大船鉾復活、私も復活!!

祇園祭が49年ぶりの後の祭りを復活しました。
京都生まれの主人は高校時代までは後の祭りがあり、小さいときは西洞院まで鉾が通り、小さな弟とお母さんによく連れて行ってもらったそうです。その頃は人も少なくて後の祭りはゆったりとそぞろ歩きが出来たと・・懐かしく思い出し、今回は月曜日は宵山ですが、「行こう!」と誘ってくれました。

まずは150年ぶりの復活した大船鉾を見ました。息子のお店がある新町です。
f0181394_11553180.jpg
 
       
f0181394_11562080.jpg
  まだ、桧の臭いもして真新しい鉾ができました。
  町内の関係者の方々の努力はいままで、ズート新聞で毎年読んでいました。、なんだか嬉しいです。


f0181394_12011318.jpg
 有名な北観音山   人が多い、お昼の2時に家を出たので照りつける日差しも^^参りそう!!

f0181394_12050626.jpg
 動く美術館・・と言われる鉾の飾り、シルクロードを渡ってきた、絨毯やタペストリー。色々な飾りを繋いでいます。
パッチワークの様に。


f0181394_12082127.jpg
  鯉山です。ご神体は全て巡行までは外して展示してあります。時間がある人はやはり巡行を見られたほうが圧巻です。

f0181394_12102491.jpg
  
  世界遺産の鯉山のタペストリーです。


  
f0181394_12114103.jpg
  
    橋弁慶の塗りの橋も外されて飾られていました。弁慶が渡ったのか?



    
f0181394_12131182.jpg

     巡行のときはこの様になるんですね。

   
f0181394_12144465.jpg
  


  
f0181394_12151993.jpg
  源の頼朝です。曾我の兄弟のあだ討ちの絵巻です。十七世紀作です。

f0181394_12181271.jpg

 
永楽屋さんです。美味しそうなお東や佃煮が^^^買ってしまいました。


f0181394_12222923.jpg
  手帳や本を作ってくれるお店です。建物が旧くて趣があり・・・つぃ、便箋と封筒を買ってしまいました。

此処まで来ると財布の紐は緩みぱなっしです。以前から欲しかった長財布・・・買いました。小さながま口も。

f0181394_12235685.jpg

 豚皮を染めて手作りです。色合いも規制的でなく、いっぺんに気に入りました。
 がま口は大好き。??織り・・と聞いたのですが忘れてしまいました。

今日は夕方から旧友がきます。6時には帰ろう・・・お財布もスッカラカンになりました。

たまにイイネッ、やっぱり「四条」だねっ。日々のチマチマしたことに追われている事から開放されて、
すっかり気持ちが大きくなりました。

[PR]

by yukiwaa | 2014-07-22 12:35 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(2)

美味しく野菜を食べよう!!


最近、野菜を食べるようにしています。



f0181394_11402020.jpg
水菜、大根、人参、キュウリ・・です。
大きなタッパに入れておき、3日ぐらいは、毎食食べられえるように保存しています。

市販のノンオイルのドレッシングが飽きたら

f0181394_11445846.jpg
 
手作りのドレッシング。玉ねぎに酢、オリーブオイル、濃口醤油、さとう、塩です。ミリンを入れる場合もあるそうです。

生野菜に、生姜の甘酢漬けを短冊に切って入れ、ドレッシングで頂きます。タマネギは大好きなのでタップリです。

キュウリは少し塩しておいておきます。人参は軽く蒸します。

f0181394_11570333.jpg
 人参の蒸し器・・・下に水をいれてレンジで蒸します。

今日は台所の出窓を掃除です。

f0181394_12044423.jpg
 残りビールで拭くと油汚れが取れるそうです。

  

f0181394_12060925.jpg
  
  今日は此処まで、主人が朝寝から目がさめたら、祇園祭の後の祭りを見に行ってきま~~す。

主人は懐かしいそうです。小さい時はよく、母親に連れってもらったそうです。


追伸・

f0181394_11431450.jpg
 キンピラも良いよ!野菜だけです。こんにゃく、人参、万願寺、牛蒡、・・・それに七味です。
 試してみて!!

















[PR]

by yukiwaa | 2014-07-21 12:11 | 食べものモグモグ | Trackback | Comments(1)

若者が選んだ仕事は

気になっていたので、昨日の若者を呼んだ「食料を取りにきて」と言って。
丁度引越しの最中だったが彼はやって来た。

「途中で辞めるということは、即戦力にならんから、たいしたお金にはならんね」と冷たく言う私。
「僕、少し、甘かったですか?」と彼。

「うん、甘い。社会を甘く見てる」と私。
「でも、僕も宮大工で8年頑張ったんやから・・」
「それなら何で、同じ大工で勝負かけんの?」
「声もかかっているけれど、2年位で、はい!辞めます・・とは言い辛い人間関係の人なんで^^^」と言う。

「2年になるか、子供がせめて小学校へはいるまで・・・と思うか、まだまだ勉強センとあかんことがあるやろ」
「先は分からんで・・」と畳み掛けるように彼に言う。

「分かった、もう一度考えてみる」。
「おあばちゃん、僕がやりたい有機農法で美味しい野菜が出来たら、もってきたいんや。それが夢や」と若者は言う。

「はやっ、頑張れ!おばちゃんが生きているうちに」
「有機農法で農業している僕をみたい?」
「うん、見たい!」。

若者が頑張れうように少しでも力になりたい!

しっかり彼の言う事を聞いて、ついて行くという彼の嫁さん。
「生返事なんとちがうか?」と意地悪く聞いてみた。
「ううん、しっかり考えて、僕についてくる・・言うテル」
「良い小やなぁ」まるで、お姑さんみたいな目線で見ている私です。

「今度は嫁さんも、子供もつれてくるわ」

「うん」と私。

店を閉める準備をしながらの会話でした。

「ありがとうございました」と主人にもお礼を言って彼は帰って行きました。
[PR]

by yukiwaa | 2014-07-19 21:08 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(2)

頑張れ!若者よ。

若い男の子、宮大工をめざして頑張っていた。
店に来たときにチラッと話す仕事への情熱はすごいものがあった。

私は楽しみにしていた。
でも、ある日、彼はこぼし始めた。
四国へ行く・・修行するために、今の宮大工の修行を一旦おわり、他所でやってみようと言うのだ。

あれから4年が経っていた。
久しぶりにあらわれた彼は「父親」になっていた。

宮大工を辞め。今はアルバイトで「○○工事」の仕事をしている・・と言う。
正社員になってくれ・・とも最近言われてきたが、「自分のしたい事は他にある」と思い、彼は正社員にならないでいる。

「自分のしたい事」を話してくれた。
私は大賛成です。

目力があり結構頑固な男の子、まだ26歳・・・・「大丈夫やれる」と私は言った。

奥さんと子供を引き連れての仕事への挑戦は、「まずは貯金」だと思う・・と彼も言っていて、私もそれは勧めた。
でも1日8000円の日給では親子3人で食べていくのがギリギリだと言う。

結構、定時に終わる仕事らしいので、どこか夜はバイトでも^^^という考えはあるが、まずは我が家の息子に「水道設備の仕事」がないか聞いてみた。
「今は忙しくて、即戦力がほしい・・」との事。今の息子の仕事のやり方では、人を育てている余裕がない。

彼の力になれない。電話で連絡した・・・それほど、がっかりでもない声の色であったので少しホットする。

「今の所で正社員になれば?子供もいるしね」と言うと彼は「いやっ、違う方法を考えてみる」としっかり目指した仕事への気持ちはぶれていないようだった。

結婚は良いが、子供はまだ早いだろう、男の子が人生の己の仕事を決めて、それを自分のモノにするまでには、相当な努力と粘りが必要だ。子供の事も考えて、奥さんの事も考える・・・大変だろうなぁ・・とあばちゃんは思いましたよ。

大学の研究室で研究されている方でも大変な時代です。

15歳のハローワークでも言っているように、目を見開いて、心を大きく持てば、そこに己に適した仕事が必ずある。

彼は資質的にも。粘りも頑張りも、良い意味での頑固さもある。

誰の声にも耳をかさず、己の仕事へ邁進してゆく彼の姿を応援したい!

又、おしゃべりに来てください。今度は忘れずに<食料のお土産>用意しとくよ!!






[PR]

by yukiwaa | 2014-07-18 21:22 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(0)

作る楽しみ三昧

 
お店のサンドの野菜など買うので色々なお店に立ち寄る事が多くて、でも手のかかるものは当分作らない・・と決めていた。

裂き織りのカバンを仕立てないと^^^待っておられる方がいる。
f0181394_17302754.jpg
  
誘惑に負けて買ってしまいました。
甘酢漬けと新生姜の佃煮に挑戦することにしました。

f0181394_17390556.jpg
スプーンで皮をむき、水に浸しておきます。30分から1時間。水から湯がいて生姜の辛みを弱めます。
生姜らしい辛みが好きな方はさっと2,30秒湯がいてください。我が家は水から湯がきました。
その間に咲き織りのカバンを縫います。
これは生姜の佃煮を煮ている鍋です。砂糖、濃口醤油、お酒、ミリンで煮ます。

f0181394_17412226.jpg
甘酢漬けです
f0181394_17414984.jpg
 生姜の佃煮です、最後に昆布の細切りも入れてゴマをかけて出来上がりです。

カバンはどうなったかな?


 
f0181394_17443981.jpg

   出来上がりました。ボストン型の小さめのカバンです。お嫁に行きます。

      手織り
  <わた雲  fumi>  
というネームタグを作りました。
   まだ出来てきていませんがそのうち付けます。

 
f0181394_17500576.jpg

      
       悪戦苦闘しているところ・・・マチが4つあり、とり方が変則的?
       私にとっては難しいカバンに挑戦しました。

       出来て・・・嬉しい!!

       裂き織りの生地がまだ二つ織り上げています・・・仕上げないといけませんが、
       次はテーブルクロスです。
 
       テーブルクロスは老婦人が「私が生きている間に織ってネッ」と言われています。
       いそぎます(笑)
       夏のお使い物にされるようです^^^いそがんといけません!!

   
     「嫌われる勇気」読みましたよ!!ありがとねっ。少し心の整理が出来ましたよ!
      本も読みたいなあ^~~












[PR]

by yukiwaa | 2014-07-15 18:26 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(2)