ちりめん山椒と水なのサラダ

f0181394_14524291.jpg

ある日の夕飯。
おでん・ちりめん山椒とふきの小さいのん(?)・かもなすの煮浸し(うなぎのタレを使いました)

世間はサブプライムローンで、大変です。
株価が下がり、企業がダメージを受けても
我々は食べていかないといけません。

実態のない経済がつぶれて~世の中がどう変わるのでしょうか?
難しくて分からんけど、

今日も生活は続けないといけません。

しっかり食べて明日に備えましょう!!
[PR]

by yukiwaa | 2008-10-03 15:04 | シュトーレン・食べ物 | Comments(18)

Commented by takoome at 2008-10-03 16:00
やっぱり日本のご飯はええねぇ・・・・・
Commented by toco-luglio at 2008-10-04 00:38
賀茂なす!こっちではあまり見かけません。美味しそうですねぇ・・・
昔、賀茂なすの田楽を母がよく作りました。
田楽みそを、なすに塗るのが私の係りで楽しみでした。
ふきもちりめん山椒もよく食べました。
関東に住んでいても、食事は京都風な実家でした。
Commented by yukiwaa at 2008-10-04 14:13
takoomeさん、食べたいんじゃないですか?
蕗とちりめん山椒なんて、ほんと箸休めにいいですよ。
タイではどんなものが箸休め的なものなのでしょう?
Commented by yukiwaa at 2008-10-04 14:30
とこさん、賀茂なすは田楽なんだけど、男どもはあんまり食べないので、私好みで煮浸しにしました。煮崩れが普通のなすびよりもないです。でも、やっぱり水っぽいかなぁ・・だから、出汁と醤油とみりんだけでは頼りないので、うなぎのタレが残ってたので、それも出汁に入れて少し濃くしました。
佃煮が高い!!中国産は安いけど・・ナカナカ手が出ない。
それなら自家製で・・・山椒は時期の時に、そうじしておいてのを熱湯にさらっと通します、(熱湯には軽く塩)真っ青になります、山椒が冷えたらお酒と白醤油(10対2)位の中に浸しておくと・・1年でも2年経っても使えます。
山椒のピリピリした舌にくる強烈さは消えて、日本的な煮物、煮浸し、和え物、佃煮なんでも使えて便利です。
来年はやってみられては?
Commented by takoome at 2008-10-04 15:44
箸休め・・・・・そんな物はの代物です。
ないですよ、食べてませんよ,
チリメンジャコはあるんですが随分塩辛いのです。
Commented by yukiwaa at 2008-10-04 20:01
塩辛いチリメンジャコ・・・水に浸して、塩を抜き、キッチンペパーで水分をとり、レンジでもう一度水分を飛ばし、油でサットあげてサラダに入れればドウでしょう?

私はみずなをざく切りにしたのと、大根を千切りにした中に(色付けに人参を千切りしてさっとレンジしたのも入れても)油でさっと揚げて、パリッとしたチリメンジャコを入れて、混ぜ、ドレシングをかけてサラダにします。美味しいよ!みずなの代用になるものがそちらでもあると思いますが・・その様にしてチリメンジャコ頂けませんか?

ドレッシングは和風にしたければ、自分で作れば良いです。
サラダ油に酢をいれて撹拌して、濃い口醤油を入れます。出来ればたまねぎのみじん切りも入れます・・・出来上がりです。
和風ドレッシングだけでは物足りなければ、そこへ好みのドレッシングを混ぜてもGOOです。
私はゴマドレッシングを少し混ぜます。
お試しあれ・・
水に浸す時間はほどほどに・・
少し塩辛さが残れば、ドレッシングで調節を・・
Commented at 2008-10-05 08:06
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by akikonoda at 2008-10-05 08:15
かもなす、いいですね!
なぜか鴨川?!を思い出しました。
Commented by yukiwaa at 2008-10-05 15:16
2008-10-05 08:06 の鍵コメさん、涙が出そうです。いやっ、出てます。ありがとう。ありがとう。ありがとう。

疑心暗鬼で、此処何ヶ月かが過ぎてます。
誰もいない荒野に一人残されたような気持ちにもなりました。一人でも、理解していただける方がいて、ホッとしました。ほんとに、ありがとう!
Commented by yukiwaa at 2008-10-05 15:20
あきこさん、歳がいくと野菜が美味しいです。賀茂なす、結構、しっかりものなのです。
焼いて味噌つけて食べると、食べ応えありそうです。

来年は味噌です。

鴨川・・・良いですね。京都は山と河が良い!!
なんのこっちゃ~~でした。
Commented by hiranuma-nasubi at 2008-10-05 15:56
なすび、美味しいでしょ?
Commented by toco-luglio at 2008-10-05 16:03
yukiwaaさん、レシピの御伝授ありがとうございます。
実家の庭に山椒が植えてあるので、早速、この方法で保存してみようと
思います。ちりめん山椒、娘の大好物なんですよ。
yukiwaaさんのレス、コピーしてWardに保存させていただきました!
Commented by yukiwaa at 2008-10-05 16:31
とこさん、それならもう少し詳しく・・
山椒を掃除して塩入熱湯でさっと湯に通します。これはあく抜きです。それから冷水にとってすばやく冷やします。これは山椒の色を美しいまま保存するためです。
酒はアルコールを飛ばしてから、シロ醤油(これも色を気にしてますが。しろ醤油は一般の醤油よりも辛いですから、此処はお好みで)を入れて、保存。冷蔵庫に保存すると、きついピリピリが取れますがピリピリが好きな方はそのまま冷凍庫ですね。何にもつけずに。
今回のは広範囲で使えるようにたっぷりの酒としろ醤油に漬け込んで冷蔵庫に入れます。
これは本職直伝です。主人の実家が「京会席料理店」なのです。
Commented by yukiwaa at 2008-10-05 19:50
なすびちゃん、来てたんだ!
賀茂なす食べて、なすびに会う。
煮浸しはなすびちゃんのテリトリー。賀茂なすの出る幕でない。
初めての浮気。。。
Commented by toco-luglio at 2008-10-05 20:40
yukiwaaさん、詳しく書いていただいてありがとうございます。
京懐石料理店直伝の技とは・・・感動です。
このレシピと先のレシピを編集して、要保存にさせていただきます。
ありがとうございました。
Commented by hisako-baaba at 2008-10-05 22:16
このおばんざい最高!!良いですね京都の味。

上のレシピ頂きます。
Commented by yukiwaa at 2008-10-06 14:13
とこさん、ありがとう、小魚を煮詰めて甘露煮の手前の時も入れるといいらしいです。たけのこなんか薄味で煮詰めて最後に緑色の山椒を入れます、きれいよ!でも山椒は手早くそうじして、処理しないと、色が悪くなります。
Commented by yukiwaa at 2008-10-06 14:14
ひさこさん、これは使いがってがいいですよ。あまりピリピリしないけど・・