33回忌、37回忌の法要でした。

昨日は義父と義母の法事でした。
37回忌と33回忌を一緒にやらせていただきました。お寺さんからのお話で100回忌を迎えられている方が二人いるとのお話で4人の法要をする事になりました。

100回忌と言うと大正2年と4年に亡くなられている方で、生まれは<天保>でした。

7人兄弟ですが、二組はパートナーが亡くなり、それでも兄弟だけで執り行う事が出来ました。

お寺さんのお経が1時間半ほどあり、それからお墓参り、仏前にお参りして坂安で食事でした。

兄弟皆が退職しており、働いているのはウチと家業を継いだ長男の息子さんとこだけでした。

一言で「皆、歳行きました・・・」今度あえる時はどうなっているだろう・・と思われる人もいて
時間の流れを厳しく感じました。

私も「歳」なのかものすごーーく疲れました。
以前は姉さんたちに任せていれば良いことをしなければならないぐらい兄弟の中では<わかい>存在なのです。
皆さんがお寺に着くと用意していた茶菓子とお茶を入れます。テーブルではないですよ。
日本間です。20畳ぐらい(もっとあったかも)ある日本間を一人一人来るとお茶をいれ、肘のクッシンが自由でないと出来ないですね。
「お金」を集金します。
お法要の布施代とお塔婆代です。
やはり、失礼があってはいけないと神経を使いますが^^きっと気に入らない事もしているだろうなぁ~と思います。
上の姉さん達は皆京都の人です。他府県に転勤して住んでいても「私はよそ者やから」と言う感覚が拭い去れないような方たちです。
そんなら・・私もいつまで住んでもよそ者か?・・と少し思いましたが、37年の月日はそれほど拘らなくなっていました。

歳が離れた兄弟は孫がもう大学生でした。色々な世代が家の中にあり、人間的な厚みも出来て、それは「人らしく生きている」と思いました。

勿論、我が息子にも言いたいことは、人としてすることを言いました。
お爺さん、お婆さんの法要の日に。
母が幾つになっているかも・・・言いました。「へっ!そんな歳なん」だって。
自覚がない息子に呆れますねっ^^

義父や義母に手をあわせて、仏様にお願いしてはいけない・・と聞きましたが、やはりお願いをしてしまいました。

お寺さんは「蟻とキリギリス」のイソップの話をして下さいました。
夏の間に遊びほうけていたキリギリスが冬になり食べ物がなくて蟻さんの家を頼ったら蟻さんは「ざまぁみろ。だから怠けずに夏の間も働かないと・・と言ったのに」と言ってキリギリスを追い払うのです。キリギリスは食べ物がなくて死んでしまいました。・・と言う話だそうですが、これは西洋の話でして、仏教的にはこの様な受け止めかたはしません。
今ではこのイソップの<蟻とキリギリス>がパロデー化されていて、食べ物が無くなったキリギリスが蟻さんの家を訊ねると蟻さんは夏に働きすぎて亡くなっていた・・のです。過労死ですね。そこでキリギリスは蟻さんの家の食べ物を食べて生き延びるというお話です。

結果主義ではいけない・・少なくとも仏教的には蟻がキリギリス(困った人)を助けないで<ざまぁみろ>と言うのは良しとはしません。結果オーライではないのです。
自覚がなくそのときに遊んでも
後で困った人をも助けるのが<あっ~やっと今頃気がついたのか・・と>手を差し伸べるのが仏教的なのです。

そんなお話でした。

法事で頂いた懐石料理・・・久しぶりのご馳走でした。
晩御飯が頂けなくなるぐらい・・・頂いちゃいました。
[PR]

by yukiwaa | 2014-05-27 15:45 | 社会  山登りしんしん | Comments(0)

人格権と経済利益・・比べるに値しない

大飯原発差止め判決が出ました。

最近は原発のニュースも減り、特に関東のテレビ局ではめったに放送されなくなったとか・・聞いていました。
せめて関西のテレビ局で毎週決めて特集を組んでほしい・・というコメンテーターもいた。

安部ミクスかミックスか知らんけれど、地に足つけた政治をしてほしい・と願っても市会議員の名前すら知らない私です。ひっそり、意見は近所のオジサン、オバサンとの会話で終わるのか・・と半分如何すれば良いんだろう?と感じていた最近でした。

福井地裁の樋口英明裁判長が異例の?判決文を読み上げた。

感動でした。当たり前と言えば当たり前なのですが、政治力がどうしても動く司法にあって
この判決文は皆さんに読んでほしいと思いました。

f0181394_15302283.jpg

判決文はパソコンから印刷できます。http://www.news-pj.net/diary/1001より。

先週の土曜日に京都で「稲盛氏」の講演がありました。私は新聞で読んでいましたが、仕事でいけません。近所のオジサンが行きはったようで、その講演のときに頂いた小冊子をコピーさせていただきました。
f0181394_15335529.jpg

旦那も尊敬の目で見ている稲盛氏・・・私も読んで、息子にも送りたいと思いました。

しっかり、しっかり生きてほしい。生きてゆきたい!!〇歳の誕生日に思いました。
何時までも勉強です。

何かを感じて、新しい価値観に出会う楽しさ・・若い子たちにも感じてほしい・・と思いました。
[PR]

by yukiwaa | 2014-05-22 15:40 | 社会  山登りしんしん | Comments(2)

ツバメのために網・・大丈夫?ショール出来ました・・

何年か以前から毎年ツバメがやって来るのですが、此処、数年カラスにやられています。
我が家にやってくるツバメさんは毎年、壊れかけた巣をまず修理する事から、ツバメの生活が始まります。
昨年はヨシズを毎朝、立てかけてから仕事へ行き、守り抜けるかも^^と思いましたが、ツバメが餌を取りに飛びたっている間に雛が下に落ちて巣も半分壊れていました。
それでも親鳥は何日も巣に戻り雛を探していました。
南の島へ渡っていくときも我が家にやってきてくれました。雛をあきらめられないでしょう^^何度も旋回して我が家の周りを飛んでいました。
雛の死んだ姿も見ていないので、不思議で仕方ないのでしょう・・・

今年こそ、カラスから守り抜きたいと・・
f0181394_14203514.jpg

こんな風に網を張りました。ツバメは入れるけれど、カラスは入れないような網を探しましたが、やはり網の目からは入らず、巣の下を少しあけて入りやすい様にしました。でもカラスは大きいので翼が引っかかるので嫌がるだろう・・と思い網にしました。
そして、、
f0181394_14235531.jpg

素麺の箱で出来た巣をガードするものもつけてもらいました。

案をだしたのは私・・してくれたのは旦那です。ご苦労様でした。

昨日は織教室、仕上げてないと機嫌が悪くなる先生です。
あと、1mで出来るだろう・・と思っていたのは3ッ日前まで。前日まで来ると、こらはヤバい・・になりました。月曜日の午後12時まで織っていて、朝は早朝から織り出し、それでも縮絨も出来ないまま、それでももってゆく事ができました。
ウールのそれもカシミアが入っているので縮絨すれば模様がもっとはっきりします。
f0181394_14302769.jpg

f0181394_14303515.jpg

52cm×200cm   縮絨すると1割以上は縮みます。

そしてもう一つ明日は〇歳の誕生日です・・・だれも祝ってくれないので、私が17歳の時に北海道旅行の時にのアイヌの方から買求め、切れたままお蔵入りしていたネックレスを近所の方に直してもらいました。
f0181394_1434091.jpg

全てガラスです・・・でもアンチックで値打ちがある^^^と彼女言ってました。
300円の手間賃で直してくれたので、モノポールのカードを満タンにして渡しました。
[PR]

by yukiwaa | 2014-05-21 14:36 | 織りものゆたゆた | Comments(0)

あちこち丁稚な日々。

f0181394_9284849.jpg

キャベツ、セロリ、ピーマン、玉ねぎ、トマト、人参・・をかつおと昆布出汁で煮詰めてます。
後ろの豆もやしはご飯の代りに^^^
f0181394_930491.jpg

蛸とキュウリの酢の物・・珍しく息子が「美味い、美味し」と言って食べました。
後ろにあるのはカブラです。葉の茎も使って酢の物にします・・おやつに良いかも。
f0181394_9324728.jpg

ブロッコリーとミズナとキュウリのサラダ・・・時間があるときはこれに人参や大根も入れます。
・・・珍しく息子が「最近生野菜がたらんわ・・」だって。肉好きな男の子も30歳過ぎるとこんな言葉が聴けるのか?ビックリ!
そう言えば若いときの必死の思いで買って、本箱にしまい、お出かけの時しか使わなかった「ローレックスの腕時計」50万以上はしたものでした。
あっさり友人に安く売って、自分は若い子が好むお洒落な安い時計を買求めました。
「何で手放したん?」と聞くと「お金をもっているように見える時計は邪魔なだけやから~」との発言。「あんたがその境地でその言葉を言うとは、変わったね」と一言。
変わったのではない・・親の感性を引き継いでいるのが素直に出てきただけ・・と私は内心思いました。若い頃はツッパリもあったんだろうと。
f0181394_9415151.jpg

高野豆腐と出来あがったカブラの酢の物。右の瓶には塩麹がミキサーにかけて使いやすくなってます。↑の野菜のスープを食べる時に小分けして塩麹を入れて味付けして食べます。
ブロッコリーはコレステロールが高い人にお奨め、ご飯代りに食べてください。

織りに躓いて、織る気がしないとき、包丁を使って台所で色々作るのがストレス発散になる私。

後は食べるだけです(笑)

100円パン屋が又出来ました・・こうなると笑う以外ない。
3月4月5月と毎月出店のあらしです。

モノポールの直進500mにパン屋が4件、そのうち2件は100円パン屋さん。
モノポールと自宅の丁度真ん中に又、又100円パン屋さんが出来ました。阪急ベーカリーです。
地理的にはモノポールからは離れてはいるのですが、日曜日などは嵐山からでもモノポールに来られるお客様がいて^^^やはり、こたえるだろうと思われます。日曜日は家族の分のお買い物が多いのでモノポールにはチト寂しいものがあります。

京都河原町にある老舗のお店が次々に閉店されています。
何年か前から安売りのお店が次々でき、河原町の雰囲気もすっかり変わりました。
<こんな日本に誰がした!>と突っ込みたくなる。関西人の血が思わずでます。

私の若い頃は、河原町でお買い物ができるというだけでウキウキして出かけたものでした。
その頃は母も元気で一緒に「神戸」「梅田」それから「河原町」で閉めるという買い物三昧。
母も楽しみで・・今から思うとタフな母でした。お財布も身体も。私が「むすめ」でおれば幸せだった頃です。今思えばあの頃は姉に母に皆に守られていたなぁ~~と思います。
息子たちにもその思いは同じようにかえさないといけないと思って・・今は「はは」してます。

大手が金儲けに必死になり庶民が細々と楽しみに働いている分野にも押しかけてきてます。
<こんな日本に誰がした!>

何処までやれるかは・・・「気力」しだいです。勿論「健康」が第一です。

お客さんに「お父さんに優しくしてあげてよ。」「大事にしてな」と言われます。
「優しいから一緒に働いてるんやろう~~」と思わず言いました。
「なるほど、そうやわな。納得や」とお客さん。

100円パンが出来てから、何時もは5,600円しか買わないお客さんが1000円以上買う。
毎日来るお客さんもいる。
ある夕方の店番の時、若い女の子が来て「おばちゃん、大変やろう、私のお母さん毎日買いに来てんのやで、モノポールさんが大変や!言うて、私も来てん、私の町内は皆モノポールさんのファンやから、頑張って下さい。私、Y君と同級生なんよ、Y君は知らんと思うけど、元気にしてはりますか?」予想だにしていなかった応援の言葉・・・行動。嬉しくて、30年同じ場所でモノポールしていて良かった・・と感謝しました、下の息子の同級生・・聞けばまだ未婚だという。ウチの息子も未婚・・未婚同士で^^と簡単に話が進まないのが「自由に生きる今どきの若者」。思わず息子の仕事上の名刺を渡しました。
それからも、「わし、パン余り食わんねんけど・・モノポールさん、頑張ってほしいから来てん」と言って夫婦で来られた高齢の町内の人。その方は夫婦で家で「お菓子」を作られていて、それを卸して生活してる。奥様が72歳、ご主人が77歳でした。
「奥さん、ふくよかな顔してはるから大丈夫やな・・ご主人大事にしてや!」だって。

有り難いお言葉・・感謝します。

私は気楽に仕事してる様に世間様は見てはるみたい・・主人が一人で頑張っているように見てはる。
・・これで良いんだ!昔の京都のおなごはんは皆そうして家を盛りあげてきてはる・・ほんまの縁の下の力持ち的な存在でした。
私はそれほどの「力もち」ではありませんが、縁の下にもぐった様に見えてるのは正解かも・・と思いました。

今までも、山あり、谷ありでしたが、これからもヘコタレルまでは頑張らんと、何かを感じた「人生」にならない。

モノポールを可愛がって頂いている皆さんにありがとう!感謝です。

f0181394_10301829.jpg

ついに来まし、私にも。こんなもの・・・世話になるものか!・・と主人は言ってます。
私も奥に~~奥に~~にしまいました。
[PR]

by yukiwaa | 2014-05-19 10:28 | 食べものモグモグ | Comments(4)

これからの若い子は如何歩むのか?

f0181394_15183024.jpg

京都市動物園は開園以来100年以上が経過し,施設は老朽化が著しく,環境保全や維持管理の面から
も新しい時代に適応した施設へのリニューアルが望まれています。このため,平成21年度から27年度
までの7年間で,抜本的かつ総合的な施設整備を段階的に行います。その第一段階である新「おとぎの
国」整備は,家畜や愛玩動物を飼育した園舎・放育場で動物とのふれあい体験を通じ,いのちの尊さ
を伝える施設として整備を行うものです。

⑴節水型便器の採用やペンギンプールに琵琶湖疏水をろ過した水を活用するなど,上
水道使用量の低減を図っています。
⑵リサイクル硬質塩化ビニル管を積極的に採用しています。(http://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/cmsfiles/contents/0000097/97266/doubutuen.pdfより抜粋)
f0181394_15324060.jpg

父親を知らないモモタロウ(13)と息子のゲンタロウ。モモタロウは、生まれる前に父親を亡くし、父親に遊んでもらった経験がない。一方のゲンタロウは一昨年12月に生まれたが、母親の母乳が出なかったため、生後5日目から人工保育で育てられた。

 昨年11月、ゲンタロウは国内の動物園では初めて、人工保育後に群れに戻されたが、モモタロウに近づくことはなかった。それが今年7月末ごろ、少しずつ体に触れ始めた。距離は徐々に縮まり、いまではじゃれあうまでになったhttp://www.asahi.com/articles/OSK201310300141.htmlより。

今、動物園が面白い!
我が息子もこの施設整備に参加してます。毎日、一軒屋の仕事もこなし、兄が誘っても飲みに行かない息子・・・ちと変わってるが、仕事熱心なだけやと思う。

f0181394_15394432.jpg

経済界の稲盛氏。
f0181394_15401418.jpg

2025年位に日本の底が来ると仰っている。

経済に振り回されない、「働く」と言う事の本質を突いた言葉・・やはり哲学のある人の経済学は違う。
上の息子にこの人の本を贈りたいと思った。
見謝らないで仕事に打ち込んでほしい。
若い子は若いこの感性で前に進もうとしているので、私たちは後ろで見守る以外ないのですが。
[PR]

by yukiwaa | 2014-05-13 15:45 | 社会  山登りしんしん | Comments(2)

ウールのショール

f0181394_132614100.jpg

ウールカシミア(カシミア10%)2/26 8/cm 40羽の筬で2本取りにしました。
織りサイズ 52cm×2m20cm出来上がりサイズ42cm×2m
縮絨で縮ので横幅相当長いです。
f0181394_1329239.jpg

伸子(機針)を買いました。なくても出来るのでは?と思い織っていたら、端糸がガムの様にくっついてしまい、やはり買うことに、今回は長さが違うので前回のは使えず、木製を頼みました。

筬の目が飛んでいてもう一度筬通しをやり直しました。

細い絹糸はなれてきていたのですが、今回はウール、それも少しカシミアが入っていて、細いので
緊張します~~

今から、組織図を見ながら織っていきます。<行き当たりバッタリでは駄目ですよ><なるほど>です。

勿論、本に載っていた組織図ですが、それをノートに色違いで書き、もう一度デザインしなおします。
何色が何cm・・・経糸の組織を繰り返す回数を決めます。
踏み順はあくまでも本に載っているのは、本の糸の太さによりデザインの出かたです。

私の経糸は本よりもだいぶ細いので、模様を見ながら、それは調整するのですが、それが難しい^^^
糸をもっとはっきりした糸にすれば模様が分かり良かったのですが、好きな色を組み合わせてしまい、どうなる事か・・・不安な織り始めとなりました。

横で主人がイビキをかいて「昼ね中」です。
息子は珍しく3日間も休みです。勿論、部屋で図面と睨めっこしてます。
何処にもいかんのやろか???
ご飯の準備が忙しい我が家のゴールデンウイークでした。
[PR]

by yukiwaa | 2014-05-05 13:53 | 織りものゆたゆた | Comments(2)