嵯峨野散策

火曜日に行ってきました。

自転車を嵐山の駅で借り、きれいな空気を胸いっぱいに吸いながら自転車をこぎ、渡月鏡を越え、天龍寺を越えて左へ曲がる、野々宮神社で「縁頼み」、そこから落柿舎、二尊院、祇王寺、化野念仏寺、鳥居本へと脱線しながら走りました。

散策する前に二尊院のお庭の「鹿脅し」の音をお聞き下さい、、、短いですよ。


さぁ~散策です~~

f0181394_2313224.jpg

嵐山駅です。最近、綺麗に生まれ変わりました。田舎の駅の面影が懐かしい、、、
f0181394_23291358.jpg

野々宮神社  縁結びの神様でもある。(この写真は以前散策した時の写真です)
f0181394_2314494.jpg

落柿舎
f0181394_2331737.jpg

落柿舎のおくどはん、、、小さくて可愛い。
f0181394_23322777.jpg

二尊院
f0181394_23324884.jpg

二尊院の参道  馬場の紅葉とも呼ばれ、紅葉のシーズンにもう一度、訪ねたいと思いました。
f0181394_23344285.jpg

二尊院本堂。
f0181394_2335325.jpg

f0181394_23351953.jpg

祇王寺。36歳で亡くなった祇王。平家物語の哀話で知られる白拍子の祇王・その母・妹祇女・仏御前と平清盛の物語がテープで聞こえてきます。何時の時代も、、、でもこの時代の女性は芯が強いなぁ~と感心。
f0181394_23411111.jpg

祇王寺のお庭。苔です
f0181394_23414628.jpg

f0181394_2342794.jpg

此処から切り取られる四季を眺めていた、、、のか!
f0181394_2343151.jpg

f0181394_23431889.jpg

化野念仏寺
f0181394_23434557.jpg

紫式部
f0181394_23441450.jpg

ほととぎす
f0181394_23444455.jpg

少し紅葉が、、、
f0181394_2345625.jpg

鳥居本
f0181394_23453985.jpg

f0181394_2346261.jpg

フジバカマの原生種
f0181394_2347133.jpg

常寂光寺の多宝塔。京の町衆から寄贈された。
京都には町衆の力で残っているものが多い。
f0181394_23495393.jpg

京都の町が見えます。
f0181394_013552.jpg

若い子の真似をして「わあーーーい!!」とおばさん3人。
f0181394_23514154.jpg

しゅうめい菊
f0181394_23515424.jpg

紅葉の種。この飛行機のような羽が飛んで種をばらまく。
f0181394_23541731.jpg

帰りは嵐山で大堰川を眺めながら「蕎麦」を頂く。遅い昼食です。
f0181394_2357064.jpg

蕎麦、蕎麦湯を頂き、最後にデザート。蕎麦のアイスクリーム。

自転車は4時半までに返します。それから四条へ、、、
疲れました、、、でも楽しい1日でした。友人の一人はハワイに帰らずこのまま日本からドイツへ、ヨーロッパ旅行をするんだって、空港会社へ勤めていたので、日本からドイツ、オランダ、パリからアメリカ、ロサンゼルスへの旅費が3万8千円だって、、、ルフトハンザだから、少し高いけど、、、でも格安やん!
これからはちょくちょく帰るし、、だって。いいなぁ~~旅費が安いのは、、

もう一人の友人は明日も出かけるらしい、、、元気なおばちゃんたち・・・で・し・た。
[PR]

by yukiwaa | 2010-10-29 00:06 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(6)

綴れのマット出来上がりました。

「明日は雨が降るぞー」と言われて嵯峨野散策は明日に伸ばしました。
今日は出来るだけ、家の事を片付けようと朝から、中途半端になっていた「衣替え」をしました。
京都は、あさって位から気温が下がり11月下旬並になるそうです。
朝の早い仕事なので、早々と「冬支度」です。

十兵衛もお風呂に入れて、マットも完成しました。
f0181394_21441461.jpg

私の風呂は15分、十兵衛は30分かかり、やっと開放されてホッとしている十兵衛です。
f0181394_21455043.jpg

マット裏面。
f0181394_21461417.jpg

マット表面。
f0181394_21463570.jpg

私にしては上出来です。
組織図を読み、4枚ソウコウを使い、草木染した糸を使いました(ピンクと青色以外は草木染です)
<基本の下地のタマネギ色はタマネギです。濃い緑は、多分蓬。鉄で染めたと思うのですが、これだけしか出来なくて、思わず出来た色でした。若草色は、紫蘇。本当はきれいなグリーンを狙ったのですが、狙った色は出来ず、これも思わず出来ました。)

オーバーショット織りがしたくて、と言うと「糸が難しいので、、、」と言われ、このマットの組織図を見せると4枚ソウコウでは出来ない・・・と最初は言われました。
でも、如何考えてもレバー式なら4枚ソウコウでいけるはず、、、
誰かさんが「レバー式は万能だから、タイアップ考えなくて良いし、、、出来るのでは?」という言葉と、オーバーショットの時のタピーと書かれている平織りは「糸を変えるのが難しいなら、1本取りでやって模様の所を2本取りでやれば、、、出来るんでは?」というアドバイスだけを頼りに織り始めました。

坂本竜馬の「船中八策」に似た?アイデアの寄せ集めでした。

それでも不安は付きまとい、、、教えを頂きたく、メールしました。<ありがとうございました>

綴れのマットが織りたくて、経糸を何種類、買ったことか!
教室に通えば、糸の事の心配はないんだろうなぁ~~と思いました。
今は、したい事と、糸、と筬の関係が一番難しく感じられます。
今回の経糸はコーマ糸です。綿糸ですが、撚りが強くて織り易く感じました。
我が家にあるスェーデン製の玄関マットの糸はもっと細いコーマ糸でした。

「御結婚おめでとう」のカードを作ってマットを差し上げますが、少しオシイ感じです、、、

とても立体的にそれに、ぶ厚く織れました。

完成でーーす!万歳!!
[PR]

by yukiwaa | 2010-10-25 22:04 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(10)

嵯峨野散策

京都は秋の観光シーズンに入りました。

我が家にも10月25日に高校時代の友人が二人やってきます。
月曜日にあわせてくれたので、私は1日中遊べます♪♪

それで「嵯峨野散策」を予定しました。全て任されていて、そんなに出歩かない私ですがやはり「地元」です。
一度や、2度は歩いたコースですが、もう一度、友人たちと歩きたいと思いました。
健脚なら、往復しても大丈夫な半日コースですが、今回は友人の一人が足の具合が、もう一つなので
初めは「サイクルコース」も考えたのですが、やはり嵐山を北西に登るので、自転車・・と言えども上り坂は、結構面倒です。
平らな道はバスと観光客で道は混みます。

それで、考えたのが登りはバスでくだりを歩けないかと、、、計画しました。

鳥居本までバスで行き、帰りを歩きながら、嵐山へ。
鳥居本まではバスで20分です。(京都市バス62番、72番)

下の地図に書いてある赤い字のお寺やお庭へいけたらいいなぁ~と思っています。
天龍寺と宝嚴院などは以前行きましたの、今回はパスします。
f0181394_1604566.jpg


11月8日にも海を渡って来られる方と嵐山を回ります。(大覚寺まではバス28番、自転車だと15分)
その時は大覚寺を右に回ると、とても牧歌的な所があり、「そこも、いいぞ!」と旦那お奨めでした。
大覚寺ならレンタサイクルもいいですよ!此処は混雑が少ないですから~~

皆さん!歩いて、食べて、最後に温泉に行きませんか?
食事は嵐山渡月鏡あたりは、色々ありますが、景観も良くて、お安くて、時間制限もなく、健康にGOO!なら
「嵐山  よしむら」へ行こうかと考えています。蕎麦やさんで~す。コースで頂いてもいいですねっ。
〆の温泉は~~
嵐山の料亭の温泉ではなく、我が家から車で8分位の<仁左衛門の湯>お奨めコースです。
私は疲れが溜まると此処で癒されます。

忙しくなりま~す!

マットは後、10cmほど、結婚式は11月13日・・・焦ります・・が嬉しい出来事なので私は頑張りま~す♪
[PR]

by yukiwaa | 2010-10-20 16:12 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(8)

反日運動  中国国民は本当は・・?

もう、静かになったのかと思っていたら、、又中国で「反日運動に火がついた」ようで、日本からの企業のイトーヨーカドーや伊勢丹のお店のガラスを割り、「日本商品不買運動」も起こっているようです。
今回は多くの学生が反日運動をしている。これからの学生が~~ショックでした。

京都新聞に、「読者の窓」と言う投稿欄があります。
先日、この投稿欄(勿論、無記名)に意見を述べられていたある男の方が
「我が妻は中国人だが、その中国人の妻でさえ、今回の中国のとった態度は問題だ、、、」と自分の尖閣問題の意見を述べた後に少しだけ付け加えて書かれていた。

それから数日後、彼の中国人の妻は自分自身の身の回りのもの全てをもって家から出て行ってしまった。
「もう、帰らないだろう・・」と日本人の彼は言う。

彼の妻は中国に両親も兄弟もいる。彼らに危害を及ぶのを恐れたのか、彼女は出て行ってしまった。


この話を聞いて、、、日本人は驚くだろうなぁ~。その日本人のご主人も「此処まで恐れる」とは思っていなくて投稿したのだろう。
中国は「共産国」でした。一つの「思想」は人権を認めない。

今回のノーベル賞平和賞を受けた劉暁波氏。中国は全て認めてはいない。
f0181394_1565092.jpg

経済は自由化にして<金儲け>をしても民主的な<国づくり>はしてはいない。
多民族な中国では共産国として<人を抑えなければ><統一>出来ないのだろうか。

どちらにしろ、矛盾した事柄ががマグマの様に中国国内(中国民衆)にあるのは確かのようだ。
その民衆の<不満>を何処かへ向けていかないと中国政府は統治できない。
そこで出てきたのが「日本」の様に思う。
この、「反日運動」で民衆の不満を摩り替えて、「中国の民主化」に目隠ししてる。
「日本」って、恰好な標的になりつつある。

我々は冷静に対処しないといけないが、隣同士の2000年の付き合いがある中国は近くて遠い国なのだろうか?
<金儲け>だけで付き合っていては国民同士は分かりあえない。

インドから中国を通り日本にやってきた「仏教」も日本で日本なりの仏教になり定着した。我々が学生の時に学んだ「孔子や孟子」も中国では多くを吸収せずに、多くの中国人は、日本人より、その精神を受け継いでいない・・・らしい。

華僑として、世界で<金儲け>をしてきた中国人は同じ東洋人なのに、、、如何してこんなに<仲良くなれない国>なのだろう?2000年の中で仲良くした期間が殆どない中国と、日本はこれから如何したいのだろうか?

中国の民主化なしでは、国民同士の開かれた真の自由な<会話>が成立しないように思う。
中国の民主化を望みたい!
[PR]

by yukiwaa | 2010-10-17 15:08 | 社会  山登りしんしん | Trackback | Comments(7)

壬生狂言  新撰組ゆかりの土地

祇園祭りの巡行から、京都の暑さは、まるで蒸し風呂に浸かっているような毎日でした。
京の祇園さんからの暑さは毎年、同じように一段と暑さが本格的になるのは例年とおりのはずが、今年の京の暑さは尋常ではなかった。

河原町でも人通りは少なく、当然、お店屋さん泣かせの暑さでした。

モノポールも諦め状態でしたが、それが9月に入っても10月になってもナカナカ好転しない。

私に「寝汗」をかくような<心配>が襲いかかった。

鈴木さんと、根岸さんのノーベル賞は、そんな時に知らされた。

鈴木さんの「特許」を取らずにまずは研究を発表されたお陰で、私たちは大きな恩恵を受けている。
主人の降圧剤もその一つだ。
根岸さんが言われていた
「何処の国も、アップ・ダウンはある。これは歴史の当然な流れ、気にしないで、楽観主義で見てゆくと良い」・・・と。

お二人に勇気付けられ、日曜日が好天に恵まれたせいか、モノポールの売り上げもその日だけは<納得できる>ものでした。

気分をよくした私は、月曜の休みをフル回転、朝から片付けるものは片付け、織りも2時間ほどしてから、潔く出かけた。

壬生狂言を見ようと。阪急大宮で下りれば歩いて10分ほどである壬生寺。
f0181394_22443483.jpg

壬生・・と言えば新撰組の屯所がある。
f0181394_22462474.jpg

新撰組屯所  前川邸
f0181394_22475251.jpg

新撰組屯所  八木邸
f0181394_22484139.jpg

入れば良いのだが時間がない・・・お金もかかるし、、、

壬生寺へ急いぐ。
毎年節分と4月、10月に京都市中京区の壬生寺(みぶでら)で演じられる無言劇である。大念仏狂言(だいねんぶつきょうげん)のひとつ。重要無形民俗文化財に指定されている。 ...らしい。
f0181394_22534312.jpg

f0181394_22535794.jpg

演目・・・紅葉狩り(撮影禁止の為、小冊子から写真をとりました)
f0181394_22544594.jpg

全ての演目でお面をつけて無言で演じる。。「カンデンデン」と聞こえる鉦(かね)、太鼓、笛の囃子(はやし)が境内に鳴り響いた。 ...音にあわせて手振り身振りで演じてゆく。
それは、ゆったりと<人の感性に>に響いてゆく。
f0181394_23181674.jpg

          9日に演じられた「土蜘蛛」

壬生寺でお願い・・・ゆわぬが花!
f0181394_2259217.jpg

f0181394_2259231.jpg

これはすごいですね。

f0181394_2311180.jpg

此処に、新撰組の方々のお墓がありました。
芹沢鴨のお墓にはお参りに来られた人がたくさんいました。
時代をかけ抜けた人々・・・
f0181394_2343161.jpg



f0181394_2351269.jpg

お馴染みの炮烙(ほうらく)には、年齢・性別を書いてお寺に奉納。
春の狂言の時に皿を割り、厄を落とす。

幸福堂で金つばを買って、大宮を少しブラブラ~~して、阪急電車に乗り込みました。
[PR]

by yukiwaa | 2010-10-11 23:10 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(8)

世界は広い・・・絨毯

今日はお休みで、家にズートいました。

郵便局へ行っただけで、後は優雅に時間を使います。

11月に結婚をする近所のNちゃんへのお祝いの敷物を織り始めました。
彼女、中古のマンションをご主人の実家の近くで買い、あとは内装だけのようですが仕事もしているので大変!で   すっかりスマートになりました。
<一族>という感覚があるNちゃんは新婚旅行に行くトランクも姉のを使うそうです。「こんなモノは一族に一つあれば良い」と言っていたらしく、最近では珍しく世帯もちがよさそうな子ですね。

f0181394_203391.jpg

柄物にしたくて、そしてこの糸を如何しても使いたくて織り始めましたが、経糸にとても迷いました。
綴れにするにはもっと細い経糸が良かったかもしれないですが、マットなので強度も考えてこうなりました。
私には実力通りです。これ以上は今は出来ない。模様も色々思いつかず、これぐらいでした、、、
からし色に見える糸はタマネギの皮で染めたものです。薄い若草色は実際はもう少し色が濃くて、蓬で染めたものです。
人にあげるのは色々迷います。

経糸も色んな所から買いまいたが、コーマ糸がネパール辺りのおばさんがマットを織るのに使うらしいです。これは天神さんの「市」に出していたおの人が言われてました。ネパールへ行くらしい・・・・世界は広い、、
f0181394_20125869.jpg

右はスーダン、左はイタリア・・・世界は広い、、、
世界は広いのに、私は家で、饅頭を食べています。
f0181394_20133795.jpg

f0181394_20143772.jpg

十兵衛も世界が広いのを知っているんだろうか?

f0181394_20153082.jpg

片づけをしてたら、昔買った陶器の時計が出てきた・・・新しく古い世界が此処にもある。
[PR]

by yukiwaa | 2010-10-04 20:17 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(6)

乳がん治療

今年、初めて人間ドッグでマンモグラフィーを受けました。

女性ならご存知だと思いますが、「乳がん検査」です。
触診だけでは分からない深部の乳がんを見つけるための検査と認識しておりましたが、昨年9月にこの検査を受けたMさんが夏にお風呂で触診で<不安>が走り、病院へいきました。

初期なので、深刻に捉えなくてもいいのですが、今日は皆さんにも気をつけてほしくて書こうと思いました。

乳がんの7割は殆どが「女性ホルモンによるもの」らしいのですが、この場合はホルモン療法で治療は終わるようですが、彼女の場合は検査でホルモンによるものではなくて、他の要因だと分かりました。

その場合はまず、手術なのです。開いてみないと分からない癌のある<場所>により、手が吊る場合があるらしいのですが、その時はリハビリも治療のひとつに入ります。

手術して癌細胞をとり検査に入りました。手術で入院は1週間ほどでしたが、癌細胞の検査の結果は10日ほどかかります。
気をもんだ事でしょうが、結果は悪性ではなく、一安心でした。
それでも、<放射線治療>が週に6回で計30回、その後、抗がん剤治療が、1週間に一度で計8回ほどするそうです。抗癌剤治療は用心の為だそうです。全て、通院で治療が行われます。

最近、新聞で見た癌治療は「手術で切除、放射線治療、抗がん剤治療」のセットで行う・・と書いてあり、Mさんの場合と同じでした。

でも、彼女が不思議がるのは用心の為と思いしていたマンモグラフィーで発見出来ず、検査から1年足らずで、2.6cmにもなっていた癌でした。
この様な事があるのですか?と医者に尋ねると「まれにあるんです、、」と言われました。

検査をすると安心してしまいますが、それは100%ではないようですね。

彼女は48歳です、元気に働きながら治療を受けています。しっかりした子なので大丈夫だろうと、食欲が落ちる前に「モノポールのパン」をいっぱい、いっぱいダンボールに詰めて送ってやりました。

f0181394_1461464.jpg

とうがらしの花・・・葉っぱは軽くゆでてチリメンジャコに入れました。
f0181394_147266.jpg

青ナス・・・丹後の野菜です。豆腐をコブ出汁で湯がき、豆腐に、青ナスと椎茸を軽く炒めて醤油で味付けしたのをかけて、一品です。
右の皿はチリメン山椒に唐辛子の葉をいれて佃煮風に~味は薄くしました。山椒が青いですね。
[PR]

by yukiwaa | 2010-10-02 14:12 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(6)