カテゴリ:京都ぶらぶら( 83 )

京都に住んで32年・・初めての都踊り。

都踊りをみるべく歌舞錬所へ行きました。
出かけるときは雨も降らず、着物でお出かけでした。

いつも汚れたエプロンで走り回り仕事をしている時空から優雅と“美味しいもの”をよばれに、切り替えが・・change・・が大事。

魔女さんとも話したのですが、仕事してる場合は「切り替えて、時間を楽しまんとあかんね」でした。彼女も全力投球の方に見えました。着物は切り替えるには、良い小道具かもしれません。

f0181394_20585881.jpg

f0181394_20591658.jpg

開演前に「お茶を頂きました」
f0181394_210489.jpg

f0181394_2101211.jpg

f0181394_2102792.jpg

帰りは昔、大和銀行だった所がレストランに、そこでイタリアン頂きました。
f0181394_2135172.jpg


まずは、山梨の桃色のワイン
前菜は・・・イサキのカルパッチョ
    ・・・・クルミパン
    ・・・・大和の牛肉(ミディアム)
    ・・・・ホタルイカと菜の花のスパゲテイ
    ・・・・そしてデザートとコーヒ
最後だけ写真撮りました。後は後の祭り状態・・・
f0181394_213388.jpg


友人と楽しい話・楽しくない話もして、早々と岐路に着きました。
f0181394_21111515.jpg
f0181394_21113478.jpg
 ←彼女は大島と和紙できた帯だとか・・          →姉からの着物と私の帯。



旦那へはお土産に「蕎麦饅頭とミブナの漬物」でした。
[PR]

by yukiwaa | 2009-04-21 21:11 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(6)

お出かけ。そしてお出かけ。

今日は月に一度の連休の初日です。

昨日お昼に家に帰ると下の息子が部屋を掃除していました。お布団もベランダで干し、
雑巾で床や棚を拭いていました。完璧な掃除です。
上等なテイシャツやお気に入りの服は「これっ、丁寧にあろて(洗う)」と言って持ってくる、丁寧。。。。手洗いしました。少し緊張しながら。。。^^

だからと言うわけではないのですが、
今日は、毛布を6枚、掛け布団のカバーを2枚、それに冬物のジャンバー、でんち・・・手洗い出来るものは全て自宅で洗いました。
毛布は案外洗濯機で出来ます。
でんちやジャンバーやデリケートなセーターは漬けおき洗い・・軽く脱水を繰り返しながら、すすぎもします・・最後にソフランたっぷりめで軽く脱水・・・袖は肩に上げて干します。

家事が終えたら、お風呂です。

その前に、土曜日に“織りの展示会”へ行ってきました。阪急百貨店へ。
大阪の生徒さんの作品です。我々よりも先輩なので「とても、上手」でした。
でも、写真は駄目でした撮れません。
「我々は若葉マークやなぁ~、やっぱり」と一緒に行った人が言われてました。
その人は京都の生徒の中では上手なほうなのに。。^^そしたら、私は若葉じゃなくて、なんなん??
f0181394_1243262.jpg

ヤスアカノさんの古布で作る洋服

日曜日は、松尾神社へ山吹を見に行きました。
f0181394_12492767.jpg

f0181394_12493956.jpg

f0181394_12495359.jpg

f0181394_1250310.jpg

f0181394_12501199.jpg

f0181394_1250264.jpg

シャガでした。(訂正・笑)・・・と言う花です。どなたかご存知ですが?
f0181394_1251145.jpg

近所のお宅の白い藤の花。

明日は「都おどり」行こうと予定してるのですが、雨なら着物は不味いかなぁ~~今も友人から電話。《如何したものか?》
[PR]

by yukiwaa | 2009-04-20 12:54 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(6)

いざっ、大覚寺へ!!

京都新聞に“春の花  構図の妙200点”と言う見出しがあった。
夕方の店番で読んでいた。先日も「暮らしのエッセンス」で見たばかりだった「生け花」。
遠い昔に“あと、1年、京都の家元へ通えば師範がとれますよ”と言われたにも関わらず“お茶”も同じように習わないと行けなかったのが、若い私には「もういいわ!」と思わせたようで、今更ながら、22歳の娘時代は何を、考えていたんだろうと思う。そんな思いもある「華道」でした。

「大覚寺で華道祭」なに?なにっ?読み進むと4月13日まで13日には息子が来ると言っていたので、12日、日曜日、仕事の合間を見つけて思い切って自転車で行って見ようと思う。

家に帰り着くなり、リュックと麦わら帽子を持って私は出かけました。
日曜日に桂川の土手を嵐山を超えていく事などなかったので、こんなに日曜日は特別「人手が多い」ものかと、びっくりしながら自転車をこいでいた。
f0181394_13183973.jpg

f0181394_13185649.jpg

枝垂桜。家族連れがいっぱい・いっぱいでした。
f0181394_13194236.jpg

中ノ島の太鼓橋から見た嵐山。

渡月鏡を渡るあたりから、人ではピークでした。渡月鏡は自転車を引きずりながら歩きました。嵐山は写真は撮れません。人と車と人力車を縫って歩くのがやっとでした。
f0181394_1323157.jpg

嵐山を超えて、丸太町へ。「嵐山・高雄パークウエイ」という看板を横目で見ながら、真っ直ぐ自転車をこぎます
f0181394_1328084.jpg

f0181394_1328119.jpg

嵯峨釈迦堂です。額縁のような御門。
f0181394_13275658.jpg

此処は何の店かしら?・・と思うものの“時間が無い”写真だけでした。
f0181394_1328537.jpg

高雄パークへという道標がありました。
f0181394_13314344.jpg

着きました。大覚寺です。
f0181394_1332526.jpg

華道・嵯峨御流の1年で最大の生け花展「華道祭」があります。
大覚寺は総司所(本部)で、同流派の始祖、嵯峨天皇の即位1200年を記念し全国から寄せられた200点の優雅な作品が並びます。此処からは「生け花・天地人をいける」をテーマに寄せられて作品をお楽しみ下さい
f0181394_13373165.jpg

f0181394_13374443.jpg

f0181394_1338068.jpg

f0181394_13381675.jpg

体・陽・留・・・これが格花の基本です。
f0181394_1339658.jpg

留流し
f0181394_13414545.jpg

f0181394_1342311.jpg

f0181394_13421872.jpg

f0181394_1342349.jpg

f0181394_13425028.jpg

f0181394_13431892.jpg

f0181394_13434345.jpg

f0181394_134441.jpg

f0181394_13444720.jpg

f0181394_1345124.jpg

梨の木
f0181394_13454082.jpg

f0181394_13472771.jpg

素敵な感動したお花が多くて載せきれないのが残念です。
f0181394_13482542.jpg

f0181394_13484118.jpg

f0181394_13485767.jpg

f0181394_13491892.jpg

f0181394_13493891.jpg

f0181394_13495181.jpg

f0181394_1350680.jpg

f0181394_13502298.jpg

何も食べずに帰りました。十兵衛の散歩が気になりだしました。
f0181394_1351187.jpg

嵐山で「ゴマ入りきなこソフト」食べながら自転車、押しながら岐路に着きました。

もう一つ、おまけです
f0181394_13591197.jpg


PS: 明日4月14日教育テレビ午前11時半に「おしゃれ工房」我が咲き織りの先生が出られます。作品は「楽々!おでかけリュック」らしいです。
[PR]

by yukiwaa | 2009-04-13 13:50 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(11)

今年の桜は迷い桜。

今年の桜は暖かくなったり、寒くなぅたりで迷いながら咲いたり散ったり、どーも潔さがなく、一同に花咲くことも無く、迷いながらやっと“春”を迎えたような桜花です。

日曜は、特に桂川の西側の土手沿いは車が通れないので、人々が繰り出す事~すごい!です。以前はもっと静かだったのに。

今日は、嵐山線あたりが懐かしいと思われる方にも、嵐山線をご存知でない方もご一緒に“花見しましょう~~!”というモードです。
ご覧下さい!
f0181394_1650381.jpg

 まずは、出発!むかえに見えるのが嵐山と松尾大橋です。

f0181394_16501898.jpg

阪急松尾駅・・逆光だったので今一思うように撮れず・・十兵衛も御伴してたので。。
f0181394_16503328.jpg

松尾大社参道
f0181394_16504315.jpg

松尾大社
f0181394_1650577.jpg

松尾大社裏庭の桜
f0181394_16504512.jpg

愛子桜
f0181394_16511091.jpg

月読神社
f0181394_16512914.jpg


f0181394_16514640.jpg

十兵衛
f0181394_1651573.jpg

帰り道で~~
f0181394_16521228.jpg

西芳寺川
f0181394_16522436.jpg

新緑と青い空
f0181394_16524358.jpg

ソメイヨシノ
f0181394_165852.jpg

青い空と桜たち
[PR]

by yukiwaa | 2009-04-05 16:34 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(10)

新京極から思い出カフェ・・そして拾得。

城南宮から一端家に戻り、車を置いて、今度は阪急電車で川原町新京極へ・・と言う段取りになりました。
長年見ていない「映画」も見たく京都文化博物館で「古今雛・享保雛」も見たいと欲張りました。
f0181394_7341086.jpg
f0181394_73429100.jpg


若い頃よく京都へは来ましたが「新京極」はあまり行かなかった。それと言うのも修学旅行生がお土産を買う場所としてしか認知がなく、10代の若い子が多く、品物もそれほど魅力的ではありませんでした。はっきり行って好きでない・・そんな印象でしたが
此処にも歴史があったのです。

旦那が言うのは昔は此処は芝居小屋が多くて“芝居いこか”と言うと新京極だったそうです。
明治30年代には東京の浅草、大阪の千日前とともに日本の三大盛り場として知られるようになったそうな・・フーンと言う感じです。
新京極商店街は8つの社寺仏閣と隣接しています。
北から、「落語の祖」と呼ばれる安楽庵策伝上人ゆかりの誓願寺,和泉式部ゆかりの誠心院・・・があります
f0181394_7444464.jpg

 誓願寺 江戸時代住職が説法の中で話した笑い話を千余話、集めた「醒睡笑」が落語の起源とされるため落語発祥の寺として信仰を集める。毎月第二日曜日に素人落語がある。
f0181394_7462871.jpg

f0181394_7465619.jpg

f0181394_7562235.jpg

f0181394_871363.jpg

f0181394_7573960.jpg

  売り切ればかり・・
f0181394_883535.jpg

  帰り道で見つけたカフェのお雛様
f0181394_8452588.jpg

f0181394_893143.jpg

イノダコーヒのラムロックとブラックのコーヒー思わず「美味しい~」と声が出た。
カウンターの中の人に笑われた。。^^この後主人に電話「おとうさん~あんなぁ~・・」又笑われた^^^今度は円になっているカウンターのお客さんにも笑われた。
ケイタイを借りたのがまずかった。ケイタイってやはり失礼でした。
此処は音楽も無く静かに楽しむところ。本店のイノダは文化人や大学の先生も多く、静かに本を読んでられた。静かな喫茶店・・話してる人は少なかった。昔は旦那と行って静かに話した。
  喫茶店といえば
  独身時代はフランソア  国の有形文化財だそうです。
f0181394_8183334.jpg

  彼と待ち合わせをしたのは六曜社。  
  此処で昔学生は「日本の将来」を語りあったとか・・
f0181394_820576.jpg
f0181394_8202728.jpg
  


    





  路地にある筑地  昭和9年創業の老舗カフェ。大通りからすぐですが喧騒を離れてまったり。「レトロでモダン 中世の箱庭 平家のバロック豪奢なハーレム」

f0181394_828475.jpg
f0181394_8291966.jpg
                                    ハーレムコーヒー
 



   それから思い出したのが拾得  此処は蔵。
 酒を飲みながら音楽を聴いた・・若い頃。若い無名のバンドが世に出た。
f0181394_830147.jpg

 脱線しました。思いでツラツラになりました。
 私の青春時代の大半の思い出は「京都」にあるなぁ・・とつくづく感じた。
 これからも思い出つらつら・・・

 長くて、すいませんでした。
 これにて、「京都ぶらぶら」“城南宮から新京極編”はおしまいです。
[PR]

by yukiwaa | 2009-03-02 08:33 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(10)

城南宮 梅園と鯉

3日続いて出歩いたので少しへたり気味です。
が、気合を入れて写真をアップします。

まずは梅園です。お庭を散歩している気分になれば~~  しだれ梅です。
f0181394_14484222.jpg

f0181394_145256.jpg

f0181394_14524888.jpg

      めじろが飛んできましたが写真は失敗でした。
f0181394_1453857.jpg

f0181394_14533437.jpg

f0181394_14534886.jpg

f0181394_1454429.jpg

f0181394_14542054.jpg

     ふきのとう
f0181394_1511830.jpg

     平安のお庭
f0181394_14553150.jpg

     茶室より
f0181394_14562536.jpg

f0181394_14571158.jpg

     赤松
f0181394_14573567.jpg

     黒松
f0181394_1583563.jpg

f0181394_15142118.jpg

f0181394_15124664.jpg

     曲水の宴
f0181394_1516197.jpg


  次回は新京極ですが~もう、いらんって?
  パンも新製品できました。それは次の次かなぁ?

  雨の京都もいいもんでした。
  主人は根っからの京都人。
  私が驚く事は「へっ~?そんな事も知らんかったんか!」
  だって。《ムムツむかつく!!》
  彼の頭の中には京都の歴史と地図があるみたい!!
  なんせ、二言目には「応仁の乱以来・・」とか
  「新撰組さんが・・」とかが出てくる京都のお人です。
  
  “ふん!どうせ私はよそ者よ!”と
  何時もひねくれさせてくれるのが京都どす~!!。
  そんな私も京都で過ごした時間の方が長くなり、
  すかん京都人の一面も分かる気がするようになりました。
  
  もっと、もっと京都ぶらぶらしてみたい!


七草も植えられてました。
f0181394_2051997.jpg

[PR]

by yukiwaa | 2009-02-28 14:48 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(12)

遊びほうけました・・まず朝の城南宮椿編。

f0181394_1571581.jpg

   加茂本阿弥
 
開店以来24年が経とうとしています。

最初の12年ぐらいは5月の連休・お盆休み・正月休みと5日間位は休みが取れて、年に3回は家族旅行へ行きました。
勿論、日本だけですが、大学時代、ユースホステルクラブにいた旦那は“見所”と“宿泊施設”(当然民宿かロッジ)を知っていたのもありで安価で行く事が出来ました。

そんな時代が息子達が自立へ向かうと同時にバブルも景気もはじけ、不景気風が押し寄せて、お店はとうとう、夫婦2人でやるようになり、旅行もへり、外食も減り、仕事一路でやってきた此処10年。
映画館も下の子が10歳の頃より行かず、夫婦で楽しむ事も減りました。
昨年は私の「めまい事件」より、旦那も少しは考えたようで、ずーと前からの「悲願」だった、"連休”がやっと今月から取るようになり、23日24日は実は連休だったのです。

23日は姉の3回忌、息子と旦那と私とで大阪へ。
あくる日の24日も休み~~~
嬉しくて・嬉しくて・遊びほうけました。朝の9時50分に家を出て帰り着いたのは夜の8時半。12時間。家事せず遊びほうけました^~^^ばんざい!!です。

まずは城南宮へお参り。お庭で椿としだれ梅を見る。
源氏物語に出てくる植物もありで・・此処は年中これそう!
雨ふるなかの城南宮へ

f0181394_17173760.jpg

f0181394_15598.jpg

それからお庭へ椿の種類がすごい!
f0181394_156586.jpg

  胡蝶侘輔かも?
f0181394_1561637.jpg

 奴だと思う?
f0181394_1572441.jpg

  曙(淡い桃色 一重咲き)
f0181394_179202.jpg

  日光(紅唐子)
f0181394_1575667.jpg

  日暮(ひぐらし)?  白に赤の縦絞り
f0181394_158524.jpg

  五葉の松

葉につや、もちくるむ

第三十四帖「若菜上」に「椿餅」として花ではなく餅をくるむ葉として登場する。
  日本原産の常緑高木。葉に艶があり江戸時代初期のツバキブームがおこり、18世紀に伝わったヨーロッパは常緑樹が少なく、葉の艶が驚きをもたらした。


長くなりますので続きは次回~へ。

城南宮のあとは川原町新京極へ行きました、「少年メリケンサック」も見て、京都文化博物館へも行き、久方に三条の「いのだコーヒ」へも行きました。
落語の発祥の地として信仰を集めた誓願寺も覗き、最終月曜日にうな丼つきの落語が聞ける「かねよ」にも立ちより、これまた久方に“うな丼”を食べたのでした。
書ききれんので・・・次回へ。
あっ、そうそう!勿論、友人と女二人でブラブラですよ。
旦那は決算が近づいています。
お互いの時間を尊重して、しっかりお留守番です。ご苦労様!
十兵衛をよろしく~~!です。

次回は「しだれ梅」をお見せします。
[PR]

by yukiwaa | 2009-02-25 15:17 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(6)

いざっ!鈴虫寺へ。パワーショットG9新米の記。

f0181394_16415137.jpg
今日の散歩は鈴虫寺へ
西芳寺川よりブラブラ歩きながら~~
f0181394_16422544.jpg

f0181394_16424493.jpg

f0181394_16432232.jpg

喫茶店   金曜日と土曜日と日曜日が営業日
f0181394_16425973.jpg

f0181394_16433749.jpg

  鈴虫寺へ  竹やぶの横は老人農園
f0181394_16435026.jpg

  階段を登れば鈴虫寺
f0181394_1644797.jpg

f0181394_16442056.jpg

f0181394_1644343.jpg
f0181394_16445073.jpg

  藍染の店  横で染めてはるみたい
f0181394_16451735.jpg

  我が家の沈丁花。 毎年、この良い香りで確定申告の時期がきた!と気がつくという。
f0181394_16452810.jpg

 ブリと木綿豆腐(片栗粉をまぶして炒める)としめじときのこと水菜の煮炒め物

冷たくて気持ちがいいお昼。
十兵衛が落ち着かない。
女の子を捜している~~
この頃、散歩をせかされる。

今日も珍しく、ゴールデンが近づいて十兵衛の顔に手をやったのに吠え立てた。
「平和主義の十兵衛も春が来ると~気が落ち着かないのか?」。
[PR]

by yukiwaa | 2009-02-21 17:03 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(12)

梅宮大社

去年の事を言うと鬼が笑いますが・・
去年から風邪ひきが長引いたのと、溜まった疲れからか体の調子がいまひとつだった旦那が最近は「調子がいい、体が動く」とご機嫌である。

「ご機嫌さん」はいいのだが・・・・
その風邪は私にうつして・・

私はと言えば、昨日も咳き込んで布団に入るも3時間も眠れず何故か頭が冴えてくる。
「後、3時間しかないやん」と焦ると余計に眠れない。

「起きれんかったら、ええで・・」と旦那が元気なく言う。

・・・・昨日、夜中に「眠れんかったら、朝ロボットみたいに起きて仕事できひんからね」と私は言い切ると、何故かホットして眠りについたのです。その言葉の返事でした・・・

「大丈夫、寝たし、仕事できる・・起きるから」重い体を起こした。

こんな朝を何度迎えただろうか?

眠れない日の前日「梅宮大社」まで歩き、梅を撮ってきました。
皆さん!お口直しにどーぞ!
f0181394_15505171.jpg
松尾大橋をわたる。桂川と嵐山
f0181394_1551491.jpg
梅の宮大社
f0181394_15511365.jpg
紅梅
f0181394_15512149.jpg
白梅
f0181394_15513197.jpg
f0181394_15514159.jpg
f0181394_15515449.jpg
境内に入る為、十兵衛を繋ぐが吠えたので断念。
f0181394_1552491.jpg
帰り道の美容院の看板?

この日は家から梅宮大社まで往復で6Kは歩きました。
十兵衛がきて散歩をするようになり2年が過ぎようとしています。
[PR]

by yukiwaa | 2009-02-15 15:54 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(6)

初詣・神頼み・・・・・そしてご先祖様に仏様頼み。

一乗寺通りから白川通りへそれから今出川通り・・行脚の旅。

f0181394_23394022.jpg
松尾大社・・人だかり。
f0181394_2340118.jpg
何か当たるか?弓で射て!
f0181394_23401317.jpg
桜のつぼみが膨らんできた。。
f0181394_23402432.jpg
寒椿も色よく咲いた
f0181394_2341149.jpg
ついに行きました恵文社!旦那が2冊私が3冊買いました。
f0181394_23412730.jpg
冬の大文字
f0181394_23414248.jpg
京都大学前・・百万遍
f0181394_23583164.jpg
お寺さん・・・東山仁王門。我が家の墓にお参りです。
f0181394_2342646.jpg
墓参り・・ご先祖様に頼みごとはいけないそうな~法然上人(浄土宗)様に頼みごと。。。なら良いでしょうか?
[PR]

by yukiwaa | 2009-01-03 23:52 | 京都ぶらぶら | Trackback | Comments(6)