十兵衛とお祭りと花・・・・・甥っこに奉げる。

・・・・・この頃、うえのお兄ちゃんが出てから僕の留守番の時間がやたらと、、、長い、それで夕方はお母さんにダダをこねてついてゆく、、、でも今日は如何しようかなぁ?下のお兄ちゃんがいるから~ね。
でもすぐ出て行きそうだ、今日はまたまた「結婚式」だって、、、友達の、、だから僕は車に乗るんだ・・・・
f0181394_14303213.jpg

お店につくと、、そこは賑やかで、面白いんだ!色んな車は通るし、人は通るし、僕と同じ犬君もたくさん通る。
でも今日は少し賑やかすぎるなぁ~あっ!「おいで」なんだ。
f0181394_1584738.jpg


ーーーーそうです、今日は松尾大社の神幸祭です。地元では「おいで」と言っています(4月25日)ーーーー
f0181394_1434437.jpg
f0181394_14341518.jpg

f0181394_14342771.jpg

店の前を・月読社・四之社・宗像社・櫟谷社・大宮社 の神輿が通る。近所の人が皆見てます。

桂川を渡り、各所のお旅所に向かいます。わが地域の神輿は三宮社ですが、三宮社は三宮御旅所へ行き、
西七条御旅所へ向かう神輿がモノポールの前を通ります。

3週間後に「お帰り」があります。
神輿が各御旅所から松尾大社に帰られるのです。「還幸祭」と言いますが地元では「御帰り」と言っています。
1000年の歴史があり、昔は「松尾の国祭」とも呼ばれていたそうです。

不思議なのは我が自宅の方がお店よりも松尾大社に近いのに、この様な祭りはないのです。
人に聞くと、松尾大社との距離が近い為、松尾大社の「神」は此処におらしゃるので、イチイチ「御出で」とか「御帰り」をする必要がなく、その為に「お祭り」がないのでは、、、と聞きましたが、、如何でしょうか??

西京極はやっと「神」を迎え入れて、御旅所に3週間、居られるのです。
f0181394_1591276.jpg

お神輿が行かれたなぁ~~と十兵衛。

f0181394_1510930.jpg

満開に咲いたつつじ。
今は亡くなったお馴染みさんのお婆さんから頂いた「つつじ」ーー
今頃如何しているだろう?ツツジは毎年咲くのに、人は亡くなると、、、なにを残すのだろうか?

f0181394_15124062.jpg

小手毬も咲いた。甥っ子が事故で45歳で亡くなりました。
彼は何を残していったのか?あまりにも急な「別れ」でした。
2年前に亡くなった2番目の姉が息子を叱っていることでしょう、、
「生きて、するべきことがたくさんあったやろ」と。

もう、別れは真っぴらです。
[PR]

by yukiwaa | 2010-04-26 15:18 | 京都ぶらぶら | Comments(12)

甥っ子


 シャボン玉飛んだ 屋根まで飛んだ
  屋根まで飛んで こはれて消えた
 
  シャボン玉消えた 飛ばずに消えた
  生まれてすぐに こはれて消えた
 
  風々吹くな シャボン玉飛ばそ

      (野口雨情作詩 シャボン玉)

 
[PR]

by yukiwaa | 2010-04-21 20:31 | 日常そろそろ 散歩

うちくい・・・「ふろしき」と言う意味。大きな意味のふろしき。


「うちくい展」へ行って来ました。
吉田山の近く、西院まで阪急、白川通り「浄土寺」までバスで行きました。
バスに揺られる時間50分・・・こんなに長い時間バスに乗ったのは学生時代から記憶にない。

f0181394_21155449.jpg

五山の送り火で知られる大文字山。

f0181394_2118613.jpg

 錦鱗館・・・ここで、芭蕉や苧麻や麻を使った着尺や小物が展示されていた。
f0181394_21215778.jpg
f0181394_2122860.jpg
f0181394_21221796.jpg
f0181394_21222975.jpg
f0181394_21224157.jpg

芭蕉の糸積み
f0181394_21232382.jpg

何の花でしょう?
f0181394_21234695.jpg

最後の八重桜。仁和寺の桜と同じかなぁ?
f0181394_21243559.jpg

山吹も咲いていました。
f0181394_2125542.jpg

庭師、染色家、織り職人、建築家・・・・・初対面なのに話が面白い!
コーヒー2杯と変わったお菓子でお腹いっぱい!!満足。
f0181394_21282879.jpg

茂庵・・・山中にあるカフェ・・月曜定休でした。
必ず行きたい・・・・・素敵でしょう?


織りは・・此処まで。
試行錯誤しながらブンデンを。
端と糸の返し方を意識しながら、色々な方法でやったので、端が揃っていません。
糸の太さも色々なので、、今は、こんな感じです。
f0181394_21361193.jpg

[PR]

by yukiwaa | 2010-04-19 21:37 | 京都ぶらぶら | Comments(8)

モノポールの出来事

今日は雨、織り曜日にするつもりなので、一歩も表に出ない。
雨の音だけが聞こえる。

4月に25周年を迎えるモノポール。
形だけの「売り出しセール」をする事にした。

気の進まない旦那に「こんなに緩く、ゆる~くお店してんやから、たまには頑張らんと・・なっ」と私。

製造は旦那、モロモロは私。

それで折角の織り曜日が<チラシづくり>に時間がとられてしまった。
長いことしてなかったので忘れてる。

f0181394_20254557.jpg


こんな感じ・・・お店に張って、常連のお客さんに手渡しするチラシ。

“ホームページにも載せてや!”と奈良から来るお客さん。
「承知しました」と言ってしまった^^^

5月1日は「高齢者福祉私設」の<10周年記念バザー>にモノポールが呼ばれていて、お店を出してほしいとの事。
気の進まない旦那に「こんなに緩く、ゆる~くお店してんやから、たまには頑張らんと・・なっ」と私。

出店のための「パンの値段表」と「おめでとう!」チラシが必要。

やれ~やれ~なかなかブンデンの練習が進まない。
今日は経糸だけは張れました。

ーーーーーーー疲れました!ーーーーーー


追伸>気になったので、、ブンデンの練習しました。少しだけですが、、

 
f0181394_2336758.jpg

  チューリップのつもりです。
[PR]

by yukiwaa | 2010-04-12 20:35 | お店みせみせ | Comments(6)

愉快に生きてゆきたい!


f0181394_20225510.jpg


信州の御柱祭り、7年に一度の勇壮な祭りである。
今年もその年になり、彼方此方のテレビで放送されていた。
「お父さん!今年も大将、出てるんかなぁ、、」と信州の友人の事を思い出していた。
その瞬間「・・・・あっ、亡くなったんや、、もう、いいひんなぁ、、」と私は自問自答した。

「7年前の御柱の時はもう、発病してたから、その前の御柱に出たんやなぁ。多分長野オリンピックの年と違うか」と主人。

彼の元気な時の姿が頭をよぎった。彼が御柱に出たときも「祭りの時は何人かは死ぬけど、皆病死扱いするんや。」と
地元の人が信州の御柱の祭りをどれだけ大切に守ってきたかを話していたのを思い出した。

彼は50代の若さで行ってしまった。

60を超え、今、一度<青春>を歌う沢田研二。
我々の世代が、この様に頑張っているのが当然のような時代になりました。
これからの時間は大切にせんと、、、これからは、違う楽しみがあるように感じる。

織りも出来上がりました。
f0181394_20412032.jpg

f0181394_20413298.jpg
f0181394_20414191.jpg


織り機に慣れるためとはいえ、模様が出てきたのが嬉しい。でも、もう一つですね。
私は独学なので、ブログを通じて多くの方に教えて頂き、特に鎌倉のトランプ先生にはお忙しいのに、何時も詰まらない質問ばかりで、ありがとうございました。
この、4月から「通信教育」を受けることに決めました。
皆さんに詰まらない事で時間をとらせては申し訳なく、、、それでも聞きたいことがあれば又、ご迷惑かけるかも知れませんが、その時は宜しくお願いします。

60の手習いです。笑う人は笑って・・・でも私は<現役>だよ!!ジュリーと同じ。愉快に生きてゆきたい♪
[PR]

by yukiwaa | 2010-04-09 20:49 | 生きものいきいき | Comments(10)

あさり・筍・・・うーん、満足。

シーズンですね。

f0181394_15335287.jpg


そうです。<あさり>です。
料理は写真がないのですが、、、食べた後なので、、
アサリの味噌汁は勿論、アサリの春野菜たっぷりのスパゲティ、あさりと菜の花のサラダ、アサリと大根の煮付け・・これはアサリの汁とカツオの出汁で炊きます。味付けは塩だけ、薄口醤油を少し入れても良いでね。
五臓六腑に染み渡り<健康>をしみじみと味わえます。
3日ほど、アサリが続きました、誰も文句は言いません。

f0181394_1539766.jpg

これも、シーズンですね。
これから薄あげと一緒に<筍ごはん>それから、、、何にしようかなぁ~~

外はまだ寒くて雨が多い京都ですが、土の下から<春~~がきた!>


明日から下の息子はタイへ行きます。
仕事ばかりの息子、たまには息を抜いておいでーー

私は手抜きの料理で「織り時間」を作れます(笑)
[PR]

by yukiwaa | 2010-04-02 15:44 | 日常そろそろ 散歩 | Comments(2)