判子、ありがとう!

 判子が、出来てきました。

黒水牛で作られた手彫りの判子です。

何時もよりは早めに帰ってきた息子、主人と顔を合わせることが出来たので、「判子」を渡す事にしました。
判子の話から、これからの仕事の話や色々な話が出てきました。

ひと段落ついてから、息子は風呂へ。

主人は遅くなった夕飯を頂いていました。

風呂上りの息子が「はんこ、ありがとう!」と言ってから、二階へいきまいた。

主人はボーとしていたのか、聞き損ないそうだったので、私が「ありがとう!言っているよ」と言うと主人は慌てたように「うん、いいやっ・・・」と言いました。

その後の主人の嬉しそうな顔。
「お父さん、嬉しいんやろう~~」と言うと「あいつ、なかなかやるなっー」だって。

なかなか気分が良い言葉です。
親子でも大事ですねっ。

長男にも作りました。
f0181394_14364015.jpg

実印と銀行印です。二つで一組。

長男に渡すのは何時になるだろうか?

ある意味での「ケジメ」だと思いながら、二人とも自営業なので、必要な判子類をわたしました。

これで、親としては「距離」をおくつもりです。・・・できるかなぁ?
[PR]

by yukiwaa | 2013-01-19 14:44 | 生きものいきいき | Comments(2)

一言メモ日記

最近、手帳を買い換えました。
ビジネス手帳が良く出回っていて、対して<予定>を気にして、動かなければいけないほど、バライティのある生活をしているわけではないので、その様な手帳は要らない・・と長年思っていて、何時も持っている手帳はぶ厚いノート型のモノでした。
主人の予約していた本を取りに本屋さんへ行った時に、手帳コーナーに色の綺麗な手帳を見つけました。
「いいな~」と足を留めました。オレンジ色の手帳を買求めました。
中身はビジネス手帳を軽くした感じでした。

ボーと時間が過ぎる事が多くなってきている私に、昔書いていたい「日記」を思い起こさせました。

書くと、結構な予定が入っている事も再確認。
字を忘れている・・・事も再確認。
言葉を忘れている事にも再確認。

井戸端会議・・・でなんとなく時間がつぶれているのも再確認。

織がどれ位でできているのか、メモのように<少しだけ織り><納得するまで織り>と色々な気分的な段階で書いてゆく。

結構、面白い。

昼間の休憩に時間を殆ど、買い物以外は真っ直ぐ帰っていた私でしたが、「一言メモ」を書くようになってから
寄り道が多くなりました。

ホームセンターへも行きました。
大工道具をかしてくれるコーナーもありで、面白いなぁ~^と思った。

「ダイヤモンドはな」にも行きました。

バーゲン真っ最中でした。
イタリア製のセーターが70%引きで売っていました。

茶色の毛糸にオレンジ色で模様を手縫いしていて面白いセーターでした。70%引きで買いました。
ファースナーのある四角い財布もバーゲンでした。1980円・・気に入るのがあるはずがない・・と思っていたのですが長い時間探していると良いのが見つかりました。
結構使いやすくて、綺麗な色です。

でも、寄り道すると疲れます・・・家事が遅れがちになり後が大変です。ボツボツにしとかんといけませんねっ。

京都は雨です。雨の中、十兵衛は旦那と散歩です。

息子は祝日でも仕事です。

私は1日家でゆっくりします。織り^^^やりたい・・・やらんと前で進めません。

次の糸は染めてあるので、待っている子がいるような感じです。
[PR]

by yukiwaa | 2013-01-14 09:19 | 日常そろそろ 散歩 | Comments(0)

とろろ蕎麦

f0181394_1024342.jpg

とろろ蕎麦・・・削り昆布・・・とも言います。
関東では食べるのでしょうか?

今日の朝ごはんでした。

正月の手料理は完食。
台所の裏の外気で鍋ごと冷やしている煮しめは、残りましたが、
最後は汁気をとり、細かく切って、
新しい出汁に先ほどの煮しめの汁気も少し、入れて「かやくご飯」になりました。

やはり、家で食べると相当な量を食べるものですねっ。

今年は「簡単で、美味しく、経済的な料理」を考えていきたい。

その一つが<とろろ>もう、一つが<塩気の薄い、少し硬めのジャコ>簡単酢の物に便利です。

何か簡単な手料理があれば教えて下さいねっ。
[PR]

by yukiwaa | 2013-01-07 10:33 | 食べものモグモグ | Comments(0)

針のはなしと初織り

針・・・って知ってるか~
縫い物の針と違うで~
鍼灸師の「針や」
あれは何で後が気持ち、いいか分かるか?
あれは針で内部を傷つけるからや、傷をつけると、傷を治そうと周りの血がまわって・・血流が、よおなる(良くなると言う意味)神経も働いて治そうとする、全ての他の器官が動き出し、再生に懸命になる。しゃあから、後が気持ちいいねんやで。

人間は全てに不満なく、不平なく、心配ごともなければ、再生するもんもせえへん。
人の不満や心配事は「針」や。
それらが血流をよーしよる。神経を働かせよる。

――――これって何処かで聞いた「落語の落ち」の様――――

でも、確かに一理あるやん。

不平や不満も対処(解決)の仕方で、ひとの受け取り方で、再生エネルギーにかえよる力を持ってるんや!

日本の政治かも落語の世界、もっと勉強してほしいわ。

政治家が緩んでいるさかい日本人が気を緩めんと頑張るのか?
日本人が気を緩めんと頑張るから政治家があれっ、それっ、あのように天下泰平な間抜け顔で生きてゆけるのか?

世の中「落語世界感」で見れたら、達観した気分になれるんやろうなぁ~~

私も見習おうとっ・・と気分を建て直しつつありまっ^^^

f0181394_17521826.jpg

先生に「幾何学模様の絣は難しいーー」と言われていたが、本に載っていたのを少し藍染しときました。
でも、一括り20本の括り糸が後8本しかない、此処まで何本使ったか?よー計算してない。^^^^計算せんと染めたさかいなぁ^^^このままだとテーブルの敷物にもならん・・・どうしようか?で今止まってます。
無地を入れて交互に幾何学模様を入れても良いんだけど・・・このまま織ると・・どんな模様が出てくるのか
面白そうなんやけど・・・私のあまのじゃくな心がコソコソ言う・・「恰好、なんて気にするな、思いのまま織れば良い・・」・・・「納得が先や」と。
でも、作品にするなら・・それなりの恰好は大事やん。テーブルクロスなら、それらしく~~なぁ。
私は、こんな事で立ち止まる。

「人生」も同じ気がする。
[PR]

by yukiwaa | 2013-01-05 18:02 | 生きものいきいき | Comments(2)

十兵衛と散歩

お正月休みも、もう、後2日になりました。

色々な事をこなそうと年末からお店の床も、しっかりワックスがけして、気合入れていたのに^^^
事は上手くゆかない・・・気分が沈んで・・・何も手につかない・・こんな時、私は何処かで自分の浮遊力?を信じていて、好きなだけ、好きなようになまくら~~なまくら~~します。
・・・と言っても家族の食事は抜きませんよ!
自分だけの時間を好きなように~~気ままに過ごすのです。その様な時間がいつまでも続くと、
何時か<いやっ>になる自分が浮かんでくるのです。・・・それを浮遊力・・・と言ってます。

そろそろ~~焦りだしてます。時間がないなぁ~~勿体無い事をしたな~~と。

引きこもりの3日間にピリオドを・・と昨日は主人と十兵衛の散歩について行きました。

寒いのが大好きな十兵衛、でも散歩道には苦手な場所もあり、必ずそこを通り抜ける事が出来ずに、何時も躊躇してユータウンする場所があるのです。

主人は「あそこで嫌がるぞーー」と先もって言います。

「そうかなぁ~~」と私は思いながら、さっさと先を急ぎます。

十兵衛は躊躇せず・・・歩いています。

苦手な場所を、もう、何年も通り過ぎたことがない場所を涼しい顔をして楽しそうに凛として歩きます。
<よっ!男前>とすれ違う人がジーと十兵衛を見ます。

嵯峨野をグルッと歩きました。

家から釈迦堂まで歩き、落柿舎を通り、角倉了以の像がある公園で十兵衛を放す・・・喜ぶ事、満タンな十兵衛。

高い木々の中から十兵衛の姿が見えたり、消えたりする。鳥の写真を撮りにきているのか、カメラをすえて楽しそうに待っている人。

坂を下ると嵐山、亀山公園の真下の大堰川にでます。

十兵衛をつないで、山を下りた。

黒い柴犬に出会う。肥満体のゴールデンを散歩している老婦人にもあう。

「肥満体で困るんだけど^^私も歳だしね。。でも先の事は考えても仕方ないので、その場なってから・・と思ってます」・・・という。

年齢を重ねると、そう対処する以外ない事が増えるんだろうな~^これも生きるための「知恵」かなぁ。
確かに・・・予定は「未定」だもんねっ。
気楽にやらんと^~なぁ。

4時間位歩いただろうか、そろそろ人が出てきました。

観光地が目をさます時間です。

昼からはもう、一度初詣、「松尾大社」へ。

太鼓の音や人ごみは嫌がる十兵衛が珍しく境内までついてきた。

神棚のお札も頂き、お参りも済ませて家に帰る。

次男が入れ違いに「商売繁盛・・・松尾さんへ(地元の人間はこう呼んでいます)行ってくるわ」
と言って出て行った。

今年から一人で始める仕事への思い入れが滲んでいた。
<がんばれーー>と心で思った。

f0181394_8313726.jpg

早朝の嵐山のお店たち・・・静かです。
f0181394_8322665.jpg

大河内山荘の前の竹林。
f0181394_8325181.jpg

角之倉了以像の前で~~十兵衛一人散歩。
f0181394_83592.jpg

正月料理・・・毎年食べられる事に1年の安泰を願う。
[PR]

by yukiwaa | 2013-01-04 08:36 | 日常そろそろ 散歩 | Comments(2)

家族って?

結婚して36年。
慣れない土地で、貧乏と同居しながら
愛情だけは、精一杯、てんこ盛り・・・

息子達が生まれ、下の子が2歳、上の子が6歳の時、「独立」を考えた。

「モノポール」の誕生である。
大勢の人を雇い、大きな商売を始めた。

貧乏と同居から「大きな人並みはずれたローン」との同居生活が始まった。

優しくしなければいけない家族に愛情は、てんこ盛りなのに、思うようにあらわせない<人並み外れた忙しさ>が毎日の生活のベースになった。

優しい旦那も優しさをどこかに忘れて闘っていた。

私は辛くて^^^よく、怒らなくても良いことに怒っていた。
それも大切な家族に^^^息子達に^^^

やはり、長男にはぶちまけたように思う。
母親らしくない「じぶん」がそこにいた

店の子に仕事を教える事が私の仕事でもあった。
そこにも結構厳しいじぶんがいた。

でも、<頑張る事>だけは日々続けていた。それが「信念」でもあった。
でも、他人様に強要してはいけなかったことでもある。
でも、私はしていたように思う。
それは息子達にもしていたように思う。

食事も手抜きせず、学校の行事にも参加して、勿論仕事は120%やり続けた。
眠るのは何時も居間の絨毯の上・・・コロンと横になると朝になっていた。

朝は起きるとすぐに仕事。
コーヒーなんか飲んでいる時間もなかった。
食パン10本分のサンドイッチの製造に取り掛かる。

幼稚園のバスが来ても、私はレジをたたいていた、
下の子が幼稚園、上の息子が小学校1年生でした。
朝ごはんは「パン」・・・でも勝手に、店に下りてきてパンを取り食べてもらう。
たまに簡単な朝ごはんを4時に起きて準備するが、一緒に食べる事は出来ない。

息子達も大変だったんだろうな^^

でも、これが我々の「生活」だった。

これらを通り抜けても、わずかな年金との老後生活が間近にくる事だけは「人生設計」の中にあった。

だから、無理をしても普通の家がほしかった。

家族の帰りを夕食の準備をして待つ。
店の事を気にしながら家事をしなくてもすむ普通の家が・・・ほしかっただけ。

だから無理してやっとモノポールの<人並み外れたローン>地獄から抜け出すと、すぐに<普通の家>を
又、又ローンを組んで買った。性懲にも無く^^^

上桂の家です。

此処に帰ると、夫婦は普通の夫婦に戻れた。普通の「お母さん」に戻れた。

モノポールでは、何時も「戦闘モード」だったように思う。
何の余裕もない家族が・・・そこにいた。

それでも、社会はそこまで甘くなかった。なだれが襲い掛かるように店の売り上げが阪を転げるように落ちてきた。

そこからモノポールは完全に夫婦二人でする事になる。

陰で助けてくれたのは社会人になっていた二人の息子達。

家を助ける位のお金を入れてくれた。

そこで、逃げ切れた。

上桂のローンも終わらせた。

少しの貯金も彼らの助けで続けられた。

今は二人の息子に返す為に2件の家をi維持させている。

何時か良い形で彼らに残したい・・・・その一念だけである。主人も同じ思いだろう。
でも、此処で親の<勝って>がでます。
親の思いを良い形で受け取れる息子であってほしい~~と言う<勝手な思い>です。

大晦日に長男が帰ってきた。

色々な迷いや、寂しさや、親に対する不満が・・・あった。

でも、今更言うなよなぁ~~と思いながら
親も「良い形で受け取れる息子」を願ったから、親にも言い分がある。

私は素直に「私達の生活」の事を話した。彼らが子供で知らない事実も話した。
私の至らぬ母親としての姿にも後悔を示した。

でも「良い形で受け取れる息子」を願ったからか?
長男と気持ちがすれ違う・・・

これは彼が越えないといけない事柄であり、親はもう、静かにみている事しか出来ない。

悲しい気分になったけれど、又彼らが何時の日か親の心情が分かる日が来るだろうと思いながら、
又働かんと^^^と思った。

次男は色々な社会で生きている、会社での人たちであり、現場での人たちであり、役所の人たちであり、大手のメーカーの人たちである・・・それらの方々には彼は自分のもつ「仕事力」で対処している・・ように見える。

やはり、自営の長男は世界が狭くなるのか?・・・でも自分で越えて、自分で勉強して大きくなってください
・・と言う意外ない。

男同士の兄弟。

後を追ってくる弟に対しての「焦り」もあるのだろうか?

彼は今、寒い国にいます。

お母さんは願っています。

只、ただ無理をせず暖かい国で暮らせることを!

お父さんも願っています。

只、ただ無理をせず、人間的に大きくなることを!

f0181394_12263132.jpg

f0181394_12264826.jpg


f0181394_1227188.jpg

可愛かった頃の息子達、私はいつもスニーカーで「戦闘モード」でした。

昨年2月から「戦闘モード」からの卒業をしたばかりの私が今此処にいます。
[PR]

by yukiwaa | 2013-01-02 12:30 | 生きものいきいき | Comments(2)

2013年不愉快な元旦。

f0181394_22161767.jpg


f0181394_22163524.jpg

あけましておめでとうございます。

今年も宜しく~~~お願いします。
[PR]

by yukiwaa | 2013-01-01 22:18