兎の眼  灰谷健次郎

灰谷健次郎  兎の眼

f0181394_16210526.jpg
時代は半世紀前。
人々がやさしさと共同帯の意識の中であたたかく生活していた時代。

一度、読んだら泣かされる。
癒される。

おすすめの本です。

今の時代に欠けてしまっているものがアリアリと浮き彫りにされ
我々が何かを失っているのに気づかされる。

時代は変わっても求めて止まない
人間の本質。

「優しく」いかなきゃ~
と反省の日々。

文庫本で売ってます。


[PR]

by yukiwaa | 2016-03-27 16:27 | 生きものいきいき | Comments(4)

将軍塚青蓮院

忙しく、睡眠不足のまま「親の挨拶」へ出かけた昨日。勿論着物で~~
何故か私の姑さんの挨拶の時の「着物姿」の印象が強烈で、なぜかあの当時、姑さんに言われた、これからの主人との生活へのアドバイスや家としてこれだけはやってください・・と3つほどでしたが言われたのをはっきり思い出した。
私は、素直に聞き入れて、がんばろう!と思い姑さんの言葉を忘れた事はなかった事に今回、あらためて気が付いた。
あれから40年近くたち、今度は私が「姑」になる。
時代が移り、変わった。
私はこれからの若い彼ら、彼女たちに何かを伝えられるのだろうか?
私の姑さんのように、私の母のように。

こうゆうことを考える事が・・・「古い」といわれそうです。「古い」「昭和」だと。

玄関先から
緊張からか、失敗の連続^^相手さんも失敗?・・・お相子で無事終了!


今日は「墓参り」母、姉、義母、義父へ報告。
墓参りの途中、なぜか、安堵したのか、めづらしく主人が「将軍塚」へ車のハンドルをきった。

京都市内を一望できる。少し上がると青蓮院門跡の裏山の上にある青蓮院殿がある。
そこで、動画を撮るというのでヘリウムバルーンを上げようとしているグループに出会った。

ドローンが許可がおりない為、ヘリウムになったようでした。

f0181394_21211263.jpg
  京都を一望・・

f0181394_21212430.jpg

  
f0181394_21213925.jpg


f0181394_21214753.jpg


f0181394_21215903.jpg


f0181394_21220617.jpg


f0181394_21221541.jpg
無事あがりました。

すごい技術。
何という時代。
人も違うんだろうか?

ホンマに古い時代を生きた人になってしまったのか?
でも、自分の生きてきた道に悔いなし。








[PR]

by yukiwaa | 2016-03-22 21:40 | 京都ぶらぶら | Comments(2)

やさしは~

虹の色
                      高田 敏子

      やさしさは
      ほうれん草の根元の
      あの虹の色のようなものだと
      ある詩人がいった

      その言葉をきいた日
      私はほうれん草の一束を求めて帰り
      根本の虹色をていねいに洗った

      二月の水は冷たい
      冷たい痛さに指をひたしながら
      私のやさしさは
      ひとりの時間のなかをさまよっていた



   腰が痛んだとき、長い家での時間で数冊の本をよみました。その時に間違って
   頼んだ↑の本が意外に面白く、古い本ですがのせてみました。

   息子が仕事が忙しく日曜日も祝日もなく、親の挨拶ができていません。
   何もかも息子に100%合わせて、ジリジリしながら、ただただ、待ってます。

   親の挨拶なのに、息子たちも同席するんですね。
   結納がないため、リラックスした「親の挨拶」になるみたいです。

f0181394_15380681.jpg
    ふたりのむすこ   小学生1年と幼稚園
    
f0181394_15374949.jpg
 
       ふたりのむすこ  6年生と3年生   
 小さい方の子が今回、お嫁さんをもらいます。
   

[PR]

by yukiwaa | 2016-03-05 14:20 | 生きものいきいき | Comments(4)