自然と共に

f0181394_13352746.jpg

保津峡
f0181394_13354347.jpg


f0181394_1336466.jpg

嵐山
f0181394_13361616.jpg

オオサンショウウオを撮ったつもり^^^^^棒の向こうです。30分に一度位出てくるが、帰りを急ぐので、、、
[PR]

by yukiwaa | 2011-06-21 13:39 | 京都ぶらぶら

美山の自然たっぷり

梅雨らしい肌寒さを感じながら小雨の中、心地よく自転車をこぐ。
JR嵯峨嵐山へ。
f0181394_21575290.jpg

待ち合わせの公共美山ホールのカフェ花水木へ。
此処で、<青つづらふじ>で籠を作らせてもらう。
女主が山で採られた青つづらふじ、テーブルの後ろにも多くの山草が乾されてあった。
山草は春に命を芽吹き、夏に多くの水を得て成長をし、秋に熟成が終わり、
11月20日過ぎ頃に採り入れた山草は、何年経っても色も香りもあせずにそこにある。
女主の説明は山を愛されているんだと、、、ヒシヒシと伝わる。

f0181394_229133.jpg

如何にか出来ましたが心は昼食へ^^^^
f0181394_229261.jpg

女主が作られたお茶です。
からだにおいしいいお茶・心においしいお茶・お腹においしいお茶・・・とある。
私はビワとドクダミとスギナがブレンドされたお茶をお土産に頂いた。<からだにおいしいお茶>です。
昼食も女主手作りの「湯葉の松花堂風弁当と朴葉で包まれて豆ご飯」でした。
f0181394_2214552.jpg
f0181394_2215932.jpg

そしてデザートも湯葉と生クリーム、中にはヨモギと卵白でできたお菓子が・・・あっぱれ!!
f0181394_22162445.jpg

f0181394_2216386.jpg


山を愛され、美山を愛されている女主の心意気が伝わってきた一日でした。

f0181394_2219489.jpg
f0181394_2220292.jpg

美山の茅葺
f0181394_22201525.jpg

残雪、秋野不矩作・・・この名画の説明もされていた。・・・うーん!納得。

ーー心もお腹も満タンになりお店に別れを告げて、美山の「道の駅」へいく。
でもねっ、お金の事を言うのは^^^どうも・・とも思うけれど、
今回、籠を作らせてもらい、勿論材料も頂、昼食やデザートやコーヒーまで頂き、その上「お土産」まで頂いて
なんと^^^本当に、、なんと、、、2500円^^^^とても悪くて、そこでごま油も買いましたが、またこれが安いのです。
これは、又来なくてはねっ、、と思い、
女主の心意気、、、何処までも感じずにはいられませんでした。
[PR]

by yukiwaa | 2011-06-20 22:17 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(2)

出かけて、、ほっこり昼下がり

今週の月曜日はハワイから帰省していた友人とあう。
何時もは春に帰ってきていたのに、今年は放射能で帰れなかったようでした。

高校時代の友人5人と地元であう。
久しぶりに阪急電車、阪神電車を乗り継いで、到着。

梅田の変わりようはすさまじく、人が多いのにビックリ^^^^

さっさと、通り過ぎて阪神電車に乗るとほっこりした。

今日の京都は小雨模様。
早朝は気分が良いほど、肌寒い。
昼に帰り、洗濯物を取り入れる、下の台所から「ほうじ茶」の良いにおい・・・

ガスレンジがオートになってから火をつけたまま、ほかの場所へいける。
お茶は煮つめるなら、<5分コース>というのがあってほっといても消えてくれる。
番茶やほうじ茶は少し、煮つめるので、家中ほのかなお茶の香りが、、

ホッコリした昼下がり、十兵衛は付いて回ってます。

来週の月曜日は「嵯峨嵐山」から園部へ行き、みんなで待ち合わせして、美山へ、、

久しぶりの京都の山々の写真を撮ろうと思います。

やっと、始動です、、、

被災地も、所によっては「始動」しているらしい、、が

政治家が国民の底力に頼っているように見えてしかたない。
国会議員は減らしてもいいんとちゃう?
[PR]

by yukiwaa | 2011-06-18 15:48 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(2)

知ろうと思います。私ができること。

  まだ、まにあうのなら
      ---私の書いたいちばん長い手紙
f0181394_13585441.jpg


甘蔗珠恵子著  地湧社

チェルノブイリの原発事故が起こってから1年たった1987年5月、事故の影響やその後の問題がますます深刻化してゆく中、編集部に一通の長い手紙が届きました。

この書き出しで始まる本を私はある人のブログで見つけました。
早速購入。

1987年の1年前がチェルノブイリの事故だったんだ、、、、私は恥ずかしながら、あまり関心がなかった・・と言うのが正直な所でした。

1985年に6歳と3歳の息子を抱えて、一般の人の何倍ものローンを組み、店を始めた時期でした。
私は毎日の子育てと、店の仕事のやりくりで日々の時間は忙殺されていて、社会に目を向けて冷静に物事を
考える時間はありませんでした。

今回のフクシマの事故から、「脱原発」を考え始めました。

今日のモーニングバードで京大準教授、小出裕章先生が言われていたことは原子炉はメルトスルーどころではない・・・と言う事。地下ダムを早急に作り汚染水を海に流れないようにするべきだと言うお話と緊急避難地域だけでなく
その他の人も帰れない、いやっ帰るとしたら「癌発病」を覚悟しなければならない・・・と断言。
完全に帰る事ができるまでには100年、いやっ最低30年はかかる。

私は生きているうちに東北の完全復興は見られないのだろうか?

せめて自然エネルギーへの道のりだけは確かなものとしてみてみたい。
政治家も考えはいろいろ~~なようで、安心できない。

国民一人ひとりの自覚が必要、
我々が「脱原発」と言い続けないと自然エネルギーへの移行が怪しくなりそう。

ぜひ、読んでみてください。2人の子がいるお母さんが生活目線で書かれた本です。
[PR]

by yukiwaa | 2011-06-16 13:48 | 社会  山登りしんしん | Trackback | Comments(4)

新しいビジョンを!

f0181394_14343436.jpg


これはベランダにつけた梯子です。アンテナ2900円で如何にか出来たようです。
テレビの差込口が一つの場合は、室内ブースターでいいので、アンテナ付けは簡単です。

f0181394_14365774.jpg

昨年挿し木で大きくした紫陽花。
f0181394_14372918.jpg

f0181394_14454337.jpg

何時ものガク紫陽花。

季節は変わってゆくけれど、フクシマの原発が冷えるのに何年か、かかるとか、、、その間中、
放射能が出続ける。

如何したら、、いいんだろう?

でも、生活は普通に続いてゆくんだよね。

早く、新しいビジョンを見せて欲しい!
[PR]

by yukiwaa | 2011-06-14 14:43 | 社会  山登りしんしん | Trackback | Comments(2)

山椒の季節

f0181394_20872.jpg

今年も、山椒やラッキョウ、梅干の季節がきました。

我が家に帰った80才過ぎの腰の曲がったおばあさんは位牌も仏壇も我が家に置いたまま、持ってきた「ヒマワリの種」を<大きくなれよ~おおきくなれよ~>と呼びかけながら、大きな我が家の農地に手を思いっきり広げながら一人で撒いていた。

おじいさんは仏壇のなかです。
おばあさんは夏に戻るつもりなのかもしれない。此処がわが身の居場所だとも思っているのだろう。

なんで、こんな思いをしなあかんのか、、、

今の季節、おばさんは忙しく、家を出た息子や娘の事を考えながら、山椒を掃除して、ラッキョを漬け、庭にできた梅干しを漬けていただろうに。
[PR]

by yukiwaa | 2011-06-11 20:19 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(2)

屋根のうえ

鼻水が出っぱなし、、、目がかゆい、、、目の周りがただれてきそう、、、
・・・・・そうです。花粉症です。
何時だったか、月曜日の朝風呂から出たとたんに、、十兵衛が散歩から帰り、もう一度、お風呂へ湯ータウン、勿論裸で、、、その時の姿勢が悪かったのか、冷やしたのか悪かったのか、十兵衛をお風呂からあげると、私の腰は曲がったままになりました。鈍くて重い痛みが走るのですが、体勢はナカナカ元に戻らず、やはりこの様なときは最初は「接骨院か?」と思い、車で出かけました。
その時はやはり、電気マッサージと先生のマッサージのお陰で腰は伸びたのですが、重い痛みは残ったままでした。

「やはり温めんと、、」と思った私はその週は3度ほど近くの「仁左衛門」へ行く事にしたのです。重い腰の病気の場合は知りませんが、使い痛みや冷えでの腰痛には自己管理、「暖めて、マッサージ」が一番だと私は思っていて、仁左衛門の温泉につかり、岩盤浴ををして、マッサージチェアでももみもみをします。

・・・・なんという気持ちよさ、心もリラックスして楽ちんになりました。

それからが、福祉施設のバザーでした。バザーで、やはり2時間で300個近いパンを電卓片手に販売するのは、久しぶりの事もあり、体の節々が驚いたようでした。暫らくは痛くて、身体をほぐすのに又、仁左衛門へ・・・とあいなりました。

そんな時に片方ではやってますよ!
20代の頃にやってからは「初めての洋裁、、」ですが、、
f0181394_23261120.jpg

洗い張りが終わってあった姉の大島の着物を、ワンピースコートにしようと型紙をとり、「切りびづけ」をしたところです。本を買いました、「きものリメイク術」日本ボーグ社です。基本的な事から書かれてありとても分かりやすいです。
f0181394_23304495.jpg

シュールはまだ、ココまでです。如何しても左右の織り込の強さが一定にならず解いてばかり、、、挙句の果ては「織り機が、筬がいがんでいるんでは?・・・」と思い筬かまちのネジを触ろうとしていましたが、幸い上手く触れず、やはり織り進めると、原因が、、、分かってきたのです。左右の耳の余裕が違うのです。癖なのか、右の耳は綺麗に経糸に収まっているのに、左の耳はしは余裕を持たせすぎてしまうのです。だから筬を手前に引いても、左右の横糸の織り込強度が違ってくるのでは???
そう思うと耳も左右、揃える事を意識すると、如何にか筬が揃うようになってきて織りやすくなってきました。

「小さな発見が嬉しい!!」私です。   間違ってませんよね、、、、それに、、、
f0181394_23384399.jpg

マットを織ってます。昨年のリベンジもかねて、、2枚目です。欲張りすぎですが楽しい!!
身体のメンテナンスを考えて、、、やりたい事を少しづつやり進められることが嬉しいですね。

やりたい事をやる・・・といえばですが、   
我が家の地デジはアンテナが昔のままなので、風や雨で画面が消えます(笑)
そこで電気屋さんに聞くと「アンテナは10万」と言う、、、、恐ろしい!!
アンテナ専門屋さんに聞いても、6,7万という。現場を見て見積もりなのでその時は別料金だと言う。

<なんで、そんなにお金がかかるの~~おかしいやん。これは政府、電機業界一体の企みか?>
それに、地デジの場合のアンテナなんて、最初は何の説明もなくて、今更、そんな高値を言われても、、、
どの様にすればいいのかの説明もなく、、、これは「企み」としか考えられない。

そこでパソコンで調べました。アンテナの下にはブースターと言う増幅器があり、部屋、部屋にアンテナ線の差込口がある場合は「分電気」なるものがある。その分電気は大概は屋根裏にあるらしい、、それを主人に話すと、元来細かい仕事が好きな主人、早速屋根裏へ。
「分電気アッタゾー」と屋根裏で嬉しい悲鳴・・・そうなるとエンジンンがかかりました。結局家の屋根に上ることに、、、あぶないなぁ~~と息子は無愛想になるが先日の月曜日、梯子をベランダの手すりに結わえて垂直に梯子を置き、上り始めました。「あつっ!!」裸足で屋根は熱いそうです。登る方は滑らない履物を用意した方が良いそうです。再度、履物をはいて、夕方に上りました。
その時の、アンテナです。
f0181394_2358238.jpg

これがブースターの内。蓋を開けて構造を調べてます。
多分増幅器と混合機の両方を兼ねているのでは?と思われます。
何方かご存知の方は教えて!下さい。
f0181394_23595044.jpg

我が家の分電気はどうも3つはあるようなので、ブースターがなければ映像の電波は弱くなるのです。
電波の力を大きくする為のものがブースターですが、UHFとVHFとBSのアンテナを一つにまとめているので混合機も兼ねているように思われます。

う~~~ん!!出来るでしょうか??
次回の次回にアンテナを買いますが、もう少し、調べてからです。

アンテナは安いので5000円です。高いのでも9000円。分電気は1000~3000円位、ブースターも5000円から15000円位です。
でも我が家はアンテナとさび付いているネジしか変えません。

上手く行けばいいのですが、、、

ついでに屋根の痛みも直して、、、とお願いしました(笑)

そんな、こんなのてんてこ舞いの我が家です。
[PR]

by yukiwaa | 2011-06-08 00:09 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(2)