カテゴリ:織りものゆたゆた( 125 )

川島織物のテキスタイルスクールでのワークショップ  念願かないました。

10月17日から4泊5日で川島テキスタイルスクールへ念願のワークショップへ行ってきました。

泊まるというこてはとても私には勇気がいりましたが、楽しい学びの時間でした。
毎日が、織機と向かい合い、整経で始まり。ソウコウ通し、筬通し、タイアップと毎日模様が変わるので、そのたびにはじまります。
初日の1,2日は機かけのお手伝いもしたので、疲れ具合は半端ではなく、でも気が張っていた為か、織が追いついていないときは、
眠れず、朝の早くから起きて、静かな教室で一人で作業しました。これも、宿泊できるからできるのですが、ベッドに慣れていないせいか
なかなか寝付けません。

ソウコウ通しは若い子には負けますが、筬通しと織で追いついて、最後良しでした。
タイアップと組織図・・・分かっていても、今一咀嚼できていない。

細かい疑問に眼をつぶり前に進めない性格・・・難儀というか時間がかかるというか、たいした事でないのに足踏みする。

今回はそんな私のこだわりを一つ、一つひも解いていけました。すっきりしてこれから何を学べば良いかが分かりました。
初めて教室にへ行った2011年これは1年半位で終えましたが、この時の先生の後輩の方に今回は教えて頂きました。

川島はわかりやすくて、部屋も綺麗で広く、お風呂も新しくなっていました。

鹿児島から、東京から二人、宝塚から、愛知から、芦屋から、そして京都から二人…皆で8人で一クラス。同じ勉強をします。
織機も一人一台・・整経台も一人一台、ふわり、糸枠・・・山ほどありました。
充実して設備・・・もったいない気がして、それでもそれらが背中を押してくれました。

チャイムがなり、お昼を知らせます。
「食事の準備ができました~~」・・・嬉しい上げ膳です。
朝も、昼も、夜もお知らせが入ります。唯一ほっこりする時間でもありました。

暫くして、「お風呂が沸きました~~」と放送がなります。これも嬉しいですね。やっとゆっくりできる。
広いお風呂でおしゃべりしながら、最後は連絡を取り合う仲間もいて、組織の話や、私が以前「一人でやりなさい。一人で頑張りなさい」
と言われた心根を若い学生さんに話した。持参した本も皆に見せてあげたら、今の子は携帯で「パチリ」です。
勉強になります。ありがとうーーと言われた。
私の周り巡り、遠回りした今までの織の時間も無駄でなかったと思えた。

店番しながら、織の組織の勉強をしたあの日・・「こんなところで充分な時間をとり勉強できるのは幸運」と彼らにも言った。
色々話して、記念写真を撮り今回の織の日々は終わりました。


[PR]

by yukiwaa | 2017-10-28 15:05 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(0)

久しぶりに織る気になりました。

最近の迷い

筬・・・模様をはっきり出すためにはどの程度の筬密度が良いのか?
    糸の太さも関係するが
    何よりも織り方・・・組織・織る時の糸のつめ方。筬を手前に引くと時のタイミング。
             横密度とたて密度はだいたい同じか、たて密度の方があらい方が良い・・
             とは習いましたが、これで本当にいいんだろう

        
f0181394_10005644.jpg
    この糸はラムウール2/14ですが、本のは違う糸で、縮絨すると本は30%縮むらしいが
    私の糸だとどうだろう?一応30%縮むとして織幅は決めたが、縮絨してみないと分かりません。

     参考資料として

      
f0181394_10010473.jpg
    こんな感じですがー。織ってみないとわからない。何かのネットで糸と筬の関係は
    自分で織ったものの中から参考になるものを頭の中に置いておくのも良い・・と書いてありました。

    以前織った数少ないマフラーを昨日調べてみました。何かのヒントにはなりました。

   杉綾織、オーバーショット織、スエデッシュレース織、綾織の変形、後は経糸密度の敷物リップス
   や横糸密度のブンデンの絨毯。

   細くて繊細な糸をあまり使ってない。マフラーで細い糸に慣れようと思う・・と思います。

   出来上がりが楽しみ!です。
   頼んでくれた人の一人は7月末に急死しました。私の織物が好きで楽しみにしてくれていました。
   パンのお客様と言うよりも、「何時も、ほめて頂き、元気をもらっていた人」でした。
   彼女の分も織ろうと思いました。ほめてほしいから~~

[PR]

by yukiwaa | 2017-09-18 10:29 | 織りものゆたゆた | Trackback

初心者に戻って

自分の引き出しもさび付いて、思い出せないもののあるなか、初心者に戻りひとつづつ、思い出そうと思います。
以前は分かっていたつもりでも、慌てていたので、先を急いでばかりでした。ほんとに分かっていたのか怪しいものです。
整経は輪整経と着物などで使われている普通の整経をしました。
筬に入れてかまちに収め、筬、ソウコウと後ろから経糸を通すやり方、勿論後ろは括ります。筬、ソウコウ、後ろへ経糸をつなぎ、巻き取ります。それから前のフロントビームからくくるやり方。

もう一つは輪整経、両端を輪にして後ろのバックビームから経糸ビームに巻き取ります。巻き取ってから綾をみてソウコウ、筬と通して、フロントビームへくくるやり方。

それぞれ整経の仕方も違います。
なんでも出来るのは普通の整経と機かけの様です。

今回は、輪整経にしました。経糸の長さが均一になりやすいのと、ソウコウから筬に通す方が私はやりやすい。
綾返しもないので。

でも、糸数が偶数だと楽なのですが、奇数になる模様はあり、悩んでいました。
スタート点で糸を次の糸と括るのは抵抗がないのですが、最後に切るところがあり
最後の輪の所で糸が終わるのがあり、如何すればいいか迷いましたが、ここでも次の糸とと括ることにしました。その場合は1本づつの整経になりますが、仕方ありません。
模様と、地色合わせれば偶数なのですが、模様は3本づつ3色なので迷いました。

f0181394_17183416.jpg
 少しぼやけていますが、↑の綾が本綾。左の綾が荒筬に乗せるときの、数を確認するための綾。
筬が5/cmなら5本づつ 綾をとればいいのですが、奇数はややこしいので、10本にして荒筬に乗せるときに
分けようかと・・・これなら、本綾と同じにした方が良かったかもです。

今日のは練習ようです。練習しないと怖くて^^^^

f0181394_17184493.jpg
以前の教室で買った糸、青色の経糸だけ材質が違ったようでした。少しちぢみましたが、家で使うので
大丈夫です。2年以上前の整経の糸でした。
情けない位、失敗しました。でも織り終えたのでホーです!

これから練習で、経糸をはります。明日になりそう・・・です。
久しぶりの織・で・し・た。


[PR]

by yukiwaa | 2017-08-18 17:48 | 織りものゆたゆた | Trackback

久しぶりの糸巻き

f0181394_20520586.jpg
リネン100%  44/2    久しぶりの糸巻。なんとなく嬉しい~~!

ブンデンの絨毯も反り返りが直りました

f0181394_20522402.jpg

 ブンデンのもう一つのにぎやかな絨毯は端糸をぐるぐる巻いて、やはり少し反り返えるので
  水道管(工事の残り物)にグルグル巻いて縮絨して巻いたまま影干し。

      
f0181394_20523059.jpg
   少しづつ、やれれば良い・・・慌てない。

  ファイルのノートに筬目と糸の太さと重さを書く。
  日本の糸と西洋の糸では番手の表現が違う。西洋でも色々な番手の表現がある。イギリスとその他では
  違ったように記憶している。
  TEX テックス  1000mが何グラムかで糸の太さを表現すると万国共通になるようであります。
   上の麻糸(44/2)は、1gが13mなので、1000mは77gです。TEX77と書くのだろうか?
   これは少し怪しいので調べれくだされ?
   ただ、自分自身で分かる基準を1000m何グラム  TEXを知っていると便利だと思います。

  出来れば組織図も忘れず書く。タイアップ。経糸ソウコウの通し順、横糸の順。

  気をつける事を忘れないで書く。まだ、何か忘れているように思う^^
  最初にデザイン画だ、平織でも色の配置をデザインして書いておく!!
  これを忘れてはいけませんね。

  
   では、おやすみなさい。


[PR]

by yukiwaa | 2016-09-13 21:15 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(0)

如何にか秋がきそう~~

毎日35度を超える日が続いた8月・・・暑いを通り越して熱いに。
十兵衛の散歩もお店が終わってから7時半過ぎから出かけていましたが、いつものリズムが狂うのか、十兵衛は
オシッコしかしません、その上、食欲もなく、少し痩せました。
9月に入り、いつもの4時頃に散歩に行くようになると食欲も出始めました。
自然の移り変わりは人間よりも敏感に感じるようです。

最近は、夜眠る時も、クーラーのかかっている部屋で眠る・・という優遇ぶり。十兵衛も今年で10歳。
労わらんと、弱りそうで、つい、甘やかしてしまいます。

甘やかす子供もいないので十兵衛が一身に我々の優しさに触れています。

1年ぶりに腰のMRIを撮りました。
いつもの近くのかかりつけ医の先生に頼みました。
椎間板はへっこんでいて、飛び出ていた神経もなくなりました。軽い脊柱管狭窄症もあったので、それも見ておこう・・・
先生は昨年のMRIと比べながら、診断を下します。「良いですね。良い状態です。脊髄液も綺麗に流れています。
断面も見ておきましょう・・・良いですね。少し広がっています。
予期せぬ、良い状態・・・歩けなかった昨年がよみがえる・・・「先生1年でこんなに、良くなるんですか?」
思わず言いました。「良いでしょう~~良くなっています。良かったですね。」

お医者様から帰って近所のお店で油を売っていると、珍しく主人が顔をだした。「どうやった?」と。
「良くなっていたよ」。一安心ーーーーした様子でした。

そんな、こんなで、
昨日から・・織の始末です。
織るところまではいかないですが、色々な作品の後始末が待ってます。

1年もしないと、忘れていることも多くて、昨日はファイルを見ては思い出し、ブログを読み返しては思い出し、
友人にヒントをもらい、糸やさんを思い出し・・しばらくは思い出す作業が続きそうです。

昨日はマフラーと絨毯の縮絨をしました。
f0181394_19512236.jpg



f0181394_19511215.jpg
ブンデンの端の始末は織るよりも時間がかかってます。上のははしの始末は織りこみました。長く織って三つ折りにして
縫いこむという方法もあったのに^^^
タコ糸の経糸に端の横糸を同じタコ糸で織ると、少し縮んで、表側に反り返るように思いました。
ブンデンの場合は端だけ平織にするとかさが薄くなります。・・・何か綺麗に端を織る、それに簡単な方法はないんだろうか?今回の反省点でした。

f0181394_19514276.jpg
  これも端糸(縦糸)に苦労しています。こうして見てみると経糸が細かったように思います。
  ブンデンの横糸をぐるぐる巻きましたが、これも予想以上に時間がかかり、もっといい方法があるのでは?
  と反省点です。

  少しづつ、気負わず、できる範囲で、織をしてみよう~~と考えが変わりました。

  PS
今年はクーラーが2台壊れました。暑いさ中に。車のクーラーもこわれて^^^泣きそうでした。

    ではまた!!

[PR]

by yukiwaa | 2016-09-06 20:07 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(2)

織はじめ・・糸が~~たらん。

1月4日に「初織」。腰にびくびくしながら、やはり捨てられないものは「やる以外ない」と思い
織りはじめました。
残り糸で適当に織っていた一つ目の絨毯と違い、経糸の残り糸で洗面台のマットとして
使えれば・・と軽い気持ちで織りはじめましたが、なぜか規則的になり、この規則な模様を上手に壊す方法が
思い浮かばず、ピンクの糸が足らなくなり、残り色で織ろうか?糸を買おうか?迷っています。
この紡毛糸は一カセ単位で売られていて、グラム数が半ぼじゃないぐらい多いのです。


f0181394_16004751.jpg

  
f0181394_16005448.jpg

   これだけの残り糸があるのです。注文しても
   土、日、月・・とお休みで来週になるでしょうね。
   来週は織れない状態が続く。仕方ないか?

    
f0181394_16010817.jpg
   毎日1,2,3、・・と最後の365まで毎日お金を貯金すれば1年で66795円になります。

    「年金家計簿」に載っていて、面白そうなのでやり始めました。
   このお金、電車賃になって私を飛ばしてくれると・・信じて、はじめました。


    「何時になったら織りはじめるんだろう?」とやきもきさせてごめんなさい。
織を熱心にやられている方々に背中を押されました。ありがとうございます。感謝!!

  早寝、早起き、お風呂は出来るだけ毎日、歩くのも毎日、規則正しく、健康管理を務めて
  ぎりぎりの体の使い方。
  やってみようと思います。

  aamuiさんのナニクソがうれしい。

[PR]

by yukiwaa | 2016-01-10 16:32 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(2)

久しぶりのブンデンローゼンコン。

久しぶりのブンデンローゼンコン
糸が揃ってなくて、賑やかですがこれも勉強~~
もう一つはあっさりと織ろう。これを見本にして。

f0181394_14191508.jpg



f0181394_14190093.jpg

  


始めてのエクセル、少しめんどくさい。もっと簡単な方法はないんでしょうか??




    
f0181394_14361670.jpg

  


今までは糸鉛筆で図面を書いていました。この方が今は時間がかからないが、色合いを前もって見たいときは
エクセルで作ると便利だと思いますが、私のエクセルはあまり色合いが微妙に出ない。古いからか??

 時間がかかるなーーでも誰にも文句を言われない。納得するように織れる。草木染もしたいなぁ~~~


途中報告でした~~~~春ですよ!!土手ではヨモギがツクシが・・・桜のつぼみが・・新緑が目に優しい季節になりました。
出かけてヨモギをつみたいけれど、今日は「限界町内」の難しい話し合いが待ってます。

平均年齢が70才を超えてきた町内の運営が~~「歳だから」と嫌がる人が増えてきました。

楽なように生きるのは簡単・・簡単な「楽」は人を動く生きものとして弱らせるのではないでしょうか?
でも、精神的な「無理」は年配には耐えてはいけないものがある、大切な気力をなくすから。
難しい年齢になりましたよ~~ん!!



   


   
  

[PR]

by yukiwaa | 2015-03-23 14:40 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(3)

私の決断。面白くなければ楽しく織れない!!

阪神・淡路大震災から、20年がたちました。

<うそっー!>と言う気持ちがこみ上げてきました。被災された方々のご苦労を思うと、私はこの20年何をしていたのだろうか?
ともう、一度振り返りました。
20年と言えば、私の後の人生もこれぐらいあるか、ないか?ないだろ~~?と思われる年数です。

震災と共に関西の経済は冷え込み、冷え込み~~今に到っています。
如何にか切り抜けてきたなぁ~と言う実感と、これからどうなるんだろうか?という不安がありますが、二人の息子が独り立ちしているのが何よりでした。
家族を亡くされた方も多く、ズートひきづりながらの生活を余儀なくされている方々も多くて、どんな困難がやってきても、それが「人の生活」にはあるものだという事を思いしらされた<震災>でした。

私は今、働きながら、「織り」をしています。有り難いことだと思います。
話変わるのですが、今年の正月は疲れがとれるのが遅く、「あれも、これもやる予定」がすべて出来ませんでした。

そして、今回決断したのです。

この本を見て織っていた絨毯を解いたのです。

f0181394_14311150.jpg
 この本では裂き布それも1.5cm巾のあるものを2本使われています。
これを川島の紡毛糸2/5.5を4本どりでやろうと思ったのですが・・・・なにか面白くない!!

これはテスト用で織ったものですが、

f0181394_14312242.jpg
タコ糸の平織りの上から20cm程織っていたのですが、解きました。
それに組織図も変える予定なので、ソウコウ通しもやり直しです。・・・1日はかかるかなぁ~~?

・・・それが私の「決断」です。絨毯らしい厚みが足らないのです。
模様を入れ続ければ厚みは出るのですが、好きな「デザイン」にはなりません~~それでも「工夫」するのが「勉強」になるのかも?
と試行錯誤したのですが、やはり「面白くない」という気持ちは織る気持ちを半減させます・・それで解いて一からの出直しです。


f0181394_14385735.jpg
以前織った絨毯の見本です。この組織図で織ろうか・・・と昨日までは考えていたのですが、これだと筬が4/cmなので、今の経糸は
3/cmで180本しか張っていません。4/cmにすると横幅が60cmが45cmになるのです。・・・此処で又考えました。

そうだ!!やっぱり「ブンデン」で織ろう~~~
経糸の通し方が↑の見本と同じなのです。踏み順が違うだけ、それとタイアップが違いますが・それは出来ます。

可愛いお花のブンデンです。ベースの糸を決めれば後は色んな色を使えます。いろんな色のお花です。
中途半端に残っているスェーデンの糸も使えそうです。
糸が2種類(川島の紡毛糸とスェーデンの糸)だとまとまりが如何かなぁ~~と思いますが、マフラーではないので大丈夫だと考えました。
↑の見本も地糸と模様の糸は全然違う糸です。知らないものは何でもするんですよねーー!

まだまだ出来上がらないですが、これは友人の娘さんの「結婚祝い」なのです。急がないと・・と思いますが、急げないでいます。

昨年の11月に結婚されているので、「遅れますーーー」とは伝えてあるのですが・・2月中には織り上げないと^^^

次は「息子にマフラー」を織ります・・・予定満載・・・友人の娘さんの出産祝いもあるんですーーーーこれはマフラーの次にします^^^
<<やらんと、あきません>>

[PR]

by yukiwaa | 2015-01-18 14:56 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(4)

寒い空気とクリスマスランナー  

寒さが大好きな十兵衛は最近悪い癖がつきました。
夕方の店番が終わると店じまいまでは「しゃぁないなぁ~」という顔つきでジートこちらの仕事をしている様子を見ながら待っていますが、
いざっ、車に乗り込み車が走り出すと<鼻声>をだします。今にも「もれそうーー」という声です。
おしゃべりになってきた十兵衛です。

心配になり車を止めて散歩をする・・・そんな癖がつき始めています。
店に来る前に夕方散歩は済ませているのですが、寒い空気が好きな十兵衛は車から出たがります。

そのくせ家が大好きです、家族がいる家が好きなようで、皆がいると食事も進みますが、留守番の時は一切食べない。それどころか鼻で餌を隅に追いやります。<こんなもん、いらんわい>と言っているようです。十兵衛の意思表示です。

そんな気ままな十兵衛と付き合い、今日も寒い夜の散歩を済ませてからの帰宅となりました。

昨日仕上げたクリスマスランナー、シュトーレンの下に引くつもりでしたが、このままでズート使おうかと思います。


f0181394_20295347.jpg
 47cm×165cm  ヨコは2cmほど縮みましたが、タテは思うほど、縮みませんでした。端を気にして緩みをしっかりとったせいか
縮んだのは3cm程でした。

経糸が麻糸30/2でした、緯糸は中細よりも細い糸と中細位を2本取りにしました。

f0181394_20294563.jpg

端は経糸の麻で平で織り(8~10cm)して、ジグザグと直線縫いで始末して三つ織してくけます。
でも、ミシンでたたいても良いのでは?と思いますが・・試してみます。



[PR]

by yukiwaa | 2014-12-17 20:59 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(0)

やっとできた機仕掛け。

ノーベル賞、おめでとうございます。
嬉しい、嬉しい久しぶりのニュースでした。

「自分の好きな事をやりなさい」と言われた。結果は考えず、やりたいことやっていただけ。
「人の役に立つ事をやりたかった」それが研究へのモチベーションだと言う天野教授。

「健康に気をつけて好きな事に打ち込んで下さい」奥様の言葉。

それぞれがもたれ合わない関係からの大人の優しさ。

う~~ん、学ぶべき事が多いですね。嬉しいニュースでした。

話、変わりますが、
やっと、やっと先生から教えていただいていた「輪整経」「織り機の上での粗筬使い」綾捧を高くあげて、ソウコウから綾をみて、腰を曲げずのソウコウ通しができそうです。

言葉では、教わっていたのですが、なかなか、納得がいかず、納得いかないとしたくない・・と言う気持ちが沸きます。
それで足踏み状態の私の「整経に機ごしらえ」。

今日、どうにか納得して出来たように感じた。一山越えたかなぁ?当たり前のことですが、それが当たり前に真似できないでいました。

f0181394_22024106.jpg
 整経した経糸の輪を後ろの捧に通しました。そのまま、整経した経糸を綾棒を置いて後ろから、粗筬に置いてゆきます。
勿論、綾返しはありません。ただ、恐かったのはソウコウを全て、ソウコウの上にグルグルと巻いておいて置く事でした。
すべて経糸が通り、筬にも通ってから、タイアップの時に糸は繋ぎます。

f0181394_22023552.jpg
   通し終えました。これで織り巾が確保できました。これから経糸を前から引っ張り、後ろを機草を入れて巻いてゆきます。
   誰かに手伝ってもらうのが理想ですが、出来ない時は前の経糸をくくり紐でつけて引っ張り適当な所に括るか、重しをおきます。

   
f0181394_22024640.jpg
 綾棒を高くするために1本捧を通して綾棒をその捧に引っ掛けてます。これはスェーデンの本にも載っていました。合理的なやり方です。勿論ソウコウも高くあげて腰を曲げずにソウコウ通しができます。
織りは能率も大切ですが、楽な姿勢も大切だと思います。


f0181394_22025150.jpg
前から見たところです。イスを織り機の中にいれ、座った姿勢で綾棒を見ながらソウコウ通しができます。
ソウコウは織り機のソウコウ置きを高くして置いています。3本の捧のうち下の2本が綾棒です。綾がとても見やすいです。一番上の棒
で綾棒を高くしてます。勿論端で紐を通して綾捧をひっばってます。綾が抜けないようにしています。
この写真はソウコウ通しが終わり、筬通ししている所です。

後は、このやり方に合う、整経をして慣れるようにする事。

上手にやれば、糸の節約になり、糸に負担をかけないで後ろを結ぶ手間が省けます。勿論、機前は経糸を結びます。

次回は麻糸のそれも単糸だという、もつれても余り手をいれてさばけない。軽く糊付けしたい気持ちですが、如何でしょうか?

試行錯誤はこれからも続きそうですね。もつれても、バッバッと糸を下にたたく様にするだけですよ^~と言われて怖気づいています。

この織り機を購入して3年が経っています・・・(初めは本筬通ししてからのやり方でしたので、今のやり方は違います。)
遠回りしました。
 



[PR]

by yukiwaa | 2014-10-08 22:40 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(2)