一日、織りつづけました。

27日の月曜日「体験学習」に行ってきました。

大原まで、25K・・久しぶりに長距離でしたが山の中は気持ちが良かったですね。
f0181394_1518336.jpg

f0181394_15181512.jpg

 こんなのもいました。
織りの整経からです。初めての整経台を使っての整経でした。
f0181394_1519175.jpg

f0181394_15195113.jpg

 荒あぜと本あぜといいますが、私が使った整経台はあぜを作る棒が3本でした。
稲垣さんとこのは4本・・あぜの作り方が違うのか?
人差し指と中指で3本なら3本の糸を交互に持ちあぜを作る棒にエックスにして掛けます。
f0181394_15225128.jpg

  先生がしてる所。
f0181394_15231581.jpg

4枚ソウコウ、足踏み式で糸を筬に通し糸そうこうに通して織りました。
f0181394_1530099.jpg

あぜのある糸に紐を通してそれを前のバーにガムテープで止め、筬に入れてゆきますが、今日は種糸に括ってゆきます。
f0181394_15286100.jpg

f0181394_15302610.jpg

種糸です、先に整経して経糸分通しておきます。この先に整経した糸をくくるのです。

f0181394_15314964.jpg

出来あがりました。
平織りです。ピンクは赤ねで染めてあるそうです。・・・木綿です。
水色に見えるのは藍染です。・・・木綿です。
赤と緑は3本どりにしてありますが、これは麻です。平たいテープ状の糸でした。

出来上がり寸法50cm×165cmぐらい・・・今から最後の房の始末と糸を整え洗います。今日は疲れたのでまた~^今度です。

長い時間、お世話になり色々教わりました。
やはり、やってゆく以外、学ぶ道はないのですね。

1日で整経と織りができて、スーとしました。
[PR]

by yukiwaa | 2009-07-28 15:38 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(4)

テント出来ました。

7月20日、21日は生憎の小雨・・テントは如何するんだろう?と思っていましたが、どうにか小雨だったので20日は古いテントの撤去を済ませて枠組みを塗装し終える。
あくる日は雨が、なお更、ひどくなった。
お昼からの雨休みを突いて職人さんは大仕事。テントが貼れました。
建物とテントの間のコーキング。。これがほんとはとても大切で、これがないと、雨の日はテントが貼ってあっても何もならない。。
雨漏りがする。建物とテントの間から~~
これが雨のために延びて、やっと24日にやり終えました。

梅雨明けは何時になるんでしょう?
梅干も漬かったまんまです。


いらっしゃいませ~~
f0181394_15454090.jpg


店の中から~~
f0181394_1537575.jpg


目立つ色です。開店当時がこの色をもう少し薄くした色でした。
remember--1985year's monopole----を込めて。
f0181394_15381748.jpg


店内からの色。
 
f0181394_15445676.jpg


くわず芋・・・芋が表に出て来るそうです。食べられません。
f0181394_15484210.jpg


息子をイメージして1985年に私が作った紙粘土
f0181394_15492232.jpg


お客さんが「monopole此処にあり!やなぁ。。目立つし、いいやん。」
気がつかないお客さんには私から、「如何?きれなったでしょう。。」と催促。

暫くは落ち着きませんでしたが、
今日あたりから、monopoleの色になってきました。

忘れてました。。。
f0181394_16381555.jpg

 大好きな切り絵・・仁和寺からの帰り道で、寄った喫茶店で買いました。
 右下のwellcomeは九州でトールペイントの先生をしてはる友人が
  作ってプレゼントして頂きました。ありがとう!
  
私の周りは“せんせい”だらけ!!
  皆さん!すごっ。
 
[PR]

by yukiwaa | 2009-07-26 15:53 | お店みせみせ | Trackback | Comments(4)

初めてのリジェット

2回目の織り教室で、やっと経糸がはれました。
家に帰り、設計図を見ながら横糸を通しています。

f0181394_2013054.jpg


板ひがクローバーの咲き織り機40cmの板ひなので、短い。
時々違う経糸を拾う時があるので用心です。
それ以外は糸の打ち込み具合の強さが分からないのですが、あまり打ち込みすぎても
美しくないのでは・・と最初は少し緩めになりました。

経糸を張り、いきなり、たこ糸で捨て織りでした。経糸の横幅がそろうまで・・5,6段。

今までは紙を挟んだりして、経糸に横糸が垂直になるようにシテから捨て糸でした。

いきなりの捨て糸はゆがんでいました。
その上からの織りは当然最初はゆがみましたが、ダンダン直ってゆきました。

どうにか織れそうです。

ご安心下さい。

帰られる頃までには「完成」しております。

ありがとうございました。


                   欲張りで焦りすぎな織りおばさんでした、、、
[PR]

by yukiwaa | 2009-07-23 20:11 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(6)

lecca    Goin' home




たまにはいいね。こんな音楽。

若い人も
こんな気持ちで結婚する人もいるんだね。

安心したねっ。
それにしてもlecca 可愛ゆくて、歌が上手い。

leccaのお姉さんの「恋愛・結婚」話を聞いていて、
この歌を作ったらしいですよ!

現実の話からのleccaの歌です。
[PR]

by yukiwaa | 2009-07-22 15:23 | 社会  山登りしんしん | Trackback | Comments(0)

カ-ド織り

今日は惨敗です。
ひどいものです、、、

ビスビーさんで買ったパンダのカード織り・・挑戦したのです。

ABCDが書いてあるほうから糸を入れ、間違いなく糸を入れたのに、
裏から出てきた糸を束ねて4本づつ織り機にくくっていった。もつれないよう、、
最初は表を左側に見えるように、織り機に張ったためか、模様が裏に出てくる。
それもパンダの耳がひっいている、、、
やり直し・・j今度は顔がおかしい、、、
やり直し・・それでも駄目。

仕舞いに経糸も解いて最初からやり直した。
今度は右側にカードの表が見えるようにしたがやはり、模様が裏に出る
・・・これは、何が原因なのか・・・分からないまま、やり直しばかりだから、、、
結局2つほど、パンダらしいのが裏に見えたが、少し変なところを直そうとして、
結局、余計におかしくなる。

何時間してたでしょう、、、、
明日も「織り」なので、諦めて寝ます。
理屈が分からないので直し方が分からない。

カードを手前に回して、織る・・これを4回
今度は向こうへ回して織る・・これも4回・・これだけなのに、

でも最初の糸は横糸はカードをひねってから通すのか、通してから手前に回すのか?
その辺の細かい所がいい加減になる、、、

すて糸の事も書いてない。すて糸は要らないのかなぁ?
まっすぐ、織りにくいのに、、、

あぁ~~~疲れました。

又、糸を変えて次の機会に・・やります。

模様が表に(自分から見えるほう)にするには如何すれば・・・いいいのでしょう。

糸の通し方は間違ってないと思うのに。

あぁ~~!残念です。収穫なしの日でした。
[PR]

by yukiwaa | 2009-07-21 00:04 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(6)

あの子も、この子も、、、、

昨日はナカナカ眠れませんでした。
本を読むでもなし、テレビを見るでもなし、何かをするでもないのに、、何故か眠れない。
それでも、早朝に起きて朝の仕事に取り掛かりる。体がだるくて、仕事に勢いがない。
「如何したんだろう?」と呟きながら、昨日の出来事を反芻してみる。

昨日は珍しく、野暮用の客が二人もきた。
一人は男の人、結婚して今は12歳の子がいる。13年前に転職して、住宅地で一軒家も買った。まだまだローンだらけだそうです。
今は自動車の販売の営業マンをやっている。我が家とは付き合いが此処13年ほど続いている。
何かの折に仕事の話をする彼、子供が同じ環境で育てないと、○○症候群になるという。奥さんのお父さんとも同居し、夫婦で頑張ってきた。笑顔が優しい明るくて腰のひくく、気が利いて、営業マンにはもってこいの男(ひと)です。
その彼が、「もう限界」という。以前から聞いてはいたが、、やはり厳しい会社の扱い。
何年か前に転職を考えたが、「止められた」。その時に紛議っていれば、、と後悔が沸く。
《今日、職安行ってきましてん、それだけでも何故か嬉しくて・・》と明るく話す彼。
今回見つけた会社の話、条件は悪くとも、魅了がある・・受かればいいのだが。。競争が13倍だそうです。
これからの不安を語る彼。これからの抱負も語る彼。全てを聞いていて、パンをフカし過ぎになるところだった、旦那は二階で食事タイム、誰もいない。食パンは私が焼くのです。でも彼の話の腰を折りたくはなかった。ただ聞いて、心の其処から《上手くいけば良いのに・・》と思う。そろそろ、私も限界にーーー用件は2,3分で済む話。用件を済ませて釜へ向かう。彼は「そいジャや!!」と言って笑って帰って行った。

その同じ日の夕刻・・主人の友人の娘さんAちゃんがくる。
2歳にもならない幼子を連れて・・このAちゃんは5歳のときにわけあって、母と別れ、お父さんに引きとられた。その時から私達夫婦は近寄りすぎず、遠からずでこの子達をみてきたのだ。
3年前に結婚して、やっとクレイマーだった主人の友人も主人も私も肩の荷をおろしたところだった。その彼女が突然「離婚する」という。いとも簡単に、、、、
ワケは聞いた。夕方の店番をしている私の傍で話をするAちゃん。
我が子なら怒鳴る事も、怒る事も、子供と戦う事も
それが一番の親としての正直な気持なら、嫌われようが、
進んでケンカもするが、、やはり其処は「他人」。
言えないことの方が多い。

気がつけば8時・・もう片付けて帰らんと、、、

家に帰り、夏ばての十兵衛に特別の「食事」をつくり、
ゴソゴソ片付けていると、息子が帰り、旦那が帰ってきた。

風呂・・食事・・と済むと、よく似た二人は自分のペースでくつろぎ始める。

私は何をするでもなく・・息子が部屋へ行き、旦那が「寝るぞー」と声を掛けても、
体が動かない。でも眠れなくて12時は過ぎた。

やはり、二つのこの話が私には重くて、、、、
今の社会の縮図のように感じた。

若い子が希望を持って安心して子育てができ、あたり前に生活できる日が来るよう
私達、先人は頑張らんと、、どうやって??

若い子も、「我慢」を覚えてほしい。
「貫く」事をやり通してほしい。
お金だけが価値観の基準ではないと自分なりの価値基準を見つけて生きてほしい。
全ての人に愛されたいと思う前に、愛してほしい。
無条件に、愛して人生の《幸せ》を呼び起こしてほしい。
決して与えられるものではないのです。
自分の内の愛情が深く、幸せを呼ぶ力が強ければ
全ては如何にかなるのです。
若い子にこの世は託すのですから、、、頑張ってください。

簡単に「離婚」をしなしでほしい。

~~~やはり、疲れたので、今日は植木を買いました。~~~
実のなる植木です
f0181394_1614367.jpg

パパイア・・・沖縄では実がなるらしいですが、1株210円。安いでしょう?
f0181394_1621345.jpg

デュブラデニアダンクローズ       1株380円。安いでしょう?

汗を流して少し楽になりました。
[PR]

by yukiwaa | 2009-07-19 16:05 | 日常そろそろ 散歩 | Trackback | Comments(8)

迷いの中で~~

今日は、長い事気になっていたお店の床のワックスがけをしました。

まずはクリーナーで古くなったワックスと汚れを落とします。
デッキブラシでゴシゴシ~~
水拭きを3回ほどシテ、それからワックス。乾いては塗る2度塗り。
お昼もほどほどに、、、
2時間、汗を流して下を向き、四つん這いになり床の汚れを落とす・
・・・長年、私の仕事。

来週の月・火曜と新しいテントが来ると思うと、きれいにしたくなりました。
店先の直径30cmはある植木も5,6個毎日一つづつ植え替えました、、、疲れた^^^

それで、遅くなりました。

出来たのです、来月仕立てる巾着口の夏の籠になる生地です。
f0181394_16102752.jpg

経糸を10cmほど、長くとっていたので、その経糸で試作品・・
・・シャーリングテンネル・スマック・・等など織りました。
  この生地は“がまぐち”に仕立てたいのですが。
f0181394_16131563.jpg


矢吹恵子さんの絵織物バッグに出ていたテクニックです。
f0181394_16161743.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

素敵な本に素敵な作品・・・そしてそのテクニックは迷路への入り口。
楽しいなぁ~~どんな“絵”がでてくるんだろう

でも心配がひとつ
横に糸をひくだけでもこれだけ時間がかかり 大変なのに
経糸張りが面倒な8枚ソウコウは
私には無理では?と迷いが出るわ

時間がないのに。。これでも充分や!ないの?

でも知らないこと、出来そうにないことに挑戦してみたら
新しい時間がながれて、新しい出会いがあるかもしれん。

今日もそんな思いで、溺れそう~~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]

by yukiwaa | 2009-07-16 16:22 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(4)

トランプの京都下宿が始まりました

13日の月曜日は朝5時頃に目が覚めた。
前夜は疲れていて、ゴロッと横になったまま知らぬ間に寝ていたので
早朝風呂に入り、その間に8kの洗濯モノを2回し終える。
風呂から上がると、台所の片付けと、洗濯をする。
朝の8時には終っていて、朝の身支度をして「京都大学病院・京大」へ行く。

駐車場が混んでいて40分は並んでまつ。
f0181394_14135112.jpg

何処かのホテルかと思うほどきれいで立派な京大病院です。
中のロビーのようなところには手作りっぽい椅子がならんでいて、隅にはグランドピアノも置いてある。此処を訪れる色んな理由の人を優しく迎えいれている。
本を読む人、書きものをする人、談笑する人、居眠りする人、ただボーとしているひと、
此処での飲酒は駄目なようだ、隣にオープン喫茶がある。其処も人がたくさんいた。

其処を奥へ進み右へ曲がると大きな吹き抜けがある、
吹き抜けの周りに色んな病気の診察室が並んでいる。
待っている時は1階の大型テレビが何階からでも見れるようになっている。

此処で日米戦を見たのだ。
車椅子の人も、点滴をぶら下げているひとも、声が出ない人も、
一つになって歓声をあげた場所。

日本の病院が全てこの様だとは思わない。
色んな問題を抱えているのだろう・・

この医療機関の充実さや保険の大切さをつくづくありがたく感じる。
しっかり、守っていきたい、日本の良さなのだから・・

病院を後にして普段いけない所を2,3か所廻る。
f0181394_14272151.jpg

木屋町
f0181394_14273581.jpg

天神豆腐(上七軒の歌舞錬所の3軒となり)
f0181394_14292284.jpg

JR二条駅・・・きれいになってます。
f0181394_14301268.jpg

車中から~~
f0181394_1427015.jpg

稲垣機料さん
f0181394_14423058.jpg

千本通りは面白い。。


帰りは3時が過ぎていた。
帰って、織りを仕上げました。

f0181394_14375276.jpg

モノポールの役者は紫陽花から“るりまつい”になりました。
お客さんを優しく迎えてくれます。

優しいのはお花だけではありません。。
f0181394_14441289.jpg

f0181394_14442213.jpg

トランプ君の“京都下宿”が始まりました。
お客さんから笑いを頂きました。
十兵衛といい勝負ですーー
 
[PR]

by yukiwaa | 2009-07-14 14:51 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(6)

神水しぶき  神輿洗い  

 祇園祭の神幸祭(17日)を前に、鴨川の水の神様を神輿へ迎える神事「神輿洗い」が10日夜、京都市中京、東山区の四条大宮で営まれた。法衣姿の輿丁(よちょう)たちが威勢よく神輿を担ぎ、祇園界隈に「ホイットホイット」の掛け声がこだました。
 その昔、鴨川のはんらんによる疫病と災害を恐れた人々は、荒ぶる水の神様を迎え、祇園祭を催してもてなすことで自らの守り神様としたという。
 午後7時40分ごろ、「中御座」の神輿が八坂神社を出発。松明の先導されて四条通りを進んだ。四条大橋の中央北側で神輿は止まり、神職が鴨川の神水を榊にひたして神輿へ振りかけた。橋の歩道には神水のしぶきを求める市民が詰め掛け、熱気にあふれた。
                            ーー京都新聞7月11日よりー

f0181394_23311814.jpg
祇園祭・屏風祭(杉本家住宅) 
 息子のお店の同じ町内・・同じならびにある。見学は有料です。
[PR]

by yukiwaa | 2009-07-11 23:32 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(2)

縄がらみの美学

祇園祭の山鉾巡行まであと、一週間に迫りました。

連日京都新聞は「祇園祭」の記事で賑わい、電車を待っているときも“コンチキチン・コンチキキン♪~~♪”と祇園祭を盛りあげようと、毎年趣向を凝らした演出が・・

祇園祭の鉾建て・山建てなど、大工方を担うのが作事方です。
作事方は今で言うたら工務店。
f0181394_14491728.jpg


昭和39年は、まだ先の祭り(17日)・後の祭り(24日)に分かれていた頃。
当時は先の祭りの放下鉾と後の祭りの北観音山、両方をやるには放下鉾の巡行を終え、解体をしながら、同時に後祭りの北観音山を建てるというふうでした。

山鉾の組み立ては、釘を一本も使わずに縄だけで行います。木組みを縄掛けして、より強くする為に樽巻をする。
樽巻は三・五・七と奇数にするのが習わしです。縄がらみ全体が蝶の形に見えることから「雄蝶」「雌蝶」。鶴が羽を広げているようでもあるので、亀甲形の巻きと合わせて「鶴亀」、ほかに「杵と臼」と言う巻き方があります。


大工や建築の専門家だけで山を建てるのではなくて、本当に好きなもんがやるべきやと思うのです。
僕は会社勤めの作事方です。
唯、何をおいても祭り優先、「7月10日から20日までは会社を休むのが前提で勤める。
                             -府民だよりより抜粋ー
     

・・・・京都の伝統はこうゆう町衆の強い京都への思いで守られてきた。
保守的になるには守るべきものへの姿勢なのかもしれない。

息子のお店も鉾町にある。
祇園祭の間は東の窓側も南のガラス張りの所も屋台で埋まり、ドアだけが、かすかに、人が出入り出来るぐらいです。
屋台のおじさんが「トイレかして~~!」と入ってきます。

お店を借りる前にそれは一番に飲み込んだ条件でした。

そんな京都の祇園祭・・・確かに盆地ですね、やたら蒸し暑い。。ベタベタです。
[PR]

by yukiwaa | 2009-07-10 15:02 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(6)