<   2011年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

いざっ、百草へ。

f0181394_19512250.jpg

名古屋からJR中央本線で多治見へ行く。
面白い駅名が続く、、
f0181394_19533525.jpg


多治見の駅でHさんと待ち合わせ、彼女の車でギャラリ百草へーー
f0181394_19543978.jpg

f0181394_19544819.jpg

引き戸を開けると、そこには作品が並んでいた。
陶芸、木工、織り、、、色々な力作が並ぶ。
f0181394_1956186.jpg

f0181394_19561182.jpg


鹿児島のしょうぶ園の人たちの作品も並ぶ
f0181394_19564722.jpg

f0181394_19565847.jpg


久しぶりにゆっくりとHさんと食事にお茶。
食事は何処でもよくて、たまたま見つけた「台湾ラーメン店」へ入る。
台湾ラーメンと中華の丼ものがセットで700円。
<やすっー><でも多いな~~>と思う。
名古屋はこうゆう組み合わせが多いのだとか、、食べれなければ残せば良いとHさんが言う。
やはり、丼のご飯には手は出なかった。

でも、案外居心地の良いお店で二人で食事が終わってから「織りの話」に花が咲いた。色んな見本や本を広げても店の人は嫌な顔、一つしない。

食事が終わってから、多治見から山のほうへ車を走らせた。
「百草」へつく。ここでも一通りみてからお茶になる。

そこで、Hさんから簡単なスピンドルの紡ぎ方を教えてもらう。
羊毛ももらい、、、何だか私も、やりはじめそう、、、、<不安・不安・ふあん>であるのに。

二人でスーパーへ。
台湾ラーメンと味噌煮込みうどんときし麺と蕎麦を買う。

「百草」でも鹿児島の物産が売っていたので、塩と砂糖と黒砂糖で出来た御菓子を買う。
いつもの事だが知らぬ間に荷物が増える~~~

帰り際にHさんから<かせくりき>をもらう。
<エッーコレをもって帰るの?>
f0181394_2017061.jpg

でも、何だか嬉しい~~
糸を紡いで蒸す、そして染めるの、、、その時にかせくりきがいるのよねっ
でも私には、まだ程遠い作業だと思っていたのに、、、だから少し不安だが嬉しい。
カバンにお土産、かせくりきをもって、JR中央本線から新幹線、地下鉄、阪急電車と乗り継いで、、、やっとの思いで家にたどり着きました。

Hさん!ありがとう。

楽しい小さな旅でした。
[PR]

by yukiwaa | 2011-01-25 20:22 | 織りものゆたゆた | Comments(10)

暖かいものたち

今年は、何時もより「寒さ」を感じる。

土手を散歩していても、朝が早くても、それほど寒いーー^^^と思った事もなく、風邪も殆どひかずにすんでいたのに、今年は違う!!寒さが身体にこたえる~~~。

何故だろう?年もあるだろうけれど、、、
母が生きていた頃に送ってくれた、阪神百貨店の<色えんぴつ>のTシャツ、アンダーに着るものだが、見えてもオカシクナイオシャレなシャツでした。
真冬には手放せないで毎年着ていたが、母が亡くなり、シャツも年々、ほころんで、一つ、一つ消えていった。
今は1枚だけになり、買おうかと思うが高値なので、<始末>してユニクロのヒートテックを買う。

若い子がヒートテックは暖かい・・・というので買い始めてみたが、やはりウールで出来た母が送ってくれていた「色えんぴつ」のTシャッにはかなわない。

ズボン下も下の息子と旦那は「グンゼのパッチ」派だが、私は、やはりパッチは今一はけないので、毎年息子や旦那がスキーの時にはいていて、今はタンスの肥やしになっていたスキーズボンの下にはくタイツをはいている。
勿論、男物だが、やはりウールだからか、、、暖かい。

でも、銭湯で脱ぐ時に少し恥ずかしいので、今年はやはり、ユニクロのズボン下を買ってみた。勿論女物を(笑)
でも、暖かく感じない。
上辺だけ見ていると、暖かそうなのに、何かが違う!!

大量生産で安くを考えると、いま一つ血が通わないのだろうか~~

今は男物のスキー用のズボン下をはいている。

母は耳あてファーも送ってきた。
京都は山に囲まれて寒いから・・・と毎年冬になると暖かい手編のセーターや阪神百貨店のTシャツや耳あてファーや靴下や、台所の絨毯まで送ってきた。

あの当時は、それほど、ありがたく感じなかった。なんて、、、親不孝だろう。
私は、<パン屋なんて暑いのに、こんな暖かいシャツなんか送ってきて、、、>と心の中で不服を言っていたのです。

今、思います。パン屋をして26年、寒いのに、疲れていて、フトンに入れず寝てしまった事はタビタビでした。
でも風邪を引いたのは2どぐらい。
予防注射もせずとも、インフルエンザにもかからず、今ままで元気に仕事が出来たのは、
母の「気づかい」のTシャツや何時も口癖の様に言っていた「冷やしたらあかんで~」と言う耳にタコが出来るぐらいの言葉のお陰だと思う。

先日、息子の好きなかやくご飯と味噌汁と鶏肉の照り焼きをした。
風呂もわかして、準備OK・・・と言う時に帰ってきた。
「ご飯も風呂も出来てるよ」と言うが
「悪い!飯いらんわ。飯食べに行くし」という。突然誘われたようだった。付き合いだから仕方ない。
「おかん、自転車かして」という息子。
めったに乗らない自転車なので、お隣で空気入れをかりる。

8時は過ぎていて、結構寒いのに自転車で出かけていった。

ドンナに近くても、タクシーを呼んで往復タクシーで出かける息子なのに、珍しい。

やはり、今年に入ってから「節約」を考えたのだろうか?
三日坊主で終わっても良い、、、<可愛い~~>と思った。

母の真似は出来ないが、子供は幾つになっても<可愛い~~>と思えれば
それは<しあわせ>なのかもしれない.

f0181394_1583050.jpg

高齢者福祉施設のKさんが編んで私にプレゼントしてくれた手袋。
少し大きいが、ものすご~~く暖かい!!
[PR]

by yukiwaa | 2011-01-23 15:10 | 思い出つらつら | Comments(4)

震災。忘れない。

その時、私は大きなまな板の前で店のサンドイッチを作っていた。
職人はフライアーを使いながら、もう片方で窯へのパンを出し入れしていた。
旦那は奥でミキシングしながらパンの成型をしていた。

グラッ、グラッーグラグラーーと大きな揺れがきた。
<何だろう?>と思う間もなく、大きな揺れきた。
グラーーーグラッー。
「地震や!」と叫んだ主人の声と同時にフライヤーのガスは止まり、3人は異変に驚いた。

私はすぐに表に出た。
螺旋階段で二階へ行こうとしたが、ふと階段を見ると、3階建ての建物がユラーと左右に揺れていた。
怖さで足が竦み、その場でしゃがんでしまった。
主人が追いかけてきた。
「何してるねん」
「子供、、こども、、上見てきて!」と言うだけで私は動けなくなった。

主人は上にあがり、子供達の安否を確かめた。

暫くして、我にかえった私は実家へ電話するが^^^^電話は通じない。
暫らくしてから母から電話が入る
「大丈夫か?」
「うん、大丈夫。そっちは?」
母は大丈夫と言ったが後に聞いた話では酒屋をしていた兄の倉庫の酒瓶や醤油瓶が倒れ、風呂場の壁も落ちたようだった。
大きな損害がそこにはあったが家族は皆無事だった。

息子達は中学生と高校生だったが、その頃、二段ベッドで下が弟、上が兄が使っていたが、地震で揺れているとも思わず、弟は兄に「お兄ちゃん、ベッドゆらさんといてー」と言っていたようでした。
「Y(弟の名前)、地震や!はよ、起きて、下へいけ」兄は弟を起こして下の居間にいた。

テレビでニュースを聞くが、その頃はそんなに大きな地震だという認識もなく、息子達には<学校へ行くよう
>に言った。
長男は電車を乗りついで学校へ行ったが、学校は先生が来られてなくて、休校になっていた。

その日の夜のニュースで大きな地震だった事を知る。

たくさんの方が亡くなり、知人の家も倒壊した。

店にはたくさんの人が知人や親戚等に食料としてのパンを買い求め、運んでいた。
そのたびに、何処そこがどうゆう状況だという話になり、実家辺りが境目でそこよりも神戸よりが被害が大きいのが分かる。
気が気でないが、ただ京都で店をしていた。
お店の隣にある事務所の大きな二階まであるガラス窓も全面、割れていた。
近くのマンションの家具が倒れた話も聞いた。
でも不思議な事にモノポールは頭の上に棚があり、そこには大小さまざまな瓶類が並んでいたが、何一つ落ちて来ず、店のガラスも割れず、不安定な二階の神棚のお神酒類だけが、二つ、三つ落ちていた位ですんだ。

でも、この日を境に関西の経済は坂を下るが如し、何年か後には大阪にあった企業の本社が殆ど東京へ行く事になる。
京都の企業だけは京都からは出てゆかずにいたが、大阪の疲弊はすごいものがあった・・と聴いた。

神戸にその頃からまだ行けていない。

悲惨な神戸を見たくない気持ちがそこにはあった。

懐かしい神戸だけが今の私にはある。

2月に神戸へ行く事にした。

震災から16年、建物や概観は復興したが、、いまだ一人で亡くなる人も多く。
心の傷も癒えない人が多いと聴く。
国の支援は薄く、ボランテイアに頼る人への支援。

今、日本は政治に頼れない。
我々一人ひとりが何かをしなくては、、、という思いが「タイガーマスク」伊達直人運動に繋がっているような気がする。
コレは今の政治への痛烈な反面教師だと私は思う。

決して忘れてはいけない震災。----黙祷をささげる。


f0181394_1604465.jpg

その日は雪ではありませんでしたが、こんなに、寒い日でした。
[PR]

by yukiwaa | 2011-01-17 15:51 | 生きものいきいき | Comments(10)

ご飯の友

f0181394_142567.jpg


溜まるのは、洗濯物と家のゴミ、疲れに不満、それに脂肪、、、では悲しすぎるので、今年は「溜めます」。

ご飯の友をたくさん作り、経済的。
これだけあれば、昼はすみます、それに簡単な晩御飯をカモフラージュ出来ます(笑)

経済観念が薄い次男のために、家に入れてくれている食事代を溜めようと思う。
今までも少しは溜めていたのですが、今年は肝を据えて、少しガッチリ溜めようかと、、思うのであります(笑)

しっかり者の女の子を捜しなさい!とは言ってあるのですが、、、ナカナカのようで、これだけは成り行き任せ。でも年だけは確実に増えてゆきますから~~如何なろうとも彼には必要になるものだから「溜めよう」と思います。
心配性の私ですね。
自分で溜めれればそれが一番ですが、10年黙ってみてきましたが、一向に溜まらない。
人の良い息子、仕事場でも「気前が良くて、、」そうです。付き合いでおごる事も多いようです。
冠婚葬祭も半端でない金額がかかります。

<付き合い>は自分を育てる為の生活の一部だとは思いますが、片方で溜める事もしないと、、、ねっー

ご飯の友は健康にも良くて、「鰯の煮付け」は圧力鍋で台所を片付けている間に出来ます。
骨まで食べれる、、、歯の弱い旦那に好評。
豆も圧力鍋です。短時間水につけ、味をつけて煮込みます。コレもお茶碗、洗っている間に出来ます。
もろ味の中にスルメをみじん切りにして入れます。辛いのが好きな方はコレに青等を入れます。ニンニクが大丈夫な方はコレにみじん切りしたニンニクを。
我が家はスルメだけですが味が少し出て、歯ごたえがあります。
鰯やモロ味噌などをサニーレタスで包んで頂きます。
何をはさんでもOK!

後は
卯の花、、、大根を炊いた出汁を使い、もう、少し味を加えます。中の具はレンコン、人参、こんにゃく、最後にネギです。冷蔵庫にあるもので。
大根の甘酢漬け、柚子を入れます。
山椒とチリメンジャコ。

大満足!!

う~~~ん経済的!!
それに健康に良い!
一挙両得なんだけどなぁ。

何時まで続けられるでしょうか・・・?
[PR]

by yukiwaa | 2011-01-13 14:27 | 生きものいきいき | Comments(5)

ストライキが出来たら、、

冷たい冬の朝、車のフロントガラスが霜で白っている。
こんな朝は路面も凍てついていて、白く鈍く光る。

車に水をかけ、霜をとかして、エンジンをかける。

動きだしたーー

朝、フトンからさっと出ようと毎朝思うのに、、、出来ない。目が覚めているのに、気が乗らない。
気が乗らないのに、、起きて、何時もの様にいつもの事をしないと、、いけない、、、何故いけないの?どうして起きないといけない?如何でもいいことを堂々巡りして、、時間だけが過ぎえてゆく。
焦るし、、自己嫌悪にもつながる、、、悪循環だけが周る、、周る。

そんな日が何日が続く。でもジットしていても面白くもおかしくもない。だから、掃除したら、料理したりはする。
でも気が乗らない・・・・

そんな日に息子が珍しく「風邪」にかかる。
たいした事はないので、市販の薬を進めるが、、一向に改善しない。
年末に風邪気味だった時に、進めた薬をキッチリ飲まずにいたので、こじらせたのだ。
「最初にきっちり治しておかないから長引くのよ」と言うと
「それは、もいいんやん。この風邪どれ位で治るんや?」だって。
医者でもないのにーーーー
「わからんけど、少し長びくかもしれんなぁ。でも熱も微熱だから解熱剤はいらんよ。食べれてたら、日にち薬で治るよ」

めったに病気しないのでイラついている。それでも1日も休まず仕事に出かけた。
今の仕事に就いて7年半、休んだ事がない。

労働者は辛い!!

休む事が出来れば早く治るのに、、、それは言っても仕方がない。
旦那も高熱が出ても、パンを作りつづけていた。
この26年、病気で休んだ事がない。
骨を折っても、、、熱がでても、、花粉症で鼻血が出続けても、、、

私が「めまい」で2日程休んだ時はあった。

あっ、そうだ、ストライキで休んだ時も1日あった。
あの時は息子達、旦那に囲まれて、、、、説教の嵐(笑)だった。

もう一度、ストライキしたいが、そんな事が出来る状況でない。
正月から、とても厳しい!日が続いている。

1月7日の福祉施設へのパンの販売。
年末に行った時は、
理由もなくヘルパーさんに怒っていたい老人。うつむいたまま固まっていた車椅子の老婦人。
彼らは誰一人正月に家に帰らない。誰も迎えに来ないらしい、、、
私は年末、気が重くなっていた。
でも、今回、行くと、うつむいて固まっていた婦人は元気になっていた。やはりサイクルはあるんだろう。
編み物好きな婦人とは話しに華がさいた。
何回も同じ事言うので「Kさん!その話コレで5回目やで」と言うと顔一面笑顔になった。
結構、笑いのある楽しい1日だった。

コレも仕事があるお陰、、、でも何時までも続かないだろうなぁ~~

f0181394_120766.jpg

スロークロッカーで昨年もらった柚子を炊いている・・・上手く行くだろうか。集中力がない。
[PR]

by yukiwaa | 2011-01-10 12:01 | 生きものいきいき | Comments(14)

日の出

今日はもう、出勤されている方も多いんでしょうね。
f0181394_1001583.jpg

最後のおせち、上の御椀は主人が子供の頃使っていたもの。大人になって、大きいのをお母さんから頂いたはずなのに、、、、無くしたので、新しい夫婦御椀を揃えてあります。
朱色が男はん。黒色のおわんがおなごはん。夫婦御椀です。蓋があり、家紋が書かれています。

我が家は正月の間は毎日、雑煮です。
京都は白味噌に丸もちですが、5日も雑煮が続くと、丸もちはなくなり、四角い餅です。田舎から送られてくる餅は弾力があり、粘りがあり、大きいです。
出来上がった白味噌の雑煮に、タップリの花カツオをかけて食べます。
隠し味に「わさび」を少しと。
f0181394_1065163.jpg


食べる頃になると、十兵衛は家に入れて欲しいのです。勝手に裏に出るのに、入れて欲しい時は黙って
「待ってます」。
f0181394_1083813.jpg

ジート、、、待ってるだけです。甘えん坊でしょう?


我が店はまだ、閉まっていますが今日が「仕込み」です。主人が出てゆき、私も少しして出勤(?)です。
息子達も今日からです。

最後の嵐山への散歩で「日の出」を見ました。
f0181394_1095085.jpg
f0181394_1010350.jpg
f0181394_10101452.jpg
f0181394_101028100.jpg
f0181394_10104519.jpg

思わず、手をあわせました。

西側の土手から渡月鏡を渡り、東側を歩きます。
東側から見た西側の風景
f0181394_10124870.jpg


桜の蕾が膨らみかけています。春が近い~~~
f0181394_10132740.jpg


正月に夜なべして出来ました・・・
f0181394_10144761.jpg

途中までだったクッション、綿を入れ出来あがりました。
真ん中のはサンドのナフキン。
マフラーも縮絨して房を整えました。
手前は雑巾・・山ほどあります。

クュッションの裏は母の着物のコート地です。
f0181394_10185661.jpg


お休みは終わりました。
私は3日以上の休みは年に1回です。

あっーーーもっとほしいーー

エンジン始動!!
[PR]

by yukiwaa | 2011-01-05 10:20 | 京都ぶらぶら | Comments(2)

ひとりごと

正月だからって<めっちゃ、楽しい>と言う時期はとっくに終わったなぁ~~

長男が帰り、次男が新年会に出かけて夫婦二人で夕飯・・・なんでもいいなぁ~~
正月に<お茶漬け>もいいかなぁーー
鮭があるし、干物もある、コブもあるし、、、それにすぐき、これは旦那は食べんなぁ^^、でも数のうちだし、、、
おせちもあるけど、これはいいや!
それに去年からはまっているもろ味噌もある。

美味しいほうじ茶で頂くか、、、

旦那も静かに食べている。何時もおねだりする十兵衛もやけに静かだ。
そりょぁ、そうだよね、<茶漬け>じゃぁ、十兵衛には何の魅力もない、、、

お茶を温めながら、、、家の静かさに気付かされる。

「子供が大きくなると、、、静かやなぁ~~十兵衛がいるから、まだ良いけど、、」
「十兵衛、今日も煩くて、、、散歩に早く出かけたわ」
十兵衛の事を楽しそうに話す旦那。
<孫がいたらなぁ~~>と思うけど、これは縁もんだからなぁ~~半分諦めの境地。

茶漬けを済ませて、静かにテレビに向かう。何だかつまらんなぁ~~夫婦でテレビの詰まらなさを言い合う。
それなら見なければ・・良いのにね。

仕事・仕事で11月から2ヶ月がすぎ、身体がボーとしたがっていて、頭の中では「アレもして、コレもして、、、次はコレ。」と思うのに、動けない・・・

今日は思いっきり朝から、新しい手帳を作ろうと、
以前彼女から聞いていた「好きなノートを手帳にするの、アドレス帳はパソコンで作って貼り付け、カバーも縫って・・ポケットをつくる。便利だよ」と言われて、見せてもらう。なかなか良い!!
「よし!今年はそれでいこう」と暮に買っておいたB6のノート。
彼女はB5を使っていたなぁ~

パソコンで作りかけるが、なかなか進まない。テンプレート・・とかあるが気に入らんし、、自分の思ったように作りたい・・・でもエクセルは使えんし、、、ワードやなぁ。

ワードで罫線で表を作り、イラン線を消す・・・如何にか出来たけど、時間が恥ずかしいほど、かかった。
主人は私がパソコンに向い、夢中になっているのを見て、一人で朝ごはんをして食べていた。
そのウチ、煩くなったのか、、、私のパソコンは台所にあるので、居間にいる旦那とは2mも離れていない、、、
「店行くわ!本読みたいし、、、」だって。

一人だと、煩わされづに思う存分、雑巾を15枚位縫いました。店のと、店の二階の台所のと、自宅のと、、、1年分。
サンドイッチの篭にひくナフキンも8枚ほど縫えました。
少しづつ、、少しづつ、、、エンジンがかかってきて、、そうなると、去年からほっておいたマフラーのフリンジの始末もした。
明日は、裂き織りを出来るかなぁ~~

身体って、労働ばかりしてると、、そのような身体になるんだなぁ。

今年は不思議とミシンにエラーが出なかった。
針が途中で折れたり、ボビンに糸が絡んだり~~詰まらんことに拘って遠回りして、、時間だけが過ぎるということもなかったし、、、糸も少し合わん色だったけど、「やる事が全て。完全は無理だよ」と言い聞かせていい加減にしたのが良かったかも、、、

隣の玉ちゃん、結婚する娘さんに伝えた言葉は「ええ加減にする事も大事やで」でした。
玉ちゃんのその言葉、私にも助かるなぁ~~

今、次男の口の利き方がきにいらん、、、何時もは黙って流すんだけど、流してばかりではいかん・・・とだいぶ言いました。
~~の組み立て方が全然違う、息子と私・・・なんでやろ??

もうひとつ、すっきりせん気持ちで今日は寝ます、、、
f0181394_2212027.jpg


トトロの世界へ行きたいーーー気分。
[PR]

by yukiwaa | 2011-01-04 02:22 | 日常そろそろ | Comments(6)

初詣

毎日見てる山々なのに、、、

登ったのは愛宕山と比良山だけ。

元旦に初詣は何年ぶりでしょ。毎年元旦はへこたれていますからね。
今年は旦那が風邪もひかず乗り切れました。2年ぶり、そのお陰で掃除が満載でした(笑)

松尾大社へ。
f0181394_121961.jpg

阪急嵐山線(上桂・松尾・嵐山・3つの駅だけを往復します。単線です)
f0181394_1231338.jpg

松尾大社はお酒の神様。さすがのお供えです。全国から来てますね。能舞台がお酒のお供え物で、埋めつくされています。
f0181394_126759.jpg

愛宕山です、冬の愛宕山も登りました。高校時代の友人と、、、楽しかったねっ。
f0181394_1272183.jpg

大文字山・・・今年こそ、挑戦できたら、、、誰か一緒に行かない?
f0181394_1295786.jpg

比叡山l・・・ここから地デジの電波がくるらしいが電波がしっかり届かない時がある。これから電波が強力になる事を望みたい。
f0181394_132776.jpg

一番奥の白い化粧をした山々が比良山系・・・・若い頃登りました。JR比良駅から歩いて、高度は確か1000m位??だったか、
f0181394_1415294.jpg

東山連峰

桂川からは東西南北山が見えます。

<自然>に囲まれて、夫婦で山の話をする。
穏やかな元旦ですね。

家に帰りつくと、昨夜の夕飯頃から来ていた長男がまだ居ました。
3人で、テレビを見ながら「お仕事」の話になりました。
~~ふぅん。なるほど・・・と言う以外ないですね。
主人は気持ちが分かる様子。同じ<自営>だから、苦労が分かるようだ。

2ヶ月近く会えませんでしたが、お店の子が店の様子をブログで書いていると・・・読んでみた。
店の様子などが分かり少しホットする。

今年は3度の食事をして友人が迎えに来て帰りましたが、ユニクロにも一緒に行けて、、、たくさんテレビを見て一緒に笑いました。
長男とは、中学時代、塾から帰ると、「ナイトスクープ」など一緒にみてよく笑いました。
あの頃の息子に戻ったみたい、、、、そんな事はないんでしょうが。

今日はそんな元旦、、もう二日ですね。・・・でした。
[PR]

by yukiwaa | 2011-01-02 01:43 | 京都ぶらぶら | Comments(12)

新春

f0181394_8113858.jpg

新春の花を迎えて・・・・
あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。


つつがなく、又1年を積み重ねていけたら嬉しいです。

ブログは「虚構の世界」と言わはる、、
でも、
暖かさを感じるのは何故?
優しさを感じるのは何故?
寂しさを感じるのは何故?

現実的な「もの創り」を通して、触れ合いを感じるのは何故?

人生はおおきい。

楽しくするのも、悲しくするのも、我自身。
感じ方、感じたものへの接し方も我自身。

我自身の修業の足りなさが、我の<寂しさ>を招くのか?

色んな事を学ばんと、、、大きな世界へ飛び立ちたい!!

色んな新しい感じ方や、考え方があるのを知る事が出来たブログ。

今年も~~宜しくお願いします。
[PR]

by yukiwaa | 2011-01-01 08:25 | 生きものいきいき | Comments(7)