カテゴリ:京都ぶらぶら( 80 )

将軍塚青蓮院

忙しく、睡眠不足のまま「親の挨拶」へ出かけた昨日。勿論着物で~~
何故か私の姑さんの挨拶の時の「着物姿」の印象が強烈で、なぜかあの当時、姑さんに言われた、これからの主人との生活へのアドバイスや家としてこれだけはやってください・・と3つほどでしたが言われたのをはっきり思い出した。
私は、素直に聞き入れて、がんばろう!と思い姑さんの言葉を忘れた事はなかった事に今回、あらためて気が付いた。
あれから40年近くたち、今度は私が「姑」になる。
時代が移り、変わった。
私はこれからの若い彼ら、彼女たちに何かを伝えられるのだろうか?
私の姑さんのように、私の母のように。

こうゆうことを考える事が・・・「古い」といわれそうです。「古い」「昭和」だと。

玄関先から
緊張からか、失敗の連続^^相手さんも失敗?・・・お相子で無事終了!


今日は「墓参り」母、姉、義母、義父へ報告。
墓参りの途中、なぜか、安堵したのか、めづらしく主人が「将軍塚」へ車のハンドルをきった。

京都市内を一望できる。少し上がると青蓮院門跡の裏山の上にある青蓮院殿がある。
そこで、動画を撮るというのでヘリウムバルーンを上げようとしているグループに出会った。

ドローンが許可がおりない為、ヘリウムになったようでした。

f0181394_21211263.jpg
  京都を一望・・

f0181394_21212430.jpg

  
f0181394_21213925.jpg


f0181394_21214753.jpg


f0181394_21215903.jpg


f0181394_21220617.jpg


f0181394_21221541.jpg
無事あがりました。

すごい技術。
何という時代。
人も違うんだろうか?

ホンマに古い時代を生きた人になってしまったのか?
でも、自分の生きてきた道に悔いなし。








[PR]

by yukiwaa | 2016-03-22 21:40 | 京都ぶらぶら | Comments(2)

休日の嵐山

休日の嵐山、カメラ片手にお茶を1本持ち散歩しました。
何の痛みもなく歩けています。久しぶりの自力で歩く。

休日は風景も違います。

f0181394_18192225.jpg

大きなキャンバスで楽しんでますねー

  
  
f0181394_17353049.jpg



木陰で少年野球の練習

f0181394_17360199.jpg


一人遊びの少年 お母さんはバトミントンしてはりました。

f0181394_18193638.jpg


自転車の人も多くて。


f0181394_18200343.jpg


家族、仲間たちと。
ここは春には桜で満開になります。

f0181394_17363483.jpg


??・・・場所とり。

f0181394_18202967.jpg


川に入り鮎?づり?

f0181394_18204037.jpg


一人満喫。

f0181394_18202121.jpg


彼岸花。

f0181394_18201117.jpg


これは?。
知ってはりますか?

染めた花を思い出し織の事にも思いをはせた。
そんな京都ぶらぶらでした。







  




[PR]

by yukiwaa | 2015-09-21 18:33 | 京都ぶらぶら | Comments(6)

渡月橋にて

課題を意識して歩くと…どうしても無理をする。
自然にシルバカーを押しながらは・・・これはこれで小さな効果があるんだろうが、なんだか物足りない。
ーーーーーーでも仕方ない、自由に歩けんのやから^^^^----

f0181394_10291672.jpg


                   
  まだ、静かな渡月橋
  

f0181394_10290696.jpg


                    
中之島公園へ・・・中之島橋。
                お休みが終わり、誰も釣りに来ていない。
  

f0181394_10290055.jpg


       
角度を変えて・・・渡月橋。手前の川の流れのしぶきを撮りたかったんだけど^
    

f0181394_10294499.jpg


         
 雀がいっぴき・・なにやら眠そう^^
  

f0181394_10293119.jpg


   
             
雀がにひき・・・・仲良しか?無関心な関係か?  
    

f0181394_10293772.jpg


     
         
雀がさんぴき・・・同じものに気持ちがいってますな~仲良し共同体?


[PR]

by yukiwaa | 2015-08-24 10:37 | 京都ぶらぶら | Comments(0)

大船鉾  後祭り

京都に住んでいるのに、今年は祇園さんへはいけませんでした。
息子のブログから写真を借りての祇園祭後祭りの大船鉾をご覧ください。

先祭り、後祭りは昨年50年ぶりに復活、大船鉾は焼けてから150年ぶりの復活になりました。
祇園祭はどこの鉾も山も町内の人たちの尽力で出来上がるのがすごいのです。

我が息子の店の町内の大船鉾・・とあって珍しく彼も鉾に乗ったようです。
お店をして丸9年、10年目に突入、さすがの若者も大船鉾のありがたさを感じたのでしょうか?

それでは借り物の写真で・・どーぞ後祭りの宵山をご覧ください。

f0181394_18040249.jpg

     家主さんからいただいた拝観券・・だそうです。これは出かけないと・・  
f0181394_18034151.jpg

  
f0181394_18035175.jpg

  
f0181394_18031256.png
    150年前の大船鉾。この絵を見ながら復元していったとか・・町内の方々の熱い思いが感じられます。


f0181394_18024683.jpg

   
f0181394_18030244.jpg

  
f0181394_18025478.jpg

      我が息子ですーー暗くて分からないのがいいですね(笑)hair Com美容院をやってま~す。

       少しでも祇園祭を感じてもらえましたでしょうか?
       来年は私も元気になり出かけたいものです。

[PR]

by yukiwaa | 2015-07-24 19:36 | 京都ぶらぶら | Comments(2)

桜満開


土曜日の桂川の桜は「今にも咲きそうなはちきれんばかりの可愛いつぼみ」でした。

月曜日火曜日のお天気の良さに桜たちもいっせいに咲きはじめました。でも水曜日は雨・・・
やっと今日、見てきましたよん。

何時もの場所の何時もの桜ですが・・・


f0181394_15225900.jpg

  お天気も味方して家族連れの多いこと・・小さな子供が十兵衛に寄ってきますーーー

f0181394_15255645.jpg



     

 
f0181394_15270870.jpg


  幼い時代、よく一緒に旅行したK君家族に出会いました。車で家まで送ってもらい、「またねっ」と別れましたが
  K君の幼い子供達二人が可愛ゆくて、、、立派にお父さんしているK君をみて時代の流れを感じました。
 あれから、桜が何度散ったのか、、、大切に時間が過ぎていったんだと感じました。


f0181394_15275877.jpg


  桜情報でしたーーーー



[PR]

by yukiwaa | 2015-04-02 15:34 | 京都ぶらぶら | Comments(0)

京都市動物園ぶらぶら

京都市動物園・・ぶらぶら、そして写真ボチボチ。

f0181394_22035087.jpg


f0181394_22032721.jpg


f0181394_22034114.jpg
  レッサーパンダ・・・懐かしく可愛い。

      


f0181394_22030362.jpg
                    姉妹・・・同じ日に生まれました。




f0181394_22023814.jpg
  ゴリラのモモタロウとゲンキの息子・・ゲンタロウ。人間に乳を与えられたが、お父さんやお母さんと仲良く暮らせています。



f0181394_22024683.jpg


f0181394_22031191.jpg


f0181394_22022912.jpg


f0181394_22045576.jpg


f0181394_22050601.jpg


f0181394_22051716.jpg


f0181394_22043426.jpg


f0181394_22053126.jpg
アムール寅、世界で一番大きい。・・・絶滅危惧種



f0181394_22054283.jpg
帰りに寄った町家のお店。


 50年前のフイルムカメラ、久振りにシャッターを切ったら、押せなかった・・・帰りに修理カメラ店へ。
望遠レンズも雲っていました。曇りを出すにはいいらしいがやはり、カビでしょうか?中古なら安く手に入りそうなので、諦めることに。
修理も高くつくようなら諦めようと・・・でも昔のカメラは重いけれど、実が写せそうに感じる。面白い写真は難しそうだが。
望遠も2倍ではねーーー考えどころです。
   





    
[PR]

by yukiwaa | 2014-11-03 22:51 | 京都ぶらぶら | Comments(0)

エネルギーの使い方


宛先のない言葉が氾濫する時代だ

素早く繋がれても胡散臭いものだ

自分で紬ぎ出すという時間が大切

      京都新聞水曜日夕刊<一歩先のあなたへ>  大学教授で歌人の 永田和宏氏著

            私の好きな先生の話・・・暇な店番の時の愛読新聞から。


待ちに待ったお休みです。
いい加減、「頭がまとまらない今日」です。
何から手をつければいいのか^^^頭がまとまらない。
こんな時はめったにないのに・・・年齢か?とも思う、やたら探し物が多い。何時も使っている織りの道具でさえ・・おぼつかない。

でも、白旗は掲げない。生きている限りはねっ。あなたもそうでしょう?

ブログは最近織り写真がおおいので、近くの桂川で写真を撮ってきました。

<秋だよーー >
f0181394_16562689.jpg
  
      今日は木曜日ぐらいに関西に来る台風の影響でしょうか、風が強いですが穏やかな桂川です。

f0181394_16563305.jpg
     雲と愛宕山?

f0181394_16570675.jpg
  比叡山が見えます。右の方に、写っていませんが京都タワーが見えてその後ろが稲荷神社です。
   年配の方が手をあわせられています。

f0181394_16565389.jpg
  
   
f0181394_16570072.jpg
   
    
f0181394_16572085.jpg
  秋だよねーーー

でも、畑がなくなっていきます。家をたてるそうです。

f0181394_16562059.jpg
 エネルギーについて真面目に考えるつもりならば、人にはどの位のエネルギーが必要か、という根本の問題を考えないといけません
今は日本人一人当たり自分が作るエネルギーの40倍を使っているとされています。現代の日本人は40人を雇っているのと同じ状態で、日々暮らしているのです。・・・・・困った事に、エネルギーを野放図に使った方が<強い>と言う面はあります。アメリカの軍事力の強さのもとにはそれがあります。彼らは日本の4倍も使っています。つまり160人力です。
しかし、それが幸せかと言うとそうは思えません・・・<マダマダ続きますが、此処まで>

成長を願うと言う事はエネルギーの消費につながります。国の経済成長は、エネルギーの消費に比例します・・・
      ---- 養老猛司さんの「自分の壁」からーーーーー

f0181394_16561498.jpg
  こんな風に繋ぎます。後から気がついた切れた糸はこんな風にしてぶら下げています。
 躓いてばかりなので、この様なトラブルの処理の仕方は出来るようになりました。
でも、先生は「何で切れるの?」と言われます。そこを気をつけないといけません。どこかが「雑」なのです。
無駄なエネルギーを使っています^^^  無駄な失敗も多い「わたし」です。

f0181394_16572820.jpg
  大きなシャトルは32.5cm 125g 小さいシャトルは25,5cm 79g
両方使って使い心地を試しています。こんなことが気になる、これも無駄なのかもしれません。

慣れたら短い方が早そう・・・細い糸で巾が40ぐらいの時はです。それに経密度も開けやすい。
詰める織りのときは大きい方が便利・・・糸が早くなくなるので・・・

近道が出来ない私のエネルギの使い方です(笑)





[PR]

by yukiwaa | 2014-09-22 17:32 | 京都ぶらぶら | Comments(4)

大船鉾復活、私も復活!!

祇園祭が49年ぶりの後の祭りを復活しました。
京都生まれの主人は高校時代までは後の祭りがあり、小さいときは西洞院まで鉾が通り、小さな弟とお母さんによく連れて行ってもらったそうです。その頃は人も少なくて後の祭りはゆったりとそぞろ歩きが出来たと・・懐かしく思い出し、今回は月曜日は宵山ですが、「行こう!」と誘ってくれました。

まずは150年ぶりの復活した大船鉾を見ました。息子のお店がある新町です。
f0181394_11553180.jpg
 
       
f0181394_11562080.jpg
  まだ、桧の臭いもして真新しい鉾ができました。
  町内の関係者の方々の努力はいままで、ズート新聞で毎年読んでいました。、なんだか嬉しいです。


f0181394_12011318.jpg
 有名な北観音山   人が多い、お昼の2時に家を出たので照りつける日差しも^^参りそう!!

f0181394_12050626.jpg
 動く美術館・・と言われる鉾の飾り、シルクロードを渡ってきた、絨毯やタペストリー。色々な飾りを繋いでいます。
パッチワークの様に。


f0181394_12082127.jpg
  鯉山です。ご神体は全て巡行までは外して展示してあります。時間がある人はやはり巡行を見られたほうが圧巻です。

f0181394_12102491.jpg
  
  世界遺産の鯉山のタペストリーです。


  
f0181394_12114103.jpg
  
    橋弁慶の塗りの橋も外されて飾られていました。弁慶が渡ったのか?



    
f0181394_12131182.jpg

     巡行のときはこの様になるんですね。

   
f0181394_12144465.jpg
  


  
f0181394_12151993.jpg
  源の頼朝です。曾我の兄弟のあだ討ちの絵巻です。十七世紀作です。

f0181394_12181271.jpg

 
永楽屋さんです。美味しそうなお東や佃煮が^^^買ってしまいました。


f0181394_12222923.jpg
  手帳や本を作ってくれるお店です。建物が旧くて趣があり・・・つぃ、便箋と封筒を買ってしまいました。

此処まで来ると財布の紐は緩みぱなっしです。以前から欲しかった長財布・・・買いました。小さながま口も。

f0181394_12235685.jpg

 豚皮を染めて手作りです。色合いも規制的でなく、いっぺんに気に入りました。
 がま口は大好き。??織り・・と聞いたのですが忘れてしまいました。

今日は夕方から旧友がきます。6時には帰ろう・・・お財布もスッカラカンになりました。

たまにイイネッ、やっぱり「四条」だねっ。日々のチマチマしたことに追われている事から開放されて、
すっかり気持ちが大きくなりました。

[PR]

by yukiwaa | 2014-07-22 12:35 | 京都ぶらぶら | Comments(2)

さくら~♪さくら~~♪

見慣れた何時もの場所
 何だかホッとする風景
今年も訊ねてくれた  桜・さくら・さくらたち。

f0181394_18541976.jpg


f0181394_1854423.jpg


f0181394_1855383.jpg


f0181394_1855286.jpg


f0181394_18553976.jpg

女の子は石ひろい・・・<あった!これっ、きれい!>
f0181394_18561511.jpg

男の子はリールを投げる真似をして<釣り>の話。
f0181394_18573965.jpg

今年も私は見ているよ!
[PR]

by yukiwaa | 2014-04-04 19:00 | 京都ぶらぶら | Comments(4)

嵐山ぶらぶら・・

f0181394_1452558.jpg

2014年の日の出。(嵐山にて)
皆様、おめでとうございます。
本年も拙いブログともども、モノポールも宜しくお願いします。

元旦から散歩です。桂川を嵐山に向いぶらぶら・・・渡月鏡を渡り、宝嚴院へ天龍寺を経て帰り道へ
今度は阪急嵐山駅の裏道を行き、松尾大社へお参りをして、帰ることに。
7時に出て帰ってきたのが10時でした。おなかペコペコになりました。
f0181394_14142123.jpg

老けました・・・私も同じですが^^
f0181394_14145132.jpg

十兵衛は若い!
f0181394_14151740.jpg

ご心配頂いた渡月鏡・・・元気でした。(ほーー!)
f0181394_1416741.jpg

阪急嵐山駅より徒歩1分・・・「風風の湯(ふふのゆ)」温泉が出ました。
来週行ってみたいです。日帰り温泉です。
f0181394_14193748.jpg

f0181394_1420247.jpg

鳥を見ていて登りました。
f0181394_14205182.jpg


f0181394_1421563.jpg


f0181394_14211672.jpg

鳥を見ていてついに川に入った十兵衛、あまりの冷たさに足を上げていた。
f0181394_14215017.jpg

嵐山の商店街。朝は静かです。元旦はお休みの日も多いのか??
f0181394_14223436.jpg

剣道の寒稽古。
f0181394_142331.jpg

やっーー!女の子もすごい勢いです。
f0181394_14234755.jpg

f0181394_1424014.jpg

良いもんですね。子供たちの元気な声は。
f0181394_14244178.jpg

おじさんが捨てる小さな魚を待っている後にいる鳥・・・
f0181394_14254682.jpg

我が家のおせち・・・これだけではありませんが^^

下の息子、又車の工具を片付けています。何時間、やるんだろう??

今年も、何よりも元気でいたいものです。元気が一番ですねっ。
[PR]

by yukiwaa | 2014-01-01 14:29 | 京都ぶらぶら | Comments(6)