歳を重ねて、、生きると言う事。

昨日は、何時もパンを販売している高齢者福祉施設のバザーでした。

店の仕事を一段落させて、主人におにぎりを用意して、バザーの準備、、、出店時間の11時30分よりは20分も早く、着いたのに、もう、他の店は全て出ていて、一番最後のお店の準備になりました。
f0181394_158375.jpg


パンを並べた板じゅうはすべてで10個、いつもの倍以上のパンでした。
我が店の定連さんの所長さんが進んでお手伝い。有難いことにパンを並べるや否やお客さんが押し寄せて、、、「まってください!!つり銭も出せていない、、、待って、待って、、」と言いながらの対応でした。
地域の消防隊員のおばさんも自主的にお手伝い、、、3人がかりでお客様に対応。
バザーの日は「一般のお客様優先」・・・と言う事でした。

何時もの施設利用者さんが来れない状態で物足りなさを感じた私でした。
昨年の11月から此方に寄せてもらい、最初は戸惑いが多い1日でしたが、世間知らずの私にはとても良い勉強をさせてもらっていると思いました。

高齢者・・・と言っても家にいた母は寝たきりのまま、遠い所へ行ってしまいました。
ある程度、元気で歳を重ねておられる方とのお付き合いはこの施設に来てからの初めても経験でした。
「歳を重ねる」・・・と言う事を、、、う~~ん、なんと言葉を探しますが、、、
私が高齢者の方に「気を長くして接している」自分自身を見た時、私も良い経験を重ねさせてもらっていると感じました。

震災で「おむつが足りない、、」という岩手のとある施設の方の悲鳴が身をもって聞こえてきたのはこの施設での経験と我が寝たきりになった義兄の「オムツ」の事がありました。
施設により、安いオムツを身内が買って持ち込める所と、施設専用のオムツでないといけないところがあり、この「オムツ代」が施設利用金の、勿論国民年金受給者の場合ですが、その年金の半分は占めるという現実。
これは、高齢になっている家族には結構な負担なのです。

f0181394_15283991.jpg

地元の有名なコーヒーショップの定員さんが接客か?和んでいます。

94才の編み物好きのkさん、自分で編まれた作品を出されています。、、、↓
f0181394_1604288.jpg

職員さんも頑張る、、
f0181394_1625929.jpg

若い職員さんが多くて、皆さん楽しい事を考えて、一歩でも地元と、、、という思いが伝わる。
f0181394_1644296.jpg

我が家の先代のゲン(柴犬)と仲良しだった御婦人、二入で仲良く~^ハイパチリ。
f0181394_1655961.jpg

モノポールのパンが大好きな所長さん、今日も朝に一度買いに来られて、昼もバザーお買い求め。
「毎度、ありがとうございます!!」
f0181394_1672423.jpg

消防服を体験した、私です。
重いです、5kはくだらない。(ヘルメットと上着だけす)
自衛隊の人や、防護服を着て家に帰られた方々の思いが、、、

この日は、2時間少しで完売でした。最後に出店して一番に帰りました。
十兵衛が待っていて、夕方の仕事も待ってます。
急いで帰り支度。

本当に、ありがとうございました~~~

背中に汗をかき、額にも汗しての接客でした。こんな忙しい思いは、、、気持ち良い。

やはり、貧乏性ですねっ。(笑)
[PR]

by yukiwaa | 2011-05-29 16:10 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(2)

織るたびに不思議が出てくる私の織り曜日。

f0181394_1559660.jpg

お行儀良く、待ってます、、、
f0181394_15594828.jpg

甘いお父さんから、、、ついに、頂戴、、
f0181394_1612443.jpg

行儀良くしてれば、、、又もらえるかなぁ~~

長いお父さんの食事に付き合う十兵衛・・・・本当は一番怖い人なのに、十兵衛は一番甘く見ています。

f0181394_164228.jpg

経糸と横糸の隙間の開け方が難しい。
横糸をブルーにするか、モスグリーンにするかで何度か試作。
試作用に20cm長く整経したのですが、20cmでは間の糸の間隔も入れると足りそうにないので、止めました。
織っては解き、織っては解き、、を繰り返し、モスグリーンに決定。

何時もは(裂き織りやマットは)きつく横糸をかけるので、手が覚えていて、すぐに詰まりそうになる。

平織りの所を見ながら、、横糸を織れば具合が分かるのか??
それにしても、綺麗に織るには如何すれば良いのか??
以前、聞いたのでは、経糸と横糸の隙間を同じ間隔に、、、だった・・と思い出したが
織るたびに「?」が出てきます。

時間がかかりそう~~~!
[PR]

by yukiwaa | 2011-05-24 16:11 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(4)

誕生日を変える??

今日は私の誕生日です。

〇〇歳になりました。

高校時代の友人なら皆私の年が分かります(当たりまえ!笑)

主人に「何かプレゼントは?」と言ったら
「何でこんな金のない次期に誕生日なんや!役所、行って12月に変えてもらえ!」だって(笑)

5月、6月は車検があり、固定資産税があり、法人税があり、マダマダモロモロがあるそうです。店をしていてもそちらの細かいお金の支払いにはノ^ータッチの私でも、この時期主人が大変なぐらいは分かっています。

母の日も、誕生祝もない我が家ですが、先週は長男が帰ると・・と言うので「カットとカラーリング」を頼み、気持ちよく、息子はしてくれました。私は心の中で「これが息子からのプレゼントなんや」と思いました。
次男は、やっと「貯金」に目覚め、私があづかっている給料からの「貯金」をみて、、「まだ、これだけ?」と言いました。「ウン、今までは少し使わせてもらってたから~~」と言うと「うん、そうか~」。で納得してくれた優しさは、、、、このうえもない「プレゼント」です。

主人は誕生日を12月に変えろ!・・と冗談を言うのも・・・これはこれで、良いんです(笑)
笑えただけで良いんだと思う。

でも、陰でこっそり「Tシャツとワンピース風チョキ」を買いました。
私へのご褒美に。
それに長男にはマットのプレゼントを・・・と思っています。
彼の店も5周年を迎えました。
「おめでとう!よく頑張ったね。でも早くローン返しや!」と言いました。
「うん、早く返そうと思う」と素直に言いました。

次から次へと「事業」をしたがる長男の話にはついてゆけなくて、、、「疲れます」。
でも主人に話すと「やる気があって良いやないか、若い者が夢がなくて、小さくまとまって如何するんや」と言う。
私はリスクばかり考えてしまいます。やはり「歳やなぁ~~」。

お洒落な事も大きなことももう、言えんわ。

退屈なおばさんのプログを読んでいただいてありがとう!!
[PR]

by yukiwaa | 2011-05-22 16:08 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(10)

良いニュース

色々出てきました。

ヤフッーの孫さん100億円寄付・・・もすごいけど、「自然エネルギー」の会社を立ちあげるとか、、勿論事業としての将来性も考えての事かもしれませんが、原発からの脱却を菅さんとの会食で進められたとか、、、
・・・・一つの良い情報です。

12年前に国が推奨して、30億かけて開発していた災害用のロボット、電力会社が「必要ない、放射能を想定する必要はない」・・・と発注せず、作った4機?の内3機を廃棄していた・・・ロボット研究。今回アメリカからのロボットを借りましたが、アメリカのロボットは階段を上り、下りは出来ません。
愛知工業大学で東電の発注で、現在、建て屋に入るべきロボットを急いで、製造中だとか・・・勿論階段は上り、下り出来るロボットです。
やっと、日本製のロボットが陽の目を見ます。嬉しい!・・・・一つの良い情報です。

宮城県石巻の種牡蠣が80%が無事・・・・これはとてつもな良い情報でした。

何処の村だったか、東北の海辺の村が津波で被災。村の言い伝えの「村共有の土地」「何かがあれば使いなさい」・・・と言われていたという土地、東京ドーム7個分。海から5K離れていて、海辺の津波で壊れた村の家200軒を立ててもまだ、300軒の余裕があるという。村の人たちは「希望が持てる」とその土地を今回利用する方向で考えている。他の土地の人もどーぞ!と言われていた。・・・・これも良いニュースでした。

悩まんとあかん事は山ほどあるが、活力になるのは「良いニュース」。

政治家が出来が悪くても、日本国民の底力と責任感と技術力と忍耐力を世界が信じてくれています。
だから、株価も下がらんし、貨幣価値も下がらんのかも知れない。

政治家が原発を国策と認め、今回の原発の責任を100%国が認めたことは重要だと思う。
それらを時代を後戻りさせないように我々は見張らんといけません。

もし、バカげた政策に逆戻りしそうになったら、私達は「国民投票」を訴えましょう。

京都に家族ぐるみで仕事にくるはずだった東北の方は「やはり、土地を離れられない」・・・と帰られたそうです。
土地に根ざす気持ちの強さは京都人の主人にはよく分かるようです。

人間は歴史的な時間軸を縦軸に場所という空間軸を横軸に存在がある・・・と何かの本で書いていた。

農耕民族の日本人にはこの思いは強く、特に農業や林業、漁業をされている方々は、土地を離れると言う事は自分自身の存在意義を否定されたように感じるらしい。

なるほどなぁ~耐えて、耐えてその土地で頑張ることが生き甲斐に通じるのかもしれない。

私の歴史的、時間的縦軸と空間軸の交わる所に今の私の居場所があるんだとすれば、
それがモノポールかい???

今週は腰痛で、、、、悪いニュースの一つでした。

f0181394_16145993.jpg

久しぶりに我が家にやってきたツバメたち
f0181394_16154579.jpg

息子にプレゼント、マットです。
f0181394_16161660.jpg

お母さんの嫁入り箪笥・・・・今は織りの糸タンスです。
[PR]

by yukiwaa | 2011-05-19 14:47 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(0)

脱原発・・・琵琶湖の水を守りたい。

私は「安全神話」の中にいたのかもしれない。

自民党、中曽根前総理が進めた「原子炉計画」。

<1945.8.6日、中曽根康弘は4高松で広島のきのこ雲を遠望した。この時次のように思ったと云う。  「私が戦争中海軍に動員されて高松にいた時、広島の原爆雲を見た。この時私は、次の時代は原子力の時代になると直感した」(中曽根康弘「政治と人生―中曽根康弘回顧録」講談社・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1954.3.2日、中曽根康弘によって日本の国会に始めて原子力予算が上程された・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・翌3.3日の衆議院予算委員会に、全く突如として自由党・改進党・日本自由党の三党共同修正案として提出され、3.4日の衆議院本会議で提案趣旨説明が行われ、予算案は修正案も含めて一括採択された。

 1954.4月、予算案が可決され、「原子炉築造のための基礎研究費及び調査費」(この時の原子力予算は235億円ともある)。が認められた。以降、日本の原子力政策は巨額の税金を「利権として吸い上げる」構造的汚職の巣窟と化して行くことになる。
(日本を守るには右も左もない。より抜粋。

原発推進派はあらゆる手段で原発からの利益の為に企業と政治家が「癒着」し、あらゆる手段で、「原子炉に疑いをもつ芽を許さず、それは戦前に軍国主義の非難を許さなかったように、原発の非難を許さず、全てに封をしてきた。
原発が安くつくというのも「嘘」である、原発につぎ込んでいる税金を入れれば他のエネルギー事業よりも高くつく。

それを知らされたのは、、、私は今回の震災の後です。

疑わずに、震災の後も全ての学者の話を真剣に聞いていた。彼らが原発推進派の学者・・・だと誰が疑っただろう。
あの、悲惨な場面を見せられて、それでも直、原発を疑うエネルギーは私にはなかった。
信じて、良くなる事を願った。

でも、原発は大きなたくらみの中にあり、それは我々が騙され続けようとしていた。

今回の震災で全てが明るみに出た。

今回の事故は「時代が変わる節目」なのかもしれない。

原発から自然エネルギーへの時代の変化だと受け止め、それは一挙には行かない事情が多いが、これを「良い機会ににして、自然エネルギーへと転換される政治を社会を望みたい。

私は「安全神話の中」で安心して暮らしてはいけない。

何時、琵琶湖の水が放射能で汚染されるか分からないからです。

もう、タブーの「脱原発」は許されない。
[PR]

by yukiwaa | 2011-05-12 15:14 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(11)

充実な織り曜日・・・

月曜日と言う休みに朝の早くから出かけるには、前日に「織り上げて」支度して、朝は洗濯と^^^^と色々な雑務で忙殺されながら、9時少し前に出かけた。

今日は少しだけのロスで到着できたので、1時間少しで行けました。

f0181394_21445268.jpg

前日に仕上げた浮き織りのタペストリーです。まだ仕上げが出来ていません。

今日の織教室は充実していました。

先々週に先生からもらっていた「織りに関する基礎知識」のファィルを読んでいて、今日はこの質問から始めようと^~と思っていたのです。

組織図から、経糸、横糸の配置、タイアップまで分かる・・・と言う事。

それが理解出来れば自分で「模様をデザイン」して経糸・横糸・タイアップを考え、織る事が出来るのです。
午前中の2時間はその説明で頭が、、、頭が、、、疲れで心臓がドキッ・ドキッでしたが、如何にか先生に食らい付いて、聞いていました。

f0181394_21504659.jpg

下手な字ですが、先生の言葉をメモしています。
家に帰ってからも復習しました。
整経も、、、、3色を色々な使いまわしをする時の整経です。
f0181394_21525121.jpg

休ませる糸は止めておきます。
必ず頭に色糸の糸順があるので、それに従って拾ってゆきます。
f0181394_21541265.jpg

綾棒の糸の結び方です、こうして、結ぶと綾棒を動かせます。が上からと下からを組み合わせると綾棒は動かないです。
綾返しして、ソウコウに通すので、多少は糸は動いた方が良いのです。丁度良い糸の長さにすると、重しで筬の方にある長い糸は抑えておきます。
f0181394_22431864.jpg

糸が絡まずにすみます。
それに綾棒からソウコウへの糸と通しが、間違わずに出来ます。「
重り」って大事です。
先生のは8kのを使います。
私は漬物石4Kと本でいけるかなぁ^^^^と甘い考えをしています。
押さえ(重り)置くと糸の長短が出来にくいです。
f0181394_2215160.jpg

今織りかけているのは「模紗織り」の変形です。
f0181394_2225414.jpg

「手織り工房」という本にも乗っていますが、先生がこれをアレンジされました。
f0181394_22445.jpg

昼からは筬通しをして機に括りつけ車に乗せて帰ってきました。

5月の最終土曜日は高齢者福祉施設でバザーがあります。これに何点か出店して、売り上げを被災地へ・・・と思っているのですが、時間がなかなか作れません。
おばあさん(施設の方)に頼まれた小さなマットも織らないと、、、、

7月には高校1年からの友人が、めでたく会社を「定年退職」します。
近しい友人で働いているのは「私」だけになりそうです。

彼女、44年、働いた事になるのか、、、本当にご苦労様でした。
彼女の定年祝いに今日のマフラーを織り上げたいと思っていて、頭の中は「混乱」してます。

 <目から鱗>・・今日の授業はそんな「織り曜日」でした。


又一つ勉強だと思わされる1日でした。
[PR]

by yukiwaa | 2011-05-09 22:19 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(1)

浜岡原発停止

福島の原子炉が水素爆発した時、東電の幹部達は「もう駄目だ!」とさじを投げ逃げ出そうとしていた。
それを知った官邸が東電本社に怒鳴り込みに行ったらしい。これが、菅さんが怒鳴った理由らしい。

今、聞くと、なるほど・・・とも思う。

企業と言えども、国策として原子炉からのエネルギー政策、自民党時代にしっかりとした癒着があり、その中でいお互いを甘やかせていたのだろう。
国鉄も、、そうでした。日航も、、、同じです。半官半民みたいな企業、いやっ東電は電気と言う武器を持っている。それに、海外や我々の年金の原始で株が買われていて、なかなか、厳しい状況に追い込めないでいる。

それはそれで仕方ないのかもしれないが、社会における責任を(賠償など)を全て追いきれない会社は、もう破綻しているといって良いのかもしれない状況ですが、東電をつぶす訳にはいかない・・・

・・・それも仕方ないとしても、もっと仕事に対しての社会的な責任の重みを感じて原子炉に接してほしい。

自分だけ逃げ出そう・・・だなんて、言語道断だと思う。

昨日、近況ニュースのテレッップが流れた。
「浜岡原子炉停止」というニュースでした。

今日の新聞では、「まずは2年停止」と言う事らしい。

一応、良い方向へ行きかけているのか、、、、

その前日にnhkのニュースウオッチ9で「野依良治さんに問う“科学の危機”どう向き合う」が放送されていた。
聞き耳を立てて聞く。

原子炉はつなぎのエネルギー。自然エネルギーへの移行のための。

科学者はもっと自然エネルギーの研究をするべく・・・だと話されていた。

原子炉に使うお金を、もっと「自然エネルギー」の研究の為に使ってほしい・・・と思った。

日本の政治がまともな方向へ行くなら、これからの復興も期待できる。

5月の連休は私は月曜日以外、仕事でした。

合間に、花の植え替えをして、桂川を散策。若い人達がたくさんバーベーキューしていた。
3月と比べると、今までの我慢が吹っ切れたような大勢の人・人・人でした。
わんちゃんたちは肩身の狭い散歩になりましたが、若い子たちが元気に遊んでいるのを見るのは楽しいものでした。
我が家の長男も家にブラット帰ってきては「何かめぼしいものはない?」と言うと天井収納へ行き、バーベキューに使えそうなモノを物色しては帰っていきました。
クーラーボックスも取りにきて、来週出かける予定らしい。
急に来るので、私がいないと、知らない間に帰ってしまうみたいです。
すっかり連絡もなくなってきましたが、元気にやっているみたいで、、、一安心。
初めての車でお出かけ~~~嬉しいんでしょうね(笑)

織りは、今しているのは「通信教育」の先生のお手本を見本にしてやりました。

新しい教室へは、車で1時間半ほど走ります。
月に、1,2度出かけています。今年の4月からです。
遠いので何時まで頑張れるか分からないですが、先生にお願いしているのは「基礎的な事を教えて下さい」です。私は自己流なので、ココッ・・・と言う所が駄目なんだと何処かの先生にもいわれまして、如何すれば「基礎的な事を学べるんだろ・・」と今年に入ってからモンモンと考えていたのです。

まずは部屋を片付けました。糸の整理です。
つづく~~
[PR]

by yukiwaa | 2011-05-07 16:04 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(10)

タペストリー

日々、震災の大きさに、原子炉の被害の大きさに、毎日考えさせられます。

橋本知事が関西広域連合は28日、構成7府県の知事が出席する広域連合委員会を大阪市内で開いた。東京電力福島第1原発事故を受け、大阪府の橋下徹知事が関西に電力を供給する原発の新規建設を認めない大阪の方針を広域連合としても採用するよう各知事に提案した ...京都新聞 - 関連記事 65 件

少し希望がもてそうです。

原発は確実に見直さなければならない。
サンデーモーニングで何とか言う40代のコメンテイターが「中近東の石油も安定を無くした。安定的な石油の供給を望んで、独裁政治を容認してきた先進国。それはもう、これからは望めない。石油の問題と必ずリンクして電気のエネルギー問題も出てくる。その時、自然エネルギーが必ず出てくる。これからのエネルギーとして」・・・日本がこの様な震災に見舞われたのは神様が「地球上に原発は要らない・・・それに変わる自然エネルギーを考えよ!」と日本に言っている気がする。

学者だけでも、政治家だけでも進まない。

我々、一人、一人の覚悟を求められているのかもしれない。

只今54基(?)の原子炉のうち27基(?)だか、停止している、勿論メンテナンス中も含めて。
外部電力もパワーが足りない日本の原子炉、早く安全対策を!でも、簡単にはいかない。厄介なものを我々は使ってきたんだね。
最後の処理に相当な費用と、時間がかかり、ある意味処理できない原子炉。

原子炉建屋に明日、現場の職人が入る。
東電東京本部とのずれが心配。
瓦礫を東京へ・・・ドームや新宿御苑にでも運べば東電の幹部も少しは、現実の被災の実態を感じられるだろうに、、、

昔の石巻が昨年撮った映画「エクレール・お菓子放浪記」
f0181394_20533913.jpg


体がよく続いている・・・と思うほど動き回って^^^それでも頭から消えない日本の無残な姿。
それでも織りました。
f0181394_2056915.jpg

何で、経糸がでるのか^^^^
そうです、ピアノ線を入れて織るのですが、最後の平織りだけそのピアノ線を抜いて織るのに、抜かずに織っていました。
f0181394_20565426.jpg

出来は良くないのですが、これでも時間だけは悲鳴を上げたくなるぐらい、かかってます^^
[PR]

by yukiwaa | 2011-05-02 20:59 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(0)