<   2010年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ブラブラは楽しい~~

若い頃、「河原町へお買い物」と言うだけで、嬉しく、河原町の小さなお店を1軒、1軒覗いてはお気に入りの「甘味所」で休憩して、又歩き、それでも時間が許す時は大阪の「心斎橋」へ梯子したものでした。

その心斎橋大丸で、細密画家の熊田千佳慕展があると聞き、短大時代の友人と待ち合わせをした。
彼女、今回、90歳になるお母さんを九州から引き取り、介護段階に入る準備中で忙しいのに、無理して出てきてくれたようでした。

熊田さんの絵は、細密画であるのに、暖かく、ついつい近づき、見入ってしまいました。
<糞のソーセージ詰め>は虫が一生懸命生きている様が出ていて面白くみましたが、友人はあまりのリアルな虫のタッチに思わず「気持ちわるい・・・私虫嫌いやったんや」という始末でした。
f0181394_20522138.jpg


心斎橋を久しぶりに歩いてみたくて、友人に無理を言い、難波まで歩きました。
私のイメージの心斎橋はなくなってました。
よく、母と一緒に買い物に出かけていた「心斎橋」は、それなりの雰囲気があり、高級感も潜んでいて、整然とお店が立ち並び、お食事所もあり難波まで歩くのが楽しく感じたものでした。

今は大型店やチェーン店が多く出店していて、お店の人が「掛け声」をかけます。
煩くて、、、
f0181394_21193428.jpg

大阪はゴチャゴチャしてはいますが、それは、それなりの「文化」を感じさせるゴチャゴチャだったと私は思っていました。
でも今は違う、、、
f0181394_21212934.jpg

此処は反対側に「松竹座」があるところです。
恵比寿橋もすっかり変わり、、、
「H&M]が恵比寿橋のたもとに出来ていて、、、
「う~~ん、もういいわ」と私は地下鉄へ沈んでゆきました。

ゆっくり堪能して、、食事へ、今人気?の「福島」へ行く事にしました。
阪神沿線、JRの福島、どちらにしろ、庶民的なお店が多く、その中にたまにハイカラな店も並ぶ、渾然とした下町です。
人から聞いていた「焼き鳥のお店」・・・着いた時はまだ5時にもなってなくて、開店前。
時間があるので、福島の「占い聖天通り」をブラブラする。
たこ焼屋さんがある。
焼き鳥屋さんがやけに多い。宮崎の地鶏・・・と書いてある。熊本の地鶏・・もある。皆表に大きな字で書いてある。これは大阪らしい表現?かなぁ~~やけに字が多い。
お酒の好きな人なら喜びそうな地酒専門店が小料理の写真と一緒に酒の銘柄を書き並べているお店。
小綺麗な「生姜鍋」のお店。女の子同士、恋人同士に向きそうなお店。

綺麗な店もい良いが、庶民的な「お好み焼き屋さん、福ちゃん」に入る事にする。
f0181394_2162982.jpg


歳は70位の夫婦で経営されているのか、此処は落語家の八方や八光、それに吉本の芸人がよく来るらしい。テレビでおなじみのお店であるが、それほど綺麗ではない。
その日も、友近の何とかいう番組の取材に来ていた。
f0181394_2165142.jpg


実を言うと私はお好み焼きが大好きです。
京都のお好みと大阪のお好みは違う・・と常日頃、京都のお好みに不満がある私はこのお店は魅力的だったんです。
京都に来て食べてない物、「焼き鳥、美味しいお好み焼き、美味しいキムチ、」です。
この、福ちゃんでキムチも頂きました。
京都なら、小鉢に少しだけ入って出てくるキムチ、此処は10cm位あるお皿にドンと山盛り・・・嬉しい!限り。
友人は旦那に晩御飯に「お好み」を買う。<やまいもチーズ入りお好み1050円>・・大きくて、美味しい。

ダイエットなんて何処吹く風、、満腹になり小ジョッキビールでご機嫌・・安くつきますねっ。
ブラブラ歩いていると、電車が走る・・「新幹線や!」と大きな声で言うと、友人が「何でこんなところに新幹線が走るの?踏み切りあるやろう・・」
「上にも電車、下にも電車・・あれは何?」
「上は環状線、下は、、、なんかなぁ~」
電車が走る手前10m位にお店がある。
おっちゃんたちが「立ち飲み」してる。此処で仕事の憂さを晴らすんだろうなぁ。
おっちゃんは楽しそう。
楽しいお酒は見ていても楽しい~~

友人の旦那から携帯に電話。
「まだか~~」だって。
仲が良いんだね、13歳も歳下だからねっ。

帰りに締めでコーヒーを飲んで「又会おう!」と言い合い、腐れ縁?の友人と分かれた。
[PR]

by yukiwaa | 2010-09-24 21:41 | お店みせみせ | Trackback(1) | Comments(14)

雑念~~

すっかり、朝晩が涼しく、十兵衛も跳ねるように胸を突き上げて得意そうに歩きます。
朝の涼しさが嬉しくて、嬉しくて体全体で表現する十兵衛・・・これこそ「生きている」と感じられ、
見ている私達も何となく、ほくそ笑んでしまいます。

店をしていると時間が自由になりません、お金もそれほど自由にはなりません。
私の頭の中にある「金勘定」は主人が経理をしているので、毎日の売り上げで、どれだけ<大変>かが見るだけで分かるので、それを推し量りながらの「自由な金使い」に終始します。

でも、それが自営としては当たり前で、それを「不自由」と感じた事はなく、逆に主人が<やりくりで、如何しても出来ない時は、如何にか「お金の都合」がつけば良い・・と何時も、少しは私なりに「用意」するようにしています。
それが自営の、小さなお店のやりくりの<からくり>ですが、それに私は、<やりがい>も<女房としての役割>も感じます。

でも。私の歳になると、仕事を退職した友人や専業主婦で時間が自由な友人も数多く、今だ働いている人は、やはり、少なく働いていても「会社」だと自営よりは時間的に自由で、友人たちと「飲み会」などで会う時は、
何時も私には時間の規制があり・・・やはり「仕事第一」に考えるので、自由に参加できない時もありますが、
それを友人は「可愛そうで~~」と言う。

確かに京都からだと、地元に行くには時間的に往復3時間はきつくて、それがなければ仕事があろうがなかろうが、飛んでゆけるのですが、自由に遊んでも、しっかり仕事も出来るのですが、やはり「距離的なもの」は大きく、今回も行けませんでした。

でも「可哀想~~で」と言う言葉に少し引っかかりました。
行けないのが可哀想なのか?働いているのが可哀想なのか?

江戸時代の儒教者、貝原益軒も「常に安座すべからず」「家業をよく勤めるのが養生の術」ともいう言葉もあり、
いのち、即ち生命場のエネルギーが何らかの理由で低下したとき、これを回復すべくその場にもともと備わっている能力<自然治癒力>が、いつも安泰無事を専らとする生活をしていると自然治癒力の出番がなくなり、その分、鈍るのではないかという恐れがあるーーーーー病院院長の話(京都新聞より)

主人も、以前「何で働いているの?」という甥っ子の問いに「リハビリや!」と短く答えた事がります。
主人は「労働とは~~」と色々うん蓄を述べたいのが本意でしたが、彼には生き方の違いにより、理解できないだろと思い、急遽短く答えるに留まった事がある。

昨日も店番してると、何時も来る30過ぎ位のデニュッシュ好きな女の子がやってきました。何時も彼女が来ると少し、いやっ時間が許せば、話しこむときも、、、、彼女は既婚者で親と同居で、尚且つ働いている。親の麻省好きを、彼女にはもう一つ一緒に楽しめずにいる。
パンをみているだけで<幸せ>を感じるらしい、それに「オバサン(私の事)は楽しそうだし、オジサンもパン作り好きで楽しそう~見てるだけホッコリする」と言われました。
嬉しいですね。店してるとこんな事もあるのです。

私達夫婦はゼロから出会い、二人の希望で店をしました。外からの働きかけはゼロでふたりで話して、色々な「山や谷」を乗り越えてきました。
誰かにやらされた・・と言う事もなく自分の意思なのです。
それほど、自由で納得のゆく事はないでしょう~~
だからこそ、責任もあるのです。
私は今の自分の「場所」をそう感じて生きています。

そりゃ、贅沢言えば、もっと「お金」が欲しいし、自由な時間がほしい~~と人並みに希望はありますが、
息子が彼女が出来たと・・・「報告」してくれる。
口数の少ない下の息子が友人の話や、息子がお昼に食べに行った食堂のおばちゃんは「モノポールへくるか?」と気遣ってくれる数少ない「小さな幸せ感」を大きく感じている私です。

彼らにも自分の意思で仕事を選び、自分の意思で全てを判断して欲しい。
時には母のアドバイスも聞いて~~

私には「可哀想~」と言う言葉はあまり適さないと思うけどねっ。

f0181394_814364.jpg

午前10時過ぎの河原町。息子は忙しいので、息子の知り合いの美容室へ、月曜日営業してるので助かる
パーマは此処でして、毛染めは息子にしてもろおうかなぁ~
f0181394_845292.jpg

帰りに食べたランチ・・インド料理です。
[PR]

by yukiwaa | 2010-09-20 08:06 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(16)

十兵衛と散歩

7月に出かけたときに買って植えた百合の球根。
咲きました!
f0181394_15163487.jpg

お店にも置いたのが、たくさんの蕾をもち、これはこれから咲きそう~~です。
f0181394_1519420.jpg

ルリマツリも大きくなりました。
f0181394_15382340.jpg


自宅からお店への道に「西京極総合運動公園」があります。
陸上のサブグランドもあり、学生さんたちが練習してます
f0181394_15411888.jpg

広い運動公園で、サッカーグランンドがあり、京都サンガが此処で試合をする時は屋台もでます。
f0181394_15423633.jpg

勿論、野球のグランドもあり、タイガースも来ます。
最近はプロの女子野球の試合をよくしています・・・
プロの女子野球はまだ京都と兵庫県しかないから当然ですね。
f0181394_1546135.jpg

サブグランドの周りを十兵衛と散歩します。
f0181394_15464384.jpg

男前!の十兵衛です(笑)今日は空気が気持ち良い~~~
f0181394_15472938.jpg

此処でタイムリミット・・店にいかんと、、
f0181394_15502283.jpg

用もたすますたし、、帰りましょうか・・と十兵衛
車に乗り込みました。
[PR]

by yukiwaa | 2010-09-10 15:52 | 十兵衛やーい! | Trackback | Comments(14)

こどもたち。

日曜日、K君に電話。モノポールの近くに引っ越してきた主人の友人の息子さん、K君。
小さな時から毎年正月は5泊6日位して我が家で正月を迎え、息子達と一緒に眠り、さわいでいたk君とAちゃん(k君の姉)。
大きくなりました、、、、当たり前です、Aちゃんは我が長男より一つ下、K君は我が次男より一つ下なだけです
何時も一緒に冬はスキーへ、夏は海水浴へ、5月の連休も必ず信州か何処かへ観光に行きました。
二家族、7人と1匹(ゲン・柴犬)で主人が運転するデリカで 旅行三昧でした。

K君は昨年結婚して、大きなマンションを買いました。
長いローンを組んで、、モノポールの近くの新築マンションへ越してきたのです。
「桂の方なら一軒家を買えたのに、如何してもここが良い」とK君が言い張ったと奥ちゃんから聞いた。
彼らを大阪からモノポールの近くへ引っ越させたのはK君が11歳Aちゃんが14歳でした。


例のあのマット織りをプレゼント!リビングにひいてくれました。
茶色にそろえた家具によく色合いが合って、、落ち着いた感じでマッチしました。

如何にか子供達は落ち着きましたが、マダマダ心配はつきそうにありませんね。

次男には<一人で適当に夕食を作って食べておいて>と言ってあったので今日はラクチン・・・と思っていたら、長男が急に来ました。
「これっ、淡路島のお土産。」と言ってすぐに帰る長男に「今日はもう、帰るの?」と聞くと、
「ううん、今日は泊まる。今から飲みにいくから~」と早口で言い残し、出て行きました。
f0181394_14495446.jpg


<へっ!>織り部屋の長男のベッドは物置状態なのです。
<片付けんと、、、>それから片付けて織り機も片隅に置きました。デン!と居座っていては長男も熟睡できないのでは・・と思ったのです。
晩御飯にありついたのは10時ごろでした。旦那も簡単なモノでいいというので、この時ばかりは夏ばての食欲のないのをあり難く感じました。

先週は体調も悪くて、ナカナカ織が出来ていませんでしたが、今週は整経して、、、と色々予定をたてていたのですが、息子が寝ています。
仕方がないので「糸巻き巻き」をする事に。

お昼も過ぎた頃に息子が起きてきました。それから1時間以上話しました。
内容は~~仕事の事は勿論・・・色々です(笑)

店の雑用がある長男は昼も食べずに忙しそうに帰っていきました。

息子との話の内容はあくる日に主人に話して聞かせました。
[PR]

by yukiwaa | 2010-09-07 15:02 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(8)

あんぽんたん!

この暑さ、如何にかならないのか、、、と思いつつ毎日2回も往復する店と家・・車はサウナ状態、ハンドルは熱くて、手袋がなければ握れない、それに十兵衛の散歩は帽子は必需品。
f0181394_1347398.jpg

皆さん!眼の日焼け止めしてますか?私の母はに「家系的に目と腎臓は弱いから、大事にせんとあかんよ」
口癖の様に毎日言っていました。その言葉が何時も頭の片隅にあって、、私は店をはじめてから、サングラスは欠かしません。お茶やコーヒーもよく飲んでいます。腎臓に良いかも・・と思うからです。
母が言っていた事がもう一つ、「女の子は冷やしてはいけない」でした。。子供の事は夏でも毛糸のパンツでしたが、さすがそれは恥ずかしく、暑いのでせめてもと、コルセットで保温してます。
母や姉の言っていた事が今のこの歳まで生きている・・・って親子って、姉妹って<こんなん>と思いつつ、

我が息子達は如何だろう??と考えますが、彼らは男の子、やはり反応は違うように思う。
f0181394_13583368.jpg

下の息子が買ってきたお茶入れ・・・?6L入ります。
2,6Lのマホービン以外にこれにもお茶を入れるのか思いきや!
f0181394_1402396.jpg

どっさりと買ってきていた飲料水。
現場に持っていき、働いている人に飲んでもらうのだとか(勿論、自腹です)、、、息子は現場の管理者ではなくて責任はないのですが、書類上の管理者ではなくても、実際の「現場」で働いている者としては<ほっとけない>のでしょう。
それは分かるのですが、私は思わず色々つまらぬ事を聞いてしまい、仕事で疲れている息子は思わずイラッ!として「自分でするから、関係せんといて、、」と言いいはなし、プンプンで二階の自室へ。
母としては気分が悪く、、、少し突っ込みました。息子の上から目線の物言い、腹が立ちましたが少し「大人」になってきた息子を感じて、この歳になると、親子といえども「距離」の取り方を上手くせんといかんなぁ・・・と痛切に感じました。
男の子は仕事で忙しく、外向きに心が向いているのでしょう。内向きに向いて!というのは無理なようです。
長男も同じで、休みの日は、<経理の事務的な仕事><店の必需品の買い物><仕事の打ち合わせ>
<給料の計算>その他モロモロ・・・我がモノポールでは夫と私とで消化している事を一人でしているので、
月曜日が忙しい・・・らしい。やはり仕事優先。
旦那に話すと「買い物までせんといかんのか、大変やなぁ。買い物専門の女房もらえ、、言うとけや」だって。
思わず笑いました。息子達の不器用さに。

仕方がないので~~私は十兵衛と遊んでいよう~~
f0181394_14182482.jpg

と横を見たら、十兵衛は暑さ負けでダウン。
「僕も静かにしておいて~~~」と言っているようでした。

暑さで、最近の民主党代表戦、、、何故か小沢さんが論理的に聞こえる。
一度、してもらっても良いのでは?アメリカに対等に話せるのは小沢さんしかいないのでは?
市民運動出の菅さんが市民とはかけ離れているように感じる。
やはり「東京」という特殊な場所にいては日本国民の平均的な<悩み>は聞こえてては来ないのだろうか?

どちらにしろこれから日本は混迷が続くでしょうね。

最近、NHKの放送で、中近東が「LPGガス発掘」と「太陽光発電によるエネルギー」の開発を世界規模でしているのをみた。勿論「技術」はないが、moneyにモノを言わせてドイツ、日本、韓国、中国、それぞれの国が受注してあの、砂漠に太陽光パネルで電気を起こし、途上国へ売るというビジネスを展開していた。
日本の立場は年々、弱くなり、他の国から押し上げられている。
技術があると、、安心してはいられない。そんなに大きく世界が動いている。

台湾の太陽光パネル製造会社が世界一の生産量だそうだ。品質は1~40までにランクされているが、どれらも廃棄せずにそれぞれの値段にあった国へ輸出するそうだ。
たった5年で世界一の生産量になるには、日本の様に拘って物を作らず、ケースバイケースでそれぞれに値段を付け買いやすいものは途上国へ輸出されていた。

世界が大きく動いていた。

日本は真似をしなくても良いが、世界に売れるモノはたくさんあるはずだと思う。
日本人は売り方がヘタらしいがそうも言ってられないよね。

政治の力も大きい・・気がする。
[PR]

by yukiwaa | 2010-09-04 14:41 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(14)