鯛・・一匹980円。

鯛・・・刺身で数切れ頂いて、有難がる魚。
鯛・・・正月やお祝い事にしっぱに塩をこしりつけてしっぱをうえに上げて焼く魚。
鯛・・・塩焼きは息子は喜ばないが、我々夫婦は有難く頂く魚。

今日、珍しくスーパーで「養殖鯛980円」と出ていた。見れば45cmほどはある。
「おじさん、刺身にさばいて、アラもおいといてね」
「よっしゃ!(スーパーのおじさんは言わない)皮だけはいとくから。」

いそいそと持ち帰る。
息子達は「焼きそば定食」だけ。
我々夫婦は鯛の刺身と豆腐の味噌汁だけ。

思いっきり、二人で鯛刺身を食べた。甘くてコリコリしてた。
後は鯛茶漬けをしてご飯を二膳も頂いた。
何処がバナナダイエットよ!!
食い意地には叶わんなぁ。



アラはあくる日アラの煮付け。
f0181394_15153453.jpg

チラシ寿司はもらいもの。
同じ町内の魚屋さんがお寿司も売られてて、残れば頂く。
我が家も店のパンが残れば差し上げる。
それでも残る寿司は配達に来る、「卵屋のおじさん」「ハムの配達人」「近くのたこ焼き屋のおじさん、おばさん」にもお昼に食べてもらう。

一日たつがどーも無い。

もったいないから食べる。

日本はどれだけの食糧を捨てているか。。。。

「事故米でもほしい」・・とタケシが言っていた。
アフリカのウガンダでは餓死する子が多い。
食べている子を横でうらやましい思いで見るのが自然になっている。
世界で何も口にせず亡くなる子がいる。

これって、どうにかならんのだろうか?


参考資料(ネットより)

日本ではあまった食糧を大量に捨てています。現在、日本では1人1日平均159gの食べ残しがあります。スパーやコンビニの賞味期限切れや売れ残りなどの残飯量は年間700万トンにものぼり、世界食糧援助総量の70%に匹敵するほどです。とくにロスの大きいものが結婚披露宴で、出される食事の4分の1は無駄になり廃棄されます。一般家庭でも7.7%(うち食べ残し2.9%、廃棄4.8%)の食品の廃棄があります。


また、食糧廃棄量は、食糧援助総量740万トンをも上回り、
これは途上国の5000万人分の年間食糧に匹敵しています。
http://happyneko.jugem.jp/?eid=85  (より参照)
[PR]

by yukiwaa | 2008-10-07 15:25 | シュトーレン・食べ物 | Comments(9)

Commented by nakanokeiichi at 2008-10-07 15:50
鯛ですか~ アラたいたんが一番美味しいですね。

話 変わって 餓死する子
かわいそうだけど われわれ日本人と同じ食生活を全世界でしたら
既に 地球は終わっているでしょう だから  彼らの貧困の上に成り立っている社会に住んでいるだけかもしれません。
だから 何とか全人口を半分に出来ないだろうかと 思うのですよ。
 きつく 怒られそうだけど。
Commented by toco-luglio at 2008-10-08 01:14
私も鯛のアラ炊き、好きです。
特に顔の目の周り。父がここが一番うまいんだと言ったから、いつも
妹と取り合いしてましたっけ。
京都の祖父が背中の青い魚を食べない人でした。
だから、その娘である母も、結婚して関東に来るまで、青魚はしめ鯖しか
食べない人でした。でも、若い夫婦が、関東でそんなこと言ってたら、
子どもを養えませんから、私も妹も青魚でも、何でも食べます。
でも、母はいまだに、あんまり食べません(笑)食べないからか、
鯖にはあたるようになってしまいました。最近はしめ鯖も命がけ。
今でも京都の人って青魚、あんまり食べませんか?
母は、初孫である私の娘が生まれた時、大盤振る舞いして、いつも
娘に鯛とか平目とか白身の魚のお刺身ばかり食べさせたので、娘は
おばあちゃんとこ行くと鯛のお刺身が食べられると、刷り込まれたようで
母に何が食べたい?と聞かれると、いつも「鯛のお刺身」と言ってました。
毎回なので母はいささか「この子は・・・」と思ったようですが、私は内心
可笑しくてたまりませんでした。(笑)
Commented by aamui at 2008-10-08 08:47
ご近所のお付き合い暖かいですね めでたい一日でしたね(^^♪
Commented by yukiwaa at 2008-10-08 14:00
中野さん、参考資料載せました。
日本人の食糧廃棄量は、食糧援助総量740万トンをも上回り、
これは途上国の5000万人分の年間食糧に匹敵しています。・・・そうです。

人口が減らなくてもやりようがあるのではと思います。
でも、確かに彼らが食べれない状況の裏には我々の豊かさがある。

野菜・青魚・少しの肉を食べても十分、栄養は足り取るんですものね。
残し物を毎日、出していて何時も矛盾を感じます。
先日も、ホームレスの方がゴミ箱あさられていました。
主人は散らかるので嫌がりますが、私は「いいやん」と言います。主人も「おっさん、後始末しといてや!」とこの頃は言うそうです。悲しい時代やなぁ。。。。
Commented by yukiwaa at 2008-10-08 14:06
とこさん、京都人(旦那)は贅沢しません。贅沢するのは恥ずかしい事と思っています。(色んな人もおいでかと・・一概には言えませんが)
私も染み付いて、魚は「青魚」が殆どです。体にも良いしね。
だから、珍しい鯛を取り上げました。
我が家では珍しい食べ物なのです。鯛の刺身は。

でも、誤解のないように京都の人は冠婚葬祭にお金をかけます。「家」制度がしっかりと残っているからかもしれませんが。「家長」と言う感じでした。おじいさん、お兄さんまでは・・これからはどうなるでしょうね。変わると思いますが。
Commented by yukiwaa at 2008-10-08 14:09
aamuiさん、ほんとそのシャレ・・・よく言いましたね。

ご近所と繋がりは食べ物だけか・・と言うぐらい疎遠になりつつありますが、自営はその点繋がりがありますね。
有難い事です。
Commented by yukiwaa at 2008-10-08 23:12
主人の父親が生きていたら、104歳です。母親は102歳。二人とも72歳で亡くなりましたが、主人の家も町屋で旧家です。先日も法事で集まったら、「家系図」作ると、三番目のお兄さんが言ってられました、天保時代まで分かっているらしいです、160年ぐらい。
姑は近江の人でしたので、とこさんの言う意味よく分かります。
教育と冠婚葬祭にお金をかけたのは主人の両親も同じで、昔の京都人ですね。お爺様も。感じが手に取るように分かります。全て、京都らしくてよく和かります。京都の良い時代ですね。京都人は京都と言う範囲はとても狭いんですよ。
とこさんはお爺様探訪したいみたいですね。

私は何時までたっても「よそ者」扱いされてる気が今でもする時があります。
それ位京都は閉鎖的。でもその閉鎖的が、町と伝統を守り続けてこれた。そんな京都が今は好きです。

京都は一概には分からない町です。
Commented by yukiwaa at 2008-10-09 14:08
鍵だと、鍵コメですと書かないと分からないです、ログインすると皆同じなので。宜しくね。

良いんですよ。あなたの言葉全て分かります。

鼈甲の眼鏡と、祖父の着物、祖母の和箪笥・・・良いものがありますね。
私も姑のたんすふたさおもらいました。嫁入りの時のです。着物も姉や母のを直して着てます。
古いものは良いですよ。着なくても色んなものにリメイクできます。でも、出来たら着てほしいなぁ~~
着物って異次元の世界へいけるようで、気分転換に良いですよ。「着付け」やってます。
Commented at 2008-10-17 13:42
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。