お姑さんの教え。  Nちゃん!おめでとう!

今度のお休みは<中華料理>を食べに行こう・・と昨日までは考えていたのに、、
美味しい店も見つけていたのに、、、
何故か今日は
f0181394_1831666.jpg

ロールキャベツ。暑いのにロールキャベルになったのは?私が野菜室にあるキャベツを忘れていて、又一玉
キャベツを買ってしまったからです。
野菜を片付けないと、、大変!それで、ロールキャベツになりました。

昨日は、秋に結婚する玉ちゃんの娘さんNちゃんと話した。
彼女は医療事務の仕事をしていて、今年の夏で28歳。
短大を奨学金制度(お金を返さないでいい方)で出て8年、しっかり貯金も出来たようでした。
結婚に関わる全ての準備を二人でするという。


「私は娘たち3人に自分でしてもらってる」・・という玉ちゃん。玉ちゃんは苦労して此処まできた人でした。
3人の娘さんは独立心が強く、自分でするのが「当たり前」と思っていた。
末っ子のNちゃんもお姉ちゃんたちと同じく自分でするらしい。

今回、嫁に行くのが「滋賀県の自営の方」と聞いて、私の姑も滋賀県生まれでしたので、「滋賀の人は~~
近江商人は~~」とか色々話してきかせた。

私が嫁に来たときは主人は五男でしたが、姑さんは「家賃分位は働けますやろ」と言われた。
そして、もう一つ「男さんが仕事から帰って、家に電気がついてない・・というのは働き甲斐がないもんです。
先に帰って電気位はつけなはれ~~」京都弁でやんわりと、しかしながらポイントを得たお姑さんの言葉でした。
電気・・・と聞いてデンキだけつける人もいないでしょう?それは夕飯・・とう婉曲的な言葉だと聴き取りました!出来の良い嫁ですね(笑)
私は若くて世間知らづ・・・そんなモノなのかと・・しっかり素直に聞いたものでした。

その話をすると、Nちゃんも同じような事を言われていたらしく、頷いてました。
若い子ですが、すむ家もお姑さんが決めるそうです。
ご主人になる人はトヨタで営業を勉強して今年春に辞めて、家業の「自動車販売と修理の会社」を継ぐようです。
3代目です。継ぐように教育された子のようで、若いけれど派手なデートはしません。
「おばちゃん、王将で食事するんやで」という。
「何言ってるの、おばちゃんなんか始めて貰った誕生日のプレゼントが500円のTシャツやで・・」
Nちゃん、これには驚いた!!
「あはは~~」3人で笑った。
「DNAは怖い、今でもおっちゃん、お母さんに似てる部分を堂々と出すようになったから~~」
「DNAってあるよね」と玉ちゃん(Nちゃんの母)

私のお姑さんは生きていれば100歳。Nちゃんのお姑さんは50代後半らしい。
時代を超えて息づいてる「滋賀の女の教え」・・・すごい!!と思った。
・・・そうです。筋金入りの倹約家です。しかしそれは「家」を中心に考えての事。
冠婚葬祭はそれは、キッチリ世間様に恥ずかしくないようにする・・それが彼らの<家意識>かなぁ~

ひょっとしたら、私がロールキャベルにしたのはお姑さんの影響??
だって外食するの、完全に忘れて・・・
「キャベル、、キャベツ、、キャベツが2個ある、、」と頭の中は、2個あるキャベツでいっぱいでしたものね(笑)



========================================================
↓に変な広告が入るようになりましたねっ。エキサイトの方で考えているんでしょうか???
[PR]

by yukiwaa | 2010-06-28 18:56 | 生きものいきいき | Comments(2)

サッカー日本代表。

今日は3時起床。勿論、気になるサッカーです。

主人も起きて来て、十兵衛の散歩を済ませて、テレビへ。
私も台所を片付けて、テレビへ。


負けに負けてきた日本代表、、韓国に負けたとき、アフリカの格下の国に点を入れることが出来なくて、「岡田を解任」とまで言わせた日本代表。
私は正直言うと、「日本人にはサッカーはむかない、農耕民族だから、西洋人のような闘争心がないんだ、、」と諦めていたのです。

ところが、ところがです、、、見ましたか??
輝く若い選手たち、、私はすっかり魅了されてしまいました。

日本代表選手のフォーメーションを変えるだけで、あれだけ違うのか!
<日本的サッカーをする>といっていたが、あれがそうか!と思った。

若い子が強気で良いjですね。輝いています。チームワークが良いのが又良い・・
誰かが纏めなければならなかった日本代表。
今までは、その様な選手が出てこないままの日本代表でしたね。

選手交代ですね。

ドーバーの悲劇を見て以来悔しい試合ばかりでした。

日本代表、予選突破。

次はパラグアイ戦です。

これからの日本代表が楽しみです。


ワールドカップで見た南アフリカ・・・
アパルトヘイト、黒人隔離政策・・・何と60年間それは続いた。
未だ、残る街ソウェト「黒人居住区」、その町の通りで座っていた49歳の婦人が「幸せになりたい・・」と言う
彼女の家族は10人、しかし10人が職業を持たない。
彼女に<しあわせ>って?て聞いたら
「屋根のアル自分の家があって、食べ物がある事」・・・と言う。

我々はその人達がいる事を忘れないで、ワールドカップを見てゆきたい!
[PR]

by yukiwaa | 2010-06-25 20:39 | 日常そろそろ 散歩 | Comments(6)

雨の日のお出かけ。

 
f0181394_21102485.jpg

旦那が買ってきたレインコート・・・初めてのレインコートで十兵衛は固まっています。

連休の二日目、今日は織り曜日にしようと思うが、時たま集中力がとぎっれて、、、

そうです・・・ケーキタイムです。
f0181394_2114063.jpg

 <たけひとは  竹一葉>という名前が気に入り買いました。
 “竹の型を生かして、それをお菓子にしました。抹茶風味のバター生地に長時間リキュールで煮付けた
 竹の子と栗のきざみ、栗のクリームを入れて焼き上げております。
 上には抹茶風味のホワイトチョコでほんのりかけて、上品な味にしました。”

見た目も、うん蓄も立派なんだけれど、それほど美味しく感じなかった、、、残念!
それでも十兵衛と3切れ食べました(笑)
十兵衛は甘党ですね。

今日の織りは85cmまで出来ました。もう一息なのに、、、気が乗らん、、

お昼にケーキを買いに表にでたら、やたら暑くて、家の中のほうが涼しいなぁ~~と思いながら
まったり、ホッコリ、ゆっくり出来た一日でした。
[PR]

by yukiwaa | 2010-06-22 21:24 | 生きものいきいき | Comments(2)

気に留めてくれていた息子

今、風呂上り。
今日は十兵衛に起こされました。
和室の寝室をノックして、「ヒュン、ヒュン」と鳴くのです。
「お父さん起きてるやろう~今日はお休み、まだ早いやん」と言うが、
十兵衛はノックし続けます。
観念して起床。起されました!

6時半から動いて普段出来ない場所の掃除を片付けた!
ワックスもかけて、十兵衛の裏の部屋やベランダもデッキブラシでこすり、たくさんの洗濯物も干し上げてお風呂へ直行~~旦那は玄関の掃除を担当。
風呂掃除もお休みの日は何だか~知らぬ間に旦那に周る(笑)。
f0181394_1448982.jpg

サワードリンク(酢と梅干と氷砂糖)青い梅は梅酒の梅。美味しい!!

5月のお休みの日に亡くなった甥っ子の家へ家族で出かけるとき、旦那と私が身支度を済ませて車に乗り込んだ。
勿論、旦那が運転席です。
出てきた次男が旦那に合図を送る、手で後ろへ座れ~という合図。旦那は即座に後ろの席へ。
次男が運転するようです。
普段から運転している次男は、やはり運転が上手い。
それに普段から「お父さんしんどそう~~〇〇が悪いから、気をつけんとね」と私が言っているので、気に留めているのだろう~~次男はそんな子。

5月の雨のきつい日、自宅に戻ると台所の天袋と天井の隙間から雨が!!「あっ、アマモリ!」。
私は驚いて、旦那に電話。「如何したら良いの?」それから、ドタ・バタ・ドタと雨のもっている所を調べて、丈夫そうなシートとレンガを持ち二階へあげる。
丁度、流しの部分が出窓風になっていて、ソコの部分の屋根が2階の部屋から、簡単に降りることができて、
<たぶん、この部分からのアマモリ・・・>と思いシートを広げていた。
その時、次男が「何、パニクッてるんや俺をもっと、頼れ!!」と言う。
「あんた、雨漏ってるわ。言いながらご飯食べてたんや」
「ご飯食べたら見てみようと思っていたんや」とニヤッと笑った。

それから次男は仕事用の車からコーテイング剤をもってきて、靴下を脱ぐなり、雨の激しくふるなか、
出窓の屋根へ降りて、全ての怪しいと思われる所をコーテイングしてくれました。
旦那は濡れている時はコーテイングは出来ないと言っていたが、、息子はやりました。

20分もしたら、アマモリは止んで、その後もヒドイ雨がふっても大丈夫でした。
やれ~~やれ~~ですね。

6月に入り、モノポールの流しの水を流す排水溝に大きな穴があいていまいた。
25年もたつと、コンクリートで固めた排水溝でさえ、毎日流す水の力がかかるのか、ポッカリあいて下の地面が見えてます。
次男に「セメント、あれば少し頂戴・・」と事情を話す。

何日たってもセメントをもって帰らない。
「仕事でいるからあかんわ・・」なるほど・・それはそうや!

旦那に話すと「月・火と連休の時にやるわ」と言う。
旦那は結構、細かい手仕事が好きなので、苦にはならない。
それどころが。凝るので、丁寧すぎて時間がかかる。
昨日は日曜日、明日は休み、「休みの日は、色々する事あるなぁ」と旦那は覚悟を決めていた。

私は自宅へ帰る。すぐにそこへ電話がかかる。
「おい!Yジ(息子の名前)が来て、溝の穴きれいにセメン塗ってくれたわ、今、帰ったからな」と。
帰ったからな~早く飯と風呂してやってくれよ!と言う気持が感じられた。
私は、慌てて、食事の準備と風呂を沸かした。
次男は仕事をうまく切りあげて、
モノポールの閉店時間にあわせて、まだ旦那が店にいる間に来てくれたのだ。

次男は知らん顔して、ご飯を食べていた。
私も知らん顔して食事を頂いた。

夜、主人は私と二人になると、次男の左官屋ぶりの手際のよさを嬉しそうに話はじめた。
「濡れてても出来たんやね」と私。
「やり方があるみたいやったわ」と旦那。
「水道屋は左官屋も出来んとあかんらしい。うまいもんや」
「あたりまえやん、プロやもん」
二人の親ばか話は続く・・・
細かい仕事に興味のアル旦那には、それは面白い出来事のようでした。

大きくなった大人の息子の話を書くのは、少し迷いましたが、
大きくなった大人の息子達との付き合いに、微妙に変化が~~

守ってきたつもりが~~守られて~~
いやっ!いやっ!
息子達はマダマダですが、それでも、これからは少しは頼ろうと^~~思いました。

「母の日」のプレゼントも「誕生日のお祝い」も、「父の日」も、「クリスマス」も祝わない我が家ですが、

<何時も気に留めてくれてありがとう!>と言いたかったです!
[PR]

by yukiwaa | 2010-06-21 14:49 | 生きものいきいき | Comments(6)

帰ってきた兄さん!マット織り

今日は本家の坂安がお休みなので、義姉さんがお兄さんを、近所の人や兄弟に会わせてあげようと「介護タクシー」で連れて帰ってきます。
わがモノポールは近所なので一番に連絡があり、旦那は出かけてゆきました。

昨日お姉さんから聞いた話では「家に帰ろうか?~」と兄さんに聞くとうなずいて涙を流して喜ばれるようでした。看護婦さんが「〇〇さんはおいしい料理たくさん作って頑張ってきはったんやね」と言うと兄さんは又、泣きながら顔をクシャクシャにして喜ぶそうです。
兄さんは口から食事が取れません。自分の足で歩く事も出来ません。充分に話せる事も出来ません。しかし、周りの話は全て理解できているようでした。

寝たきりの植物状態の人でも、今までの見識は「理解できていない」と言う認識でしたが、最近は医学上の認識も変わりつつあり、「殆どが理解できている」という認識にたち介護をしようとされています。

お兄さんを看ているとまさに「そうです」表現が充分に出来ないだけで、全て理解できているようでした。

集まれる兄弟は全てきたようでした。ふたば(七条)の豆もちとわらび餅をお土産に旦那は帰ってきました。
f0181394_15304332.jpg



織りのingは~~
今、マット織りをしています。コレって、ラーヌ織りとも言い、シャーリングテンネル・・とも言うらしいです。
40羽の11,22,33,44,11,22,33,44、とソウコウに通しました。
マット織りと言っても平織りですが、横糸の入れ方で模様を作るのですが、

私は経糸が細目を使ったのであまり、経糸が細くて少ないとスカスカのマットになりかねない・・・と言う事で
2本どりをまとめて2本取りにせずに、ソウコウの通し方をこの様にしたのですが、
最初に織る時は当然、1,3のレバーを上げて、2,4をあげるのが平織りだと思ってやりました。
すると
f0181394_15392464.jpg

こんな風に経糸が見えます。
経糸が多いのか、横糸が細いのか~~こんな糸の感じでいいはずはない!パニックになりました。
それに横幅57cmのマットなのに、5mmの模様では小さすぎる!!

^~~考えて、聞いて、結局、12,34,12,34、とレバーを上げて織る事にしました。
そうすると1と2のレバーを上げると、40羽なので4本、つまり1cmの幅のマットになりました。
f0181394_15461817.jpg


コレで良いのではないでしょうか?

レバーの上げ方筬の目のあらさは勿論、この様に糸を通してコレを20羽にして11,22,33,44と通し、レバーを12、34,12,34、と上げれば、マットの模様は2cmになるんだと学習しました。

只今~~マットingは35cm。90cmまで織るつもりです。
今回は簡単なデザイン図(糸の配色)を書いてから始めました。

暑くて~~皆さん、お元気ですか~~?
[PR]

by yukiwaa | 2010-06-17 15:53 | 生きものいきいき | Comments(8)

生きているはやぶさ!!

久方ぶりに、日本に嬉しいニュースがありました。

はやぶさ探査機の帰還です!2003年に打ち上げ、往復4年をかけて3億kmを行く。イトワカという小惑星が太陽系誕生の太古の姿を保存していて、その物質を採取する事で地球の誕生の謎を解く・・という壮大なプロジェクト。

人の頭の偉大さ・・こうゆう事に使えば良いんだよね。

途中、エンジントラブルがあり交信が途絶える、バッテリーが切れて<はやぶさ>を太陽に向けて蓄電しようにも出来ない。交信不能が続く。でも<あきらめない職人魂>が奇跡の交信を。太陽に向けて動かし、蓄電にも成功!!!

なんと言う、人の技術の高さ・・・こうゆう風に使えば楽しいね。

3年遅れての帰還。「おかえりなさい」・・・と言いたいが、彼はハヤカワで持ち帰ったであろう、カピセルだけをオーストラリアのウーメラ砂漠に落として、任務完了。大気圏で彼はものすごく明るく光を放ち燃え尽きた。

地球の技術者達は最後に<はやぶさ>に「地球」を見せてあげるべく、はやぶさの方向を変える。
「ありがとう、ご苦労様」と言いながら、最初で最後のプレゼントであったのだろう。

この様な気持ちが地球全体に広がればいいのになぁ~~

f0181394_10233584.jpg

05年11月、小惑星イトカワに初着陸した探査機はやぶさの想像図。筒状の岩石採取装置は作動しなかったが、着陸の衝撃で砂が舞い上がり、筒を通じてカプセルに入った可能性がある(池下章裕氏・宇宙機構など提供) 【時事通信社】

f0181394_10295118.jpg

探査機はやぶさが2005年9月、約7キロ離れた所から撮影した小惑星イトカワ。長さ535メートル(宇宙機構提供) 【時事通信社】

f0181394_10322419.jpg

はやぶさから見た地球!!

f0181394_10382688.jpg

地球大気圏への突入前に、小惑星イトカワの砂が入っている可能性があるカプセルを放出する探査機はやぶさの想像図。(池下章裕氏・宇宙機構提供) 【時事通信社】

f0181394_10395617.jpg

地球大気圏に突入する探査機はやぶさの本体(左)と耐熱カプセルの想像図。小惑星イトカワの砂が入っている可能性があるカプセルはオーストラリア南部の砂漠に落下する(NASA・JPL提供) 【時事通信社】
[PR]

by yukiwaa | 2010-06-14 10:42 | 生きものいきいき | Comments(2)

痛快夕飯!

6月になり、急に夏日!

パン屋はあつい、アツイ、暑い!!

身体もヘコヘコ、、、で売り上げはぺッペコリン。

土曜日は外食の家庭も多く、車で通り過ぎる、寿司屋さん、焼肉屋さん、スパゲチィ屋さん、お好み焼き屋さん、全てを横目で見ながら通り過ぎる、、、旦那は外食が嫌い!!「嫌いはキライ」だそうで、、私は今日はグッタリ疲れている。「丼にしようか、カレーライスにしようか、、、嫌だなぁ・・・」急遽、阪急蕎麦でかやくご飯をを8人前買ってかえる。

やけくそで~~<痛快通り>


痛快とおり~~<小澤健二>だそうで、近所の娘さんが夫婦でコンサートへ行くらしい。
30代後半から40代、いやっ20代にも人気があるのでしょうか?やけにコンサートチケット代が高い!!
[PR]

by yukiwaa | 2010-06-12 20:34 | 生きものいきいき | Comments(6)

風呂上り、、

f0181394_14201616.jpg

         風呂上りの十兵衛。

f0181394_14214874.jpg

60cmの織り機にかけた57cmの経糸。マットにします。
綿糸なので、結びやすいと思ってら、一度目の交差の時は力をいれてしますが、蝶々結びが弱かったのか
すぐに緩んできます、、何度も結び直しました。経糸が緩んでいると、打ち込みが甘くなるようです。

端の糸は別個に結びました。
マット織りなので、経糸は見えないように織るのです。
市松模様にしたり、横糸の入れ方で模様が変わります。
簡単な色の配色は考えて、デザイン図みたいなものを描いたのですが、誰にあげるのか、考えてなくて、
「そうだ!一人暮らしの息子にあげよう」と思いました。それまでピンクも入れる予定だった配色を変更!
黄色と黄緑を追加注文しました。

やはり、織物は用途と使う人を考えないと~~駄目かな~と思いました。

北野天満宮で、12日「鎮守の森の蛍」が見れるらしい、、、行きたいけれど旦那が暑さで弱ってます。
「駄目かなぁ~」
京都駅の裏に広大な松下(ナショナル)の土地がありました。昔は九条まで、松下の土地だったそうですが、今回、売られたのか、「巨大ショッピングセンター」が出来ました。
映画館が12だったか、24だったかできて、イオンモールの中に色んな専門店が入ります。
関東から「AIR」と言う美容院がきたという事で、早速長男は見に行きました。
烏丸でお店をしてる長男には気になるらしい、、、

こんなに、たくさんアチコチでオシャレなお店が出来ますが、こんなに需要があるんだろうか?
高齢者の方は「買い物難民」になり、エレベータのない公団に住む方は1週間に1度「買い物」が行けるのが<やっと>らしい。歩くのも大変な労働、なかなか重いものを持って歩けない。
片方で、このような問題が出てきました。

今の大型店は何処まで、考えているんだろう?
今だけよければ良い・・・と言う「計画」は考え直さないといけないのではと思う。

それにしても、魅力を感じないお店の乱立だなぁ~
[PR]

by yukiwaa | 2010-06-10 14:54 | 日常そろそろ 散歩 | Comments(6)

ぼけてきました、、、

先週の月曜日はマット織りの整経をする予定でした。

しかし、織り機に向かうなり、居眠りが、、、後ろのベッドで少し横になりました。
気がつくと午後6時過ぎ、、、爆睡したのです。
5月の月末がサンドの別注で毎日忙しく、少し無理をしたのが、正直に出たようです。

歳はとりたくないですね。
買い物したのを冷蔵庫に入れて、片付けたのに、「あれっ!何処にやったろう??そうだ、帰りに寄った花谷さんで忘れたんだ。取りにいかんと~~」そう思いすぐに車で花谷さんへ~「ありませんよ!」「えっ!」。
すぐにユータウンして家に帰りました。冷蔵庫に品物は片付けてあったのです。

本当に、歳ですかね。織が何時まで出来るだろうと~~不安になる瞬間です。

めげずに、今日も買いものへ、何時も行く大きなお店では高い旬の梅。今日は小さなスーパーで買いやすいのを見つけました。3Lの南光梅。黄色いのでもう、少し待つことにします。
昨年漬けた梅酒・・・誰も飲まないので、梅だけ食べる事に、、梅のエキスがコレステロールにも高血圧にも糖尿病にも効くと聞きましたがエキスの作り方がわからない。
多分、梅と少しの酒を入れて弱火で3時間炊く・・・コレは独断ですが、手作りならコレぐらい、、かなぁ。

半分はエキス様に梅酒の様に漬けて、半分は減塩の梅干にしたいですね。
f0181394_1443251.jpg


昨年買ったサンタのキット・・・
f0181394_145192.jpg

この様な説明文でした。
ブンデンを理解していない私にはハードルが高く、ストックしておくままでした。
今回、
f0181394_1463192.jpg

通信教育の先生からこのような説明を受け、、、やっと理解できました。
それで、、、
f0181394_147321.jpg

同じ色でも同じ場所から通してゆきます、、、できるのでしょうか?モノポールに飾る「サンタ」です。

明日は、「必ず整経しよう!!」
目がかゆくて、鼻水がでて 、わき腹が痛いけど、、、
[PR]

by yukiwaa | 2010-06-06 14:10 | 日常そろそろ 散歩 | Comments(6)

宅配業者とは?

昨日は宅配の手配のいい加減さで<爆発!>しました。

「必ず午前中でお願いします、それには昼までに荷物を作っておきますから~」
「分かりました。」と言う会話があったのがその日の午前中の10時。

大慌てで荷物を作りました。昼に来るだろうと・・・と私は自宅へ帰りました。
s急便はモノポールと契約しているので、荷物は取りにきてくれるのです。

・・・・しかし、夕方店に行くと、まだ荷物があるではないですか、早速電話するも「何時、もらっても着く時間は同じですから~」と宅配の何時ものお兄ちゃんが言う。
それでも気になるので、電話・・・

結局閉店してから、、、それも催促して、、やっと取りにきたのです。

あくる日、心配で「荷物コールセンター」に電話。「午前中についてますか?」
「いやぁ、5時、6時過ぎますね」と平然と言う。
「どひゃー!うー!やー・・・・・」とまくし立て、怒りました。

荷物を待っていてくださる人がいて「思いを届けるS急便」と宣伝してるやん。あれは嘘か!
怒り心頭に発しました。

S急便は主人の友人のお父さんが立ち上げた会社でした。金丸事件以来、その創始者も息子も身をひいていて今は無関係ですが、、、それでも「もう、ちょっとちゃんとせい!!」と言いました。
創始者が2トントラック1台で始めた運送会社でした。夫婦で貧乏しながら、現場の宅配の人を大切にして経営してました。・・・今はトップが全てを決めて、現場も宅配の人も面白くない仕事をしているのでしょう。

マニュアル化した受け応え、自分の頭で考えて判断できない。
会社を知らない私には不思議に見えました。

暫く怒りましたが、、、結論は宅配業者を変えようと思いました。

待っている人に迷惑はかけられない。

早速、Y運輸に手配しました。早いでしょう(笑)
此処は時間をキッチリ守るようです。以前から「絶対時間指定」というときは此処にしてましたので、抵抗はありませんでした。

まだ事務的な事がありますが、、これからはモノポールの宅配業者は変わります。


f0181394_1545399.jpg

ローリングカッターで房を切りました。快適な使いごこち。
[PR]

by yukiwaa | 2010-06-03 15:45 | 日常そろそろ 散歩 | Comments(4)