思います。

では、はじまり~はじまりーのブザーがなります。
f0181394_13305466.jpg

f0181394_1332519.jpg

f0181394_13331156.jpg

                長唄 連獅子  素ばやし


f0181394_1335131.jpg

f0181394_1336215.jpg

f0181394_13361454.jpg

       小休憩   ロビーにて。各花街の芸子さん、舞妓さん達です。


f0181394_1338968.jpg

f0181394_13383018.jpg

f0181394_13384548.jpg

        小唄 辰巳の左褄 
            卯の花      振り   宮川町 ふく葉


f0181394_1341851.jpg

f0181394_13413031.jpg

f0181394_13415068.jpg

f0181394_13421338.jpg

f0181394_13423070.jpg

f0181394_13425246.jpg

        長唄  秋の色種        舞    先斗町 市園

最後のお二人の「舞」は圧巻でした。
ふく葉さん、少し太地喜和子さんに似てませんか?

                               以上です。

誘って頂いたEさん、有難うございました。
ブログでのお知り合いの方とは初めての「お出かけ」でした。
未熟者ですが、これからもよろしくお願いします。

装い
[PR]

by yukiwaa | 2008-10-29 13:53 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(14)

歌舞錬所へ行く。

10月13日月曜日。祝日ですが、お店は休みました。
主人は同窓会へ琵琶湖近くにある友人の別荘へ。
私は上七軒の歌舞錬所に「日本舞踊・長唄・三味線」等を見たり聞いたりを、15歳からの友人,彼女と二人で出かけました。
二人で1時に待ち合わせ、2時間ほど北野天満宮でブラブラして歌舞錬所
へ入りました。

f0181394_15225143.jpgf0181394_1523326.jpg













f0181394_15232748.jpgf0181394_15233987.jpg











f0181394_1524252.jpg
このお庭は夏はビヤガーデンになり、舞妓さんもサービスしてくれはります。男はんもたまには気分変えて着物姿の舞妓さんを見ながらビール!
唯、狭いので遅く行くと入れないそうです。

f0181394_1528414.jpg












f0181394_15292761.jpgf0181394_15294456.jpg












舞台は当然ですが、カメラ禁止です。これでも大変でした。
もっと、詳しく知りたい人は「芸舞妓の雅」をご覧下さい。

友人と語り合う

肩ならべ 友と語りて 雲流れ 語りつくせし 老春の夢


美味しいお酒でした。

付録
[PR]

by yukiwaa | 2008-10-14 15:34 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(22)

8月15日のお出かけ。

もう、空気は秋なのにお盆の頃の話かいっーって言われそうですが、
なんか時間が止まってたので、

今年は2日間のお休みをもらい初日は私の実家へ「仏様に挨拶」。
二日目はブラブラと京都の町を歩きました。

阪急電車で河原町へ
そこから暑い昼間なのに歩いてブラブラ寺町夷川まで「寺町見物」です。
京都には32年住んでいるのに知らないところばかりです。
お店と家の往復の私でした。
私の生活圏は半径500mとお店を始めた頃はよくぼやいてました。

■唯屋(ただしや) さんです。アンテーク着物と小物のお店です
f0181394_15255714.jpg


ご主人の名前が「正」なのですがこの漢字が気に入らなくて「唯」この字を使いたくて屋号を「唯屋」としたそうです。
此処の女主人が感じが良くて・・要するに「信用してもいい人」的な。
私はすっかり気に入りました。

何の知識もなくて始めたとおっしゃってました、ご主人のペースで。
私と全く同じ・・そこにも分かる気がしました。

そして買ったのが絹紅梅の着物と絽の帯。初めての夏物です。
f0181394_15331682.jpg


  この、帯締めは私が手で組みました。
  組紐ですが道具を使わないやり方です。

寺町のお店たちです

 
f0181394_15363240.jpg

  三嶋亭  肉屋さん  美味しいすき焼きもあります。

f0181394_15375587.jpg

  一保堂  お茶屋さんです  美味しいです。
f0181394_15414315.jpg

  閉めかけの紳士服屋さん  懐かしいミシンが・・
f0181394_1542518.jpg


 京都市役所です。

f0181394_15433260.jpg

  寺町のヤマシタさんです。

  此処から歩いて出町柳に~~
 これからは又の機会に・・京都ブラブラです。町なんでお店が多いですが今度は山・川も良いですね・・
[PR]

by yukiwaa | 2008-09-24 15:45 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(10)