モジリアーニと竹久夢二・・とクリムト。

モジリアーニ展は9月15日まで。

f0181394_14514214.jpg


  中ノ島国際国立美術館

木曜日の「着付け」をさぼり、以前から約策してた友人と出かけた。

若い頃、この人の「絵」に惹かれ京都の美術館へ見に行った事があった。
それが昭和48年・・それから35年ぶりの再開であった。

f0181394_14523115.jpg


  昭和48年に京都の美術館で買った本。


裸婦スケッチが多く、出品作品も多くて、初めての中ノ島国際国立美術館は広くて、見ごたえがあった。

所々に、長いすがあり、休憩できるようになっていた。

モジリアーニのスケッチが「絵描きの」それと違うのでは??と感じながら見ていた。
ある長いすに座られていた派手目のワンピースに民族的なアクセサリーをつけた、足の悪いご婦人に私は思い切って尋ねてみた。
「絵お好きなんですか?」
彼女は、怪訝な顔もせず私に答えてくれた。
「主人が彫刻家だったんです。モジリアーニも彫刻家希望でしたでしょう。
彼の彫刻良いですよ!」
「あぁ、あの裸婦のスケッチ図、画家らしくないんですが・・」と恐る恐る聞くと
「あぁ。あのスケッチは彫刻家のスケッチですよ!。太い線、強調した部分。バランスは二の次でしょう」。と彼女。

そうです。素人なので詳しいことは分からないけれど、「あのバランスのなさ」が私は不可解でした。

「なるほど・・」

もう一度彼の作品を見てまわる。
昔、彼の作品だと勘違いしてたのが今回、クリムトの絵だったことが分かる。

私が若い頃モジりアーニに恋してた頃、
主人は竹久夢二に惹かれてた。

不思議な縁で私は主人と出会い、竹久夢二ともであった。

35年ぶりに、頭の中で混乱してたクリムトとモジリアーニと竹久夢二の絵を並べて見てみたい。

f0181394_14553557.jpg


 クリムト(1862年~1918年)ユーデュト

f0181394_14574921.jpg


 竹久夢二(1884年~1934年)黒船屋

f0181394_14592991.jpg


  モジリアーニ(1884年~1920年)黒いネクタイの女

偶然なんでしょうが、似てませんか?

夢路とモジリアーニは同じ生まれ年。肺結核で亡くなるのも同じです。
夢路は32歳の時東京を離れ、京都二寧坂に転居。

More
[PR]

# by yukiwaa | 2008-09-12 15:18 | 生きものいきいき | Comments(4)

花かご。

北陸の方から出稼ぎにきたおばさんから買いました。
もう、8,9年前です。
今は、もう、来ないです。あの、おばさん、如何したのかなぁ。。。

f0181394_15404742.jpg


  籠の下の台(?)は主人の実家からの頂き物。
  mikiさんならどんな風にいけるでしょう?

これだけでは寂しいので・・

f0181394_1542478.jpg



  どうでしょう?可愛いでしょう。
 「どうでもいいけど。僕、そろそろ、昼ねしたいんだけど・・」。
[PR]

# by yukiwaa | 2008-09-10 15:46 | 生きものいきいき | Comments(8)

ありがとう。

8月の23日に次男から、突然「結婚式のスライド出来る?」と聞かれた。

「うんっ、」と答えたものの、「すだち君」にブログで尋ねる事に・・
丁寧にメールでの返事・・・
私も"拡張子”などはソニーに電話してサポートを受ける。
どうにか出来そうなので、
次男に「出来そう・・」というが、彼は私に任せるのではなく、
自分でするつもり。

「分からない事だけ教えて」と言うがそれが大変だ!!
半人前の知識のものがクオーターの知識の者に伝える。
至難の業。

が、そのブログでの「スリランカ頼り」の人が
親切に自分で作られたスライドを「時間限定」で見せてくださった。
息子には事情を言い「見本」を見て参考にするように言う。

夜の11時過ぎにその「スライドの見本」はきた。
"約束のもの”として。
息子と二人で見た。見ながら私は眠りについてしまった。

それから、写真やCDが揃ったのは、8月の末。
結婚式は9月15日。
急がないと^^^

何やかや言いながら息子は友人の結婚のスライドをつくった。

息子の友人は高校の1年の時、
父親をなくし、母一人子一人になる。
その後、「やんちゃ」をしながら、親不孝もしながら、
高校も中退して・・母親とぶつかり家を出る。
いろんな災難が彼を襲った。何人かの友人は離れていった。

私も母としてヒヤヒヤしながら息子と彼を見ていた。
いやっ、いらん事も言ったと思う。。。。
でもいつも息子はぶれない。
「あいつは友達やし・・」。と言い切る。
私は生唾を飲み込んだ。
黙ってみている以外ない。

何年かたって、彼は大工さんなった。
親方にも恵まれ、真面目になり、親の元に戻り、
母親思いの息子になっていった。

スライドを作る時息子は彼が、学歴がないので、
「~~時代」とは書けない。
そこをきずかって、とてもシンプルに仕上げた。

音楽はヒップホップ調の曲で「RSD」アーチスト。
アルバム「DICE」曲は「感謝」だ。女の子の幹事が決めたらしい。


ちなみに息子の友人は父親が亡くなった時に、
その保険で買っておいた土地に自分で家を建てた。
新居だ。いずれ母親も住むという。

ここに、
ブログで協力して下さった彼(旧姓セイロベンケイさん)
にも「ありがとう」。
息子は貴方のアドバイス「写真1枚だいたい7秒」を
基準に作りあげました。

スライドの一部です・・

More
[PR]

# by yukiwaa | 2008-09-09 15:53 | 生きものいきいき | Comments(8)

なんも、言ってないです。。僕。

f0181394_154507.jpg
f0181394_155287.jpg





f0181394_1564551.jpg

f0181394_1582878.jpg



f0181394_159455.jpg

f0181394_15102185.jpg





皆が食卓につくと、十兵衛も自分の場所を決めて、お行儀よく座ります。
何か言いたそうに・・目だけが訴えています。。
でも、お父さんは「きずかぬふり」を決め込んでいるようです。
だから、僕も「何も言ってないです・・ほしいなんて・・」。
柴犬の意地。
「つらいの~~十兵衛」。
[PR]

# by yukiwaa | 2008-09-08 15:11 | 生きものいきいき | Comments(12)

あれっ、鈴虫がないている・・チンチロチンチロチンチロロ。



いったい、何匹いるでしょうか?
たぶん50匹以上はいるかもしれません。
近所のお兄さんからもらった鈴虫の赤ちゃん。
「ホコリの子」のような吹けば飛ぶような大きさでした。
2ヶ月たち、8月の末ぐらいから鳴き始めました。
鳴くと寿命は一月だそうです。
ひとツガイで30個の卵を生みます。
うまくいけば、来年孵化します。

こうして「生」が繋がってゆきます。
[PR]

# by yukiwaa | 2008-09-08 11:03 | 生きものいきいき | Comments(4)