観世会館  能楽堂

遠足が待ち遠しくて、眠れなかった小学生のように、私は何かしらの興奮を覚えてその日を楽しみにしていた。
観世会館・・日常の生活とは、かけ離れた世界へその人は私を誘ってくださった。
普段は「能楽堂」として「お能」をやられるそうだが、
今回は「邦楽を楽しむ会」素人の旦那衆が“おさらい会”としてやられるとかで、素人と言えども、発表の舞台は一流である。旦那衆だけでは「華」がないと言うので、芸者さんが笛、小鼔、太鼓、三味線を弾かれたり、舞をこなされる。
初めての私は、朝は何時もよりも1時間早く4時に起きて、仕事を手順よくこなし、早々と12時を聞くなり出かけました。

真正面に陣取れたので、幸いにも臨場感は抜群でした。
皆様には、何も知らない私ですので余計な解釈は抜きで
写真だけで楽しんで頂ければと思います。

では、はじまり~はじまりーのブザーがなります。
f0181394_13305466.jpg

f0181394_1332519.jpg

f0181394_13331156.jpg

                長唄 連獅子  素ばやし


f0181394_1335131.jpg

f0181394_1336215.jpg

f0181394_13361454.jpg

       小休憩   ロビーにて。各花街の芸子さん、舞妓さん達です。


f0181394_1338968.jpg

f0181394_13383018.jpg

f0181394_13384548.jpg

        小唄 辰巳の左褄 
            卯の花      振り   宮川町 ふく葉


f0181394_1341851.jpg

f0181394_13413031.jpg

f0181394_13415068.jpg

f0181394_13421338.jpg

f0181394_13423070.jpg

f0181394_13425246.jpg

        長唄  秋の色種        舞    先斗町 市園

最後のお二人の「舞」は圧巻でした。
ふく葉さん、少し太地喜和子さんに似てませんか?

                               以上です。

誘って頂いたEさん、有難うございました。
ブログでのお知り合いの方とは初めての「お出かけ」でした。
未熟者ですが、これからもよろしくお願いします。

装い
[PR]

by yukiwaa | 2008-10-29 13:53 | 京都ぶらぶら | Comments(14)

働く手

夕飯時分だけど、誰も帰ってこない時間に私はメールを打っていた。
束の間の私の時間だったはずが・・下の息子が何時もよりも早く帰ってきた。
「これ、地図みてプリントアウトしといて」と言いながら、《コレッ》と言って置いたのが試験会場のプリントだった。
「明日やし」。
メールもそこそこにプリントアウトする。
そこへ旦那が帰ってくる。
「悠志、明日試験らしい・・これ、プリントしなあかんねん」
「何処や?」
「枚方の葛葉。○○工業大学やわ」と私。
「葛葉か?良い名前やけど、これは古事記ではその辺の皇族がクソたれて・・くそ。。から、くそは。。くずは。。葛葉みたいになったらしいで~そういう謂われがある。有名な話や」と話しながら旦那は裸になり風呂へ~~
「はっはっはっーー」私は笑いながらプリントアウトを終える。

そんな旦那の仕事中の《手》です。
誰かさんのご要望に応えて、朝の仕事が一区切りした時に撮りました。
あんまり上手く撮れてませんが、今の段階ではこれが限界でした・・

f0181394_1355624.jpg

f0181394_1361673.jpg

旦那の手です。これで、いいですか?

ついでに~~
[PR]

by yukiwaa | 2008-10-27 20:26 | 日常そろそろ | Comments(8)

息子の旅立ち     壱つづく・・

初めて生を受けた我が子へ

誕生。おめでとう。
 今から何年先になるか 定かではないが、君が若しこれを目にしたとき、君の誕生を心から、待ち望んでいたぼくら二人が、これは君に記しておいたものだったのです。
 君が生まれたのは、四月中旬にしては、ずい分、むし暑い日、君の祖父が亡くなって、丁度、四十九日の日の夜でした。君は親戚から、祖父の生まれ代わりだと云われたのです。ぼくたちとしては、初めての子を君の祖父に、見てもらえなかったのは、実に残念に思うのです。でも、祖父が代わって与えてくれた生命だと思うと、実に心和ごむことではないだろうか。
 ぼくたち二人の力量は、あらゆる意味に於いて、君にとって、決して心広き父で、心深き母に、なり切れないかも知れなません。
 しかし、ぼくたちは最大限の努力を惜しまない、--そう、決心し、且つ そうしなければならない責任があることを 充分認識しています。
 これを目にしている君に、ぼくたちの充りない領域があったとすれば、素直に君に謝りたい。
しかし、そうならないよう、もてる愛を全て、ぼくたちは出し尽くそう。
 そして、又、君は君で、僕たちの愛に応えてくれる子になってほしい。
 それから、君が生まれる迄の十月と云う、長い間、君のお母さんは、脆弱な体にもかかわらず、君が五体満足な体で 生まれてくる事だけを願い、全精力を尽くしてくれた事を、決して忘れないで欲しい。
 最後に、君が大きくなるに従って、人と人との関わりほど、どんなに難しく、又、重要であるかが、解かってゆく事だろう。
 そして、ぼくたちは。君がそんな中で。人と人との環を、しっかりと紘ぎとめるに充る、紘い、大きい、深い人間になって欲しいとーーーこのような願いを込めて
 ここに、君を『 紘 』と命名します。

昭和五十三年四月十四日  深夜               
     
      上の文章は主人が長男が生まれた時に記していたものです。


f0181394_1555143.gif 息子のお店
f0181394_15552546.jpg

f0181394_15562754.jpg
長男は大きくなるにつれ、「夢」を食べて生きていく子になっていきました。

18歳で専門学校、大阪での一人ぐらい・・音楽への道。
2年後に断念し美容師になりたいと告白。
主人は内心反対でしたがそれは、一切口には出しませんでした。
私は「何でもやりたければやりなさい、その代わり自分で責任もって、自分の力だけでやりなさい」と言いました。
彼は美容院でアシスタントとして修行し「通信教育」を受けながら勉強しました。
7年後、一軒の店を任されるようになりました。
自信とお客さんをつかんだ彼は 2年前の5月に独立し、自分の店を持ちました。
その頃から、息子は「何時までも、家にいて悪いが・・もう、少しお店が軌道に乗るまで・・」と母親には言ってました。
私は何時も「いいやん、何時までもいても・・」と言いました。
彼は「それでは、僕も成長せんで・・やはり一人でやる事から始めんと広がってゆくものも広がらんしなぁ~お母さん心配せんでもええで。男やねんから」
その頃から、臍の緒は切れていたようです。
母だけが幻想していたのでしょう・・・
その息子が来月「一人暮らし」します。
どうにか採算のめどがついたようです。

父の思いがどれ程、彼に届いたかは定かではないが自立する子に“花むけ”になればと思い、父の思いを書き留めました。

3カ月おきに私のhairをカット。毛染めしてくれていた息子。

彼と兼用して使っていたドライヤーがこの家からなくなります。
私は「ドライヤー使えなくなるなぁ^。あんたがいんようになると~」と
ドライヤーとの別れを惜しむ母に彼は新しいドライヤーを買ってきました。

「もしも大変な事が起これば遠慮せずに頼ってほしい・・」
最後の日に私はこの言葉を言おうと思います。

彼は同じ京都に住むのです。行こうと思えば車で15分もかからんでしょう・・でも母も父も行く事はない。
独立しようと頑張る子を追いかけはしない。
だから「たまには顔みせて下さい」とも言おう。

来月中旬に息子は引っ越します。

子供は何時かは親から離れなければなりません。
それが自然でしょう。

頑張って!もう、一回り大きくなった貴方が見たいです。

                                     
f0181394_15161058.jpg

[PR]

by yukiwaa | 2008-10-21 15:16 | 生きものいきいき | Comments(18)

思い出




ウイスキーを片手に歌うディーン・マーチン 
  Everybody loves somebody. 「誰かが誰かを愛してる」
フランク・シナトラ
サミー・デービィス・ジュニア
古き良き時代のアメリカ、1965年頃。
姉も紅茶にタップリのウィスキーを入れて、ほろ酔い加減で、サンスイのステレオでよく聴いていた。
私16歳。姉29歳。

今日は朝、FM-αlステーションから聞こえてきた、この曲。
ゴルフ帰りの叔父さん達が行きつけのスナックで「打ち上げ?」をする。
その時の軽食にサンドイッチを頼まれた私はディーン・マーチンの歌を聴きながら注文のサンドを作り、姉との「昔の会話」に思いをはせていた。

あの、ウィスキー片手に気楽にリラックスしながら歌うディーンが姉はお気に入りだった。
[PR]

by yukiwaa | 2008-10-19 15:49 | 思い出つらつら | Comments(6)

紐・・・ヒモ・・火元。

紐・・・着物にとって肝心要なもの。
人のつながりも、色んな繋がりがある。

紐にも色んな結び方がある。
我々が日常で知っているのは
★蝶々結び
★片結び
★丸結び
★男結び
それ位でしょうか?

結び方の分類
★1端で結ぶこぶを作るもの
 一重結び  8字結び  仲仕結び 
★両端または2本のロープを結び合わすもの
 こま結び  ひとえつなぎ こづなつなぎ 
★1端を他の物体に縛るもの
  ひと結び ねじり結び 巻き結び
★輪を作るもの
  二重結び もやい結び よろい結び
★中ほどで長さを短縮するもの
  つめ結び 
★装飾を目的とするもの
  叶結び(儀式用に用いる「陰」を表す)
  五行結び(儀式用 「陽」を意味する) 
  むち結び (羽織の丸紐を結ぶのに使用する)
  思い結び(真の宝玉結びともいう。羽織の細い丸紐を結ぶのに使う)
  丸打ち羽織紐結び
  平打ち羽織紐結び
  あげまき結び・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・等。

その他、
 ★荷造り用
 ★運送
 ★作業
 ★登山
 ★天幕
 ★釣り糸
 ★装飾
 ★ロープワーク
 ★船内ロープ作業
 ★シージング
 ★スプライス
 ★ロープの編み方
 ★ロープの端止め/・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・等。

決して解けてはいけない結び方と
紐の一方を軽く引っ張るだけで解ける結び方と
美しく整え実用的な結び方とがあるみたいです。


f0181394_1448869.jpg


f0181394_14484923.jpg


f0181394_14491030.jpg


紐の結び方もイロイロで
私は一方を引っ張ると簡単に解けてしまうのが行儀が良いと聞いた。
よっぽどの作業に使わない限り、紐は結べば解けるのが「紐の行儀」だと習ったからか・・・解けなくて、切ったり、破いたりは行儀が宜しくないと聞いている。
勿論、解けてはいけない紐もある。作業に使う紐です。
紐ひとつとってもすごい「文化」があるように思った。

ーーーーーー詰まらない記事でした。ご容赦を。ーーーーーー
[PR]

by yukiwaa | 2008-10-17 14:56 | 日常そろそろ | Comments(12)

歌舞錬所へ行く。

10月13日月曜日。祝日ですが、お店は休みました。
主人は同窓会へ琵琶湖近くにある友人の別荘へ。
私は上七軒の歌舞錬所に「日本舞踊・長唄・三味線」等を見たり聞いたりを、15歳からの友人,彼女と二人で出かけました。
二人で1時に待ち合わせ、2時間ほど北野天満宮でブラブラして歌舞錬所
へ入りました。

f0181394_15225143.jpgf0181394_1523326.jpg













f0181394_15232748.jpgf0181394_15233987.jpg











f0181394_1524252.jpg
このお庭は夏はビヤガーデンになり、舞妓さんもサービスしてくれはります。男はんもたまには気分変えて着物姿の舞妓さんを見ながらビール!
唯、狭いので遅く行くと入れないそうです。

f0181394_1528414.jpg












f0181394_15292761.jpgf0181394_15294456.jpg












舞台は当然ですが、カメラ禁止です。これでも大変でした。
もっと、詳しく知りたい人は「芸舞妓の雅」をご覧下さい。

友人と語り合う

肩ならべ 友と語りて 雲流れ 語りつくせし 老春の夢


美味しいお酒でした。

付録
[PR]

by yukiwaa | 2008-10-14 15:34 | 京都ぶらぶら | Comments(22)

ののさん・・・・

太陽。月。神様。仏様。太陽や月のように信仰の対象になるものを呼んだ。
神仏に対して祈ることばを「ノーノー」と聞いた子供達が命名したと思われる。ノンノサンとも。
月や神仏にマンマンチャンともいう。拝む時「マンマンチャン、あん」とあんを添える。
太陽をニチリン(日輪)サン、オテント(天道)サンと崇め、雷もカミナリサンとサンをつける。
京都府北部では雷はハタガメという。

            京都新聞「折々の京ことば」より

私は大阪ですが、物心ついた頃より「お参り」してた。神さんであったり、仏様であったり、その頃は何も分からず手を合わせて、「マンマンチャン、あん」と言っていた記憶がある。

これといった宗教ではなくて、人が自然と手を合わせたくなるとき、太陽も「おてんとさま」と呼び、母は「お天道様に恥ずかしい事をしてはあかんで」と口癖のように言っていた。
山にも神がいる・・色んな万物は神が与えてくれたもの。そんな考えがひとつの手を合わせる行為になっていったのだろうか?
「八百万の神」という本があります。
そこには日本人が本来民族として持っていた日常の中にある「神」が書かれていて、なんだか幼児体験してたのと重なりました。

私は今、ののさんに手を合わせたい。
[PR]

by yukiwaa | 2008-10-13 08:25 | 日常そろそろ | Comments(3)

日本晴れ やいっ!!

今日は、とってもいー天気です。
人の思惑やイラヌ疑心暗鬼など、何処吹く風のように天は晴れてます。

10月も中旬になり、私の忌まわしい出来事も薄れて、自分本来の位置へ“ありのままの姿”で戻ろうとしています。

行楽のシーズンでもあり、運動会のシーズンでもあり、同窓会のシーズンでもある気候の良い秋です。
12日、明日は私の同窓会。「行きたいけど、あかんわ」。と返事。
「なんでやねん」と電話がかかる、メールが来る。
「日曜日は我が店の生命線。やすめんわ。それに旦那が月曜日同窓会やねん。気持ちよく行かせたいし~」
旦那の友人は「お前が来やすいように、月曜日の午前中にしたから、絶対欠席はするなよ!」とのはがきまで出してくる。
「休めんなぁ・・先生も高齢だしー」と旦那は言わないが思っている事が分かる。
うちの人は無理を言えば聞いてくれるタイプ。
分かるので、今回は12日は行かないで13日に親しい友人と会う約束をする。
でも、久方に聞く泥臭い大阪弁。嬉しくなる。3度も電話してくれた彼・・・・
「来年の2月か3月に修学旅行せえへんか?」
「私は月曜日でないとでていかれへんしなぁー」
「日曜の昼間か夕方に集まって月曜日までにしたら良いなぉおもてる」
「うん、その時ならんと分からんなぁー」
間延びした大阪弁が続く・・
大阪弁は気ぜわしい時もあるが、間が抜けた感じになる時もある。

有難い。会いたいと言う気持ちが伝わる。
彼とは5年は会ってないのに。
思春期を一緒に過ごせた友人は歳がいっても何だか「分かるように気がする」これは多いなる誤解なのですが、その一瞬は懐かしさで誤和算になるもんです。

12日は町内の運動会でもある、息子達が縁遠くなってからは行かないが
運動会の注文がきた。きた!!--サンドイッチの注文。
昔に比べたら子供の人数も減ったのでたいした数字ではないが明日は1時間は早く起きないとだめ・ダメ・だめです。
昔は若かったので、「幼稚園の落成式」に何百個かのサンドを作った事もあった。
今はそんな注文がきたら、断る。体がもたんから。
そんな、マイペースなやり方ですが頑張る時は頑張るのです。
明日が早くて、洗濯物がいっぱい・いっぱい・散らかった台所。こんばんは
楽にしよう「海鮮チャーハンとセロリと卵のスープと残り物でよし!

戦闘開始です。皆さんへのコメの返事は少し待ってくださいね。
お仕事優先道路です。

食事参照・・・とこさんへ
[PR]

by yukiwaa | 2008-10-11 13:51 | 日常そろそろ | Comments(5)

ブログを閉じるなすびさんへ。

なすびの花は無だばかりのなすびちゃんへ贈ります。

f0181394_1455572.jpg


f0181394_14561015.jpg










私の拙い貼り絵です。あなたへ~~お・く・り・ま・す。
左の花は赤い小さな実をつけてます。
実をつけた頃に又、会いましょう
こんなに元気頂いたブログはなかった。
引っ越してほんとに「良い出会い」が出来たと思ってます。

右はトラ。後ろ向きですが後ろ見ながら前を向いています。
あなたが短大生になられて、前を向いて歩く。
ブログがなくても頑張っていける・・でも後ろ(ブログ)も気にする~~
そんな、なすびちゃんです。

お互いが成長できる、そんな人間関係でいたい。
やっと、見つけられそうだったのに・・・


PS:お店に来る時は前モッテ連絡を~~買出しが多い私です。

  fumiyoo
[PR]

by yukiwaa | 2008-10-10 15:06 | 日常そろそろ | Comments(3)

突発性対称性の破れ 素粒子理論

ノーベル賞頂いた物理学の先生。
「突発性対称性の破れ」という素粒子に関する理論だとか。

午前中の客がいったん引いた厨房のなかで、旦那とこの話になる。
「難しいなぁ・・分からんわ」と言う私に旦那は
「簡単なたとえで新聞に出てた・・あんなぁ~」とパン生地の分割の手を休めながら、身振り手振りで話し出す。こんな時の旦那はイキイキして、子供のようだ。「手、とめんと」と言いたいが、グッと我慢して聞き入る私。

「つまり真ん中にロバがいるやろー 等間隔に人参があるとする、同じ、全く同じ人参や、ロバは何処の人参を食べても体を動かす条件は同じやねん
その人参は5個で中心にいるロバ併せて6個になる。これが4個までは分かっていたが、あの先生が風呂から上がった瞬間に“イヤッ6個や”と発見しはっあたんや。」
「それで?」と私。
「それでやなぁ、ロバが動いて人参を食べる・・これが“突発性対称性の破れ”やねん。均衡が崩れる。
宇宙は昔はプラスとマイナスが同じ数あるとおもてた、でもなぁ同じ数ではこの光のある宇宙は存在せえへんね。
素粒子理論からすると、何億光年も先には宇宙は破裂分解する、そして又新しい宇宙が出来てくる。宇宙言うのはそうゆうもんやそうな。
それを発見しはった。すごいなぁーーー」
「すごいけど、分からんなぁ・・そしたら株が高いの安いの言っててもしゃあないやんか。そのうち、宇宙は燃えてなくなるんやろう?」
「そやんか、人間のしてることは全てそうゆうこっちゃ」
「ふーん??難しいけど、なんか面白いなぁ。・・この先生達の頭の構造どうなってるんやろうなぁ」
「確かになぁ・・」と旦那。そうゆうと、我に返ったのかパンの生地を今度は丸めだした。

二人とも、分かっていませんので、正確な情報ではありません。

でもこの話をしながら、私はロバが苛められている子なら、等間隔にいるのは苛めてる子。
5つのイジメッコに見えた。

そんな想像をしながら、真ん中の子は誰を選んで動き出すのかと思った。
“突発性対称性の破れ”である。
きっと、少しは優しそうな人を選んで動きたいだろうなぁ。
ワラをもすがる気持ちだろうから。
その人が本心から手を差し伸べているか否かなんて考える余地もなく。
“突発性対称性の破れ”が起こった後に、その優しそうな人が周りの目を気にして、何処に戻ろうかどんな形で戻ろうか迷いながら困る事も考える余地もなく。

そんな妄想が私を捉えた。

今日の我が店の夫婦の会話でありました。

お店
[PR]

by yukiwaa | 2008-10-09 13:36 | 夫婦こつこつ | Comments(11)