かぶらの使い道。

昨晩から冷たい風がふき、本番の冬がきそうな気配です。
京都はかぶらが美味しい季節になりました。
千枚にアチャラ漬けに~~

お百姓さん家から買ったかぶら、3個ついて200円。
f0181394_1456028.jpg


アチャラ漬け
かぶらに人参こぶを入れて、二杯酢(こぶ出汁・みりん・塩・酢・砂糖)に漬ける。
f0181394_14592632.jpg


かぶらの葉でもう一品。
f0181394_150267.jpg



懐も寒いし、息子が26日の勤務のうち、10日間が朝帰りです。
昼間の現場と夜から夜中(朝方)にかけての現場・・二つのかけもちです。
夜中(朝方)に帰り、3、4時間ほど寝て、朝は何時ものように出勤です。

クタクタになり、帰って風呂と眠るだけの日が週に2日。。ある。

世間で言う3kの仕事なのかもしれないが、
水道が通らないと困るし、設備が出来てないと話にならん!
それに次男は仕事が好きなんだと思う。
だから、精神的には3Kではない。
彼は決して3K等と思ってもいないようだ。

親から見れば心配だが、「仕事」とはその人に「達成感」をもたらせば、しんどさやその他の条件の悪さは吹っ飛ぶようです。

少なくとも私達、親は彼らに仕事に対する態度にそれを望みたい。
それが彼らに“自由”をもたらすから。

若いんだから。。。修行かもです。

私が出来る事は「仕事」で得たものの使い道・・・しっかり上手にかぶらで一品。かぶらの葉で、もう一品。
[PR]

by yukiwaa | 2008-11-19 15:16 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/9703726
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by toco-luglio at 2008-11-20 01:47
>「仕事」とはその人に「達成感」をもたらせば、しんどさやその他の条件の悪さは吹っ飛ぶようです。
…その通りだと思います。
そういう仕事に出会えたら、それだけが「生甲斐」になって、自分を
支えてくれるのでしょう。
息子さんのようにそういう仕事に出会えて、「誇り」を持って働ける
人は幸せだと思います。
うちの娘は自分がそういう仕事に巡り合えるかと、今からとても心配
なようですが、今はとにかく勉強するしかないと毎日必死です。

かぶら、美味しそうです。葉っぱとじゃこの炒めたの、ごはんに合い
そうですね。
Commented by takoome at 2008-11-20 07:16
サワディ〜カ〜
おいしそぉ・・・・・、葉っぱ食べたい^^

Commented by yukiwaa at 2008-11-20 18:58
とこさん!私は心配なんですが「心配」はその子の足を引っ張る・・と言われてて、我慢してみてます。
簡単に「達成感」と言いましたが、本人は大変でしょうね。

とこさんの娘さんなら大丈夫な気がします。今から「仕事」の事を考えて勉強にいそしんでいる。すごいですよ!
10代の頃は悩みながらも遊んで勉強して忙しいですね。

若い子が厳しい時代だからそこ、精神面だけは“自由”を勝ち取るぐらいの気持ちで生きていって欲しいです。
それが、全ての「救い」になるのでは・・と思っています。
Commented by yukiwaa at 2008-11-20 19:00
たこさん!!・・・食べさせてあげたいなぁ~~!

ご飯にあうし、何よりも自分風が口にあいます。
息子達は食べないんですよ!
全く!
歳行けば欲しくなるんでしょうが。。