カテゴリ:織りものゆたゆた( 124 )

経糸つなぎは大変でした。

リップスの房の始末をしながら、夏のマフラー(季節はづれ?)の整経をして、経糸つなぎを始めてやってみようと思いました。
「経糸のつなぎ方」は教えてもらってないですが、どうにか簡単に出来るはず?でしたが、何度あきらめようと思ったことか!
貰った経糸は綿糸で絡んで絡んで、糸枠に巻く時から躓きました。30分で出来るはずが、3時間。

リップスは50羽の2本取りですが、今回は60羽で1本どり、でも組織は同じ、平織りです。
筬は違うなぁ~と思い、まづは先行のリップスの糸をソウコウと筬の間で切り、経糸をスリップノットで止めておきました。
<たぶん、これが大きな間違いでした。筬目が違っても一応筬の手前で繋いで、後で筬を変えれば良かったのだと思います>

変なところで切ったのと、次回の経糸が絡みやすかったのと、それに粗筬までご丁寧に使い、綾も取りました。

粗筬の置き場は筬通しのところにすると、とても不自然で糸をつなぎににくく、早くするはずが、遅くなるばかり、それに綾捧の置く所もなく、
作業している間に粗筬は外しました。粗筬に通さなくて、巾は前回の織り糸で決まってます。巻けば出来るはずです。
機前に出来た綾棒は、不安定でした。フロントビームを外して織り機に体を入れ経糸を繋ごうとしているので、これは大変でした。

でも、経糸を絡まさない為にも綾棒は、必要なんでしょうね。でも綾を取って、経糸を括るって時間がかりませんか?
これなら、ソウコウ通しやった方が早かったのでは?何度も思い、やる気沈没状態でした。

何度も、やめよう~~と思いました。時間がない・・・・!!次の予定があるのです^^^(焦)

でも、錦織さんもあんなに頑張っていた。彼は才能があるのに、あれだけ努力してる。今回のコーチに
「基礎を繰り返し練習して追い込まれて練習した」と言われていた。
<やはり、基礎が大事なんや!>と思いながら、やり続けた・・・
変なところで経糸を切ったからだ・・・でも経糸も足りなくて^^^機からおろすと案外縮むので、少し5,6、cm長めに織ったのだが
リップスの機縮は3,4cmでした。

f0181394_15455060.jpg
 繋いでいるのですが、機草に巻き取られて、見えませんが、リップスの糸は2本で今回の糸よりも倍ぐらい太いので
切れないか心配でしたが、1本だけ切れただけですみました。

次回やるときは、筬は外さず、綾はフロントビームに載せて、綾を見る以外ないのかも^^^と今の時点では思ってます。


出来あがったリップスのテーブルクロスです。



f0181394_15453600.jpg
  
f0181394_15461606.jpg
  今週、手渡します。喜んでいただけるかな?

[PR]

by yukiwaa | 2014-09-09 15:54 | 織りものゆたゆた | Comments(2)

オープンリップスでテーブルクロス

 4年前に一度リジェット織り機で織った「リップス」を
今回は、足踏み織り機、グリモーグラのイデアルで織ってみました。

f0181394_10363722.jpg
 中心を三角にしてみました。誰にも聞かずに横糸」を入れていたら、三角の仕方が分かりました。
「嬉しい~~}当たり前かも知れないですが、感激です。
簡単なソウコウの場合は経糸と緯糸の関係が理解しやすい・・ややこしい組織織りは今一、頭で「絵」がかけない。

経糸・緯糸  コットリン、三葉トレーディングさんで購入・・・やっぱりスェーデンのコットリンとは細さも糸の練りも違う。
でも、今はユーロは高くて手が出ないなぁ~~
50cm×70cm  テーブルクロスです。

大きなカバンも、もう少しです。

今日は雨です、久しぶりに四条に出きた東急ハンズに出かけようかと思っています。

[PR]

by yukiwaa | 2014-09-01 11:04 | 織りものゆたゆた | Comments(4)

あっち、こっち、ミシン、織り・・

8月の第一月曜日は病院へ、午前中で終わるので、織りを始めないと・・と予定するもダウン・・・
あくる日もダラダラと時間が過ぎて行くだけでした。何も出来ず・・・
第二月曜日は台風の後で午前中が洗濯で終わる・・昼からは「やろう~~」と思っていたが・・ダウン。
その日は・・長男が来る・・と電話。
お義理でも帰らんと・・悪い・と思ったのか、久しぶりに顔を見る。
夕方からは夏ばてで疲れた身体で、「牛蒡のかやくご飯」「サーモンのバター焼きに野菜のあんかけ」それに長男が好きは「肉じゃが」
ビールは次男から頂く。
主人は夏風邪でまともに食事が出来ない。
息子との話もソコソコに寝にあがる。
次男が下りてきて話すと思いきや^^^一言、二言。
次男が少ししっかりしたので驚いた様子の息子・・・<おちおちしておれんなぁ~>と感じたのでしょうか?
めづらしく、言葉少ない。
明日は仕事なので、11時ごろには帰る。
何だか嬉しいような、疲れた1日が終わる。

そして昨日、今日と・・・ミシンに、整経・・そして機かけ・・・やりました。

いらなくなったジャンバースカートをエプロンに、夏は胸当てがあると暑いので、「まえかけ」です。
ポケットいっぱいのまえかけ、3枚。
f0181394_17002233.jpg

夏用、旅行カバンのつもり・・・まだ未完成。
 
f0181394_17001159.jpg
下に見えてる茶色の水玉で大きな、大きなポケット2つ作ります。内側ですよ・・勿論。
下の生地のところは接着キルティングをはります。麻の生地のところには見えても良い「生地をはります
その上から接触芯(強力)をはります。新しいやり方です。

f0181394_17000336.jpg
長く織り、上の方を切りました・・・見返しするつもり・・・始めての試みです。上手くゆくかなぁ~~?

f0181394_17001773.jpg
 頼まれているテーブルクロス。
間違いだらけです。整経の経糸を数えるのに、1,2,3,4、と数えながら手は2,4,6,8、となっていて気がついた時は相当経糸の本数が多いこと・・・解いてやりなおし。

輪整経したのですが、途中で輪を切りました。何だかやりにくくて・・・あの方法だとソウコウもタイアップも皆外します。
外す気力がなくて、輪整経は途中でやめ、方向転換。
相当な時間が無駄になりました。


整経も、機かけももう少し頻繁にやらんとあきません^^^手が頭がついていってない!

新しいやり方なので、身体に馴染んでいないから迷うのです。
迷うのが一番駄目ですねっ。

f0181394_17151866.jpg
粗筬は便利です。先生は機の上で通しなさい・・・と言われるが、私の機は手が届きにくい。
テーブルで通して、蓋をして機におきます。これだと巾が綺麗にでない・・・とおっしゃるのですが^^

f0181394_17150881.jpg

ソウコウ通し・・絹糸とは全然違うやり方です。まだ慣れていない・・
綾を高くする意味、ソウコウを高くする意味は分かったんだけど^^^今一、慣れませんね。

今日はダラダラせずに1日が終わります。




[PR]

by yukiwaa | 2014-08-19 17:02 | 織りものゆたゆた | Comments(2)

ボストンカバン

先日もブログに載せましたが、ボストン型のカバン・・・注文を頂いた方に、やっと手渡しする事が出来ました。
3月頃に注文を頂ましたが、肝心のミシンが壊れていて、ネットで見つけた業者にミシン全体を検査してもらいました。
丁度、入学時期でもあり、ミシンの修理依頼が殺到していて、混んでいました。それでも大急ぎで一月ぐらいで修理完了して手元に届きましたが、3月、4月と競合店が出来、落ち着かない日々の中、<ものづくり>する気になれず、それでも「構想」だけは、練っていました。
「あの着物にしよう・・とかあの着物を裏にしよう・・とか模様をつけるにはあの糸を使おう・・経糸もはりこんで、コットリンでしよう・・・」などなどです。

そうして出来上がったのが  ((6月から始めて7月の頭に出来ました。)

f0181394_12022233.jpg
このカバンでした。
裏は
f0181394_12023515.jpg
2種類の絣地を使いました。

それに、今回、始めてネームタグをつけました。
f0181394_12031235.jpg
これです。たては24mm、横は5cm位です。

最近の天気は異常気象で、ゆっくり、雲を見て楽しむ事も少なくなりましたが、私が小さいときは良く空を見たものでした。

「アッ、飛行機雲や!」「あれっ入道雲」「わた雲、ふんわり」だとか色々な雲を見て会話になったものでした。
恐さもなく、穏やかに変わる空を楽しめた時代でした。

子供の頃を思いだし<わた雲>と入れました。大人になり店をすると、お客さんは「奥さん」と呼び、子供達は「お母さん、から かあ~さん、仕舞いにはおい!」です。主人もはっきりと私の名前は呼びません。昔の友人はその時代の「あだ名:」です。
ただひとり「ふみよさん」と呼んでくれるのは、主人の大学時代の後輩です。それにブログでお友達になった彼女です。
親から貰った名前が陰が薄くなりました。主人は皆が名前で呼ぶのにねーー。
それで、忘れないよう<文代>なのでfumiにしました。

でも、意外な事にカバンを依頼してくださったお客様が、涙声で喜んで頂きました。

ネームタグが気に入らないなら外してください・・・と言うと「いやっ、嬉しくて、子供の頃のあの情景がワーと思い出されて嬉しくて
^^」と涙声でした。「丁寧に作って頂きありがとう!」とも言われました。

色の感覚も彼女は気に入って頂いたようで、私も今までの苦労が飛んでゆきました。

始めてのお金にした作品でした。

次回も頑張ろう・・・と思いました。お金以上の有り難さが私にも伝わりました。
[PR]

by yukiwaa | 2014-08-05 12:30 | 織りものゆたゆた | Comments(2)

作る楽しみ三昧

 
お店のサンドの野菜など買うので色々なお店に立ち寄る事が多くて、でも手のかかるものは当分作らない・・と決めていた。

裂き織りのカバンを仕立てないと^^^待っておられる方がいる。
f0181394_17302754.jpg
  
誘惑に負けて買ってしまいました。
甘酢漬けと新生姜の佃煮に挑戦することにしました。

f0181394_17390556.jpg
スプーンで皮をむき、水に浸しておきます。30分から1時間。水から湯がいて生姜の辛みを弱めます。
生姜らしい辛みが好きな方はさっと2,30秒湯がいてください。我が家は水から湯がきました。
その間に咲き織りのカバンを縫います。
これは生姜の佃煮を煮ている鍋です。砂糖、濃口醤油、お酒、ミリンで煮ます。

f0181394_17412226.jpg
甘酢漬けです
f0181394_17414984.jpg
 生姜の佃煮です、最後に昆布の細切りも入れてゴマをかけて出来上がりです。

カバンはどうなったかな?


 
f0181394_17443981.jpg

   出来上がりました。ボストン型の小さめのカバンです。お嫁に行きます。

      手織り
  <わた雲  fumi>  
というネームタグを作りました。
   まだ出来てきていませんがそのうち付けます。

 
f0181394_17500576.jpg

      
       悪戦苦闘しているところ・・・マチが4つあり、とり方が変則的?
       私にとっては難しいカバンに挑戦しました。

       出来て・・・嬉しい!!

       裂き織りの生地がまだ二つ織り上げています・・・仕上げないといけませんが、
       次はテーブルクロスです。
 
       テーブルクロスは老婦人が「私が生きている間に織ってネッ」と言われています。
       いそぎます(笑)
       夏のお使い物にされるようです^^^いそがんといけません!!

   
     「嫌われる勇気」読みましたよ!!ありがとねっ。少し心の整理が出来ましたよ!
      本も読みたいなあ^~~












[PR]

by yukiwaa | 2014-07-15 18:26 | 織りものゆたゆた | Comments(2)

久しぶりの裂き織り・・・輪整経で。

疲れやすくなりました。
気力の低下でしょうか?

f0181394_1423352.jpg

若いときに着ていた紬の着物・・ほどきました。

f0181394_144829.jpg

手前のはテスト織り・・オレンジを入れると綺麗かと思いましたが、何だか色目が違う。
f0181394_1455912.jpg

緑糸の経糸に紡ぎも緑、時折経糸の色違いで織りをいれて縞模様にすれば如何かなぁ?と思い
織ってます。
カバンにする予定です。

今回は輪整経をしました。
綾を2箇所とる方法もありますが、私の整経台では一つのほうがやりやすく、後ろに綾をとり、
輪整経なので、後ろの捧へ輪を通し、荒筬で綾をとり、ソプコウから本筬通しをしました。

平織りなのでタイアップが簡単で、疲れやすくなっているので助かります。

さて、どうなる事でしょうか?

二つ分織り上げる予定です。
[PR]

by yukiwaa | 2014-06-10 14:10 | 織りものゆたゆた | Comments(2)

ツバメのために網・・大丈夫?ショール出来ました・・

何年か以前から毎年ツバメがやって来るのですが、此処、数年カラスにやられています。
我が家にやってくるツバメさんは毎年、壊れかけた巣をまず修理する事から、ツバメの生活が始まります。
昨年はヨシズを毎朝、立てかけてから仕事へ行き、守り抜けるかも^^と思いましたが、ツバメが餌を取りに飛びたっている間に雛が下に落ちて巣も半分壊れていました。
それでも親鳥は何日も巣に戻り雛を探していました。
南の島へ渡っていくときも我が家にやってきてくれました。雛をあきらめられないでしょう^^何度も旋回して我が家の周りを飛んでいました。
雛の死んだ姿も見ていないので、不思議で仕方ないのでしょう・・・

今年こそ、カラスから守り抜きたいと・・
f0181394_14203514.jpg

こんな風に網を張りました。ツバメは入れるけれど、カラスは入れないような網を探しましたが、やはり網の目からは入らず、巣の下を少しあけて入りやすい様にしました。でもカラスは大きいので翼が引っかかるので嫌がるだろう・・と思い網にしました。
そして、、
f0181394_14235531.jpg

素麺の箱で出来た巣をガードするものもつけてもらいました。

案をだしたのは私・・してくれたのは旦那です。ご苦労様でした。

昨日は織教室、仕上げてないと機嫌が悪くなる先生です。
あと、1mで出来るだろう・・と思っていたのは3ッ日前まで。前日まで来ると、こらはヤバい・・になりました。月曜日の午後12時まで織っていて、朝は早朝から織り出し、それでも縮絨も出来ないまま、それでももってゆく事ができました。
ウールのそれもカシミアが入っているので縮絨すれば模様がもっとはっきりします。
f0181394_14302769.jpg

f0181394_14303515.jpg

52cm×200cm   縮絨すると1割以上は縮みます。

そしてもう一つ明日は〇歳の誕生日です・・・だれも祝ってくれないので、私が17歳の時に北海道旅行の時にのアイヌの方から買求め、切れたままお蔵入りしていたネックレスを近所の方に直してもらいました。
f0181394_1434091.jpg

全てガラスです・・・でもアンチックで値打ちがある^^^と彼女言ってました。
300円の手間賃で直してくれたので、モノポールのカードを満タンにして渡しました。
[PR]

by yukiwaa | 2014-05-21 14:36 | 織りものゆたゆた | Comments(0)

ウールのショール

f0181394_132614100.jpg

ウールカシミア(カシミア10%)2/26 8/cm 40羽の筬で2本取りにしました。
織りサイズ 52cm×2m20cm出来上がりサイズ42cm×2m
縮絨で縮ので横幅相当長いです。
f0181394_1329239.jpg

伸子(機針)を買いました。なくても出来るのでは?と思い織っていたら、端糸がガムの様にくっついてしまい、やはり買うことに、今回は長さが違うので前回のは使えず、木製を頼みました。

筬の目が飛んでいてもう一度筬通しをやり直しました。

細い絹糸はなれてきていたのですが、今回はウール、それも少しカシミアが入っていて、細いので
緊張します~~

今から、組織図を見ながら織っていきます。<行き当たりバッタリでは駄目ですよ><なるほど>です。

勿論、本に載っていた組織図ですが、それをノートに色違いで書き、もう一度デザインしなおします。
何色が何cm・・・経糸の組織を繰り返す回数を決めます。
踏み順はあくまでも本に載っているのは、本の糸の太さによりデザインの出かたです。

私の経糸は本よりもだいぶ細いので、模様を見ながら、それは調整するのですが、それが難しい^^^
糸をもっとはっきりした糸にすれば模様が分かり良かったのですが、好きな色を組み合わせてしまい、どうなる事か・・・不安な織り始めとなりました。

横で主人がイビキをかいて「昼ね中」です。
息子は珍しく3日間も休みです。勿論、部屋で図面と睨めっこしてます。
何処にもいかんのやろか???
ご飯の準備が忙しい我が家のゴールデンウイークでした。
[PR]

by yukiwaa | 2014-05-05 13:53 | 織りものゆたゆた | Comments(2)

織り機の調節は難しい・・でもやらんと前に進めない。

f0181394_1351187.jpg

散歩待ちの十兵衛。
f0181394_13521261.jpg

モノポールのクリームパンお客様のご要望にお答えしてリバイバル登場です。
110円+税・・・何と安い。
あんぱんのあんこは北海道十勝産の小豆、お砂糖も同じく十勝産です。
110円+税です。
美味しくて、良心的なお値段ですねっ。・・・とよく言われます。

f0181394_13584697.jpg

息子が買ったコピー機・・・息子の部屋がダンダン、<事務所化>してゆきます。

グリモーグラのイデアル買求めて2年半がたちました。
組み立ては主人にお願いしました。タイアップも中心に踏み木2本を平織りにするタイアップは教えてもらい、天秤式のタイアップの意味はわかりましたが、この織り機、聞く人によっては「バランスが悪い」だとか「タイアップが大変」だとか余り良い話は聞きませんでした。
一人でソウコウ・上・下招木の位置・それに踏み板の位置・・・織るたびに何となく何かがひっかかったまま気になっていました。
開口を理想的にしたいと思うと踏み木に繋いだコードを緩めたり、きつくしたりで、それが全ての全体のバランスをくずしてしまい、何を基本に手直ししているのかが分からなくなりました。

後で微調節はするにしろ、<基本的なそれぞれの位置は確立してから>と言う思いにいたりました。
自分が<アホ>やったのです。
でも一つ言うなら「天秤式の織り機」を見た事も使った事もなかった私には、当然な迷い道だったのかもしれません。なんで、買ったん?と聞かれそうですが、そこには「あこがれ」の気持ちが働いていたのです。憧れだった織り機でしたが、これからは自身の織り機にせんといけません。
四苦八苦しながら<アホやなぁ~>と自分に言ってました。

f0181394_14192342.jpg

こうして
f0181394_1410316.jpg

こうなり
f0181394_14104473.jpg

するとカウンターマーチを止め具で止めなくても、この様に真っ直ぐです。
開口も筬の高さ以上に開いています。
これは、少し微調整。コードよりもまずは筬かまちの高さです。
私の筬は高さが11cm・・と高いほうですが、それでも開口がそれ以上になってるソウコウもありで
これは微調整しかないか?と思っています。

次回は輪整経に挑み、輪にしたまま縦糸をバックビームに巻こうと思います。

さっ!新しい挑戦です。織り機の調節がこれでOKなら前に進もう~~!と今はやる気が出てきました。

パインさん!ありがとうございました。
 初歩的な悩みにお答えいただいて、それにイデアルって使いやすいそうで・・
 それを聞いただけで勇気を頂きました。
 <感謝>します。
[PR]

by yukiwaa | 2014-04-20 14:16 | 織りものゆたゆた | Comments(2)

詰ったリップス・・緯糸をグリーンで。

リップスです。
f0181394_12282635.jpg

組織図を書いたのですが、最初は踏み板が10本になり後で2本づつが同じだと分かり
すらして踏み順を書いたつもりが^^^最初のまま踏み順を書いていて踏み順があわなくて四苦八苦でした。タイアップを代えてやっと最初の踏み順でいけることを確認。
そこまでしなくても織れてはいたのですが、気になって^^^しまいました。
f0181394_12353266.jpg

汚くなり、ややこしいので書き直した踏み順を書きました・・・時間が^^^

f0181394_12362773.jpg

f0181394_12364269.jpg

三葉さんでコットリンを買いましたが、太さが100g,450mのと570mがあり、スエーデンのコットリンは600mでした。
最初は50羽で4本混みざしでやりましたがソウコウが動かず、60羽3本混みざしでやり直しまた。
20/cmから18/cmに変えたのです。
経糸を後ろに巻いてあり、ソウコウも通してあったので、筬を変えるだけですが、これも時間が^^
でも筬を変えることが出来るので後ろから経糸は巻く方が良いのでは?と思いました。

巾がないので、小物いれ、花瓶敷になりそうです。

これから次回のウールのマフラーの整経をします。
[PR]

by yukiwaa | 2014-04-15 12:44 | 織りものゆたゆた | Comments(4)