カテゴリ:織りものゆたゆた( 122 )

気持ちの張りになれば、励みになればと・・思いましたが^^

今日は節分です。松尾さんへ行こうか。壬生さんへ行こうか迷っていたのですが、それよりも「糸の注文」をするなり、これからの「織りの計画」を漠然とですが、考えているうちに、時間切れになり
いまだ、家にいます。

大きなニュースがありましたね。STAP細胞、小保方さん発見!
嬉しいですね、大きな発見である事は勿論、女性であり、可愛くてお洒落。我慢強くて、粘り強い。
研究熱心で、何よりも周りの人と仲良く出来、穏やかそうである。

神戸の理化学研究所、皆さん!見た?可愛い色合いで、ムーミンが描かれていた。
軽い、柔軟なスタンスで研究しているのが、これからの「未来」を感じる。

天は二物を与えず・・・と言うのは嘘やね。バランスの良い、気持ちの良い感じが研究と言う硬いものとの違和感を笑っている様な感じですね。

やっぱ、何時までも勉強して、何かを求めんと、人は感性が鈍くなるのかなぁ~

これからの若い人が社会にこの様に出てくるのは嬉しいことです。

若い人は世の中にでんといけませんね。ある時点からは社会が人を育てるように思います。
私も何時までも「社会」と関っていたい。

老人福祉施設へ週1回、通うようになって3年が過ぎました。
最初は月4回でしたが、此処1年ぐらいから月2回にしてもらい、それでも通ってます。
最近、やっと「楽しい」と思えるようになりました。
福祉施設を利用されている方、働いている方との「雑談」が私には「目新しい」ことも多くてとても
勉強になります。

ちぎり絵のうまい方が作品を飾られています。ボランテァの方です。

5月のバザーには私も春夏ようのマフラーを出す事が出来たらなぁ~と思っています。

f0181394_1520155.jpg


気持ちの張りになればと、励みになればと^^
店に飾ったら、咲き織りのカバンを頼まれてしまいました。

忙しくなってきたのですが、ナカナカ進みません。

これからの「織りの勉強」も考えると、頭が混乱してます。

f0181394_15241537.jpg

義姉から頂いた着物・・一番左は私の着物。これを使うのが柱です。緑の紡ぎに椿の花です。
可愛くしたいです。
色々な糸も頼んでしまいました。結構な金額です^^凹みます^^
f0181394_15263478.jpg

お客さんから頂いた銘仙の着物。

さぁー頑張らんと織り機が^^まだ、教室の勉強用の糸がかかっています。
お客さんは「何時までも待つよーー」よ優しい。
もう一人の方は「生きてる間にしてよー」とすごいプレッシャーですが、優しくてあり難い。
もう一人の方は私が、何気なく織り作った「巾着」を<良いなあーー良いなーー>と手に取り眺めてくれた。
マフラーがほしい・・随分昔に織った色とりどりのた縦縞のマフラーを嬉しそうに首に巻きながら、ご満悦でした。

これからも、<良い事>見つけて頑張ろう~~と思います。
[PR]

by yukiwaa | 2014-02-03 15:34 | 織りものゆたゆた | Comments(2)

糸の絡みは、糸の選択は、心の安定??

織りたいものが頭に浮かんで、糸を引っ張り出してみていたら、ドンドン糸が出てきた。
頭の中にあるのは4つの織物、2つは裂き織・・・経糸を色とりどりにしたい。
一つはマフラー、織の組織は平織り・・でも糸をウールに拘らず、只拘るのは「夢のある色」
年配の人が何時までも見ていた「夢のある世界へいけそうな色」・・・う~~ん、これも違う、これも、違う、これ、これ^^^見ていたら、糸がドンドン出てきました。
f0181394_1030927.jpg


糸が決まれば整経です、糸枠で巻くとやはり楽・・・でも、中途で、終わってそのままの糸枠が多い。糸枠を整理せんと~~と思い、まずはブンデンに使おうと思って巻いていたが、細すぎて止めた糸があり、それをかせあげ台でクルクル巻いていると、少し絡んだ・・・絡みを解くのも心の安定?
でも仕事に行かんとあかん時間でしたの、適当に止めて、部屋の中はこんな感じ・・・
f0181394_10353038.jpg

う~~ん、片付けがい?がありますねーー

でも、織り機は
f0181394_1037142.jpg

2枚目の組織織、綾織の踏み順をかえたもの。色も変えました。
綿糸の春、夏のマフラーです。
なるべく、夢のある色にしたいのに^^手持ちの糸だけでは限界かも^^これで、又又、姑の嫁入りダンス、私は2竿頂いた。明治生まれのお姑さん、大正初期のものか、背は低くて、威圧感もなく、黒塗りで、着物専用なので、奥が深くて、懐が深い・・・一竿は糸を入れてます。もう、一竿は着物です。
その箪笥が今は糸でいっぱいです。如何にか使わんと~~とそれからしか糸は買わない・・・でもネッ。
悩んでいます。糸を工夫センと^^
今日は糸と遊びます~~~
[PR]

by yukiwaa | 2014-01-27 10:47 | 織りものゆたゆた | Comments(2)

整経、機かけ、織り出し・・一人で出来ました。進歩かなぁ?

年明けに、遠方より手紙を頂いた。
ブログで知り合い、何度か京都でお会いして、もう何年のお付き合いになるんだろうか?

「あなたの様にコツコツと・・」と言う一文に勇気付けられた。
ただ、気まぐれのようにしか見えない私の「織り」に<最初から見ていたら、すごい進歩やん>
とも言われた。
忘れているが、そう言えば・・そうなんや・・と思った。

何時も、何時も試行錯誤で^^自信がなくてどうにかそれでも完成させていた・・
草津の教室でも「何やかや言うけど、結局完成させている。それは偉いわ」と言われた事を思いだした。

躓いて、つまずいて・・本を読みあさり、色んな人に教えてもらい、やっと此処まできました。

f0181394_11164373.jpg

これは70羽で織るつもりでした。それは物差しで経糸をクルクル廻して糸の筬を決めたのでした。
夏物なので、「空羽テキなものがあってもよし」と思ってはいたものの、
やはり、70羽の織りを40羽で2,2,2.1と入れて経糸を織るのは、経糸にこの様な模様がでます。これは結果・・・良し・・として織りますが。知識としては別のものでした。
やはり、整然と並べたければ、それなりの筬を使うべきでした。
f0181394_1122988.jpg

もう一つ、織っていて感じた事は、伸子の使い方ですが、この様な隙間の多い織には向いてないのでは?と思いました。
でも、これも「練習」なのと最初に使っていたので、これは迷いながら使う事にしました。
只今、90CMほど・今日は何処まで織れるでしょう?

f0181394_11244250.jpg

白菜と、大根を塩漬けしました。柚と昆布と唐辛子を入れて、白菜は一晩干しましたよん。
野菜の甘みがでる、お漬物が出来るのでしょうか?
f0181394_11262951.jpg

酒かすと味噌(白味噌)で漬けたのは失敗がありません。
今はこかぶを漬けています。

f0181394_1129848.jpg

これは相当昔(7年以上まで・・だと思います)に織ったマフラー、卓上の裂き織り機でした。
余り進歩ない??

大きな織り機を使えるようになっただけみたい^^^

でもねっ、少しだけ「理屈」が分かりかけているように・・思います。
納得出来ないと駄目な私には大切なことなんですよん。

結果オーライでは気持ちが悪い^^^のです。

なんだか、ひっかかって・・それは欠点でもあるんだけどねっ。

やいやい言わずに、何しろ織れば良いのよ・・・と何処からか聞こえてきます^^
[PR]

by yukiwaa | 2014-01-13 11:34 | 織りものゆたゆた | Comments(0)

はんまっ、これでいいんやろうか??

やっと、機かけが終わりました。
f0181394_14584574.jpg


f0181394_15181936.jpg

後ろに綾をかえして竹捧の綾をおいてます。
このままでソウコウへ通しても良かったのでは?・・と思いました。
<今度は自分のやりやすい方法で機かけしよう・・>と微かに思いました。

f0181394_1503824.jpg

本筬通し・・始めて、こうして寝かして通しました・・・見やすいので間違いが少ないかも^^
でも今回の筬は40羽の60cmの短い筬なので、如何にかカマチに括り付けられましたが、これが1mになると<どうなるでしょうか>^^やるっきゃない^^ですね。

問題は此処からです。
今回7羽の密度で織ってます。綿糸のマフラーです。
7羽の筬は持っていませんので、40羽を使う事になりました。
どうして40羽が使えるんだろうと思っていました。
筬は片羽から丸羽に変えると、倍の本数の経糸が通るのは知っていますが^^
40羽を、2,2,2,1・・と入れるのです。これで7羽が出来上がるのです。
丸羽と片羽の混合です^^
先生は1cmの密度が同じなら良い・・と言う考えです。
60羽でも1,1,1,1,1,2と入れれば7羽です。

これでも、織り終わってから機から外して、縮絨すれば均等な経糸密度になるのでしょうか??
f0181394_15122890.jpg

緯糸の密度も試しながら・・やってます。
1CMに7本から8本。これは織っているうちに、良い具合が分かりだしそうです。
f0181394_15134244.jpg

経糸が、2本の所と1本の所があるので、模様のようになり、杉綾がはっきりしないようにみえますが^^この筬の使い方で良いのだろうか???・・今までの筬の概念と違うので戸惑いますが^^

f0181394_1516479.jpg

織る以外ない!
[PR]

by yukiwaa | 2014-01-05 15:17 | 織りものゆたゆた | Comments(2)

展示会

私は織りを習っています。
f0181394_15371329.jpg

展示会が12月6日より9日まであります。

私は今年の8月からの生徒で、基礎的な事から学びなおし、作品はありませんが、他の生徒さんや先生の作品が並びます。

場所は、
先生の自宅の居間ですが、牧歌的な景色が色を添えてくれそうな、ゆったりするには良い時間をおくれそうな場所だと思います。

「見てみたい!、覗いてみた」方はモノポールのホームページよりメールアドレスがありますのでご連絡ください!お知らせいたします。

遠方より来られる友人に感謝!です。

私も来年にむけての作品作りに元気がでます。<ありがとねっ>
[PR]

by yukiwaa | 2013-12-05 15:42 | 織りものゆたゆた | Comments(0)

巻き取り布  はじめてっです^^

色々なやり方があるなんて知りませんでしたが、私がやったのは
f0181394_19262141.jpg

後ろです

f0181394_19264967.jpg

前です

f0181394_19271884.jpg

機にネジのような釘で打ちつけています。

布三葉トレーディングさんで買いましたが、時間があれば布を買求めつけた方が良いですね。

私はシュトーレンも重なり、布を買いにいく時間もないので、高いけれど買いました。
正月が一番時間があるのでどうしても織りたいので^^^買いました。

板や釘も揃っていて布端もワッカになっていて便利だと思いましたが、巾が1M丁度でなく、微妙に長いのでやはりカットして端をジグザグで縫いとめてから、機につけました。
要領がわかっていれば、自分でしっかりした布をかってやった方がよかったですね。

主人に釘を打ってもらうときに、<2cmほど巾が長いけれど11本も釘を打つうんやから多少巾が縮むやろう、そんながするんやけれど>と言うと、<お前は科学も物理も理屈がわかってないなぁ、で科学はできん>と言われ、やはり巾が中途半端に長いのを切る事になりました。
慌てました。主人も時間が急かれていたのと、私も歯医者の予約が迫っていたのです。

そんなこんなで、取り付けた布。

まだ、まだ良い方法があったなんて^^^

f0181394_1939351.jpg

この紐はシステムコードを使わずに機を微調整する何とか言う?(忘れましたが)紐です。
結びやすく、解けない・・・これはとても気に入りました。

一歩進んだつもりでも、色々あるんですねっ。
人生、色々。織りも色々なんやろうか?

さぁ!如何せう?^^

追伸  色々な巻き取り布の付け方がありますが、私の現在の先生は「輪整経」を進められるので、後ろも捧が外しやすいような漬け方になっているのでは?・・と思っています。
強度的には直接捧に経糸をつけたほうが良いのでしょうが。

それに↑の紐ですが名前思い出しました「クリモナコード(みずな)」だそうです。<川島織物で売っています>
番手が色々あるのですが番手は忘れました。参考になるでしょうか?
[PR]

by yukiwaa | 2013-11-15 19:43 | 織りものゆたゆた | Comments(3)

始めてのモノばかり・・荒筬・・輪整経・・伸子・・

何だかにわかに忙しい~~
草津の前先生もシュトーレンを沢山注文いただいて、最近は仕込みと織りで何かと忙しい。

織りの準備に・・・私の織り機には巻き取り布が前と後についていないし、部品も入ってなかったのですが、今回、巻き取り布を前後につけることになりました。

色々聞いていて、忙しいので三葉トレーディングさんに巻き取り布を注文。
オゴトの先生は伸子も使うので、一応小さいのを買求めました。
後ろへ経糸を巻いてからソウコウ、筬通しになる方法で経糸をかけるので、思い切って荒筬も作っていただきました。

先週はお店のガラス拭きやシュトーレンのポスター貼りに1日が過ぎ、ウチの居眠りサンタさんも体調が悪くて、何も頼めませんでした。来週こそは巻き取り布を打ち込むのをやってもらおうと機は「空き家」のまま、整経ばかりしています。

f0181394_14471589.jpg

荒筬の代りに20羽の筬を使って筬とおし・・・

f0181394_1447506.jpg

これは輪整経・・・初めてなので如何なるでしょうか??
後ろと前に2つの綾があるので、綾返しはありませんが、上手にせんと経糸のテンショウンがバラバラになりやすそう!・・でも、先生は大丈夫・・とおっしゃるのでやってみようと思います。
黄色の糸で結んであるのが綾です。綾の糸は織り巾と同じにします。

f0181394_14501230.jpg

これが巻き取り布2枚、布に11個づつの はと目を開けてもう一方の捧と紐でつなげます。
織り部屋は散らかってます^^
f0181394_14522481.jpg

ほんとに今日中に布の準備ができるの?僕の散歩がさきだよ・・と言ってます。

今日は夕方5時から7時半までの店番をやらなくていいので、シュトーレンメールを送りたいと思います。
頑張らんと正月が迎えられませんもんね(笑)
[PR]

by yukiwaa | 2013-11-08 14:56 | 織りものゆたゆた | Comments(4)

あっあ~~2年、、、やっと、胸の仕えがとれました。

私の織り機は4枚ソウコウで6本踏み木で使っている。

4枚でも、いい加減迷う時もあるのに^^^今回の大津の先生は「8枚でも同じ」と8枚ソウコウで織られた布を見せる。確かに8枚でないと織れない模様もあるが、くどくなるのでは?という先入観があったのですが、とてもスッキリしたデザインで素敵でした。

「でも、私の踏み木には穴が9つしかありません、8枚そうこうにすると、どう繋いでいいか^^」と言うと、「何言っているの?」と踏み木の穴とラムとの繋ぎ方の話になりました。

f0181394_2185482.jpg

私はある織りの本のこのページを見て踏み木の全ての穴には下招木、上招木の所定の位置が決められていて、それを守らないといけない・・・と思っていたのです。
例えば手前の穴が上招木なら次の穴へ必ず下招木。それが最後の穴まで続いている・・と思っていて、だから4枚ソウコウなら、必ず8個の穴がいると^^^、

ザッザザーーン!!分かりました。
f0181394_21142491.jpg

これは違う織りの本です。4枚ソウコウなら4つの穴で良いのです。

ーーーーーーー理解できましたーーーーー

胸につかえていた最大の問題が解決したのです。
何をしてたんだろうと^^^思います。

確かに、コードは真っ直ぐ下へおろしたところへ繋ぐのです。・・・と聞いていました。

なんと言う誤解^^
分かりました。

これで織り機については微調整もできるので問題はなし・・・になりました。<ほんとっ?>と何処からか聞こえてきそうです。

つまらない話で・し・た。

PS;
次男が先日受けた試験・・一応、とおりました。でも、次の試験があります。
<論文形式の実技の試験>です。
論文・・・苦手な文章をかくという試験です。これから、又専門学校へちょくちょく行くそうです。
頑張っているぶん、<偉そう>です。
[PR]

by yukiwaa | 2013-09-18 21:23 | 織りものゆたゆた | Comments(6)

新しい環境で^^^

「今、チームを去ることがチームにとっても、僕にとっても良いのではないか。
 新しい刺激を求める僕がいて、新しい環境でやろうと思います。」・・・・イチロー弁。

 「今、織りの教室を去ることが私にとっても、教室にとっても良いのではないか。
 新しい刺激を求めて、新しい環境で自分をのばしてゆきたいと思う自分がいます。」

 
f0181394_21245715.jpg


 
f0181394_16233425.jpg



 新しい環境は私を機嫌よく迎え入れてくれるだろうか?

 この歳で^^^新しい環境・・大丈夫だろうか?

 でも、私は新しい環境で学びます。

ーーーーーー報告までーーーーー
[PR]

by yukiwaa | 2013-08-22 21:27 | 織りものゆたゆた | Comments(6)

止めようと何度も思いながら^^

スェデッシュ織りの横糸の間隔が分からず・・先生が仰っていた「ひっつきすぎず、離れない間隔で・・」と言う言葉を追いかけて織ってきましたが。やはり、胸木のところで横糸に穴があく・・・これは織からおろせば多少は引っ付くのか^^^「でも、待てよ。やっぱりこれはおかしいのでは?」と思い、思い切って先生にメールして聞いてみる事に、「経糸が細いので、つめぎみ・・とも言いましたよ」・・・との事。
「詰め気味」言われたかなぁ~~<ひっつかず離れず>とも言いましたが経糸が細いので詰め気味で・・・との事。

改めて、もう少しつめぎみで織ることに・・・
「つめぎみ」の方が織りやすいのです。
今まではデリケートな間隔をとろうと・・筬を打つというよりは筬を引き寄せるとの言う感じで織っていました。

やっぱ、胸木での穴は^^^あんなにあくと駄目だわね・・と実感。

経糸が玉糸なので、織り機のコードにあたり、切れる・・・これも勉強。

切れた経糸を繋ぐのが上手になりました(笑)

シャトルはシャーと飛ばせるようになりました。

踏み木は間違って踏むので注意が必要・・・でも間違う回数が減りました。

何度も、「もうっ、止めよう」「糸を切って終わろう・・・と思ったことか!

これも、練習・・・やらないと次がない・・・何故かそう思って立ち向かいました。

タイアップも踏木の位置も試行錯誤・・・

踏木はなるべき踏みやすいように、下招木、上招木とも戦いながら・・・

如何にかできるかなぁ~~

でも今朝、腰が痛む・・・明日整骨院へいきます。
<今度は腰か!足も治ってないのに^^^>辛いなぁ~~

人の心無い言葉よりは辛くないけれど~~

それでも、仕事はバッチリやってます。
[PR]

by yukiwaa | 2013-07-25 15:26 | 織りものゆたゆた | Comments(6)