ボケた私が<ぼかし>にひかれた^^^

アシェファードの8枚ソウコウの卓上織り機を、「自己流」で使い、機草も自己流で、本からの知識だけで入れていたら^^^「そんな入れ方は、経糸のハリが一定にならない」・・と言われました。

草津まで織り機を運んでいたら、着いた頃に経糸が緩んでしまい、織り機の糸を前に巻いてから、もう一度、整経をやり直し^^ました。

機草をしっかり重ならないように入れて整経しなおすと、シャトルも経糸の間から落ちないで、しっかり飛びました。・・・やっとです。
経糸の張り方は基本ですねっ。
「独学は、独りよがりになりがちです、これから、細かい指導をえて、修正してゆきたい」と思いました。
f0181394_14391377.jpg

織の生地の風合いを考えて織ることなぞ、考えた事もなかった。
横糸の入れかたで、レバーの引き方で変わる^^細い経糸に太い横糸、その場合は余り余裕を持って横糸を入れなくても良いらしい。経糸と比べて細い糸の横糸は又別です。

「どっちかのシャトルが上に来るのが分かれば覚えておいて、生地の上に置けば」と言われた。
<確かに!>・・色んな事を一度に考えるので、頭が混乱しそう・・・でも楽しいなぁ!!
不出来で、鈍間ですが、勉強は続けたいなぁ^^^

経糸は絹糸、タッサーシルク35中8×2
横糸が 麻糸   これは16/4ぐらいか?と綿糸 糸番は分からず、もらいものです。
全て、藍染め。此処に色糸を入れようと思っていますが、紡ぎ糸のタマネギで染めた綿糸です。

玉まゆの紡ぎの訪問着が<ぼかし>が入っていたのが印象的で、少しだけ「真似」出来ないか?今思案中です。
<ぼかし>と言っても色んなやり方があるそうですが、私は一番簡単なのをやってみたいなぁ~~
[PR]

by yukiwaa | 2011-11-29 15:11 | 織りものゆたゆた | Comments(0)

靴さがし。

珍しく、百貨店へ行きました。
何だか裕福な気持ちが押し寄せてきて、何でも買えそうな気分^^^
でもそれは妄想で「気分」だけでしかないが、何となくその気分を味わいたくなりました。

いつも店で履いているスニーカーを少しだけ上等なものを買えば、その気分も味わえて、それでいて仕事の靴だから「後ろめたく」もないか?と思ったわたしは、大丸百貨店のスニーカー売り場で、清水の舞台から飛び降りたつもりでたかい~~たかい~~靴を買いました。
防水だから十兵衛の散歩の時も大丈夫・・・と思って買ったのに^^^

残念ながら、何故か小指が痛い!!右足の小指がです。

でも、がまん、がまん。だって高かったんだからー如何しても慣れさせと履きつづけました。

何故か右足の間接が痛い!

でも靴は手放さず履き続けてました。

今度はふくらはぎが痛い!

小指はタコができて、触れただけでも痛い!

<うん、何これ。あかんわ。靴代えんと^^>

私は近くの靴屋さんへ、1年で2足もスニーカーは買った事がない。

でも、足の痛みには勝てない、思い切って少し又、良いのを買いました。

デパートで、良い気分に浸りたくて、買ったスニーカーはお蔵入り。

たぶん、もう履く事はないだろうなぁ^~あっ、勿体無い。

最近のスニーカーは細身に出来ていて、海外での大量生産のせいか、微妙な調節がないように思う。
幅は2E~4Eまであり、幅が太い人はそれを買え!と言う感じの調節です。
スニーカーよりも普段履きの靴の方が同じ幅広でも何故だか幅が広くてゆったりめですが、これはデザインが年より臭い!!{年よりなのか??私は)

それで、少し大きめの幅広を嫌が上でも飼う羽目に^^でもスニーカーですよん。

知らぬ間に、世間が変わっていてた。

いやっ、私が年老いた自覚がないのか?

どちらにしろ、小指が痛くならない靴を探すにはかかとがしっくりしなくても我慢する以外ないのかなぁ。

細身の旦那でも同じ事を言っていた。
f0181394_15535696.jpg

信州の山小屋で、仲間と家族と。この時代はピッタリあう靴が安易に見つかった。
[PR]

by yukiwaa | 2011-11-27 15:55 | 日常そろそろ | Comments(4)

紅葉   今年は東へ行きました。

今年は暖かい日が続いたので、紅葉も1ヶ月ほど遅れました。

今日、21日、22日は今年最後のモノポールの連休でした。

嵯峨野散策は昨年堪能したので、今年は東へ行くことにしました。

まずは京都では黒谷さん・・・という名前で親しまれていて、金戒光明寺へいきました。
此処にはNHkの「江」の主役の江さんの供養等や秀忠の供養等があり、会津藩のお墓があり、そのお墓から裏道を通り、真如堂へいきまいた。
真如堂から見たいと思っていた鹿ケ谷へいきました。急な坂を上ると大津へ行く道があり、昔、旦那は此処を通り、山越えで大津から鹿ケ谷を越えて京都へ帰ったと・・・懐かしがっていました。
京都を一望できそうな写真を1枚とりました。目当ての鹿ケ谷山荘は分からず、でもこの辺です。

鹿ケ谷を後にして下りて来てから哲学の道へ出ました。
法然院へ行きたいと思っていたのです。そこから南禅寺・・・此処は駄目。この季節は人が多くて、そそくさと
永観堂へ行きましたが、此処も人でいっぱいです。写真を2,3、枚撮り下へおりました。
途中疎水をみて、旦那が説明を。
それから関西電力の昔、電車を走らせたという水力発電所の跡地をみて、スゴイーと歴史を感じながら、何キロ歩いたのか、お腹がペコペコになってきたので、国際交流会館へ入ったのですが、「売り切れ」」でした。
残念・・・と思いながら、後は空腹を満たす店を探しながらの散策になりました。


秋の京都、紅葉の散策の写真をご覧下さい。
f0181394_15333623.jpg

会津藩のお墓の近くの紅葉です(金戒光明寺)
f0181394_2061479.jpg

f0181394_15364526.jpg

真如堂から愛宕山が見えます。
f0181394_15373091.jpg

鹿ケ谷から~京都の町が見えます。
f0181394_15381422.jpg

f0181394_15383819.jpg

法然院
f0181394_15391581.jpg

法然院中での展示されていた瓷器です。
f0181394_209835.jpg

f0181394_15422843.jpg

f0181394_20121165.jpg

南禅寺にて。
f0181394_1543352.jpg

南禅寺水路から流れている疎水か?
f0181394_1544503.jpg

永観堂
f0181394_1545436.jpg

永観堂幼稚園の看板  京都は仏教の幼稚園も多い。旦那は西本願寺幼稚園。
f0181394_1547662.jpg

南禅寺三門
f0181394_1547267.jpg

仁王門、関西電力の水力発電跡地。此処で電気を起こして電車を走らせた。
すごーい!インクラインもこれで走ったのか?
f0181394_154974.jpg

昔、走らせた船が飾ってありました。

まだまだ、写真はありますが、「家事」をせんと^^^いかん時間になりました。

京都の秋をご満悦・・・してて下さい!!

f0181394_15514857.jpg

[PR]

by yukiwaa | 2011-11-24 15:52 | 京都ぶらぶら | Comments(2)

地に足つけて^^

今日は、「工芸展」へ行って来ました。
どっしりとした草津の不便な場所にある木工作家の工舎での展示会です。
ガラス工芸、木工工芸、織物、作陶、、銀細工、それに特別作家の仁美人形工房から藤堂仁美さんの作品がありました。

写真がありませんが、以前の工芸展から
ネットから写真をお借りしました。
f0181394_18532441.jpg

f0181394_18533858.jpg

私の草津の先生の作品です。
日本刺繍も施された帯がありましたが、写真は取れませんでしたが、すごい~~の一言でした。
紬で振りそで織られて、家紋の所にかざり紋として日本刺繍をされているのも、紬なのに、すごい光沢があり
ました。

f0181394_18594787.jpg

これだけ買求めました。ビールが好きな人はこれで、私はお茶をこれで飲みたいです。

f0181394_1913868.jpg

帰りにお昼でもと思い皆で立ち寄ったお店は「お休み」でした・・・残念。

4人で話し込み、適当な時間で分かれました。
三重県からの人、同じ滋賀県の人、私ともう一人は京都から^^
織の話から~~老後の話まで・・・それに「家計簿」の話。
話はつきませんが、皆優等生です。お昼を頂いたら、すぐに家の事が気になるようです。

来年は地に足つけて^^^織と同様生きてゆけたら^^^と再度考えさせられました。
[PR]

by yukiwaa | 2011-11-21 19:06 | 織りものゆたゆた | Comments(0)

グリモーグラのイデアル。天秤式織り機のコード通し。

グリーモーグラのイデアル、カウンターマーチの織り機が来てからの話で^^^恐縮ですが、、、

私の今回の小さな経験から~~
正しいか間違っているかは、読まれた人が判断して、自分なりに工夫してやってくださいねっ。

ただの未熟な一人の人の経験談だと思って読んでください。

織り機を買おうと思った時に、なるべく、天秤式ならその織り機を、
肉眼で見たほうが、「組み立て」も「コードの通し方」も分かりやすい・・と最後に思いました。

見たことも経験した事もない織り機を購入するなんて^^^苦労の連続でしたが如何にか織れる様になりましたが^^^
我が草津の教室はロクロとジャッキ式がある教室なのです。
先生は天秤式は経験もない・・・と仰っていました。
でも生徒の私が「天秤式が欲しい」と言ったので、その気持ちに添って協力してくださる事になったのですが^^^

コードを通す時に助っ人に草津の先生とそのお知り合いの先生(天秤式を使われている方)に来ていただいたのですが、私が「無知」だった事もあり、肝心な所を聞けずじまいでした。

先生達も気を使いあっていて^^^コードの通し方とタイアップは分かりましたが、どう「調節」すれば良いのかが分からず、聞けずじまいで時間が来たのです。
たぶん、そんな事は「分かるだろう」「自分でやれば」と思われていたようにもおもいまいたが、私は駄目で^^^
後で、分からない事がフツフツと沸いてきたのですが^^後は本を見てそのマニアル通りにしてみると、おかしな事になりましたが、
f0181394_14434628.jpg

でも、この本は機の組み立てにとても役にたちました。
「組み立てはも大変!」という先入観がありましたが、織り機の側面は組み立てたまま送られてくるので、後は横に通す木と経糸を後ろと前に動かすハンドルのところだけでした。
それにカウンターマーチです
f0181394_145247100.jpg

これは買ったところから送られてきた図です。これで組み立ても分かりました。

問題はコード(紐)通しでした。

触っているうちに(こうして、自分自身で試行錯誤しながら、何かヒントを得てゆく以外ない・・と思いました)
「そうだ!、ソウコウがきれいに上がり、下がりして経糸が真っ直ぐに通れば良いんだ!」・・・とやっと気がつく始末でした。

それからは整経をして経糸を通してから、ソウコウの調子を見ることにしました。

上招木、下招木、、に繫がって紐を下げたい時は如何すればいいか?・・をまず会得する事。

経糸の順番とタイアップによっては踏み木につながる紐は多少緩みますが、それは気にせず、進みました。

それに踏み板の「穴」ですが、どの紐がどの穴に通せば良いのかがわからない状態でしたが、
本には真っ直ぐ下の穴・・と書いてあるだけなので、いまひとつ理屈が分からない状態でしたが、ある人が
「アッパーラムに繋いだ紐は アンダーラムの穴を通して 下におろし
踏み木につないだ リサという織り機のタイアップをしたことがあるのですが・・・・」と書かれていたのが、ヒントになりました。これで、穴の位置の理屈が分かった気がしたのです。

私の小さな経験だけで、何が正しいか分からないですが、それぞれのやり方があるようですから~~
今回の私は上招木と下招木が当たらず、それに上招木がソウコウに当たらないように紐を通しました。
完璧には当たらない・・・とはいえませんが、支障がないように考えました。
勿論踏み木にも下招木が当たらないように紐を結びました。上招木を斜めにして、下招木も斜めに出来るのはしました。それに踏み木は本に書いてあるよりは低くしました。

それに、何よりもカウンターマーチはこの織り機が8枚ソウコウなので、右と左に8枚づつ板があるのですが、
4枚ソウコウなら4枚、4枚で、あとの紐を通さない板は外します。
f0181394_145743100.jpg

前と後ろの2本づつの板は外しました。
これは、如何すれば良いのか分からず、ブログでも皆さんに聞きました。
2人の大先生からメールを頂きました。
「西洋の織り機は増やしてゆく構造なので、多分それは外せば良い」と仰ってくださいました。
「その折は、色々お世話になりありがとうございました」

2週間近くかかりましたが・・これからも織ってゆくうちに「分かってくること」もあるだろう^^^とまずは前に進む事を考えました。

昨日の練習・・・シャトルも初めてです。本を読んで真似しました。
でもシャトルを休ませずにリズムを作り、右へ左へ滑らせるのは^^^マダマダ未熟者です。
f0181394_15114328.jpg

横の端糸がつれています。シャトルをかっこよく、通すと今はこうなります。

これは「修業」以外ないです(笑)

やっと、これから毎日「風呂に入れるかなぁ?」(笑)


メールで色々お世話くださった先生へ・・・「ありがとうございました」

不出来で頼りなく、的外れな質問をする私へ厳しい言葉や優しい教えをくださった先生へ「ありがとうございました」
[PR]

by yukiwaa | 2011-11-18 15:17 | 織りものゆたゆた | Comments(0)

シュトーレン!モノポールからのお便りです。

長らくご無沙汰でした。
お店ではシュトーレンの準備や高齢者施設で動き回り、家に帰れば十兵衛が横目でスネルのも、無視して
昼間から少ない時間を、織部屋でタイアップの「やり直し^^やり直し^^」と奮闘。夕方又店に戻り夜に帰ると
簡単な夕食を作り、また織部屋へ。
 そんな毎日でした。ブログへの投稿も、ママならづ、訪ねてくださった方へ^^^あい、すいませんでした。

今日は、モノポールのシュトーレンが11月2日に1回目が焼きあがり、昨年、予約されづに当たらなかった方が慌てて来てくださり、シュトーレンをお買い上げ・・でした。
f0181394_1881370.jpg

さあっ!昨年の味を思いだして、味見がまだの方も一度ご賞味下さい!!
f0181394_18132143.jpg

何時もの猫たちやモノポール坊やが昨年どおり「ご挨拶」
<モノポールのシュトーレンをご賞味あれ!!><お願い~~~しま~~す。>と。

何が入っているんだい?・・と思われる方へ・・
モノポールのホームページに詳しいシュトーレンの材料や焼き上がり工程が書かれています。

ほんまものの<シュトーレン>は、1年でも日持ちして、熟成してゆきます。
日持ちするからこそ、
贈り物に、お正月のお茶請けに、勿論クリスマスにと用途は多様です。

f0181394_18214022.jpg

<震災を乗り越えて生きてゆこう>とサンタも空を飛びながら大奮闘!!

あなたに、贈りたい、モノポールのシュトーレン。
「ご予約」・・お待ちしております。
                  
                       モノポールからのお便りでした。
[PR]

by yukiwaa | 2011-11-14 18:24 | シュトーレン・食べ物 | Comments(2)

グリモーグラのイデアル。カウンターマーチ

初めての出会いの私の織り機、
どこかでじっくり見ておきたかってけれど、私にはそのような機会はありませんでした。

触っているうちに、本を読んでいるうちに、分かる事もあるので、今は少しの情報で織り機と向かい合っています。

f0181394_13411598.jpg

これがカウンターマーチというところです。
8枚ソウコウの織り機なので、右と左に8枚づつ滑車のような役目をするものが付いています。
これがアンダーラムに結ばれて、ソウコウを上げるのです。
私の織り機は4枚そうこうで設定したので、真ん中の4枚づつにコードが結ばれています。残りの板は休ませています。
でも、これが踏み板を踏んだときに一番目と二番目の休んでいる踏み板が同じように動くのです。
これが気になって、気になって^^^
昨晩は晩御飯の途中から織り機のカウンターマーチを触り始めました。
上にかけたまま、板を外そうとしたその瞬間に、カウンターマーチはバラバラになりソウコウモロとも落ちてしまいました。
此処でくじけてはあかん!・・・と思い、コードを全て外し、バラバラに散らかったカウンターマーチを組み立てました。
此処で考えたのですが、やはり使わないからと言って「外す」事が良い部品だろうか?・・と疑問に思いました。
コードのつける位置も代えて、ネジも少し緩めて、カウンターマーチは8枚ソウコウのまま組み立てました。

ソウコウ糸が外れていたり^^^大変な事になりましたが、息子が「晩御飯食べてきたし^^」と言う言葉にも生返事で下をむいたまま、ソウコウの糸を通していました。

無駄な苦労かもしれないけれど、天秤式の織り機を見たことも触った事もない私には必要な「遠回り」だと
何時もの事ながら、気長に機を組み立てていました。

それが正しいかは経糸を通して開きを見てからでないと分からない状態です。

誰か?グリモーグラのイデアルを使った事がある・・天秤式なら分かる・・と思われている方、
どうぞ教えて下さいねっ。

お待ちしてます^~~
f0181394_1357034.jpg

昨年の嵐山

今年の紅葉は東がいいかなぁ~~と・・・でも東北までは行けないなぁ~何時、行けるのか! 
良い季節は日本中を豊かにする。
[PR]

by yukiwaa | 2011-11-03 13:59 | 織りものゆたゆた | Comments(0)

おもろいやん。  シュトーレンがやって来た!

11月になったのに、暑い日が続いています。
雨の中でも、バイクで帰る主人は、夜は寒い・・・と言うので、ソロソロ、掘りごたつでも準備しようかと思ったけれど、暑いので^^止めて、昨日のお休みは1日中、私の大きな織り機と奮闘しておりました。

草津の先生のお知り合いが<尼崎の立花>で天秤式の織り機を使われていて、その方に今回のイデアルのコードの取り付けを草津の先生は頼まれていたので、25日は来て頂いて、草津の先生と私はその方から、「タイアップやコードの扱い方」を学びました。

草津の先生は着尺一筋のようで、全く天秤式は分からない・・・と言う事でした。
「今更、勉強してもね^^^」と言われて、今更、勉強する私は草津の先生より10歳も上で、天秤式の織り機をじっくり見た事もないのです。
見たことも無いに等しい織り機を購入して、使えるようになるのかしら?・・・と不安ばかりが先に立っていました。

織りの世界は広くて、大学で勉強をしていれば別でしょうが、「これは出来ても、これは分からん」と言う事もあるようでした。

お知り合いの方は、だいたいの事は教えて下さいましたが、<ここっ!が知りたい!>と思うことは質問が出来ない位、急がれていて、コードが通り、2枚の踏み板にもコードが通った段階で、帰られました。

私は消化不良^^^仕方ないですねっ、人に頼ると、そんなものです。

それで、昨日は1日中、織り機と奮闘して、すべてのコードを結び直し、納得がゆくまで、コードと格闘^^しておりました。

午前中から織り機の綜コウのコードを解き、やり直し、それから朝ごはん、又コードと格闘、それからたくさんの洗濯、
又コードと格闘!経糸を通す時に使う綾棒は付属のものよりも竹の方が使いかってが良い・・それで、稲垣さんまで車を走らせる。綾棒を結ぶ紐がない・・・また3件ほど、ホームセンターや手芸やさんを廻るが「木綿の紐」がない^^
諦めて、出来合いの紐を買う。

それから又、織り機の下で頭をぶつけながら、<痛いやん>と言いながら、屈んでコードと奮闘!!
でも不思議と、飽きない。腰も痛くならない!何時間していただろう?
「おもろいやん」と思う。一つづつ、此処はこうしようと・・アイデァが浮かぶ、でもこのアイデァが正しいかドウかは分からないが踏み板に結んだコードを何度もやり直す事半日以上。
f0181394_14232027.jpg


晩御飯もソコソコに夜も格闘。ラジオから「もう、ソロソロ11時過ぎましたね」と言う声が聞こえた。
「あっ、もう、寝んと朝が起きれんわ」と気は急ぐが、手はコードを触っていた。

<歳ゆくと時間がかかるのよ、慣れれば大丈夫早くなるもん>と自分自身に言い聞かせる。

でも、「おもろいやん」・・・天秤式の構造が分かりかけてきて、タイアップも足の踏み順を考えてせんと、足がクロスするやん・・・気が付いて、又やり直しをする。

これで経糸が見える、これで横糸が見える・・・分かってくると、初めての天秤式の織り機がおもろいやん。

もう、1日休みがあれば気が済むまで出来たのに^^^でも明日はお店があるやん・・・そろそろシュトーレンやし・・・シュトーレン、10月から仕込がすんでいて、明日は1回目の焼き上がりです。
お尻に火がついてきた~~~頑張らんと・・と思い寝間に入った。
f0181394_14235273.jpg

シュトーレンの時期がきました!!
今年も宜しくと・・・サンタや猫さんや十兵衛やモノポール坊やが声を揃えて言ってま~~す。
横で、トランプが<僕がサンタになろうか!>と言っているようです。

今年も、宜しくお願いしま~~す。
f0181394_14275296.jpg

[PR]

by yukiwaa | 2011-11-01 14:28 | 織りものゆたゆた | Comments(0)