父と母

yukiwaaさんは、身の回りのものを心から慈しんで、一日一日を大切にお過ごしになっておられますよね。これは生活の中で最も大切なことだと思います。私はすっかり忘れていました。

毎日のご飯も、ほんとに嬉しそうに召し上がっていらっしゃる。読んでいて、あんなに気持ちの良いものはありません。

着付け教室、織物教室、サボらないで下さいね。

これは「青い蝉」を書かれているヘンリーさんから頂いた言葉です。

この中の 「身の回りのものを心から慈しんで」という言葉が、なんだか“ほんまやなぁ”と思いました。
大阪弁でいう、うれしがりやなんです。

私の父親は今で言うクレーマー・クレーマーでした。
戦後間もない頃の話です。
そして母は3人の子持ちの戦争未亡人。
その二人が出会い、恋に落ちたか定かではありませんが、お互いの境遇に同情したと言う方が正解でしょう・・。(想像も多いですが・・)
母は父の息子の面倒を見ながら、父は母の息子の野球のユニホームを調達したり(戦後間もない頃は物資がなかったらしいです)で、お互いが好感を抱き・・そして私が生まれました。

しかし平和は長くは続かず、父の妻が帰ってきたのです(ややこしいですが・・)。男に騙されて、帰る所は子供のいる父の所しかなかったようです。
又、父も息子の事を思い許したそうです。

そこから私の母と父のケンカは毎日続いた。

そして父は元のさやに納まったのです。

おばさんは平凡な人。(ちょっと出て行く位はこの時代は珍しくなかったのでは・・想像です)
母は勝気で頭の回転の速い昔の人が言うには「女にしとくには勿体無い」人だったようです。
父は田舎者で素朴でカイショなしで人が良いだけのおっさん・・母に言わせると、そんな人だったそうです。

そんな二人が平凡な生活を営めるはずもなく、暫くして分かれることになるのですが、そこで困ったのは私だけです。
最初は父の姓で学校へ行きましたが、私は返事もしなかったそうです。
暫くして母の籍に入りました。

戦後間もなく母は、16歳、14歳、12歳、3歳の計4人の子供を抱えての
「女の一生」の始まり~始まりでした。
だから、母は仕事の鬼にならざるを得なくて、私は平凡な家庭の幸せをテレビでしか知らない境遇にならざるを得なかったのです。つづく・・・

だから、うれしいんですよ!
自分でタイのアラを料理できる事が・・
家庭に旦那含めて4人も家族がいて、たまに食事が出来る事が・・
小さな庭にきれいな花を植えられることが・・・
苦労して働いて家庭を守っている人がいる事が・・・
そして、人との小さな関わりも・・・・

「生きてるだけで楽しい」と思える人になりたい。

楽しくイキイキ生きていければ幸せ~~。

残りの時間を大切に過ごしたいなぁ~~。




f0181394_19393011.jpg

   幼い頃の私。何時も寂しそうな顔をしてる。。。細いしね。(うらめし~)
[PR]

by yukiwaa | 2008-10-08 16:02 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(15)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/9310880
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2008-10-08 16:57 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-10-09 00:22
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by miki3998 at 2008-10-09 00:58
懐かしい~、 私もこんなお人形さん、持ってました。 お腹の部分や頭の部分がほつれたら、中から藁みたいなものが出てきたりしてね。 

  寂しそうなお顔ですか? 私には ちょっとシャイな可愛いお嬢さんに見えます。 面影、ありますよね。(ずっと以前のお写真、覚えてます)
 ご次男さん、 このころのyukiwaaさんに 似ていらっしゃいますね。

 
   
Commented at 2008-10-09 01:03
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by saheizi-inokori at 2008-10-09 07:10
そう云う幸せを実現しているのはyukiwaa さんの力ですよ。
いいなあ。
Commented by akikonoda at 2008-10-09 11:15
今の自分たちで作った(育っている)家は、いろいろなことが、多かれ少なかれありますが、ずうっと居心地がいいです。

そういえば、最近やっとお花を育てられるようになりました。
いままで、草が勝手に生えている場所に行く事が好きでしたが、身近で花を愛でられるようになったのは、どういった変化があったのでしょう?!
自分でも解りませんが、お花がそこにあるだけで、ほっとします。
毎日の楽しみが増えました。

Commented by yukiwaa at 2008-10-09 12:43
2008-10-08 16:57の鍵コメさん。有難う。あなたが私の姪と同じ名前なのでびっくりしました。今度は鍵でなく、登場してくださいね。待ってますよ。
Commented by takoome at 2008-10-09 12:47
サワディ〜カ〜 
あなたのお母さんに乾杯!
そして、あなたに乾杯!
Commented by yukiwaa at 2008-10-09 12:47
2008-10-09 00:22 の鍵コメさん、もう、いいんです。もう、終わりました。新しい空気を吸いたいと思っては駄目ですか?新しいもうひとつのコーヒーを飲みたいと思ってはいけませんか?
Commented by yukiwaa at 2008-10-09 12:51
mikiさん、下の息子に似てますか?あちらの方が男前ですよ!(親バカです)
人形って好きでなかったのですが、なにやらこの写真は持たされて写っているようです。
蕎麦が入ってましたね。なつかしい~~
Commented by yukiwaa at 2008-10-09 12:52
2008-10-09 01:03 鍵コメさん・確かに一理も二里もあります。もう少し頭を使わないとね~今、止まってますから。
Commented by yukiwaa at 2008-10-09 12:55
佐平次さん、うれしいコメント有難う!!
確かにこの環境で私は「人に恵まれました」と言い切れます。どんな事情があろうとも父も母も子供に対する愛情所以ですから。
強い母をもってたから、ノビノビ育ちました。それに優しい姉。母と姉に感謝です。
Commented by takoome at 2008-10-09 12:58
基です。

あなたのお母さんに乾杯!
あなたのお姉さんに乾杯!
そして、あなたに乾杯!
Commented by yukiwaa at 2008-10-09 12:59
あきこさん、私が花を植えだしたのはやはり姉がやっていたのを見て育ったからだと思います。どんな言葉よりも周りの大人の行動を子供は吸収してゆきます。

長男は高校の修学旅行の時お土産が「植木」でした。おかしいでしょう?見てたんですね。
Commented by yukiwaa at 2008-10-09 13:03
二度のお越しありがとう!げんき蛸さん!
人生を深く考える子に育ちましたよん。複雑な家庭環境のお陰で、でも誰も隠さずオオッピラな家庭でした、皆が一生懸命でした。きょうだいで「あんたのおとうちゃんはなぁ~~」と言う会話してました。
母はどんな気持ちで4人を見てたのか~。
カイショのある母で良かった。
人の良いだけの父で良かった。