そうはいっても、いい世の中じゃないですか

f0181394_1542728.jpg

  (雪がふるーーあなたは来ない)

   待っても来ない人を待つプラットホーム
   一人で何時までも線路を見つめて
   この線路をたどればあなたに繋がるのでしょうか

   何時もかえらない答え
   ないかもしれない答えを求めて線路を見つめる
   そこは冷たい風がふく

   何時までも彼方からくる電車を待って
   線路に響く電車の音に耳を傾ける。

   その微かな音に望みをかけて


 
f0181394_1455380.jpg


   そうはいっても、いい世の中じゃないですか・・ゴジラさんは偉い!!
[PR]

# by yukiwaa | 2008-09-25 14:58 | 生きものいきいき | Comments(4)

8月15日のお出かけ。

もう、空気は秋なのにお盆の頃の話かいっーって言われそうですが、
なんか時間が止まってたので、

今年は2日間のお休みをもらい初日は私の実家へ「仏様に挨拶」。
二日目はブラブラと京都の町を歩きました。

阪急電車で河原町へ
そこから暑い昼間なのに歩いてブラブラ寺町夷川まで「寺町見物」です。
京都には32年住んでいるのに知らないところばかりです。
お店と家の往復の私でした。
私の生活圏は半径500mとお店を始めた頃はよくぼやいてました。

■唯屋(ただしや) さんです。アンテーク着物と小物のお店です
f0181394_15255714.jpg


ご主人の名前が「正」なのですがこの漢字が気に入らなくて「唯」この字を使いたくて屋号を「唯屋」としたそうです。
此処の女主人が感じが良くて・・要するに「信用してもいい人」的な。
私はすっかり気に入りました。

何の知識もなくて始めたとおっしゃってました、ご主人のペースで。
私と全く同じ・・そこにも分かる気がしました。

そして買ったのが絹紅梅の着物と絽の帯。初めての夏物です。
f0181394_15331682.jpg


  この、帯締めは私が手で組みました。
  組紐ですが道具を使わないやり方です。

寺町のお店たちです

 
f0181394_15363240.jpg

  三嶋亭  肉屋さん  美味しいすき焼きもあります。

f0181394_15375587.jpg

  一保堂  お茶屋さんです  美味しいです。
f0181394_15414315.jpg

  閉めかけの紳士服屋さん  懐かしいミシンが・・
f0181394_1542518.jpg


 京都市役所です。

f0181394_15433260.jpg

  寺町のヤマシタさんです。

  此処から歩いて出町柳に~~
 これからは又の機会に・・京都ブラブラです。町なんでお店が多いですが今度は山・川も良いですね・・
[PR]

# by yukiwaa | 2008-09-24 15:45 | 京都ぶらぶら | Comments(10)

あるこう・・好きなように。

f0181394_22284190.jpg


f0181394_2229064.jpg


f0181394_22292137.jpg


f0181394_22314188.jpg


f0181394_2232156.jpg


お蔭様でパソコン修理が終わりました。
日ごろの行いが良いのか無料でした。ラッキー!!
1週間はパソコン休刊日。


こんな日があって、
私は四角い画面の向こう側から戻れた。

脂汗。。
仕事中なのに、体がそこにないような、何処で何の汗なのか分からない。

地に足着けて、一日一日をがむしゃらに駆け走った日々。
気がつけば32年。

振り返れば、昔の「あれ」も「これ」も“おもいでのなか”。
現実のこちら側が過去のあちら側を“おもいでのなか”の存在にとどめて
私は歩いていた。

これからも、こちら側からしか発信できない。
そこに私がいるから。

ホップ・ステップ・肉ばなれ  
しながらしか私は歩けない。
[PR]

# by yukiwaa | 2008-09-22 22:50 | 生きものいきいき | Comments(6)

故障です。。。。

メンテナンス中に付き、暫くお休みします。

メールなども届きません。

用件の方は鍵コメでこのブログに書いてください。

時たま、見にこれたらきます。
[PR]

# by yukiwaa | 2008-09-15 05:37 | 生きものいきいき | Comments(5)

オーム真理教信者達の「あちら側」と市民社会の「こちら側」

私の読書本は京都新聞といって過言ではない。
その京都新聞に、毎金曜日の朝刊に「風の歌」と言う文芸欄がある。

6月頃から、「村上春樹」を扱っていて、私や主人の世代には馴染みのない作家だが、このブログの誰かさんが「好き」だとして、よく紹介されていたのが耳に、イヤッ目に残っていた。

毎週、作品の紹介がある。
京都新聞といえば、
養老猛司さんか梅原猛さんがお馴染みさんだが、
最近は京都新聞も若いライターが増えたのか、珍しく「村上春樹」です。

主人に仕事中聞いてみる「村上春樹って、読んだ事、ある?」
パンをこねながら、主人曰く「ないなぁ~~海外で評価高いやつやろう^」
「そうなん・・、形容の仕方が昔の文学とチト違うなぁ^」
パンの客用トレーを拭きながら私がいう。

村上春樹にたいしては、この程度の見識しかない。
若い人に笑われそうですね。

でも、今回初めて買ってみた。
「アフターダーク」2004年現段階では村上春樹さんの最新の長編作品です。

なぜ、買う気になったか、この言葉です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以下抜粋-
「目印のない悪夢」に
「あなたが、今持っている物語は、本当にあなたの物語なんだろうか?
あなたの見ている夢は本当にあなたの夢なんだろうか?」
・・・これに続けて・・・

「それは何時かとんでもない悪夢に転換していくかもしれない
誰か別の人間の夢ではないのか?」
   と村上さんは加えている。

このように、「アフターダーク」の「向こう側」も、
また本当の自分の物語ではない世界。
今のあなたが生きる物語や夢は「本当に自分の物語だろうか」
「本当に自分の夢だろうか」と迫ってくる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

More
[PR]

# by yukiwaa | 2008-09-14 16:21 | 生きものいきいき | Comments(4)