雨降り桜と姉

折角の桜日和なのに、京都は雨です。

二階の息子の部屋が空いてからもう、4ヶ月が過ぎました。
ベッドだけは置いてあるのですが、勿体無いので、私が私の「おもちゃ箱」を少しずつ運んでは、私の使い勝手良い様になりつつあります。
今日は姉が残したCDを彼の部屋に運びました。
何気なくかけたCD・・・・“夜のストレンジャー”フランクシナトラ。
f0181394_16203287.jpg


姉と私は同じような映画を見、同じような音楽を聴きました。
読んでいた本こそ違いましたが、しっかり読めない頃から姉に読み聞かせてもらっていたのです。
13歳年下の私にはマセタ映画に、音楽に文学でした。
背伸びしながら、姉の影響を強く受けて育った私は、姉の気持ちが痛いほど分かる存在でした。でも、私は“分かる気持ち”を行動に移せず、姉に報いる事もなく別れを迎えたのでした。

「家」という縛りに強く縛られました。それは京都独特なのか、全国共通なのか私には分からないのですが、自分が自分自身の気持ちだけで動けない、動いてはいけない状態に置かれていたのです。それを姉が理解したか如何かは分からないが私には「悔しさ」が残りました。納得した「悔しさ」ですが、やはり悔しいものです。

“夜のストレンジャー”・・・姉と聞いた曲。姉のあの時の表情が目に浮かんできます。
私は今、涙が止まらない~~止まらないです。

姉が撮っていた小澤征爾のビデオもありました。
結婚してからも、姉の推薦の音楽はビデオを撮っては送ってくれていました。
「2002年の新年の小澤征爾のビデオ」というと、姉が蜘蛛膜下で倒れてから3年目です。
f0181394_16211531.jpg
f0181394_16213565.jpg


一生涯独身で通した姉には、音楽や猫やビデオは家族との団欒のようなものでした。
倒れてからは、言葉が儘ならず、右半身も不自由でしたが感性だけは元気な頃の姉そのものでした。たくさんのCDも倒れてから買ったものも多く、レコード屋さんと本屋さんと電気屋さんとペットショップはお気に入りでした。不自由な体で、よく出かけていたそうです。

今日のような雨の日に姉を思いさせたフランクシナトラの“夜のストレンジャー”
姉は、桜の木の空の上で《いいもん、のこしたやろ~楽しみや!》何時もの、はにかんだ笑いを見せているように感じた。
f0181394_16222934.jpg

[PR]

by yukiwaa | 2009-04-04 16:25 | 思い出つらつら | Trackback | Comments(8)

お雛様

f0181394_0262121.jpg

去年、ふっと頼んでしまったお雛様。

私は、お雛様を買ってもらったことが無く、母は姉達に買った事で終ったみたいでしたが、そのお雛様は姉達が川で洗っているうちに何処へやら行ってしまったようでした。

私は「自分のお雛様がほしくて・・」男の子ばかりの家だから「買うこともなく、月日だけが過ぎてゆきました」でも、何となく華やいだ雰囲気になるんでは?と何時も心の奥にあった・・お雛様。
aamuiさんに書いていただきました。aamuiさん有難うございました。
去年の事なのに覚えていてくれただけでも、感激です。
その上、3月3日に間に合うように送っていただき感謝いたします。

私はaamuiさんを見ると(実際にはお会いした事は無いのですが・・)何となく、一番上の仲良しだった姉を思い出していました。
何となく、素直になれるというか・・私の勝手な思い込みですが、その姉の明日は(いやっもう、今日です)3回忌です。
姉は平成19年3月3日に亡くなりました。

お雛様の日です。

これも、偶然でしょうか?
姉のプレゼントのようで嬉しいです。有難うございました。


f0181394_0582211.jpg

もう、一枚入っていた絵はプロのものでした。
その絵の裏にこんな事が書いてありました。
ーーー日本の伝統的な美意識には、大きく3つの要素があります。清らかさ・明るさ・すなおさの三つです。
そして、あらゆる文物、特に美術品についてはそれに接するものの心を清らかに、明るく、すなおにすることがができる作品が一級の美術品であるとされたのです。
本品絵紙があなたの心のお守りになれば幸いです。---

きよく・明るく・すなおなんて遠い存在だと思っていたのですが、お雛様を見て、そして姉を思い出し、又感慨に耽っています。

aamuiさんがおっしゃた「交わした言葉は裏切らない」
良い言葉ですね
また又・・・ありがとう!
ブログって不思議。
[PR]

by yukiwaa | 2009-02-23 00:54 | 思い出つらつら

丸いもの


とめどなく緩やかに暖かく夢見ていた頃には

母がいた。
姉達がいた。

体が硬く、弾まない。

息子に「やかん」を買った。
お茶ぐらい沸かしなさい・・・ひとりで。

もう一人の息子に毎朝「おにぎり2個」握る。
それ位食べていきなさい・・ひとりで。

息子も旦那も私も時間差で夕食をいただく。
何時も十兵衛だけが食事のお供。

旦那には三つ指突いて、「ねだる十兵衛」。
私も彼の実家の障子を開ける時、三つ指突いていた。

あの頃の大家族は・・今、皆老いた。
時間がとめどなく広がってすべてをさらって過ぎてゆく。

f0181394_1441691.jpg
丸いもの心の中にありますか?
[PR]

by yukiwaa | 2009-02-06 14:41 | 思い出つらつら | Trackback | Comments(8)

十兵衛とアイスクリーム

2008年の暮れです。
私もシュトーレン終るなり、ラスクの山でした。
その後はめぼしいお正月の食料を安いうちに西へ東へ買いあさり~~
冷凍しております。

小さな天然の鯛・・1匹498円なり・・・2匹
フィリッピン産海老・・1匹78円・・・15匹・・どちらも安くて嬉しい。
それにイカ・帆立貝・・・など等。。。
。。。。あっ、忘れてました!。。。。。
今年はシュトーレンが大漁だったので久しぶり、
10年ぶりぐらいに蟹を楽天で買い求めました。
「蟹しゃぶしゃぶ」しま~~す。
ご褒美ですねっ。

ここいらで休憩タイム・・・エキサイトの動画が見れなくなるので、
時間のある方は 十兵衛の可愛い顔を見てやってください。

    「十兵衛のアイス」
   

  8ヶ月の頃の十兵衛です。
[PR]

by yukiwaa | 2008-12-23 14:30 | 思い出つらつら | Trackback | Comments(2)

松本君

昭和31年、私は小学校へ入学した。

平屋で出来た木造の校舎が長く、長くのびていた。
1組から13,4組まであったろうか。
ひとクラスには58人はいた。

特殊学級とかいうものもない時代、障害のある人も一緒に机を並べていた。
ある授業時間に、なんだか水の様なものが流れてきた。
《ナンダロウ?》と思いながら足を上げて避ける。
ミズはドンドン、安物の油でこってりした木で出来た床に、少し浮かんで留まる。
《あっ、おしっこだ!》少し薄黄色をしていたので、それと分かる。

授業が中断される。
皆が誰ともなく、教室の後ろに並べてあるブリキのバケツから雑巾を取り出して床を拭き始めた。

先生は彼女を連れて・・着替えをさせに出た。
何処へ行ったかは覚えてないが、先生がいない間に他の生徒はオシッコを床から始末した。

先生と彼女が教室に戻ると、他の生徒は黒板を見た。
授業が始まったのだ。
彼女は照れくさそうに口を少し歪めて笑っていた。
「かまへんで」と誰かが言った。

その「オシッコ事件」は授業の再開と共に終った。

そんな小学生時代を過ごしていた私は、何となく気になる子がクラスにいた。
松本君である。
小学1年のうちは・・気になる子だけだった。
2年になると・・とても気になる子になった。
3年になり、彼の家は、私の家から十分もしない所にあり、時たま近くまで来て、同じ路上で遊んだ。
松本君は一人っ子で、家は小さな家内工業を営んでいた。数人の人とお父さんとお母さんとで営なまれていた。
あの時代は大概の子供は学校から帰ると、夕暮れまで遊んでいたものだ。
そんな中に松本君もいた。

痩せてきびきびした動作が自然に出来る、
色の黒い聡明そうな目をもった彼を私は何時の頃からか、好きになっていた。

そんなある日、家の前で数人の友達と遊んでいた所へ、
松本君がやって来て、「自転車かして」と言った。
私は「いやや!」と言った。姉が傍で聞いていて、「何でやのん、貸したげ」と言った。
私は「いや!」と言うと家の中に入った。
松本君に貸すのが何故いやだったのか、私はへそ曲がりだったのか、いやっ違う
私の松本君は私には「好きな人」好きな人に「貸す」と言う行為は私には出来なかったのです。
特別に、大切な人に「物を貸す」という一種「借り」を作らせるわけにはいかない。
その時は、そう思ったようでした。
5年、6年になり彼は隣のクラスになり、中学で学校が分かれた。

ある日、クラスの学友が「同窓会」をやろうと言い出し、アッチコッチ手配して皆を誘った。
松本君の家へも行く事になり、私は気が進まぬまま皆に同行した。
彼の家はお父さんが亡くなり、工場も無くなり、彼はお母さんと二人でバラック建ての長屋に住んでいた。
私は皆の後ろで小さくなっていた。
どんな風に話したか私は殆ど黙っていたのだが、
先頭に立っていたしっかり者の女の子がシャキシャキ話して、
同窓会の事を知らせていた。
彼は「見られたくないだろうなぁ・・」と私は思った。


その後、彼は、高校は県下でも有名な「進学校」へ行ったと風の噂で聞いた。

私は学校へ行きながらも、姉と二人で、“酒屋の看板娘”ではなかったけれど、暇な時間には兄の店の店番をする事もあった。

そんなある日、松本君のお母さんが来られた。
私が留守の時です。
私が帰って姉から聞いた話は「松本君、死にはってんて」という事でした。
「なんでやのん・・自殺なんて・・」
松本君18歳。

彼は貧しさに負けたのか・・本当のところは分からないが私は知らせに来た松本君の母親の老け込んだ生活に疲れた顔を思い出していた。
会ってはいないが、姉の言葉で想像していた。

自転車は貸さないまま、彼は逝ってしまった。

何故か、何十年もたつのに、私の心から離れない松本君。
ごめんね、自転車貸さないで。

何で優しく出来なかったのか。。。

人は優しく出来る時はしなあかんな~

f0181394_151922100.jpg

矢車草   6月頃からズート咲いてる。感心な子だ!
f0181394_15201360.jpg

ルリマツイ これも5月頃からズート店先で頑張ってる・・植え替えできひんけど、ゴメンな。
[PR]

by yukiwaa | 2008-11-03 15:18 | 思い出つらつら | Trackback | Comments(9)

思い出




ウイスキーを片手に歌うディーン・マーチン 
  Everybody loves somebody. 「誰かが誰かを愛してる」
フランク・シナトラ
サミー・デービィス・ジュニア
古き良き時代のアメリカ、1965年頃。
姉も紅茶にタップリのウィスキーを入れて、ほろ酔い加減で、サンスイのステレオでよく聴いていた。
私16歳。姉29歳。

今日は朝、FM-αlステーションから聞こえてきた、この曲。
ゴルフ帰りの叔父さん達が行きつけのスナックで「打ち上げ?」をする。
その時の軽食にサンドイッチを頼まれた私はディーン・マーチンの歌を聴きながら注文のサンドを作り、姉との「昔の会話」に思いをはせていた。

あの、ウィスキー片手に気楽にリラックスしながら歌うディーンが姉はお気に入りだった。
[PR]

by yukiwaa | 2008-10-19 15:49 | 思い出つらつら | Trackback | Comments(6)