イラッ、イラッの日々。

何だか気持ちがスッキリせんなぁ~~と言う日が続いています。
折角染めた藍染めの綿糸、整経をして綾をとり、筬に通そうと思うと、綾のところの糸がめちゃメチャに絡んでいて、綾が見えない。いとも綾を取ったところから20cmもしないところで切ったせいか、絡んだ経糸の綾を伸ばそうと糸を引っ張ると、綾が部分的に外れてしまい、折角の筬通しが思っていないほど、時間がかかりました。
やはり、綾からは少し距離を置いたところの糸を切るようにせんとあきません。

絡んだ糸は、以前使った「すべり剤」ニッテングシリコンをスプレーして解きながら「筬とおし」し終わりましたが^^^これから、ソウコウに通して、経糸がうまくはれるかが^^^心配・・・で、
24日に月曜のお休みにする以外ないのですが^^^
先生に聞くと「毛ばだって絡むような綿糸だったのかなぁ?」と不思議そう。確かに糸枠に巻く時はどうもなかったのに、「こんな経験は初めてです」と言うと「キーピングかける?遠くから、糸同士はばらしてかければ糊がつくから・・」と仰る。
でも、ばらせるなら困らないわけで、ばらせないから「すべり剤」をかけたのです。
どちらをかけて良いのか^^^それとも、案外ソウコウと通しはうまくいくかも・・・やらんとわからんのですが、今は仕事、今日は世間は祝日なので、モノポールも珍しく「忙しい」のです。

かたまった時間が取れないと出来ない私です。

長財布も途中まで出来てるのに・・・最後のところが難しい!!イラッイラッ!。バイアスに、
1m×4.5cmの生地をとり、財布の周りをミシンをかけてゆくだけなんだけど^^小銭入れや、内財布、カードいれをジャバラ生地に縫いつけてからなので、相当太くなる予定・・ミシンが通るだろうか?・・やらんとわからんよ~~ですよねっ。

これも24日にする予定。

それに先月織り上げた昼夜織りの暖簾・・・これも縫わんといけませんが・・・

み~~んな24日に出来るわけがない!!イラッイラッです。

なんだか、解けない数式に面と向かってイラついているよな気分。

大声で叫びたい!!

私は私。それなりにしか生きてゆけない。

のんびりやらんと、<めまい>が襲ってきそう~~
[PR]

by yukiwaa | 2012-09-22 15:51 | 日常そろそろ 散歩 | Trackback | Comments(2)

日本人の知恵・・・往なす。

左京区にある「下鴨茶寮」の経営権が「映画おくりびと」の脚本を手がけた、放送作家で脚本家の小山薫堂さん(48)が引き継ぎました。

もう、1ヶ月以上前の京都新聞に掲載されていた。

畑違い^^^では?と少し驚きましたが、「料理や京都文化」に造詣が深い小山氏に「新風を吹きこんで~~」と女将の佐治八重子さんが託されたそうです。

勿論「文化サロン」なども開かれるご予定だそうですが、日本文化・・・と言えば料理の<出汁>を「DASI]として世界に広めたい・・と書いておられた。

なるほど^^^出汁ね・・・私が結婚以来拘って、かつおや昆布や煮干で作る出汁です・・・これを日本文化と言う側面からみるのか・・なるほど脚本家だなぁ・・と感心した。

それに83歳の八重子さんの英断・・・が新しい風を吹き込むのかこれからが楽しみでもある。

相撲の世界に「往なす」いう取り組みがありますが、
昨年の震災以来、世界の人たちは「日本人の謙虚な態度」に驚いて、色々なマスコミの方々に「何処からあのような言葉がでるんでしょう?」と訊ねられたようです。

「自然のなかで生き、自然に畏敬の念を・・・それは信仰ににた様なものを生まれた時から持っているからかではないでしょうか」・・・と答えられていた。アミニズムでしょうか、
その時に、日本人は正面きって戦わず、「往なす」という事をわきまえている民族だとも仰っていた。

「往なす」とは相撲用語では<相撲で、急に体をかわして、攻撃に出ている相手の体勢を崩す。>と言う意味だそうです。

今中国と日本は良い状態ではないですね。

正面きって「力」と「力」がぶつかれば、「破壊」しかないのです。人との関係もおなじでしょう^^

「往なす」事は低姿勢にも見えますが、心根のところでしっかりしていないと出来ない態度ではないでしょうか?そしてこれが「生きていく知恵」でもあるのではないでしょうか?
京都人は「意地が悪い」とか「裏表がある」とか言われますが、都であった京都には何年もに及ぶ、
幾つモノ「戦さ」があり
そこで生きてぬくためには<往なす>と言う知恵が必要だったのだと思う

日本人は戦後、西洋の教育を受けてきました。物事を合理的に考え、割り切り、結果を急いで出してきたように思います。
人は、そんなに「割り切れる」動物でしょうか?
その時点では割り切り、自分に有利な結果を出したように思っていても、歳が経つうちに、それは自分の心の中で<割り切れていない矛盾>に気付くのではないでしょうか?
それに気付かず、幸せに生活できる人もいるでしょうが、大方の人は<何かが違う>と割り切ったつもりが
<割り切れていない自分>に気付くのではないでしょうか?

今、再発見されている「日本人の知恵」。

世界が~~~「往なす」事をしてくれたら、もっと人と人との争いは少ないのでは・・と
昼の一休みに思いました。
[PR]

by yukiwaa | 2012-09-16 15:57 | 社会  山登りしんしん | Trackback | Comments(2)

初めての絣の括り

只今奮闘中!!
f0181394_15354539.jpg

糸枠6個に糸をまく~~4個は藍色綿糸16/4 2個は同じ綿糸ですが薄い藍色。
経糸にします。
f0181394_15374236.jpg


f0181394_15375950.jpg


f0181394_15381379.jpg

初めての絣のくくりです。
f0181394_15384871.jpg

これは5mmのくくり、あと2種類(2cmと5cm)します・・・全て試し織りに使います。
緯糸綿糸10/4の太さです。
クーラーをかけているのに、汗がでます・・・括るのに<気合>がいります。
横絣から始めます~~経絣のミンサー織りは来年になりそうです~~

f0181394_154216100.jpg

機準備・・・経糸を機にかけるときに、一人でするので、経糸が動かないように<おもり>で経糸を抑えます。
筬通しのときにもつかえますね。
何しろ経糸のそれぞれの糸がバラバラになってはやりにくいので、なるべく揃える様に神経を使います
でも、これって<当たり前>の事だそうです。
確かに・・・知らんかったなぁ~~~!!
手前の糸は御光に使います.

f0181394_1550542.jpg

夏の浅漬け。大きくきって漬けると、辛くならない。これから甘酢漬けのしょうがと混ぜます。

絣のテーブルクロスを3つ織ろうと思っていたのですが、一つ、一つのテーブルクロスのつもりの織りの間を短く縦糸だけにして、3つの模様のある<タペストリー>にしたいと変更、今はそれ様にデザイン3つを考えて書いています。
でも、たぶん「試織り」で変更になるかも^^^です。
[PR]

by yukiwaa | 2012-09-06 15:55 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(4)

健康に生きる

f0181394_9515234.jpg

ココは何処でしょう?

f0181394_9522642.jpg

正面玄関です。何処カなぁ?

f0181394_9525469.jpg

たくさんの方がくつろいでいますねっ。

f0181394_953201.jpg

そうです、病院ですね。エントランスからの眺めです。緊急のときの、震災の時の「避難場所」としても考えられているのでしょうか?めっ茶、広いですね。

一昔前、バブルの頃は古い病棟が並んでいた京大病院、府立も日赤も綺麗な立派な病院になりました。
<失われた20年>というけれど、借金が増えたからか?
日本中に立派な病院ができてますねっ。
これも、立派な「財産」だとか、技術的にも優秀です。あとは「国の仕組み」かなぁ?
良いお薬が出来ても、海外で認可されていても日本での認可のタイムログが長すぎます。

時代が変わる。時代は変わる。・・・でも政治家達が官僚たちが、ついていっているんだろうか?

若い世代をしっかり大きくせんといけないのに、今の社会は若者を気持ちよく受け入れない。
厳しい時代は何時の世もありました。
彼らの生きる時代が厳しいのなら、それなりに生きんと生き抜けない。

下の息子が友人の家の湯沸かし器の取り付けをして、古いのを持って帰りました。
「金属引き取ります」のチラシをみて、あるおじさんに来てもらいました。

結構なお金になるので、何軒モノ業者のチラシが入ってました。

きてもらったおじさんは年配で人の良さそうな感じでした。

息子に「人の良さそうな人がきたので、渡したわ」と話すと
「人が良いなんて・・・状況が変われば一変するで。あてにならんなぁ・・人が良いなんて」と。
シビアな息子の言葉に仕事での<痛い目>を経験している事から出る言葉かなぁ~と思いました。

上の息子は2週連続で実家に来てますが、月曜日は殆ど出かけている私です。何時も入れ違いで会えていません。昨日の月曜日はたまたま、出先から息子に電話をしたら「今、家にいる」という、彼の言う<家>とは実家の事です。
「急いで帰るから、すき焼きでもたべよう!」と私は言い、大急ぎで三島のお肉を大丸で買って帰りました。

<2週も続けて来るなんて、何かあるのでは?>と不安が走りました。

アテにしていた従業員、立派に育てて一人前にしようと・・思い入れしていた子が「里に帰る」という。
これは今年の初めから聞いていた話なのですが、今更、ボデーブローの様に効いてきたのか^^

店を建て直そうと必死で、税理士に相談して労災や失業保険もつけ、頑張ろうとしているのですが、
少し弱気な事をいいます。今日は珍しく弱気でした。
聞いて、今の社会状況を話し、息子のがんばりにも「よくやってる思う」と話した。

「今一番必要な動きに焦点を合わせて店の事だけを考えて動けば良い」と旦那がいう。
「そうねっ、お父さんの言うとおり、原点に戻らんとあかんよ。一つだけ考えれば良いやん」と私。

息子はすき焼きを美味しそうに食べて帰りました。

下の息子は2時間後に帰り、「お兄ちゃんきてたわ。店の事で、色々悩んでたわ」と詳細を話すと
「今の若い奴を信用しすぎたらあかんのに^^でも3年か4年居てたんなら良い方やで。俺の会社なんか
お金かけて、育ててもすぐに辞めよる、信用できんなぁ」と一言。
これも彼の<仕事>での実体験からでた言葉でした。

親は今の時代どうあるべきか?どうゆう風に立っていれば良いか?考えさせられた1日でした。

どっちにしろ、私達夫婦はマダマダ<気楽な老後>には縁遠いだけは確実です。

だからこそ、「健康」なのかもしれないですが。

MRIも血液検査も「年齢より若い」と言われました。
全て正常値でした。

1年以上食べ続けている朝のグレープフルーツと「織りへの好奇心」が良いのかなぁ~と思いました(笑)
[PR]

by yukiwaa | 2012-09-04 10:25 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(2)

おばあさんの手料理

牛蒡、とうがらし、茄子、トマト・・・旬のものは美味しい!

今日は辛くないとうがらしとごまめとカツオを甘辛く炒め煮しました。
f0181394_16173047.jpg

真二つに切り、種を出します。
f0181394_1618135.jpg

今日はピーマンと鶏肉の煮付けもします。
f0181394_16183490.jpg

出来ました!
とうがらしを炒めてしんなりした頃に、味をつけてごまめもいれ、最後に鰹節を入れます。
あっさり、甘がらいごまめと、味がしんなり染みとおりかけてるとうがらし<少し歯ごたえものこして>と
しっかり甘辛さを吸っているかつお節・・・三段階の味のハーモニー。お口の中で演奏してる~~

何処か懐かしい<おばあさんの手料理>。
これに、美味しい地のトマトがあれば<ごはん>は要らない・・・かなぁ?(笑)

すっかりおばあさんの手料理が美味しく感じる<歳>になりますた^^^

息子も、旦那もよろこばんでしょうねっ~~。
[PR]

by yukiwaa | 2012-09-01 16:28 | 食べものモグモグ | Trackback | Comments(2)