<   2015年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

色々な診断

今まで、色々な腰痛は経験していたが、今回のは、左ひざ下外側が電気が走ったように痛かった。それでも単なる腰痛と思い仕事をいつも通りしていたが、ある日の朝起き上がれないぐらい痛みが襲い、めまいもした。その日は店を休んだ。
主人も「臨時休業」の張り紙をして店をするのをあきらめた。
その日、私は「シルバカーがほしい」と主人に言い、近くの店で買い求めた。
車をガレージにとめてから家までが歩けなかったからだ。ほんの2,3分の距離なのに、休みやすみしか歩けない。
それからは、シルバカーを持ち歩いて仕事をつづけた。
やはり、普通じゃない・・と思い病院へ。
そこはスポーツ障害でやってくる患者がほとんどで、足をよく見る先生がいる・・という話を親戚から聞いていた。

その頃は、余裕もなく、どこの病院を選べばいいか?など考えなかった。考える余裕がなかった。痛くて、ただ病院でないと駄目だなぁ・・とだけ直感していた。
そこで、レンゲンとMRIを撮りました。
その結果を知ることになったのは2週間目でした。
薬は神経をやすめる効果があるのと、血流を良くする薬とロキソニンを1か月分もらって帰った。
何が、なんだかわからない状況なまま、なんで薬が1か月分なのか?それがどう意味なのかも分からないままでいた。

店を休むとという決断と「痛みが」が毎日襲っていた。
薬を飲むと船酔いのようになる・・それも2,3日して慣れてゆきました。
毎朝起きると「よくなっている」と信じて眠りについていた。

でも、相変わらず朝起きると台所までは少しの痛みで済むが、すぐに痛くて横になる・・と言う日が続いた。

もう、いいや。手術も視野にいれようと考え始めたとき、ある有名な病院へ行った。

「これは、もう手術しか根治はしません、それはあなたが判断することです、成功率は85%」と自信ありげに先生は言い放った。
「やっぱりなぁ」と変に納得した。主人も「信頼できそうやな」と言った。
二人して帰り、あくる日その病院へ電話した。覚悟を決めて電話した。
「手術の日程や費用など教えてほしいのですが」と言うと
「相部屋は5年待ちです、個室なら2万円、4万円。6万円とありますが個室も6か月から1年待ちで、確約はできません」と
ゆははった。
頭が混乱した。

主人と話した・・・話すうちに昨日主人の診察の際に私の症状ばかり気にして聞いていた掛かりつけの先生を思いだした。
人間的な心配を見せてくれていた先生、そうだ先生に相談しよう・・と思いついた。
主人が「何、相談するねん」と聞いたので、「分からんけど、どこ行けばいいか相談する」と言い。先生に予約した。

先生は待ってましたとばかりに私のMRIを見ると、丁寧に症状を分析して、図まで書いて説明してくれはった。それに問診も丁寧に聞き込んでくれ、足の触診や横になった時の足の動きまでみてくれはった。

今までのどの先生よりも丁寧で誠意があった。足の触診などしてくれた先生は今までいなかった。

「先生、こんなのもみはるんですか?」と私は言った。

町の掛かりつけ医はともすれば風邪をひいたとき、下痢をしたとき・・・と簡単な病気だけだと思っていた。
思えば、その先生は大阪の大きな病院の脳神経外科で働いていたお人でした。町医者といえども、立派な最新式の「MRIの装置」があるのです。考えれば何時も頭のMRIを撮ってもらっていた。お医者の家系で3代目でした。
いつも気にかけてくれていたのだ。
先生の立派さを再認識した。

その先生の見立ては「黄色靭帯よりも椎間板が神経根にあたっているとおもう。狭窄症はそれほどひどくないので、手術はいらんかもしれません」と言われた。
「最初から手術を考えないで、温存方法を考えてみた方がいい。シルバカーでどこまでも歩けますか?台所で2本の足で10分ぐらい立ってられますか?」と聞かれた。

今日は午前中にシルバカーで20分歩いてみた。夜は30分歩いた。時たま痛みは感じるがドウシヨウモナイ痛みでなかった。
明日からは筋力の低下を防ぐため、シルバカーで歩こうと思う。

8月25日と9月1日に、診察があります。
脊髄専門の先生です。

すべてはそれから考えようと思います。
8月はお盆までは完全な夏休みになりました。

私の足の痛み次第では盆明けに店を開けようと思います。
旦那が退屈でたまらんようで、私も前向きにこの状況を乗り切らんとあかんなぁと思いました。
生活は、働かんと成り立たんみたい^^^わたしたちは。

明日から、織もやろう、この時間がたっぷりある時に歯医者も行っておこう・・と思いました。

あと2週間で働ける体になりますように~~


[PR]

by yukiwaa | 2015-07-30 23:56 | 生きものいきいき | Comments(9)

大船鉾  後祭り

京都に住んでいるのに、今年は祇園さんへはいけませんでした。
息子のブログから写真を借りての祇園祭後祭りの大船鉾をご覧ください。

先祭り、後祭りは昨年50年ぶりに復活、大船鉾は焼けてから150年ぶりの復活になりました。
祇園祭はどこの鉾も山も町内の人たちの尽力で出来上がるのがすごいのです。

我が息子の店の町内の大船鉾・・とあって珍しく彼も鉾に乗ったようです。
お店をして丸9年、10年目に突入、さすがの若者も大船鉾のありがたさを感じたのでしょうか?

それでは借り物の写真で・・どーぞ後祭りの宵山をご覧ください。

f0181394_18040249.jpg

     家主さんからいただいた拝観券・・だそうです。これは出かけないと・・  
f0181394_18034151.jpg

  
f0181394_18035175.jpg

  
f0181394_18031256.png
    150年前の大船鉾。この絵を見ながら復元していったとか・・町内の方々の熱い思いが感じられます。


f0181394_18024683.jpg

   
f0181394_18030244.jpg

  
f0181394_18025478.jpg

      我が息子ですーー暗くて分からないのがいいですね(笑)hair Com美容院をやってま~す。

       少しでも祇園祭を感じてもらえましたでしょうか?
       来年は私も元気になり出かけたいものです。

[PR]

by yukiwaa | 2015-07-24 19:36 | 京都ぶらぶら | Comments(2)

母の17回忌

今日は、母の17回忌でした。
無事、兄家族と我が家の家族と亡くなった姉の息子、娘が御勤めを無事すませる事ができました。
長いお経の間は椅子に座り、終わると皆で食事です。
坂安の出汁巻も持ち寄り、義姉の手作りの料理と大丸百貨店で買い求めた料理が出ていました。

何よりも息子二人が出席でき、乳がんの手術をした姪も元気でおしゃべりに、花を咲かせました。

私が13歳の時に生まれた姪は近くに住み、お風呂も一緒に入り、妹の様な感覚で育ちました。
姪は私の事を友達位にしか思っていないかもしれませんが・・・
ものがなくて、お風呂もなくて、お金もなくて、よく銭湯に出かけていました。でも皆が仲が良く
笑っていたように思います。
その頃の思い出がフツフツと思いだし、そこに我が息子たちがいるのが不思議でした。

楽しい法事でした。甥っ子は私がしゃべるとからかいます^そんなに頼りない<おばさん>
なんでしょうかねーー

ともあれ、腰の悪いのもわすれる位楽しくて、帰りは長男の運転で帰りました。

次男は単独で後から来て、単独で帰りました。方向が同じはずなのに、違う方向へ車を走らせていました。

兄が「何か用があるんやろう・・無粋なことは言わんと・・」と言いました。

皆で笑いました。

お母さん、ありがとう。皆を見守ってネッ   と仏様にまたおねだり。末っ子はいつまでも甘えたですいません~~

[PR]

by yukiwaa | 2015-07-20 17:56 | 生きものいきいき | Comments(2)

腰痛

今日は、寝起きが楽でした。寝返りがうてて、小さな伸びができました。
脊柱管狭窄症・・らしいのですが、それがどこまで悪いのかを見るために今は血流を良くする薬と神経に働いてフォローする薬を飲んでいます。でも仕事をしていると無理をするので、それも「やめてください」と言われました。

単なる腰痛の痛みなら炎症を起こしているときは温めてはいけないらしいのですが、昨日、腰痛・坐骨神経痛という本を買いました。診察で予期せぬことを言われると舞い上がり、何を質問していいか分からないまま診察室を出てしまいます。
気になることが、2つ3つありますので、今回は診察前に勉強しておいて先生に聞こうと思い、本で勉強しています。
どこまで治したいか?どこで手術が必要になるか、温存方法は何を気をつければいいか?
やはり、神経の血流を良くするために、温めるのは良い事らしい・・
それで、午前中と夕方2回お風呂で温めようと思い、朝からお風呂でした。

短い距離しか歩けないので、それがどれだけ歩けるようになるか?痛みも伴わずに歩けるか?・・・だと今は思います。
なるべく、温存方法で妥協したいのですが、働こうと思うとそれはどうかなぁ?と思います。

1日に30分、2回ほど横になる・・・海老状に体を楽にして横になると血流がよくなるように書いてありましたので、それも実行しています。

朝ご飯は、キツネうどんとニシンうどんをしました。
もちろん出汁はコブと鰹でとりました。無理せずここまで体が動いたのです。うれしいーー!
ある程度の動きは筋力の低下を防ぐためには、無理がなければ良いらしいのです。

まだまだ油断してはいけませんね。



[PR]

by yukiwaa | 2015-07-18 13:22 | 生きものいきいき | Comments(0)

夕焼け

夕方、西の窓が赤く染まっていた。
<夕焼け?>と思い、今日初めて表に出てみた。
表とは、玄関先である。
玄関に腰かけて夕焼けを見る。
隣の奥さんが出てきて、お互い中腰で世間話・・と言っても殆ど「病気、怪我ネタ」である(笑)

身体を労われば、治るんだろうか?あのMRIの図が頭にめぐる。

息子が資材を置きにきたのか?取りに来たのか?またガレージで音がする。

様子を見に来ているんだろう~

日曜日も祝日も仕事をこなさないと締め切りまで間に合わない。

腕の良い奴,任せられる奴がいない・・・と言う。

どこも良い具合の人がいない。人手不足みたい。

今日は、夕飯に焼き飯とニラと卵とベーコンのスープをしただけ^^

息子が家にあがってきた。

今日は義弟のお嫁さんが見舞いに上等なゼリーをもって来てくれていた。

息子に「ゼリーいる?」と聞くと「もって帰る」と言う。

一つ二つもらっておこうと思って取ると「ケチやなぁ~」と言われた。

慌てて一つだけ、グレープフルーツゼリーを取ってから箱ごと渡した。

きれいな袋に包んで箱ごと渡した。

誰と食べるんだろう?(笑)






[PR]

by yukiwaa | 2015-07-15 20:09 | 生きものいきいき | Comments(4)

腰痛もちの人へ

しばらくお休みします・・・・・yukiwaa.

と書いてブログを休むつもりでした。

3月からの腰痛からはじまり、股の内側の筋肉の攣れから痛みで眠れなくなり、めまいを起こしていました。
その間、仕事があるので「整体」へ行き治そうと焦りました。

めまいの薬を1日3回2週間飲んだ頃、股の筋肉の痛みが消え始めました。その間は「カイロプラクテック」へ通ってました。
痛みが消えてほっとした瞬間、今度は左足の膝下が痛みました。歩くのが困難になり5mも歩くと一服しないと歩けなくなりました。
これは、ただ事ではない・・・と直感しました。
親戚に膝を手術した人がいて・・「どこの病院が良い?」と尋ねて、G病院へ行きました。

近所の病院で最初は診てもらっていたのですが、診断が曖昧で投げやりでしたので、病院を選んだのです。
2度目に行ったG病院の先生の見立て(診断)とは全然違いました。

レントゲンを撮り、今日はMRIでした。いい結果ではありません。

日にち薬で、まずは炎症を止めましょう・・・そう言われているのに、2週間、仕事をしていました。
「美味しいサンドイッチを食べさせてよ」と早く元気になるように言われると、頑張ろうと思うのですが、
身体が言うことをききません。
ドクターに「炎症止めの薬を出していても、動いていては同じ事。家事もダメ。」診察室に主人も入り聞いてもらいました。
二人でしているお店なので、二人が納得しないと何も前に進まないのです。
息子も心配して、毎日のように家に来て、「いい加減に体を大切にしろ」と言われています。
息子が、家にいたときに比べ・・・優しいです。涙がでそう^^^

大人になった息子に毎日心配されています。それに近所のおばさん友達「いいかげん、仕事休まんとあかよ。もっと
大変な事になったらどうするの!!」と怒鳴られて・・・他人が怒鳴って心配してくれる・・有難いです。

主人はオロオロ・・・指までスライサーで切る有様です。
二人が力を合わせて30年お客様に喜んでもらえるように頑張ってきたお店です。
可愛いし、大切だし、執着もあるのです。

しばらくお店休みます。

腰が悪くなったら一度はレントゲンとMRIを撮っておいて、それをCDに落としてもらい、その症状を承知してくれる
整体やその他の民間治療を選んで下さい。

でも、今診てもらっているG病院のK先生は「病院と連帯していないので、すすめません」と言われました。そうです。
炎症をひどくしたのは、整体やカイロのせいもあるようなのです。気を付けてください。
K先生は手術がうまくて評判な先生です。

そんなわけで折角の祇園の鉾がたつ時期なのに、出かけることも出来ず、何も書けない・・・面白くないブログになりそうなので、辞めようかとも思ったのですが、腰痛で悩んでいる方に読んでもらえれば・・・と思い書きました。

大きなダメージを体に与えないうちに慎重に・・・仕事よりも体が大切です。

今の悩みは「織」ができるかです。私の楽しみを取らないでください・・神様。
姉にも母にも祈り頼みました。
主人は神棚の水を代えてお願いしてる・・・と言う。

でも現実は厳しい・・ように・・・思いたくないなぁ~~

こんな記事でもいいのかなぁ~~??

[PR]

by yukiwaa | 2015-07-14 20:52 | 生きものいきいき | Comments(8)