3月11日に思う。

大晦日です。

気の利いた事を書こうと思っていたのに、書けませんね。
日常に振り回されて~~

年末に見た「福島の原子炉」の話。中間報告があり、3月11日の夕方には格納容器に穴があき、メルトダウンしていたと・・という現実。今も高温でコンクリートの中にあり、どれほど侵食しているか分からないと・・と言う現実。
あの時、ベントがなければ格納容器は爆発して、日本はもう、駄目になっていたという現実。
f0181394_1635861.jpg


ベントの管が東電の後からの工事で、他の管と併用されていて(安くあげる為)、そこでベントされた水蒸気が放射能と一緒に爆発がおこり、汚染が広まったという現実。

東電の技術者が、圧力容器を冷却する術を知らず、訓練もしていなかったという現実。

我々は「安全神話の中」で何も考えずに今まできてしまった・・と言う現実。

彼らも作られた自分達の「安全神話」の脚本の中で放射能に対する感覚を知らない間に麻痺させてきたように思う。

津波の前の地震で既に配管の一部が破損していて、そこから放射能が出ていたという疑問がでた。
これは疑問ではなく、日本の原子炉は耐震が出来ていないのが半数はあるという現実。
福島のそれも、地震で配管の一部が破損していたのだと思う。

それを考えると、これからの「電力行政」に目が離せません。

でも民主には頼れないし^^だれを頼ればいいのか?

自分ひとりが無駄でも声を上げる以外、方法が見当たらない。

2011年3月11日に失われた多くの命、いまだ生き方が決められず漂う以外ない多くの被災者の方々。

私達は、同じ日本人として力を寄せ合わないといけない。

来年も厳しい年になるでしょう。

我々が「欲張りすぎた」のでしょうか?

震災の年は大晦日が元旦に変わっても、続くのです。

今年、1年気ままなブログを読んでくださった方へお礼を言います。ありがとうございます。

来年も私達は「わすれない」を合言葉に地に足つけて頑張りましょう!

皆さん!良いお年を!
[PR]

by yukiwaa | 2011-12-31 16:21 | 社会  山登りしんしん

やれっ、やれっ^^^

今年もシュトーレン12月21日に大阪からホームページを見た・・と言ってきてくださった青年が最後の「縁」のある方でした。

315個、ウチ知人に5個、試食用に2個使いましたが、後はメデタク完売しました。

ーーありがとうございました。---

昨年はシュトーレン製造中に主が「熱」を出し、熱と体のだるさと戦いながらの製造でした。
今年は三日ほど、鼻血を出しただけで^^^大事に至らず終えることが出来ました。

年々、体力との勝負になりつつあり、「生きかた=店への対応」となってきている我々のお店での仕事です。
ただ、コナセバ良いという仕事ではなくて^、お客さんも「地域貢献の為にがんばってや!」とか「息子さんは後は継ぎはらへんの?」とか言われて、嬉しいやらこそばいやら^^です。

私の織りは草津を往復するたびに縦糸を緩めて畳むので、織っていた柄が歪んできてます。それに二階に織り機を運ぶときに躓き、織り機をテーブルの門で打ち付けたのも悪かったのでしょう・・経糸が駄目です。
折角、綺麗に張れていて、シャトルも飛んでいたのに。
一代決心して、40cmほど織っていたのを全てほどきました。
経糸をやり直しました。
ヤレッヤレッでしょう?
私は・・・これから差を埋めんといけないのですが、これも必要な経験だったと思ってやり抜こうと思います。
<飛んでも5分、歩いても5分>ですねっ(笑)

f0181394_2025172.jpg

今日の「おやつ」です。<あられ>が懐かしいでしょう?
これがシュトーtレンを終えた後の小休止でした。
[PR]

by yukiwaa | 2011-12-26 20:27 | シュトーレン・食べ物 | Comments(6)

小山の里から~・琢磨の里から~

草津へ・・今年最後の「織教室」でした。
金曜日の生徒さんも月曜日の生徒さんも皆、集まりました。

いつも一人か二人で織教室で織りをしている私には「嬉しい賑やかさ」でした。
着尺を織る人、タペストリーを織る人、裂き織を織る人、染めてきた絹糸の出来を見せて、作品の相談をする人、・・・私はカバンを作ろうと^^^初めてのシャトルで織ってます。

賑やかに、バラバラな質問が飛び出してくる。
耳をダンボーの様にして聞いていると、初めての「発見」ばかり。
楽しい~~ですね。

お昼は皆で、手弁当で談笑。

3時の休憩は、私はしている場合ではない。効率を考える先生は腕を組んで後ろで眺めてられる。
何だか、ドキッ、ドキッ・・・しますねっ。
後で、コーヒーを頂く事にして、織り進みました。

家で、全然織れない~~~!正月しか固まった時間が取れない。
仕方ないですねっ。私の置かれている状況を飲み込まんと。

草津への通り道、例の山科の友人から
「小山の里からのプレゼント」と書かれてあった野菜たち。
白菜、青梗菜、ほうれん草、菊菜、サラダ菜、出来立ての切干大根、甘くない干し芋、それに大根。
「あなたがいらんと・・と言っていたから大根は2本入れといたわ」・・・。
彼女、やるでしょう(笑)

日曜日は熊本から優しい贈り物。
干し柿、いわしのふりかけ、博多の饅頭、それに大きな大きな柚子・・・でした。
育てている方の臭いを連れて、やってきました。
お店にシュトーレンを取りにきていた、馴染みのお客さん。
仲良しだったおばあちゃんの1周忌に・・と柚子をわたす。
「お仏壇に供えて・・」と。
ものすごい!!ものすごい、喜びよう~~に私も嬉しくなりました。

素朴な、素朴な日本の土が育てた優しい野菜たちや柚子、それに干し柿、干し芋。

癒された気分になりました。

みずみずしく、今にも大根の汁がでそう、スワッと包丁が入り、
透き通る大根が出汁の中で、アッと言う間に美味しく火が通る。

一人ひとりが丁寧に育てた味がする。

私には取りたてて懐かしいという故郷はないが、
この様な暖かいものと接する時に「私の故郷」からの便り・・だと思いたくなる。

私には、人と接する時にもその人のなかに、子供のように「ふるさと」を探している、<望郷の想い>があるような気がする。

カタツムリの様に生きる事も忘れてはならない。・・・そんな気がした。

f0181394_15151651.jpg

琢磨の里から、柚子・干し柿
f0181394_1515278.jpg

小山の里から、干し芋、手作りの切干大根。
[PR]

by yukiwaa | 2011-12-20 15:17 | 生きものいきいき | Comments(4)

それぐらい・・・が良い。

年末の追い込みで考えた事は、「やはり、無理はどこかでしわ寄せがくる」・・と言う事。

日曜日の仕事終わり、8時近くになるのですが、明日は「織の食事会」草津へ行くので、朝にする家事を全て終わらせようと、洗濯機を廻しながら、出汁をとり食事の準備を、パソコンで印刷していたシュトーレンのカードをペーパーカッターで切る、切りながら一度目の洗濯物を畳む。畳みながら洗濯物を干す。干しながら台所へ、台所から~~と全てかけもちで片付けはしたが、風呂に入り寝ようと時計を見ると夜中の1時近い・・・
「危険!」と思うがもう、遅い!
・・・やはり、草津からの帰りの車の中で「居眠り」が強い睡魔でした。
山科に入ってから、路肩に車をとめ「眠る事に~~」何分寝ただろうか?すっきりして帰路につけました。

急いでいても、忙しくても、必ず何処かで休憩を取らんと大きな事故になりそうですね。気をつけようと思いました。

そんな年末に昨日NHKでしたいた「やさしい虐待」見られた方もいるでしょうね。

親の生い立ちからから来る子供への要求「良い子でいてほしい。優秀でいてほしい。躾が出来ている子と言われたい。」モロモロの親の要求を子供は感じてどうにか期待に添おうと頑張る。
その頑張りを親は愛している。
子供は敏感に感じて、愛されようと、頑張り続ける^^^

子供の頑張りに「息が切れた」時「窮屈で、息が出来ない」と感じたとき、その子は自分自身を肯定できずに
<不登校><引きこもり>になる。

子供は被害者ですね。
でもその親も幼い子供時代に自分の親にその様に扱われてたケースが多いらしい。
でも親は自分の親の事を冷静に見れていなくて、自分自身も「頑張ったんだから、頑張らない子供は認められない、嫌いだ!」とまで自分の子供に言うのです。

驚きでした。

でも我々の普通の生活の中にも、それはあって、自分の、自分だけの「価値観」や「やり方」や「正義」や「楽しい事」まで、押し付ける人がいますね。

押し付けず、その子を認め、その子が自分、ひとりの力で<色々な事に気がつき>逞しく、生き抜いてくれるよう、我々親は陰になり、日向になり、ひっそりと、何時までも応援してゆこう^~それぐらいしか親は出来ない。
そうです、親は<それぐらい>が良い具合の親子関係なのかもしれない・・・とつくづく思いました。

押しつけちゃ、駄目ですよ。
大人の私でも嫌ですからねっ。

朝に入れて置く餌や水を十兵衛は鼻で突っついて部屋の片隅に追いやってます。
勿論一粒も食べていません。
<なんで、僕だけで留守番しなあかんねん!>と押しつけられた留守番に毎日意義を申し立ててます。
十兵衛も押しつけられるのは嫌なのです。
[PR]

by yukiwaa | 2011-12-15 14:15 | 生きものいきいき | Comments(0)

忙しいのに、作りました^^^

お店の景気とは裏腹に、シュトーレンが今年も好調です。
ドライフルーツを細かく切り、ラム酒に漬け込むのですが、そのドライフルーツの下ごしらえは私の担当。
1週間か2週間漬け込んで焼き上がり、ラッピングが私の担当。
一度に焼ける数は24~28個位です。
11月は1週間に一度焼きますが、12月に入ると2回ぐらい焼かないと予約の数をこなせない状態です。

<安くて、ほんまもの>のモノポールのシュトーレンです。

年々、主人の体力が心配です。

それで、なるべく消化の良いものを・・・と考えて、忙しいのに、コツコツやってます。

私は「箸休めてきな野菜」が好き!

主人が最後まで^^^持つ様に、先日は
厚揚げの焼き物 写真がありませんが^^^ 
(一度湯通ししてから、ネギとカツオを厚揚げの真ん中に切れ目を入れて入れます、そしてトースターで焼きます。)
もう一つ、
木綿豆腐の焼き物にミンチのタレをかけたもの。これももう、写真がないですが^^
(木綿豆腐はレンジでチンしていらぬ水けをとり、適当な大きさに切り分け、片栗粉をしっかりまぶして、オリーブオイルをたっぷりたらしたフライパンで焼くのです。全ての面を焼いて下さい。
フライパンでいためたムネニクのミンチその中に出汁をしれ、薄口醤油と味醂で味付けしてとろみをつけます。このときに枝豆を一緒に入れても美味しいですよ!)

それに私の好きな箸やすめてきなもの。
f0181394_1531248.jpg

左上はかぶらとかぶらの葉の酢のモノ(三杯酢です。出汁もいれて柔らかめの酢の物にするのがたくさん食べれます)

左下は出汁コブに使った残り昆布です。細かく切って、フライパンで炒めます。ジャコもかぶらの葉も入れて。
濃口醤油と味醂(味醂の中に少しわさびを入れました)。炒めるだけのもの。超簡単!!です。

右上は山椒いりチリメンジャコ。干し海老も入れてみました。

右下の味噌はもろ味味噌にニンニクのみじん切りをいれ、少しの味醂とごま油、濃口醤油と砂糖も少し入れます。いわしや鯖などあおものの魚を頂く時に、サラダ菜やなど葉っぱ類に包んで食べる時にこの味噌も入れて頂くと、美味しく・・・と思うのですが。
お酒のアテにもなりそうです。

これ以外も、「ポテトサラダ」「ヒジキの煮物」など^^^です。

夕飯で息子と主人が一生懸命食べてます。横で十兵衛が「何時もらえるんだろう?」と待ってます。
息子には行儀良くまつ十兵衛ですが、主人には腕をかけて「チョウダイ~~」と無理を良い続けます。
訴えている十兵衛の声が煩くて・・煩くて。

でもこの時間が一番好きな十兵衛のようです。
甘えること~甘えること~~
会話は少ないけれど、その分、何倍も十兵衛がしゃべってます~

テレビの声がきこえません~~~(笑)
[PR]

by yukiwaa | 2011-12-09 15:48 | シュトーレン・食べ物 | Comments(2)

戦後は? 原発は? 嵐山の紅葉。

連日放映されていた、「太平洋戦争開戦から70年  NHKスペシャル証言記録 日本人の戦争」を見る。
辛い経験をやっとの思いで話されている。・・・聞いておかないといけないという感情がでてきた。
戦後生まれの私達は「気楽な時間」を送ってきたように思う。

彼らの証言から出てくる、「戦争」・・・と言うものの実態。

戦後帰ってきた兵士の心の闇。

人は優しく生まれてきているんだ・・と感じた。「戦争」の兵器を作り出すのも人間ですが、戦争の醜さを許容できないのも「人間」である。
ひとは本来優しく、うまれてきて、優しく暮らすように出来ているのかもしれない・・と感じた。多くの人が、今だ苦しまれている事に私達は日常の忙しさの中で忘れている。

12月5日にあった「美の競演」俵屋宗達の鶴の舞の絵を見た。その後、寝ようと思ったのに、コマーシャルもなく突然出てきた「チャイナ・シンドローム」・・・と言う言葉。どこかで聞いたなぁ~~と思いながら見ていたら、
懐かしい俳優が出てきた、ジェーン・フォンダ、ジャック・レモン、マイケル・ダグラス・・・などである。
1969年の映画、アメリカの原発事故の話です。
福島の事を考えながら、見入ってしまいました。
でもそこがアメリカ映画、深みがない。
最後にカーチェイスがあり、スワットが原子炉の危険を訴えていた原子炉の主任を殺してしまう。
そんな事でめったに12時を過ぎない私の就寝時間がこの日は破られてしまい、その疲れと、シュトーレンのラッピングの山、何キロかあるドライフルーツの下ごしらえ。疲れた~~!です。

今日はそんな時間の使い方で、疲れている私ですが、月曜日は嵐山の紅葉の写真も撮ってきました。
やはり、山の紅葉はおおきくて良いですねっ。
f0181394_14371695.jpg


f0181394_14372929.jpg


f0181394_14374048.jpg


f0181394_14374882.jpg


f0181394_14375553.jpg


山の写真を撮る時にいつも思うのは、「一眼レフが欲しいなぁ~」です。
簡単レジカメは近くは接近して撮れるのですが、遠方に限界があるように思うのです。

オジサンが上等そうな一眼レフで写真を撮られていた。楽しそう~~で、良いですね。
[PR]

by yukiwaa | 2011-12-07 14:41 | 社会  山登りしんしん | Comments(8)

たかが大根、されど大根。

先日の展示会に一緒に行った、50才過ぎてから出来た友人は、その時にシュトーレンの売り上げにも協力してくれて、展示会でも「陶器の器」を購入してくれた。
彼女には「いいかなぁ?」と聞きながら、渡そうと持っていったパンは展示会場の先生達に<おやつ>として置いてゆく事になりました。
お昼も知らない人たちと一緒してくれて、色々「ありがとう!」を込めて、先日、新たに「パン」を送ったら、
彼女、電話で「悪いなぁ~^あんなにたくさん、良いの?」
「今度、草津行く?」私が草津へ行くコースは彼女の家の近くの1号線を通るので、その時に渡したいものがあると言う。
「なんで、良いよ」と言う私に
彼女、「大根わたしたいねん、山科の大根は美味しいねんで」と言う。
彼女は農家をしているところへ、ボランテイァか何かで手伝いに行っていて、漬物をしたり、干芋を作ったり、
手伝いに来ている人たちと色々なアイデアを出し合い、製造加工もしていてそれを産地で売っていたりもするらしい・・・勿論土いじりもする。
だから、色々な、使われない野菜など貰うようでした。
彼女からの「野菜の話」が好きで、私は織の話だけなんだけど、バラバラな会話が面白い。

私は「大根だけ^^^だけならいらんわ」と言うと
彼女「白菜もつけるやん・・」という。
「もう一押し、正月もんがあると嬉しいなぁ~~」と私。
「贅沢言うんじゃないの、あんたの顔を見たいから、例のところで止まって、時間は連絡してね」
二人で大笑い・・
「了解!」。

それだけの話なんだけど、気を使わず言いたいことがケジメをつけて言える間柄が少し、良いなぁ~~と。
それも年齢を重ねてからの友人はナカナカできないんだよね。
歩いてきた道が違うからね~~

でも、求めるものが似たような勘違いなら、それも良いなぁ。

彼女、私が「腹たつのよねーー」と言うと「腹たって気持ち良いことないやろう、腹立てたらあかんでー」と言う。
「確かに、腹たって後味が良い・・事なんてないよね。と私も思うねんけど^^いかんよね、腹たてたら」。
彼女の素朴なその言葉に実感があった。

そうゆう肉声も好きで、人から離れられない、懲りない私です。
f0181394_11154882.jpg

                               (ネットから借りた写真です)

どんな大根が、白菜がくるんでしょうか?楽しみです。

野菜室がやっと、やっと綺麗に片付きましたが
ボランティアで毎年、芋を40箱(5k入り)買う友人がいて、付き合いで毎年1箱買っています。
その芋がひと箱やってきて、信州の主人の山小屋をやっている友人からもリンゴがひと箱送られてきました。
野菜室には入れないで、なるべく涼しい所に置いておこうと思うけれど、
これから大根もきて、白菜もくる・・・
十兵衛の使わずにしまっておいたゲージを組み立て、物置用にする事にしました。
狭い裏のスペースを片付け終わりました。

彼女に、大根の種類をしっかり聞きたいと思いました。
京野菜だと思うけれど、種類が多いのでビックリ。
<たかが、大根。されど大根>です。
[PR]

by yukiwaa | 2011-12-05 11:17 | 生きものいきいき | Comments(6)

冷蔵庫の片付けもの

野菜室の野菜がいっぱい、いっぱいです。

かぶら・・大好きなんで買いました。酢の物がいいなぁ~~と思いながら、幾日がたち、又幾日か?経ちました。
今日は「冷蔵庫のお片づけ」です。

カツオで出汁をとり、そこへ、味醂と薄口醤油でかぶらを薄味に煮る。
横のフライパンで残っていたミンチを炒め、これも残り物のインゲンを軽く茹で、一緒に炒め、かぶらを煮てる出汁を入れて、この出汁を少し濃い目の味に調えます。これだけでは「何時もの、味」なので、このミンチとインゲンの隠し味に、柚子胡椒を入れて引き締める。勿論とろみをつけて、かぶらにかけます。

f0181394_16235736.jpg

↑のが、<かぶらのミンチ出汁かけ>です
下の昆布は何でもないようですが、隠し味に「わさび」が利いていて、とても美味しい!!味噌屋さんで買いましたが、これは真似できそうです。

f0181394_16262518.jpg

井村屋さんの赤飯の素です。忙しい時にとても便利です。
このまま白米と一緒に炊くだけです。水に漬けておく時間もいりません。
もち米を入れたいときも同じようにすれば、「美味しい赤飯」が出来ます。
1袋で3合分で、78円(安い店ですが)小豆もたっぷり入ってますよん~~
これは便利、便利です。

今日は東の方から送られてきた豚の角煮を使い、しなびかけている白菜と小松菜を入れて煮ました。
味付けは同じように、でも豚の味も考えて。
それに細かく残っている、サツマイモ、インゲン、パプリカ、ゴーヤを入れて<かき揚げ>にしてしまおうと思います。

冷蔵庫、まだまだ色々ありますねっ。

私は買いすぎです^^^反省、、、、
やりくり上手いは返上ですねっ(笑)
[PR]

by yukiwaa | 2011-12-04 16:35 | 日常そろそろ 散歩 | Comments(2)

12月は冷蔵庫を片付けましょう!

12月に入りましたね。
今年は正月から掃除をして、「新年を改めて・・」感じたのもつかの間、まだ春も来ない3月11日に、あの日は金曜日でした。私は高齢者福祉施設からの帰りで車の中でニュースを聞きました。
「大きな地震が・・・」と放送されていましたが、私は聞きながら、「たいした事はないだろう・・」と気楽に考えながら自宅へ戻り、何時もの家事を済ませて、店に戻ると、それは「大きな地震」だと改めて聞いたのでした。
それからは毎日が見たこともない光景がテレビで放映されて、考えられない惨事が目の前に繰り広げれられていました。

如何受け止めて、今があるのか分からないですが、<今を生きないといけない>という思いはあって、悲しい事やどうしようもない事が嵐の様に押し寄せてきても踏ん張る以外ない・・そうして今まで如何にか来たように思います。

リーマンショック以来の不景気に拍車をかけて、我どもの小さな店は木の葉が吹かれるような状態でした。

世界的に、見ても右肩上がりの成長などは「夢」悪い夢と思わないといけないと感じた。

我々が、出きる、したい・・と思ってきた贅沢を少し控える生き方を考えるように、「資本主義の破綻」がやってきています。

でも、何も怖くない。
生きていれば、若い者が働けていたら、我々が生活を控えれば^^・・・

12月に入りました。

正月は家族が集まります。
集まらなくても家にいて3食を家で食べる旦那います。

<何も買わない。何もしない>・・・と毎年思うのに、何か作りだしている私です。
息子たちそれぞれのの好きなもの、旦那の好きなもの、考えてしまい、買ってしまいます。

だから12月は冷蔵庫を片付けんとあきません。
冷蔵庫にあるもので暫らくは食事を作ろうと思い、買い物は控えています。

皆さんも、冷蔵庫の中、片付いていますか?

f0181394_21101649.jpg

最近読みかけている本(大江健三郎著)ですが、お店のクリスマスケーキ、シュトーレンで忙しく、なかなか読めないでいます。
12月5日の月曜日もお休み返上で、旦那はシュトーレンを焼きます。体がもつまで、年末まで・・ですねっ。
[PR]

by yukiwaa | 2011-12-02 21:02 | 日常そろそろ 散歩 | Comments(4)