夫婦喧嘩勃発!!!

1985年、昭和60年に私達夫婦は店を開店させた。

私は毎月の「ローン」や「人の手配」、「問屋さんや銀行さんとの付き合い」 毎日が“必死”だった。
行動範囲が半径500m。寝てる時間と子供の学校の行事以外、自分の時間はなかった。

1日400人のお客さんをこなし、二階にいる子供の事を気にしながら、頭の中は「支払いは?」が離れない、そんな毎日を送っていた。 ある日、「あんなぁ~金利が~」と私が言うと、言葉を遮るように「金利・金利言うな!お前はそんなことしか頭にナインか」と旦那がのたもうた。 切れた私は虎の子のお金を10年、普通預金に入れたままにした。

銀行さんとも税理士とも問屋さんとも同等に渡り合う私を見て旦那は「俺は要らんのか」と言った。 “まずい!”と私は思い、その日からスタンスを変えた。 《出しゃばらずにいよう。。》

少しずつ、私は気楽に構えるようになっていった。店も暇になり、支払いの事は相変わらず頭にあるが、それなりに、 気楽に構えると、ほんとに気楽になり、4年ほど前から私は自分のしたい事を出来る時間を持ち始めていた。

そんな気楽な私に先日、旦那が「お前、娘時代じゃないんやから、いい加減にしてくれや」と又、のたもうた。 勿論、反論・異論・世論・しました。我らの夫婦喧嘩勃発!!

でも、所詮タッグを組んだ仲間。仲間割れは出来ません。 生活が、商売がかかっています。 だから我々は言いたい事は言いあいますが、喧嘩は後を引かない程度で収めるコツをわきまています。《時たま脱線することもありますが》

それで、悔しいから《旦那の言い分が筋が通っているので・・》
私は、11月の中旬から焼き始めるシュトーレンの準備のために、まずはお店の大掃除・・恒例ですが、・・・をし始めました。

高さ2m70cm・横幅1m80cmはある窓ガラス、4枚ほどをを高い脚立に上り水洗いし、最後にガラスマジックリンでふきあげました。ガラスふきです。
次の日は、床の掃除。剥離剤でワックスと汚れを取り、乾いた後でワックスがけです。
二日に分けてやらないと体がついていかない。

その次は「シュトーレンの飾りつけ」。
まだまだ残ってますが、旦那がガラスの内側を磨いてくれていたので少し助かりました。

それでも、まだ悔しいので山ほど「お惣菜」作りました。

どうだ!参ったか!・・・と言わんばかりに。。

旦那は美味しそうに食べてました。

シュトーレン!焼き始めます。
ご予約、待ってます。《実は、もう、予約入ってます。。ネット関係の方もです。有難いです》

手作りのパン モノポールへ・・
f0181394_14511689.jpg

      高谷豆腐  カツオのだしで四角い高谷豆腐を小さく切りました。(歯が悪い旦那には上等です)
f0181394_14501732.jpg

      きんぴら   大きめに切ってもフライパンで炒めて少し水気を入 れて蓋をして蒸し、後はカラカラになるまで炒める。七味屋さんの七味を入れるとグッと味が上等になる気がする。
f0181394_14513618.jpg

     ひじき   美味しいうす揚げを使うこと。出汁はしっかりとれば簡単です。お通じにも良い海草です。
[PR]

by yukiwaa | 2008-11-08 14:39 | 夫婦こつこつ | Comments(8)

Commented by miki3998 at 2008-11-08 14:52
ご主人、理解されているんですね。 もちろんyukiwaaさんの反論もわかりますが・・・。 すみません、分かるだなんて生意気なことを申しました。
  「 俺は要らんのか!」のお言葉、 なるほどと思いました。 奥さんが頑張るだけでもいけないのですね。難しい力関係。 でも言いたいことを言って、後を引かない夫婦喧嘩、素晴らしいです。 うちは後を引くタイプだろうなあ・・・向こうがね。(笑) 私はすぐに謝るので、それもまたカチンとくるみたいです。 ディベート好きな主人なので。 口では負けちゃうんです、私。 これホントです!

 私もリース展の前に大掃除が必要です。 我が家は誰も手伝ってくれないので、気長にすこしづつ始めます。 
Commented by saheizi-inokori at 2008-11-08 23:00
めでたしめでたし!
それでまたやりたいことをしてくださいね。
Commented by takoome at 2008-11-09 14:20
サワディ〜カ〜
ま、喧嘩が出来るうちが花ですね、
また、旅に出ます。
Commented by toco-luglio at 2008-11-09 15:21
う~ん、美味しそうです。
こういうおかず、大好きです。でも、今うちは二人だけなので、なかなか
こういうおかずが作れません。こういうのって、ある程度量が無いと、
美味しく作れませんものね。二人で食べきる量では作りにくい・・・
御主人と二人三脚でお店を経営されている様子が、よくわかりました。
私も自分の仕事に集中している時でも、時間が来たら買物、ご飯の
支度、洗濯・・・等々家事をやらなければならず、やりかけの仕事を
中断しなければならない状況にいらいらすることが、たまにあります。
でも、仕方無いんですよね。そうしないと、今度は家庭の中が
立ち行かなくなる・・・うちは夫が理解があって、どういう状況でも耐えて
くれるから(笑)言い合いにはならないのですが、許容されてしまうと、
申し訳なくなって、彼の為にちゃんとしてあげなきゃって、かえって、
気負ってしまって、更に焦ってしまいます。
なかなか自宅での仕事は気持と時間の切り替えが難しいですよね。
Commented by yukiwaa at 2008-11-10 09:44
mikiさん、主人が私に注文をつける時、彼のお母さんを見ているんだなぁ~と思う事がしばしばです。姑さんはしっかり者の働き者の明治の女でした。「女中奉公」へ行く時代・・女がするべき事、出来る事を徹底的に教えられて
一人の女になった時代、とても叶いませんが姑さんも舅さんを支えて家業である「京料理屋」を盛り上げ、7人の子供を育て、親戚の世話もして、姑さんの「一言」は今の私にも生きていて、そこから、女性の自立があるんだと思わされました。だから、自分自身のためにも頑張らねばならない・・と思います。
掃除は毎年夫婦で分担してたのですが、彼が最近は「疲れた^^。。」を言うようになり、私がする分担が増えそうです。仕方ないですぅ。小さなボートに乗った二人ですから、バランスを壊したら、ボートは沈みます。
Commented by yukiwaa at 2008-11-10 09:48
佐平次さん、又、「落語」のように私達の生活を見てるでしょう?
でも、それも正解ですね。
所詮、我々はその域を出ないです。

はい!、確かにやりたい事はしそうです・・
私も元気でないと彼も元気でないから。。
でも、老けてきたの。旦那さま。
だから、無理はさせられないのですが・・
Commented by yukiwaa at 2008-11-10 09:50
旅に出てる蛸さん!!あなたが羨ましい~~旅に出るなんて・・。
喧嘩はストレス発散。。生活があるから喧嘩になり、生活があるから喧嘩は収まります。
Commented by yukiwaa at 2008-11-10 09:56
とこさん、このようなお惣菜は二人になれば余計に必要かと思います。
健康維持と経済的と忙しいときに。

二人分の量にして作ればドウでしょう?
今は寒いので3,4日は持ちますよ。勿論冷蔵庫で充分です。
忙しい時、お惣菜があれば、後は魚と味噌汁だけで良いでしょう?スープでも良いしね。
キンピラはごぼうは今は旬でないので硬いです。
レンコンがいいかもですね。
自営だと運動不足になるでしょう。旦那様には低カロリー
でいいかもですね。
マダ、若いから、肉が良ければ肉につけても良しですよ!お惣菜はお腹の掃除をしてくれますから。
常に一品は欲しいものです。