昼寝は静かに~♪

京都の夏は蒸し暑い。
祇園さんが近づくに連れて“蒸し暑さ”がほんまものになってくる。

そんな日は手抜きを兼ねて
f0181394_10551582.jpg

そうです。ザル蕎麦です。それでも白いご飯がいる男性陣には鮭をやきました。
それだけの晩御飯・・胃も腸も休めんと。。。

お休みの日の定番・・・旦那の昼ね
f0181394_10595069.jpg

十兵衛が、大好きな犬の縫いぐるみを乗せました。。遊んでほしいのです。
f0181394_1141248.jpg

額から落ちた縫いぐるみを十兵衛は戻そうとしてますが。。
f0181394_115143.jpg

払いのけられて、廊下に急に
「メリークリスマス~♪メリークリスマス~♪」と歌いだす縫いぐるみ。
f0181394_1162818.jpg

“何言ってんの?”と十兵衛。

私の友人から去年のクリスマスに頂いたのに。。(Sちゃん、ごめんね)
歌わなくなったので
十兵衛のお気に入りのお友達になってましたが今日は珍しく歌いました。
「何でやろう?」

6月の最後のこんなお休みの日でした。





 
[PR]

by yukiwaa | 2009-06-29 11:10 | 日常そろそろ 散歩 | Trackback | Comments(8)

人生の職人

1985年昭和60年タイガースが優勝した年にモノポールは開店しました。

それから何年か経ってテントや内装もやり直したのですが、
最近はとんと、ご無沙汰なままのモノポールでした。

テントの寿命は何年なんか知らないが、わが店のテントは寿命とは関係なく
使い続けていたのです。しかし、先日のスコールの様な雨でとうとう、致命的な穴が開きました。以前から、いくつかの穴はありましたが、目をつぶっていたのです。
もう、目はつぶれません(笑)
f0181394_23151414.jpg


そこで業者に来ていただいて採寸と相成りました。
全長16m近くあるテント・・御高くつくんだろうなと・・“合い見積もり”しましたが、
結果は見えていたのです。「古くからの付き合いの業者」を優先するのは分かっていたのですが、人の意見も聞いて。。“合い見積もり”でした。
高くても昔からの付き合いの業者は安心なものです。

15年前にして頂いた職人さんが「現役」でした。
高いはしごをかけて採寸してはりました。
f0181394_23153866.jpg

f0181394_23161371.jpg

職人は体が動けなくなるまで職人でいたいもんなんだろうか。
彼らはもう、70は過ぎてます。
《人生の職人》を此処に、みた。

高いテントを張り替えるのだから、こちら側にも《覚悟》がいりますよね。
テントよりも人間がへこたれるわけには行きませんから~
「親父さん、元気か?」
「親父は70まで現役でした。今は事務所にちょくちょく顔出してます。元気でっせ」
「70まで、現役やったんですか?」と驚いて私が口を挟んだ。
「そやったら、わしも70までかーテント後8年持つように張っといてや・・」
「あはは(笑)」とテント屋の息子も笑った。

此処にも《人生の職人》がいる。

職人の女房はつらい!
つらくて、おもろい女房は暇を作って好きな事をする(ウヒヒー笑)。

昨日久しぶりに鎌倉からの友人と
喫茶店へ行った。5時には閉店のお店。

お店は老紳士が趣味で経営されていて、
店内は彼の撮ったフイルム写真が飾ってある。
「絵手紙」の時もある。
客はあまり・・いやっ、だれもいない。
窓辺の苦瓜の日よけが嬉しいコーヒーの美味しい落ち着く喫茶店。
f0181394_23344071.jpg

f0181394_23344992.jpg

此処にも人との繋がりをもちながら楽しく働く《人生の職人》がいた。

夜間、家の窓ガラスを叩いて訪ねてきたモノがいた。
夜のストレンジャーだ!
f0181394_23374118.jpg

彼も高い所が平気なようだ。
[PR]

by yukiwaa | 2009-06-26 23:45 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(6)

京都ブラブラしながら織りへたどり着く。

22日23日は連休でお休みと言うのに、何故かゆっくり出来ない私。
あさの5時には目が覚めてしまい、其処から洗濯を済ませ、ご飯を炊いて弁当を作り、いざ「上賀茂」へ。
松尾橋から四条通りを走るが、混んでいて葛野から三条通りへ其処から西大路通り
御池から堀川通りへ出ました。後は1本道です。
f0181394_13345984.jpg

堀川寺の内あたりから緑に囲まれて・・
ドライブ・・音楽が流れていい気分♪♪
f0181394_13372289.jpg

40分ほど早く着いたので上賀茂神社へお散歩です。
f0181394_13381848.jpg
f0181394_13383151.jpg

     立砂
f0181394_13384563.jpg

f0181394_13385486.jpg

  茅輪(ちのわ)のくぐり  
f0181394_1339840.jpg

f0181394_13392163.jpg

 無病息災をお願いしてから・・今度は縁結び・・欲張ってしまいます。
f0181394_13514062.jpg

  露草  織り教室の前にいっぱい咲いていました
f0181394_13523284.jpg

糸に囲まれて・・この先の一番奥が織りの場所でした。
f0181394_1354953.jpg

整経はワープステック(棒)を織り機から、織りたい長さ分だけ離して、棒を立て
織り機からその棒までを行ったり、来たりして長さ分だけソウコウに糸を通します。
2本分(2本取りなので2×2=4本ですが)づつ通していきます。
通し終わると、糸の輪の所を切ってバックバーの機草を巻きながら糸のテンショウンを一定に保ちながら巻いてゆきます。
f0181394_14383796.jpg

巻き終わると、今度は糸を隙間と穴にに通し分けます。
折角、隙間に通した糸を抜いて1本(2本取りなので2本ですが)はそのままで、
もう1本は横の隙間に入れ変えます。
横の隙間に入っていた色違いの糸は2本とも抜いて今度は穴に1本づつ入れてゆきます。
抜いたりするなら、最初から穴と隙間にふり分ければ・・楽なんでは?と思いましたが
この整経の仕方が「基本」だそうです。
たぶん、最初から糸を通すには整経台で糸を整経しとかなくてはいけないのでは?と
思いました。
整経台で整経すると綾を作らないといけないので、余計に大変だと言う事でした。
確かにこれは「面倒ですが、理解しやすい」と思いました。

T先生とは犬談義で盛り上がりました。
トランプの写真みて・・感激されていました。「可愛い~~」と。
先生のお宅の犬の写真も見せていただきました。
十兵衛の写真がなくて・・残念でしたが

一人見学の方が来られて・・とても若い・若い方でした。
来月から一緒にする事になりました。「3人の織り教室」です。

先生の実家は「神具・神祭具・神棚」を営まれてて、先生はそちらの方が本業になりつつあるのですが、「織り」と関わっていたいという思いから、やられているようです。
先生は「川島織物」で勉強なさったとかで・・なかなか知識豊富な方だと思いました
今回は経糸の途中で時間になったので、今回は織り機を借りて家に持ち帰りました。
残りの経糸は家でする事にしました。

買い物だけ済ませ、あわてて家路に着きました。
エネルギー切れ寸前でしたーーー(笑)

f0181394_1950640.jpg

気になったご飯やさん・・今度は行こう!!
[PR]

by yukiwaa | 2009-06-24 14:20 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(10)

ラッキョが美味しそう!!

梅干、ラッキョウたち。
f0181394_942765.jpg

やっと  漬けおわりました。4,3K。芽と根を切ったので何Kになったか?
f0181394_9431880.jpg

ラッキョウが終ると梅干です。3K。
f0181394_9441261.jpg

塩しました。必ず焼酎35度の中(適量)に塩を入れて梅干を絡めます。
f0181394_9445092.jpg

4日位で白梅酢が梅をかぶるぐらい上がってきました。
此処で塩が足りないかどうかが分かります。
足りないとナカナカ白梅酢があがらなくて、カビの原因になります。
今年は13%にしました。昔からの梅干は20%ですが、少し少なくした分、焼酎をカップ1杯分余分になじませました。
これで、大丈夫かと・・・もう少し寝かねます。

f0181394_9512263.jpg

コタツ布団のカバーを解いて洗いました。
嫁入り布団をコタツ布団にしたのですが、もう、10年以上使ったのでそれでも、又打ち直しして使います。
「打ち直し」は業者に頼みましたが、この生地は勿体無いので、
コタツ布団のカバーに再生する予定です。
f0181394_9525968.jpg

懐かしい、バットマンの生地です。息子が小学生の時にリュックを縫いました。
今度は息子の枕カバーにしようと思います(カバーと言っても枕を包むのです。その上からカバーをもう一つ)私は気に入ってますが、柄がこどもっぽいでしょうか。
f0181394_955998.jpg

十兵衛が不思議がってます。
《ゆっくりするはずではなかったの?又めまいが・・大丈夫?》と言ってそうです。

f0181394_9562378.jpg

今日は明日の「織り教室」の為の準備をします。
準備と言ってもかせ巻きの糸を玉巻きにしただけですが・・

ありがとう!!鎌倉のトランプさん!足を向けて寝られない(笑)です。

設計図とおり出来るでしょうか?・・・T先生にもファックスで送りました。
どき!ドキ♪な雨の日です。
[PR]

by yukiwaa | 2009-06-22 10:05 | シュトーレン・食べ物 | Trackback | Comments(6)

手提げバッグ・・出来ました!!

やっと、仕立てました。
f0181394_07297.jpg

見てください!
f0181394_081429.jpg

この黒いラメ入りのバッグは黒の絵羽織の羽織の袖で出来ました。
f0181394_0103598.jpg

f0181394_0104799.jpg

中もみてください。ポケットも付けました。
f0181394_0111812.jpg


初めてパソコンの中を徘徊してベルト織りを真似してみました。全くの自己流。
此処からカード織りへ興味を引かれ、あちらの方、こちらの方に話を聞きました。

そして経密・ベルト織りにたどり着く、今度は経密・ベルト織りでマットです。
どんな失敗をするでしょうか?

昨日は長男が私の「毛染め」に来てくれて、色んな話をしました。

長男は中学の時の同窓会で、美大を出て建築デザイン事務所を独立してやっている友人と再会して、今度は息子の名刺をデザインして貰うんだとか・・
金はイランからヘアーのカットを無料にしてくれと言う話だそうです。
彼は気に入らんデザインはしたくないから金は貰わない、
建築の設計が自分の一番したい仕事だ・・と言うそうです。

もう一人の友人は学生相手のバーを木屋町で開店したと言う。
いろんなデザイナーやもの作りの人が集まる場所で、元々はアンテックな服屋さんで勤めていた子なのですが、何時の間にかバーを開店・・と言う事になったみたいです。

友人の輪が広がってきてるのがわかる。楽しそうだ。

私も、負けんと「織り」の話をする。パソコンも息子と見る。
「でも、お母さん、もう○○歳やし・・お店もあるし、大丈夫やろうか。時間もないしな」と言うと
「諦めたら、そこで終るで。何でも諦めたらあかん。才能は全ての人にあるんや!如何働きかけるか、如何使うかで違ってくるけど、そりゃ、環境も大きいけど」と言う息子。
続けて
「70でも何でもやってる人いるで。店(息子の店)にもそんな女の人来るけど、バイタリテイあるで、何でもやりはる」
何だか嬉しい会話が続いた。

私の前の髪の毛をとても短く切って
「前が長いのは陰気臭い。。」
「人の頭やおもて・・短すぎるんちゃう?」
「個性的でいいやん」と息子。
「何とでも言うね」と言いながらナカナカやん。似合うに合わんはまー宜しい・・と思う私。

大きな業務用の上等なシャンプーとこれまた業務用の上等なトリートメントを私に
持ってきてくれた・・・頼んではいたのです。「買うから」と
でも、「金はイラン」と言う息子。「ありがとう!!」貰うと嬉しいちゃっかりな私。

ビールを少し飲んで夕飯を食べてそのデザインを頼む友人と「打ち合わせ」だと言って帰って行った。

大人な会話が出来ました。
[PR]

by yukiwaa | 2009-06-17 00:43 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(10)

今日は此処まで。

f0181394_20233825.jpg

ラッキョウきれいに洗いました。
f0181394_2024296.jpg

塩水を作り(8%位)粗漬けです。何日ぐらいつけるのかなぁ?
大体4日ぐらいにしようと思う。根っこも芽もついたままです。
粗漬けが終ると芽も根っこも掃除して本漬けです。
f0181394_20255939.jpg

きれいな青梅・・梅酒様です。誰が飲むんでしょう?この梅干を魚を炊く時使おうかと。
2,3年おくと美味しくなるみたい・・ですね。
母の漬けたのがまだあります。
母は平成11年に亡くなったけど。。。^^梅酒はあるの。。
f0181394_20282693.jpg


きょうだい4家族分のラッキョウと梅干を漬けていた母
・・大変な事を平気な顔でしていた。大正生まれの母は強い人だったんだ。
私は自分の家庭の分だけなのに。。。ヘコタレてる。

誰も喜ばない「ラッキョ漬け」と「梅干」。。。
でも、私はこの時期が好きです。

母も近くに来るし。。
料理べたな姉は「早くできないかなぁ~~」と
母の肩越しに何時も梅やラッキョウを見ていた。
注文ばかりつけている姉。
「醤油ラッキュにして、甘いのはいらんし」と・・
・・子供のような姉も近くにいる・・そんな気がする。
[PR]

by yukiwaa | 2009-06-14 20:35 | シュトーレン・食べ物 | Trackback | Comments(8)

ラッキョウ漬けの下準備。

昨日はかやくご飯と大根と人参とレンコンと鶏肉のポトフでした。
出汁で煮込み、コンソメスープのもとを入れて又、煮込んでからオイスターソースで味を足して、隠し味に「美味しい塩」です。和風ぽいポトフ・・かなぁ。

f0181394_15303549.jpg


f0181394_15304862.jpg

 私が漬けた糠漬けの白菜とかやくご飯(レンコン・こんにゃく・人参・かしわ少々)
息子はご機嫌・・・こんな料理好きなんです。上等な肉料理よりも魚の塩焼き・・そんな料理を好みます。習慣ですね。
ハイカラな贅沢は我が家に似合わないのかもしれません。
f0181394_15305951.jpg

 新ごぼうと日本産のかぼちゃ・・・何に使おうかしら??

今日は・・・・
f0181394_1532528.jpg

そうです。ラッキョの掃除です。今日、明日で掃除を終わり、一晩塩漬けをして
月曜日に甘酢漬けをします。(お休みにあわせてます)
このラッキョウ=3.3K買いました。1Kは550円。
来週はもう少し高くなるそうです。

ちと・・・くたびれました。。。^^
[PR]

by yukiwaa | 2009-06-13 15:35 | シュトーレン・食べ物 | Trackback | Comments(0)

お店の暖簾で~す♪  

できました!
反省点だらけです。

ロス糸分で小さな花瓶シキ織りました。

房の始末がまだです。それに暖簾棒の通しはこれからです。
以前、暖簾の場合は着物を解いた時の襟芯を使いました。
これが結構、張りがあって使い勝手が良いのです。

f0181394_00941.jpg

ロス分で織りました。
f0181394_002016.jpg

もう少し、シンプルに織った方が糸の良さが出たと思います。
一番右と右から3枚目が浮き織り2枚目と4枚目がブーケ織りなのですが分かりにくいですね。
・・・・結構時間がかかりました。。。^^^
[PR]

by yukiwaa | 2009-06-12 00:03 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(4)

国家試験向けて・・あかんわ!

一般基礎  環境光学

大気の組織の関係で次のそれぞれの①容積比②比重を答えよ!

1、窒素
2、酸素
3、アルゴン

室内環境基準値は?
1浮遊粉塵
2二酸化炭素
3一酸化炭素
4気温
5相対温度

100℃の水1Kを100℃の上記にするのに要する熱量は何kJ/kg?

動水勾配をの求め方

メカニカル継手 伸縮可とう式継手 プレス継手 圧縮式継手・・・etc.

↑は最近、二男が機嫌が悪い原因の一つ・・・「モチベーショウンが上がらん」と昨日も愚痴る。「キャドもやらんと」・・頭の中が意味不明・・・状態のようです。

学生時代に勉強と縁がなかった二男、働き出してからの意欲はそれをしのぐ勢いだが
何せ基本がしっかりしていないのか、躓きながらしか進まない。
それでも、母親の目が気になるのか話したいのか、
たまに「あかんわ!今年は」と言う。
「今年が駄目でも来年がある。駄目だからしないでは積み重ならんから勉強はしとくんやで。知らぬ間に分かる時が来るから」と母らしく答える。

そんな息子が昨日は「キャドもやらんと、俺らの仕事は・・」と言う。
「ヘー、パソコンでやるん。そっちの方はさっぱり分からんわ。そう言えば、お母さんの友人で”橋”を作ってる子がいるけど、キャド使ってたなぁ。それにMちゃん(私の姪)もキャド使って機械図面書いてたなぁ・・最近はキャドも進化して、使いきれんと言うてた人もいたわ・・」
「ふ・・ん」と二男。

息子二人なので、話すことは「仕事の事」が多い。

長男ともこんなやり取りをしながら時間が過ぎたように思う。

さぁーーどうなる事なら?

親は元気で働いているのが一番のよう・・・ですね。

f0181394_1551092.jpg

      給湯返り管図面記号


自然にやる気になり出した時がその子の「勉強タイム」だと思う。それが本物に繋がるのではとも思う。
「仕事」はお金を得るためだけのモノではなく、自己充実というか自己実現というか、己の人間としての自然な欲求を満たせるものであってほしい・・そこから「自由」が得られると・・私は思うのです。だから、毎日仕事が続いても彼は心底は嫌にはならないだろう。

がんばれ!!あかんでモトモト。仕事が出来るだけ丸もうけ!!やん。
ありがたい事なんよ・・とエールを送りたい・・親ばかです。

来月から、仕事が終り次第「学校」へ行くそうです。週3回ぐらい。あさの7時に家を出て(私は店なので、いないのですが勝手におきて出勤してます)
毎晩11時過ぎになります。ご苦労さん!・・・親バカですね。
[PR]

by yukiwaa | 2009-06-10 15:52 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(6)

放蕩嫁さん、織りの本に出会う。

f0181394_7311621.jpg
f0181394_7312317.jpg


十兵衛はこの塀を乗り越えるのです。以前は横のシュロチュクからよじ登り超えていたのですが、今は如何してるのか分からない。
柴犬の身体能力は・・すごいものがあるなぁ・・と変に感心してしまう親ばかです。
そんな放蕩息子を抱えて今日もお店へ

旦那との会話にもよく出る十兵衛の話。
「ほんまに、ウチの息子は皆放蕩息子やなぁ~」と言う私に
「ほんまやウチは放蕩息子に放蕩嫁さんやばかりや!」と言う旦那。
アハハー 思わず笑ってしまう。
放蕩嫁さんとしての認可、ありがとう。
少し自由な気分になれて又、笑いが出た。

f0181394_7372438.jpg

店内からの紫陽花・・一眼ならもう少し遠くから手前をぼやかせて撮れるのに・・
簡デジではマクロ撮影でないとこの効果を出せないらしい・・やはり限界か?
f0181394_7392359.jpg

此処まで咲きました。早すぎです。南東むきなので日当たりが良すぎるのです。
紫陽花には不向きですがまだ、大き目のテントがあるので日よけになり咲いているのです。

最近、織りの情報を得ようとパソコンの中を俳諧?しておりました。
candyさんからの情報で仕入れた「カード織り」・・その中にこの本は載っていました。
f0181394_7424859.jpg


平成14年発行の本ですが、京都の川島織物(家のカーテンは全て此処の織物です)が編集されていて
8枚ソウコウの卓上用の織り機で4枚ソウコウの糸のかけ方など丁寧に写真入りで紹介されていて、理屈が分かりました。
カード織り、腰機でつくりバッグ、卓上機でつくりタペストリー(インターロック)、卓上機で作るノッテング、
裂き織り機で作るテーブルセンター、木枠でつくるタペストリーキャンバス枠を使った額絵・・・とてもいい本です。

色糸に刻を織り込む・・・創作ノート
糸の声に導かれて・・・・創作ノート
心に叶うものが織りたい・・創作ノート

そして最後に「暮らしの中の織物」これは偶然でしょうか?
市田ひろみ先生(私が通っている教室のトップの方です)も書かれていました。(モノポールで読んでいました)

この本を読んでいて4枚ソウコウでも糸を掛けることが出来るかもしれない・・と思った。
今まで以上に忍耐と集中力が必要にも感じた。

これはベテランの方よりも私の様に右も左も分からん人には迷路を照らす灯りの様でした。
少し、ハイになっているのかもしれません、手が動く前に「本」ありき・・ではいけないのでしょうが、気になると知りたいものですよね。

少し・・・お勧めです。

今日は今から「免許更新」へ行きます。帰れば「織り」か「銭湯」か?
[PR]

by yukiwaa | 2009-06-08 07:49 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(10)