タコ糸と奮闘中・・マダ織にはいけまへん?

寒の戻りと言うか先週の25日水曜日位から寒くなり、桜も一休み・・マダマダ固い蕾です。桜の木は日当たりが良い所は咲いているのに、、全く咲いていない木もあり、例年と違う咲き方の様に感じる。
この位の寒さは朝晩は冬装束で過ごせますし、昼は“散歩”には気分がのります。
寒くなったとは言え、やはり暦の上では「春」です。心も何だかウキウキ~~♪♪
それがお客さんの足にも影響か?モノポールは少し・ほんの少しだけ“忙しい”。
小さな店でのやり繰りはコナイな小さな客足でも、老体の二人にはチトこたえます。

「オーバーワークや!」と旦那はいいながら今日は銭湯へ。
先日は銭湯で無理やり右肩をグリグリ廻したら、逆に痛みを伴って帰ってきた。
「今日はリベンジ?歳相応にな!気をつけや!」と良妻?らしく言うと「お前もやんか!」とヘラズグチで返してくる。

今日は休みだと言うので、普段から気になっていた“タコ糸”をほどく事にする。気持ちは「織り」へ・・でも気になるのは準備。私は遠回りしては時間がなくなるとーーと言う羽目になる。それは分かっちゃいるけどやめられない。
f0181394_16591731.jpg

これはみつあみに編んであったタコ糸です。長さは全長で3、4m位かなぁ・・と思い込み、やり始める。
f0181394_1725645.jpg

只今こんな状態(ヒィヤッー!!)結局1本ずつ引き抜いて巻いているのですが、全長が3、4mとおもいきや!長さが16,8mはあったのです。大変なタコ糸の量です。
なんkあるやら~~先が思いやられます。
心は・・・・・
f0181394_1763868.jpg

そうです。素敵な本を買い、毎日読んでいます。私の頭は、織り機を上手に操りスイスイとデザインした絵柄を織り込んでいる姿!!ウットリ♪♪ーーーこれは妄想・今だ妄想。現実の私はタコ糸を何時間もかけて1本の糸にしようと繋ぎ繋ぎ解いては巻いているのです。

朝食も忘れ^^。。。。
簡単に野菜や肉を焼くには・・これに限る。
f0181394_17113316.jpg

この、エキストラ・バージン・オリーブオイル、通販で買いました。
コレステロールゼロ・オレイン酸豊富・トランス脂肪酸ゼロ・・使えば使うほど、健康に良いとか~~
f0181394_17145693.jpg

ごま油・ゴマだれ。京都桂の山田製油さんの美味しいごま油。ごまだれはドレッシング作るにもGoo!

----簡単料理には強い見方達です。---

先日、作ったコサージュ。。ある人にプレゼントしたのですが、彼女がアレンジして素敵になりました。帽子につけているとか。。嬉しいなぁ。
f0181394_1733955.jpg

f0181394_17332126.jpg


海の向こうの人から貰った“手作りの石鹸”もソロソロ使おうか?
f0181394_1734718.jpg


近所のおばさんから貰った糸たち・・タコ糸以外は使えないなぁ~たぶん。この糸たちの使い方、ご存知の方教えて下さい。
f0181394_17353332.jpg

[PR]

by yukiwaa | 2009-03-30 17:23 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(4)

家での休暇

3月のモノポールの連休も終りました。

連休って、気分が休まりますね。色んな用事がこなせて気分よく時間が過ごせるという
「ゆとり感」。・・・お店をして24年目に手に入れた時間です。

今日は「自転車で御所へ」等と言っていたのですが、やはりほっとけないのがWBC
キューバーに勝ち、韓国に勝ち、アメリカに勝った。そして今日は「日韓戦」でした。
近所の在日の方は「土曜日の日韓戦は、韓国はわざと負けたんやという話やで~」と
言う。「まさか!お国柄やね、そんな風に言うなんて~」と何時もは仲良く話している近所の肝っ玉かあさんだけど、これは聞き逃せられない。

そんな事で今日は、東寺の“弘法さん(月一の市です)”で買った古い羽織をほどき、湯とおしして干し、生地を切りながら、テレビにかじりついていたのです。
f0181394_235532.jpg


「小沢問題」も気になり、何だか、桜を見る気がしない。
「小沢さん、退任か?」と思っていたが、「小沢、留任」との事。今度の衆議院選挙で国民の審判を仰ぐのか?どちらが民主党にとって良いのか分からないが、このようなスッキリしない形での検察の動きがこれからの日本の運命を左右するのかと思うと「焦燥感とイラダチ」が募る。

WBCはきわどい闘いでした。ドキドキ・ハラハラの連続で最後は不調の一郎が決めるという、それは劇的な結末でした。私は不覚にも目頭が熱くなり、涙腺が完全に緩んでました。《感動しました》。日本の皆さんの視線を感じた・・という一郎。アメリカにいて「日本」を意識し、「日本は強いんだ、と見せたい」という・・松坂。彼らも100パセント居心地のいいアメリカ生活をしているのではないんだろうなぁ・・と感じる。故郷に錦を飾ろうと帰ってきた、メジャーの選手と日本にいる選手が仲良く協力して勝った。彼らの爽やかな笑顔に心底嬉しく思った。

やっとほどけた羽織を今度は切るのです。裂いてはモロモロが出るので今回は丁寧に?切るのですが、これが面倒でした。
f0181394_23552671.jpg


来月の為に「準備」して「織り」をしたのは初めてでした。

今回の「麻の織物」はタペストリーにしました。捨て糸の始末と最後の縫い付けが出来ていませんが、一応織り機からはずせました。
f0181394_2355541.jpg


経糸の計算が間違っていたみたいで、暖簾は無理だったので、急遽「タペストリー」です。
もう、ひとつですが、仕方ないかなぁ・・修業が足らんのです。

3月に入ってから「糠漬け始めました」美味しいよ!!とても簡単な方法でやりました。
やはり“塩”が決め手みたい!!
美味しい漬物がないと、さびしくて・・・
f0181394_23593313.jpg

[PR]

by yukiwaa | 2009-03-24 23:58 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(15)

家族の危機

転載にご協力おねがいします。
多くの人に読んでもらいたいのです。


昨日チャンネル4のニュースで
ペットに関するこんなニュースが流れましたので、記事にしたいと思います。



それは主にノミやチックを退治するとして売られている
シャンプーや体に直接つける(首のあたりに一滴というやつです)プロダクツで
それを使った犬や猫が次々と死に至っている、というものです。

裏の成分表をみてください、もし、
pyrethrins か、pyrethroids.
という成分が入っていたら絶対使わないでください。

この成分はゴキブリ、ネズミを殺す薬に入っているものと同じ成分です。


ニュースでは消費者が苦情をいうサイトにいって、
いったいどのくらいの苦情があるのか?をしらべました。
驚いた事にすでに何千匹というペットが亡くなったり、体の皮膚がただれたり、
毛がはえてこなくなったり、という被害にあってることがわかりました。


日本でもきっとこれらの
のみとりのシャンプーや、蚤取りの薬は発売されてると思います。

絶対、絶対つかわないでください。
おねがいします。

彼等は言葉がはなせません。私たち飼い主が気をつけて守ってあげるしかないのです。


商品名の一例
Bio Spot Flea and Tick Shampoo
Hartz


チャンネル4
http://www.nbclosangeles.com/news/local/Pet_Products_Concern.html

この記事は「中野 馨一が創る 外構、庭造りの現場・・」のブログより転載しました。
[PR]

by yukiwaa | 2009-03-22 14:50 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(12)

野球・アメリカ・織り

今日は祝日、春分の日。
お店の製造量も少しは増やして営業。

だのに。。。朝の小さなラッシュが過ぎると、何故か何時ものお休みよりもお客さんの足がゆっくり・・・
  そうです!!「日韓戦」です。
「みんな、見てるんやなぁ。終わらんとあかんなぁ」とつぶやく。

午前中の仕事をサッサとやり終えて、私は自宅へ一目散。
「日韓戦」をみんと・・・帰りにする事は?「買い物・両替・銀行・・銀行は休みやん・・」
自問自答して“今日は晩御飯の食料だけや”なるべく用事を少なく考えて家路に着く。

お花の植え替えの土も作った。
今年は野菜をヌカに混ぜて発酵させ?肥料にするつもりだ。上手くいくか如何か?

打った!投げた!走った!・・・・勝った!!
気分がいいなぁ・・やはり。
中学生の時、高校野球を見ながら、「カッコイイピッチャーやなぁ。男前やん」と言いながら野球好きの友人と他愛もない会話していたあの時代から考えると、今は息子の世代か、それよりも年下の選手を見てるのが不思議な感じが何時も沸いてくる。
当たり前なのに・・時間の経過がこんな時にも実感としてやってくる。
今は全ての選手が若い・・
「よく頑張った。・・一郎可愛そうやなぁ。あんなに注目されて。いいやんか、打たんでも」と保護者の気分になる。でも打てば打ったでそれは嬉しい・・親の気持ち??

「日韓戦」今日は6対2で勝ちました。今度はアメリカ。3月23日お彼岸の日です。

昨日は木曜日「着付けの日」です。大きな顔してお店の夕方の出番を旦那に任せて出かける日です。
でも、気分がのらず・・と言うか「織り」をしてしまわないと、来月の「織り」が出来ないのです。
「織り」は月一、第一月曜日に行ってますが、当日は「整経と機あげ」位で終わり後は家でします。だから家で織り上げないと次に「織り機」が使えないのです。
それで、着付けをさばって「織り」をしたくなり、その日はNHKの「特集・不況脱出のカギ  環境で仕事を生み出すグリーンニューデール・オバマの大胆戦略、衝撃の電気新システム」を聞きながら、「織り」をする事にしたのです。

晩御飯の準備もお風呂も出来てるので、私は“もう、動かん体制”で織り機に向かい、テレビから聞こえてくるアメリカの戦略の速さに驚き、時折アナウンサーが言う「日本は環境問題の技術は世界に誇るものですから」と何度となく言うが・・それも虚しく聞こえてくる。横との連携が早くて全ての技術を一つにまとめ上げられるアメリカ。
縦割りで、自分の所属してる省庁の利益しか考えない日本の官僚たち・・そりゃ、遅れるわ!

少し、はらたち紛れで織っていると、なんと「何か変?」「うん?。。」
経糸が違うソウコウにかかっていて経糸が2本同じソウコウの溝に入っていて、織り上げるとイガンでいるのが分かる・・“如何しよう?”“やり直そうか?面倒やなぁ、いやっやり直そう”鈍く決心してやり直す。
糸をもと来た道から戻すのです。7cmぐらいの織り幅。
もと来た道に帰ると、経糸がきれいになってきた。そこで手なおし・・この、クローバーの咲き織り機は経糸が緩むのが玉に傷です。そしたら何が「玉?」と聞かれるでしょうが良いところは、簡単に「整経と機上げ」が出来るのです。
f0181394_1533819.jpg


これは一番細かい50羽ソウコウです。麻の糸で織ってます。お店の“のれん”です。
最初に捨て織りをしてから織るのですが、今回は「ヘムステッチ」で止めるのを習いました。少し横糸を通さずにマドを開けて、そこへ「コイリング」しました。・・・麻の糸を使いましたがこれが面倒!最後はボンドで止めるのです・・何故か不安。
f0181394_1512458.jpg

これは習い始めたとき織ったものです。店にかかってます。
f0181394_15133865.jpg

これは2回目に織りました。春のストール。
f0181394_15142184.jpg

裂き織りのカバン。
f0181394_15144156.jpg

これも同じ裂き織りのカバン。
f0181394_15151072.jpg

 裂き織りのチョッキと残り布で作るつもりの「コースター」。・・まだループとボタンがついてません・・私は「洋裁」は苦手なのですが、私ントコの先生は「手芸が得意」みたいで織りの先生と言うよりの「手芸の先生」で有名かもしれない・・と最近になり知りました・・おそっ!(笑)NHKのおしゃれ工房にも出てられたり、本も書かれてる見たいですが、あまりソッチの方が忙しいと「教室」は手抜きになりそうです。“先生、疲れてます”と言いはるんです。

アメリカの環境で仕事を生み出すグリーンニューデール・・・に心を囚われながら、「アメリカの変わり身の早さは大統領制度から生まれるのか?・・石油からの脱出、太陽光電熱、風力発電、其処から生まれる雇用。大学生や学院生が“これからの我々の仕事”として研究してるサマは・・やはりすごい!省みて、日本は?~~~~優秀な人材が流出する日本、実力を生かしきれない日本のシステム~~」モヤモヤしながらも、今日は一段落。
来週までに仕上げないと、次に進めない。
経糸さえ、緩まなければ、後の「手芸的な、洋裁てきな始末が無ければ・・もっと“織り”本体をしたい!という気持ちがもたげてきたが、これを続ければ見えてくるのかも。
姉は器用だった。何でも自己流。
f0181394_15341483.jpg

姉の形見になったベッドカバー。残り毛糸でやっていたなぁ~

「文句言わずにやれ!」と姉の声が聞こえる。
[PR]

by yukiwaa | 2009-03-20 15:34 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(8)

どないしたん?呼び鈴なったで、行かんと。

「おい!カメラより電動自転車考えた方がええど」と旦那。
「でも電動は運動にならんしなぁ・・」と私。
「どうせ、歳いくうんやから、必要なんは電動やで」と旦那。
f0181394_156204.jpg


確かに去年の《めまい事件》の時、不本意にも“死んだ方が楽かも”と一瞬だが思った。その時に何時もよりも年齢を感じたのは確かなのだが、こんな風に言われて気分がいい訳がない。

五木寛之さんの《人間の覚悟》の中に《人生百年と言う今の時代でいうなら、50歳位までに山を登りつめたなら、其処で10年位は頂上に留まったとしても、それから先は60歳からの長い下山を始めないといけないわけです》とあり、其処からの“下山の哲学”をもたねば・・とあり、《下山は決して寂しい惨めな事ではないし、穏やかで豊穣で、それまでの知識や情報では及びもつかなったような知恵にふれる、そうゆう期間であるはずです》とそして《山を下りるその時は疲れているだろうと思いますが、その疲れは人生の正しい疲れであって、ひたすら上を目指して競争してる間は気がつかなかったことが感じられる》
五木さんの文章は旦那のあの言葉と同じように、ある時は何やら納得がいなぬ言葉だったり、ある時は「真実かも」とギクゥとするのですが、確かに何かに引きつけられるようにこの本を読んだのです。

精神的に若くとも、体が教える信号があるのかもしれない。
それを自覚しながらも“ジタバタ”するもよし・・と思った。

最近は、《ポトスライムの船》(津村記久子著)に出てくるナガセという29歳の契約社員がもらう163万円と言う年収と同じ“クルージングで世界一周”の1年間の旅に、惹かれる様が・・要約すると、生きる為に薄給を稼いで、小銭で生命を維持している。そうでありながら、工場でのすべての時間を、世界一周と言う行為に換金する事もできる。・・・自分の生活に一石を投じるものが、世界一周であるように思う主人公ナガセに・・私は何故か共感した。
大阪出身のナガセのお金の計算の仕方が上手く描かれていて、「あぁ、私もこんな計算したなぁ~」と思いながら読んでいる。お金の計算というと京都の御人は「下賎な事」の様に言うかもしれないが、大阪人のナガセの様な子の計算は“その計算の仕方、お金の使い方自体が己の生き様でもある”のだ。これは堂々と楽しく計算すればいいのだ。それは必要な計算で「己の夢」と直結している。
その辺が面白い・・・今は読んでいる途中ですが、これからの若い子に何かの目標みたいなものが、自分自身の手で、角度を変えた視野で、作り出せるのではないかと思わせる話になりつつある・・・
f0181394_1561740.gif

f0181394_159105.jpg


それで、カメラより電動自転車を考えるの?
いやいやっ、どちらも手が届かんです・・
とナガセのような“やりくり”が頭をもたげた。
気まぐれは何時まで続くやらです。

つぶやき: 私も行きたかった[世界一周]。現実を生き抜く以外なかったのかなぁ?


追伸:暗くなると自動的に点灯するライト付けました。
自転車の車輪の横にしました。取り外しは「忘れる自信大いにあり」なので。

五木寛之「人間の覚悟」より抜粋。
津村記久子「ポトスライムの船」より抜粋。
「写真」ネットより掲載。
[PR]

by yukiwaa | 2009-03-15 15:13 | 社会  山登りしんしん | Trackback | Comments(8)

それが如何したの?

やはり、嫌な予感が当たりました。

一口カツにするつもりのトンカツを
30年前にボーリング大会で懸賞でも貰って帰った圧力釜で「デミグラス風シチュー」
を作りながら、その予感はありました。

やはり、旦那は肉だけ食べて後は“飲めない!”と言い切りました。
仕方なく、あくる日はスパゲッテーにして食べたものの、3回ほど続くとウンザリでした。
ホワイトソースを牛乳と小麦粉とバターで上手に作ってグラタンをしたのは何時の日か?・・・・「白い色のおかずなんて食べれない」とヌカスのです。
息子達は喜んだので子供が小さい時は作りましたが、すっかり大人ばかりの家族になってからは、シュチュー系とかグラタン系が作れないでいます。
f0181394_14235899.jpg
でも思い切って作ったのですが、やはり息子は食べましたがもう一人は食べれない・・とヌカスのです。

それで、あくる日は「たら」を一匹買いました。
一匹1280円なり・・・飛びつきました。はい!
頭もシラスもタラのミもタップリで、二日続けて「鍋」にしました。
さすが一匹は食べ応えありです。
f0181394_15365973.jpg

f0181394_15375393.jpg





それに蛸です。
生蛸買って今日はサラダにします。カレーに添えるのです。

f0181394_1424449.jpg

      生たこ

f0181394_1425362.jpg

      湯がきあがったたこ


それが如何したの?と言う記事になりました。

あっあ!そうそう!!
家と店を朝往復。夕方往復してる私ですが、
夕方の往復を自転車でしようかと・・昨日からやり始めました。
片道4K少しです。時間は案外かからない20分ぐらいでした。
帰りが夜の7時半過ぎるので少し寒くて暗い・・
電池式のライトがあるらしいので、それに変えようと思う。
タイヤの摩擦で電灯をつけるのは重くて・・重くて・・坂がしんどい。
体力回復に向けて・・・
目標は家から「御所」まで片道10K。
河原町三条も寄り道したい・・・。
今月の連休に向けて・・・計画中!行けないかも。。^^

又又、それが如何したの?と言う記事になりましたねっ。

只今「ポトスライムの船」読書中・・
文芸春秋に全文掲載中です。

追伸:「アンネの薔薇」美しい花で2月頃より咲き11月頃まで咲くそうで、長持ちして、色が季節、季節で変わるらしいのですが、購入場所が分からないでいます。情報あれば教えて下さい。近くの花屋さんであるのでしょうか?よろしくお願いします。
[PR]

by yukiwaa | 2009-03-12 14:40 | シュトーレン・食べ物 | Trackback | Comments(12)

富山の薬うり

2月の上旬から風邪かなぁ・・と思う症状ありで、市販の薬を服用するも良くならず、咳がひどくなる一方で夜など、寝付かれず“喘息かと?”思うような咳が出る。

我慢できずに医者へ行くが「咳止め」をもらっただけで、お医者さんは《百日咳かなぁ?喘息かなぁ?》と呟くがはっきりは言わない。
“つぶやく・・”だけで、患者は不安な気持ちをひきづりながらお薬をもらって帰る。

医者から処方された薬を飲むと、トタンに咳は止まる。
が、しかしである。1日中体がだるく、眠気が襲ってくる。体の節々も痛だるい。

風邪のような症状はすっきり消えているのに、咳だけがひどくなる。
薬がないと咳が止まらず、すっかり、「薬」に頼ってしまう。

1ヶ月が過ぎて・・これは変?・・と感じる。
風邪ではない・・花粉症では?と感じる。
この咳止めは「日常の生活のリズムを狂わせる」眠気とだるさだけが副作用としても一向に収まらない。

近所の人から「咳止めはきついから市販のほうがいいよ!」と聞く。

2,3日して親しくしている近所の肝っ玉母さんと出会う。
最近の症状を話すと、その母さんは
「百日咳ではないわ!そんな状態やないし、子供もなったけどあんたのは違う」・・この言葉の心強かった事。
「富山のお薬どないや?うちは長年子供も妹達も全部、つこてるけど
ええで。眠気もだるさもないし」
「ほしい!」一言で彼女から買うことになる。
2袋入りで1つ315円。

その晩、ピンク色の粉薬を一袋飲む。

あくる朝、嘘のように咳は消えていて気分が良い!
「わぁああ!!助けの神や!」と呟く。

それが3月5日の木曜日のこと。

医者いらずの主婦の経験。

「富山の薬」には他にも色々あるようだ!
私はすっかり「富山の薬」に惚れました♪♪

f0181394_20455526.jpg



甘酒も生姜タップリ入れての飲みました・・ほっこり。
f0181394_2113927.jpg

[PR]

by yukiwaa | 2009-03-08 20:46 | 日常そろそろ 散歩 | Trackback | Comments(8)

こんな、そんなで日を重ね・・

f0181394_14484095.jpg

出勤時間 桂川の土手を走る・・お月様が出ていた!
 2月22日。
f0181394_1449524.jpg

  葛風桜あづき
f0181394_1451577.jpg

  じゃがバター
f0181394_14513649.jpg

  カッテージポテト(バジル風味)
f0181394_14522298.jpg

  かにクリームロール
f0181394_14562182.jpg

  ほっこり肉じゃがロール

最近モノポールは春を迎えて「新製品」・・ジャガイモシリーズ出たよ!
これが出るということは、職人さん、体の調子が良いんや!
お客さんも気持ちはルンルン。春がきたーー!
不景気でも、 生活がしんどくても、たまには食べよう!美味しいもの。
元気が出るもん~~


f0181394_1545392.jpg

   着付け、こんなんもやるん。振袖もやるねん。
   だいぶ上手くなったけど、
   着付ける人がいいひんねん^^。。
   かなしいやん・・これって空振り状態やなぁ。

f0181394_156131.jpg

   舛添要一厚生大臣のサイン入り
   10月に受けた試験の免状がやっときたーー!!
   息子がイライラして待っていた。
   だいぶ、八つ当たりされた。
   「マダ子供やなぁ~~」とつくづく思う。
   やれ~やれ~

f0181394_1540165.jpg

  これは楽天さんから借りた写真ですが、
うちがつくったん写真撮る前にある人にプレゼントしてしまい、
写真がない。
白に銀の線と黒に金の線それにグレーの生地を使って創りました。
 生地はすきとおっていた。写真、とっとかなぁ。あほやわ?

   「人間の覚悟」五木寛之さんの本も読みました。10日ぐらい前。
  これも書きたいけど・・今日は時間が無い。


  こんな、そんなで一日が終る・・・そんなこんなで日を重ねて・・
  一日一日が過ぎてゆく。
      
[PR]

by yukiwaa | 2009-03-04 15:28 | シュトーレン・食べ物 | Trackback | Comments(10)

新京極から思い出カフェ・・そして拾得。

城南宮から一端家に戻り、車を置いて、今度は阪急電車で川原町新京極へ・・と言う段取りになりました。
長年見ていない「映画」も見たく京都文化博物館で「古今雛・享保雛」も見たいと欲張りました。
f0181394_7341086.jpg
f0181394_73429100.jpg


若い頃よく京都へは来ましたが「新京極」はあまり行かなかった。それと言うのも修学旅行生がお土産を買う場所としてしか認知がなく、10代の若い子が多く、品物もそれほど魅力的ではありませんでした。はっきり行って好きでない・・そんな印象でしたが
此処にも歴史があったのです。

旦那が言うのは昔は此処は芝居小屋が多くて“芝居いこか”と言うと新京極だったそうです。
明治30年代には東京の浅草、大阪の千日前とともに日本の三大盛り場として知られるようになったそうな・・フーンと言う感じです。
新京極商店街は8つの社寺仏閣と隣接しています。
北から、「落語の祖」と呼ばれる安楽庵策伝上人ゆかりの誓願寺,和泉式部ゆかりの誠心院・・・があります
f0181394_7444464.jpg

 誓願寺 江戸時代住職が説法の中で話した笑い話を千余話、集めた「醒睡笑」が落語の起源とされるため落語発祥の寺として信仰を集める。毎月第二日曜日に素人落語がある。
f0181394_7462871.jpg

f0181394_7465619.jpg

f0181394_7562235.jpg

f0181394_871363.jpg

f0181394_7573960.jpg

  売り切ればかり・・
f0181394_883535.jpg

  帰り道で見つけたカフェのお雛様
f0181394_8452588.jpg

f0181394_893143.jpg

イノダコーヒのラムロックとブラックのコーヒー思わず「美味しい~」と声が出た。
カウンターの中の人に笑われた。。^^この後主人に電話「おとうさん~あんなぁ~・・」又笑われた^^^今度は円になっているカウンターのお客さんにも笑われた。
ケイタイを借りたのがまずかった。ケイタイってやはり失礼でした。
此処は音楽も無く静かに楽しむところ。本店のイノダは文化人や大学の先生も多く、静かに本を読んでられた。静かな喫茶店・・話してる人は少なかった。昔は旦那と行って静かに話した。
  喫茶店といえば
  独身時代はフランソア  国の有形文化財だそうです。
f0181394_8183334.jpg

  彼と待ち合わせをしたのは六曜社。  
  此処で昔学生は「日本の将来」を語りあったとか・・
f0181394_820576.jpg
f0181394_8202728.jpg
  


    





  路地にある筑地  昭和9年創業の老舗カフェ。大通りからすぐですが喧騒を離れてまったり。「レトロでモダン 中世の箱庭 平家のバロック豪奢なハーレム」

f0181394_828475.jpg
f0181394_8291966.jpg
                                    ハーレムコーヒー
 



   それから思い出したのが拾得  此処は蔵。
 酒を飲みながら音楽を聴いた・・若い頃。若い無名のバンドが世に出た。
f0181394_830147.jpg

 脱線しました。思いでツラツラになりました。
 私の青春時代の大半の思い出は「京都」にあるなぁ・・とつくづく感じた。
 これからも思い出つらつら・・・

 長くて、すいませんでした。
 これにて、「京都ぶらぶら」“城南宮から新京極編”はおしまいです。
[PR]

by yukiwaa | 2009-03-02 08:33 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(10)