山椒は小粒でピリリと・・・

もう、30年以上前の昔話から~~

彼と出会い、何ヶ月たった頃だったか、5月がやってきた。
彼の誕生日が5月の初旬・・私はカスミソウを山ほど買い込んでプレゼントした。
花瓶に活けて《彼みたいな花・・分かるだろうか花束の意味する事が》と思った。

5月の下旬に私の誕生日がやってきた。
彼はTシャツをプレゼントしてくれた。
「安かってん。500円」。と得意そうに彼は言う。

その頃、私は母の庇護の元で、結構、高そうなモノでも買えた。
有難う・・と言いながら、このTシャツが彼の《生き方》なのか・・と感じた。

初めてのプレゼント、楽しくて・新しい世界への入場行進曲が聞こえていた。

その後私達は結婚した。

時間が流れて・・私達は店をしていた。
そんなある日に、本屋へ行っていた彼が私にプレゼントをしてくれた。
本です。
f0181394_15353359.jpg

「お前みたいや!」と言いながら差し出した2冊の本。1990年の出来事でした。
この頃はお互いを理解するのに精一杯だった様に思う。
お互いの考え方の違いや感じ方の違いをーこの2冊の本からー
理解しようとしている彼を見た気がしたーーー遠い昔の話でした。

f0181394_15422927.jpg

山椒、掃除して冷凍しはりましたか?この時期しかでない山椒。

夫婦にも時期・時期に《物語》がある。

山椒のように小粒でビリリとするそんな彼の最近読んいた本を
朝見つけて、その本の面白さから昔のこの2冊の本を思い出し
・・・・・この記事になりました。《アイ、すいません詰まらん話で。。》
[PR]

by yukiwaa | 2009-05-31 15:46 | 思い出つらつら | Comments(13)

豆もやしスープ

豆もやしスープです。
f0181394_15281640.jpg

名前の通り豆もやしを使います。
ひげを掃除して・・洗い・・豆の部分の薄皮も取っておきます。
それだけです。

鍋に冷ました出汁か水(水の場合はインスタント出汁を入れます)
を入れて、薄口醤油と味のいい塩だけです。
豆もやしを入れて炊きますが途中で蓋を開けてはいけません
・・もやしが「織っている」のです。(笑)鶴じゃないですね、すいません。
暫く蓋をしたままで置きます。

お忙しい方・・・体にも良いと思います。
f0181394_15291654.jpg


若い子供がおられるご家庭では此処で最後に卵を入れます。

私は一滴だけごま油を入れても良いと思います。好き好きです。

豆もやし卵スープです。


・・後は何を主のおかずにするかですね・・これだけでで済めばいいのにねっ。
[PR]

by yukiwaa | 2009-05-29 15:31 | シュトーレン・食べ物 | Comments(6)

紫陽花と蕗の佃煮と織物の日々

そろそろ、梅雨でしょうか?
我が家の紫陽花が咲き始めました。
f0181394_1483854.jpg

山紫陽花   花好きな姉から貰った紫陽花を2,3年に一度
挿し木で大きくなったのに変えます。大きくなりお店のパンが
見えなくなるのです。 もう、20年位続いてます。
f0181394_1491548.jpg

この紫陽花は直径が7cm位の小ぶりです11月ぐらいまで咲いています。
ある高校が開発した紫陽花です。
f0181394_14143379.jpg

ふちだけがピンク色です。これは挿し木に失敗しました。
隣の娘さんが「手に負えん」と私に里子に出されました。

ひとつ、おまけでです。
f0181394_14193838.jpg

川原なでしこ・・・大好きです。

そして、今時期なのが「山椒」「梅」「ラッキョウ」ですね。
只今山椒の掃除中。
去年、漬けておいた山椒を使って
f0181394_14212790.jpg

この山椒は刺激があまり無いようにしてあるのでたっぷり使えます。
蕗と出汁コブの残り物と山椒の佃煮。

そして月曜日の「織り」の出来は?
f0181394_142336100.jpg

一人で考えて、やりました。間違っているかもです。ベルト織りのつもりです
f0181394_1424229.jpg

経糸よりは細い横糸を使い、しっかり、経糸を締めるために横糸を
刺繍糸(左)と木綿の細糸を使いました(同じ段に使ってます)。
織り方は「平織り」です。
でもこれでは、端に横糸が少し見えます。しめすぎると細くなるので。
それに色んな模様が出来ません。経糸だけの張り方で変えるだけで色んな模様が出来るのでしょか?
 ・・・これで良いのでしょうか?・・???疑問符ばかりの「織り」でした。

そんな、こんなで一日が穏やかに過ぎてゆきます。
ーーー気持ちは焦ってますーーーあれも、これもと。。。^^ーーー
[PR]

by yukiwaa | 2009-05-27 14:29 | 織りものゆたゆた | Comments(13)

からくり時計

最近ローカルなテレビが面白い!
勿論此処は京都「京都KBS」http://www.kbs-kyoto.co.jp/です。

そこで見た番組“京bizw”http://www.kbs-kyoto.co.jp/tv/kyo-bizw/
で見た。
「からくり時計」yasuda model(http://www.yasudamodel.co.jp/)が
頑張っています。
f0181394_11132038.jpg


京都のものづくりの一端を担い、日々他社にないモデルを作り続ける大変さ。
拘った作業場・・・これもやはりプロダクトデザイナーと呼べるのか分からないが
素敵な職人さんの「意気込み」を見た。
頑張ってほしい!!
f0181394_11224429.jpg

  津野山神楽からくり時計
f0181394_11241864.jpg

「通りゃんせ」からくり時計

京都駅はきれいになったけど。。ゴミひとつない、ゴミ箱もない。
でもさみしいなぁ・・何か足らん・・と思いませんか?
f0181394_11282276.jpg

「山車まつり」と題されたまだ未製造のからくり時計・・・
こんなのが京都の駅にあったら良いと思いませんか?


(yasuda modelさんから写真を記載させて頂きました。)
[PR]

by yukiwaa | 2009-05-25 11:32 | 社会  山登りしんしん | Comments(4)

インフルエンザと花粉症

5月の花粉症は「ぶた草」らしいです。
十兵衛が久しぶりに調子が良かったので「桂川土手」を歩こうと・・十兵衛はご機嫌、草の中に入って飛び跳ねるは、走り転ぶは・・松尾大橋を超えてマダマダ行きたい十兵衛でしたが、私はタイムリミットでした。

帰ってから目がかゆい、鼻が出る・・今もひどい状態です。
お風呂で流したつもりが、頭髪まで気になって洗う。それでも駄目。
チラッと十兵衛を見た。「あんたやなぁ~」と思った。
十兵衛は体中に花粉をつけているに違いない。
濡らしたバスタオルで拭きました。
十兵衛は「何で?」と言う顔でした。

今も目に何か入っている様なゴロゴロ感とかゆみが続いています。
マスクも手放せないのに、薬局にもマスクが無い。
友人に少し譲ってもらうも、無くなるのは目に見えている。

社会保険事務所「年金課」・・何時も待ち時間は2、3時間でしたが、
雨だから空いているのでは?と言う予感がして22日の昼休みに行ってみた。
何と人がマバラでした。
待ち時間10分。
「空いていますね」と席に着くなり話しかけると
「インフルエンザやからね」と返事が返ってきた。

インフルエンザで得しました。
待ち時間10分で全ての用件を済ませる事が出来ました。

これで月曜日は雑用に走り回らなくてすむかも・・と思うと
心は「織り」の事へ~~♪

でも目がかゆい・目の周りが痛い・目がゴロゴロする・鼻がむずむず

全てが上手くゆく・・・そんなはずはない。

関西は大丈夫です。みんな元気にやってます!!

うるさい!!コマーシャル。
麻生さん「冷静な対応をお願いします」だって・・
一番、冷静でなかったのはあなた方でしょう。

折角、頑張ろうとしていた「神戸」・・なのに。。^^
[PR]

by yukiwaa | 2009-05-23 23:29 | 日常そろそろ 散歩 | Comments(10)

釜懸けたけど・・

「釜を懸けたので、来る?都合はどう?」と、友人からの電話。
「・・・うん?釜を懸ける?って茶室をしつらえたと言う意味?」と聞きなおす私。

まぁ、大体の意味は分かったので、月曜・火曜と連休の休み。月曜は「織り」
火曜日は彼女の家に招かれた。

修学院離宮の近くに彼女の家はある。
少し遠いがもう一人の友人も誘い行く事にした。

旧家である。離れに「茶室」があるが、もう長い事使ってないので・・と
家の中に風炉をしつらえてあった。
f0181394_15151595.jpg

  もう、使われていない茶室。
f0181394_15193220.jpg


招かれていくのに、私は殆ど「お茶の世界」は知らない。
朝から、少しだけパソコンで調べてから、着物を着て行くことにした。
f0181394_1520850.jpg


昔、お花を習っていた時に少しだけ、「お茶」はしたが、
それは「知らない」に近いものでした。
f0181394_1520372.jpg

 友人が染めた掛け軸・・「大方無隅」と書いてある。
f0181394_15255730.jpg

 茶花  (乙女ゆり・仙台萩・川原なでしこ・あざみ・リリオペ・フトイ・スモークグラス)

あっさり味の「手作りのお昼」を頂いて、「濃茶」「薄茶」と頂きました。
f0181394_15284994.jpg

f0181394_152910100.jpg

 生菓子は「濃茶」に。 この「おひがし」は薄茶に出していただきました。
f0181394_15304037.jpg

f0181394_15305061.jpg


おわんもたくさんありましたが、「萩焼」ぐらいしかわからなったなぁ。
「青磁」もありました・・・すごい!とため息ばかり。

帰り際に
f0181394_15312925.jpg

  曼殊院へ。

お土産まで頂いて、生まれたての卵です。
結局一日中遊び疲れましたーー。

「お茶」の作法って知れば面白いんだろうなぁ・・でも「無づかしか!奥が深い!」と
思いつつ岐路に就きました。

 
[PR]

by yukiwaa | 2009-05-22 15:41 | 京都ぶらぶら | Comments(2)

鎌倉ハム

  
日本で始めてハムを作った《鎌倉ハム》
f0181394_13581291.jpg


専門店、デパートにて販売されていますよね。
  何もつけないで、頂きました。懐かしい「ハムのかおり」でした。

同じ鎌倉ハムで作られている「豚の角煮」
  角煮の煮汁も入れて、少し自分風に味も加えて、
  大根を煮てから最後に角煮と合体させました。
  角煮は元から柔らかくて味がしみているので、
  何度も煮るよりはその方が風味が壊れないかと
  思いました。
f0181394_1435262.jpg

 料理家  辰巳芳子さん考案の“すり鉢”に盛ってみました。

肉が柔らかいので、主人がびっくり・・・歯が弱ってきた主人には
有難い「角煮大根」になりました。
大食家の息子も、大盛りご飯をこの角煮で食べていました。
文句無く・・満足気でした。

《食事》は家族の会話でもありますね。
[PR]

by yukiwaa | 2009-05-21 14:10 | シュトーレン・食べ物 | Comments(4)

ヨタヨタ織りました。

明日は「織り教室」。
やっと、如何にか織り上げましたが、問題点を抱えたままの「織りの日々」でした。
まずっは、
f0181394_2012159.jpg

咲き織り気は整経が楽に出来るようになっているのですが、
その分、糸を織り込むのに、フォークなどを使うと↑のように(強く叩くので)
経糸が溝から落ちていてそれに気づかずに、
綜コウを動かして織り込むと、経糸が引っかかり、
切れそうな状態で、ズートヒヤヒヤしながら織りました。
経糸が緩むのも、やはり、きつく叩き込むからか?
緩んだ経糸をプチプチを挟んで調整してます。
(テッシュが良いという話もあります)
f0181394_20213088.jpg

f0181394_20214660.jpg

横幅36cm縦50cmの織物を2枚織りました。
下の黒のチリメンと黒のラメ入りの織物は「教室の課題」です。
上のは自由に~と言う事でしたので、「引き返し織り」(スリット)の
練習のつもりで織りました。着物地と服生地です。
丁寧に切らんと駄目ですね。
細い所、太い所のある生地になりました。
如何にか誤魔化してます。
f0181394_20254210.jpg

こんなに、横が縮むのは経糸が何処かで間違ったのかもしれません。
f0181394_20323711.jpg

明日はこれらを仕上げます。
2つとも「バッグ」です。留め金ともち手をつけて、裏もつけます・・・
明日です、ドンナ風に仕上がるか?

お店が連休なので,明後日に全てしたいと思っていたのですが、予定が入ったので
何時になるか分かりません。。。^^
何時か出来上がったら、アップします。

ご指導・・・よろしく!と言っても指導できる範囲ではないかもですね。
織って織ってなれる事だと思いました。焦らずに。
f0181394_2226540.jpg

長男のベッド・・何時でも帰ったら眠れるようにしてあるのですが・・・
十兵衛は此処が好き!
叱ってもすぐに、この有様です・・長男の臭いがするのかなぁ?
[PR]

by yukiwaa | 2009-05-17 20:44 | 織りものゆたゆた | Comments(4)

焼き豚と国家試験。

「オカン!今週中に住民票取っといて」
「ふーん・・・」生返事する私。
「何に使うのん?」
「試験申し込むねん。今週言うたって、明日、木曜日・金曜日
二日しかないねんで。分かってる?」
「分かった。すぐに明日行くわ」そんな会話があったのが3日前。
その2日後に店に電話「あんなぁ、卒業証明書もいるねん。
取って来てくれへん。学校へは電話しといたし、書くもんある?」
「なんで?」
「先にファックスしとけば、待たんですむし。あのな・・・」
事務的な用件を要約して丁寧に話す二男。

早速、用件を済ませました。此処二日間位、昼間の休憩時間は車で走っていました。
遅い夜に二男と顔をあわせる。
私の顔をみるなり、「ありがとう」と声をかける二男。

久しぶりに聞きました。二男の「ありがとう」。
今まで、当たり前として聞いていた言葉・・其処に息子の成長と性格を見た気がした。
ひとつ・・彼を分かったかなぁ?

3日前、旦那の好物「焼き豚」作りました。
息子には「三切れだけよ。お父さんの分おいといて」と言ったので
息子は遠慮して食べていた。
f0181394_13225883.jpg


PS:国家試験といっても、ごく専門的な職人さんの試験です。
[PR]

by yukiwaa | 2009-05-16 13:27 | シュトーレン・食べ物 | Comments(10)

寂しい母と言う女・・のはずが。

5月は「母の日」があり、「旦那の誕生日」があり、「私の誕生日」がある憂鬱な“さつき”なのです。

10歳の頃は「お母さん~!」とニコッと笑っていた息子達。

野球のユニホームを洗いゼッケンを縫い直しただけで
「ありがとう!」と言っていた二男。
野球の当番で車を出して練習グランドまで送って行っただけで
「ありがとう!」と言った二男。
水泳のテストの日、Vサインをしてニコッと笑いながら、
仕事中の私の懐に飛び込んできて抱き合いながら二人で喜んだ二男。
たまに 旦那が行くと、めっちゃ頑張って走る二男。
めッちゃ、ヒットを打つ二男。

お兄ちゃんがクロールをすると、溺れながらも泳いだ負けんぎの強い二男。
お兄ちゃんがローラースケートをすると、知らん間に滑っていた二男。
スキーに至っては、軽々とお兄ちゃんを抜いていた。

背中を見せて働くだけのお父さんを一歩置いてみる息子達。

母親の私がおしゃべり相手だった長男。
塾から帰れば、一緒に「ナイトスクープ」を見て笑った。
「お父さんが優しくないー」と愚痴を聞いてくれた長男。
優しく、私をさとした長男。
小学1年生から6年生まで、弟をお風呂に入れてくれていた長男。
何時も、弟を連れて友人と遊ぶ長男。
何時も、二男の先を歩く“男の子”として、背中を見せていた長男。
スキーで弟に抜かれると「若いもんは違うなぁ~」と言って照れ笑いした長男。
その時、長男16歳二男13歳でした。

何時の間にか彼らは大人になり、母親とあまりしゃべらない子になっていった。
たまに言う事は
「洗濯物、はよ、しといてや」
「お茶いるし」「飯、まだ?」・・・・・ぐらいの二男。

何時の頃からか、長男に「誰と遊ぶの?」と言うと「友達」
「何処へ行くの」と聞くと「おもて」と言うようになった長男。
笑えるでしょう?心の中で笑ってました。
でも、何故か、その返答で納得したものでした。

最近は「店、どない?」と聞くと「普通」と応えるだけ・・・相変わらずだ(笑)

そんな長男が「母の日」に帰ってきたのだ。
夜の11時カーネーションを持って。。。
「これっー」って無愛想に苦笑いしながら「カーネーション」を差し出した。

暫く見とれてました。嬉しいのと、不思議なのと。。。。
f0181394_156264.jpg

これを見て、直感したのは・・
何処で買ったのか?
誰が買ったのか?でした。
息子に「何処で買ったん?」と聞くと、
少し間をおいて「何処でもいいやん~」と言う。
「花屋さん!店の近所にあるもんね」「花屋なんて、何処でもあるわ」
すれ違う会話。

「有難う」と言い、夜更けに花瓶を探した。
f0181394_151102.jpg


一晩泊まり、明日は「免許切り替え」。朝の8時過ぎに出ていった。
今日は「織りも仕上げないとあかんけど、餃子もしたいなぁ」と思っていた私。
長男は6時に帰ってきて、すぐに帰る(ややこしいですが、自分の部屋に帰るという意味です)と言う。
整理しておいた「美容の通信教育の資料」”いるん?”と聞く。
“いらんから。友達来たし、帰るわ”とやけに急ぐ彼。

表まで出て見送ると、其処に息子の友人がいた。

女の子でした。ニコッと笑って挨拶しはりました。
やけに笑顔が明るい子やなぁ~と思った。

そんな寂しい母と言う女の日でした。

長男が帰ってから餃子をタップリ作りました。
f0181394_15232812.jpg

[PR]

by yukiwaa | 2009-05-12 15:18 | 思い出つらつら | Comments(8)