モジリアーニと竹久夢二・・とクリムト。

モジリアーニ展は9月15日まで。

f0181394_14514214.jpg


  中ノ島国際国立美術館

木曜日の「着付け」をさぼり、以前から約策してた友人と出かけた。

若い頃、この人の「絵」に惹かれ京都の美術館へ見に行った事があった。
それが昭和48年・・それから35年ぶりの再開であった。

f0181394_14523115.jpg


  昭和48年に京都の美術館で買った本。


裸婦スケッチが多く、出品作品も多くて、初めての中ノ島国際国立美術館は広くて、見ごたえがあった。

所々に、長いすがあり、休憩できるようになっていた。

モジリアーニのスケッチが「絵描きの」それと違うのでは??と感じながら見ていた。
ある長いすに座られていた派手目のワンピースに民族的なアクセサリーをつけた、足の悪いご婦人に私は思い切って尋ねてみた。
「絵お好きなんですか?」
彼女は、怪訝な顔もせず私に答えてくれた。
「主人が彫刻家だったんです。モジリアーニも彫刻家希望でしたでしょう。
彼の彫刻良いですよ!」
「あぁ、あの裸婦のスケッチ図、画家らしくないんですが・・」と恐る恐る聞くと
「あぁ。あのスケッチは彫刻家のスケッチですよ!。太い線、強調した部分。バランスは二の次でしょう」。と彼女。

そうです。素人なので詳しいことは分からないけれど、「あのバランスのなさ」が私は不可解でした。

「なるほど・・」

もう一度彼の作品を見てまわる。
昔、彼の作品だと勘違いしてたのが今回、クリムトの絵だったことが分かる。

私が若い頃モジりアーニに恋してた頃、
主人は竹久夢二に惹かれてた。

不思議な縁で私は主人と出会い、竹久夢二ともであった。

35年ぶりに、頭の中で混乱してたクリムトとモジリアーニと竹久夢二の絵を並べて見てみたい。

f0181394_14553557.jpg


 クリムト(1862年~1918年)ユーデュト

f0181394_14574921.jpg


 竹久夢二(1884年~1934年)黒船屋

f0181394_14592991.jpg


  モジリアーニ(1884年~1920年)黒いネクタイの女

偶然なんでしょうが、似てませんか?

夢路とモジリアーニは同じ生まれ年。肺結核で亡くなるのも同じです。
夢路は32歳の時東京を離れ、京都二寧坂に転居。






絵画鑑賞の後は1年ぶりの友人とのお喋り。
彼女とは40年近く、近寄らず、遠からずの関係で続いている。
気の置ける友人です。
彼女は2人の子供をつれて13歳年下の彼と再婚した。
彼が60歳で定年退職なるまで自分も働くと言う。
彼女73歳。
「若いやん。70ぐらい・・」だって。
彼女はめっちゃ「前向き」
いつもエネルギーをもらう。

だから、今日は元気です。

私も「フンドシの紐」を締めなおさないと・・
あらっ、お下品な言葉(笑)。
[PR]

by yukiwaa | 2008-09-12 15:18 | 生きものいきいき | Comments(4)

Commented by saheizi-inokori at 2008-09-12 19:53
確かに似てますね。
私は今日渋谷で「ミレイ展」を観てきました。
絵のことも詳しくないですがいい絵をじっと観ていると心が和んできます。
元気が出てきます。フンドシがしまってきます^^。
Commented by yukiwaa at 2008-09-13 13:53
ご来店?有難うございます。
主人が竹久夢二を好きで私がモジリアーニ。
とても似ていてどちらかが影響受けたのかなぁと思いましたが、年代も同じなので、あの時代のアンニョイな雰囲気がそうさせたのかなぁ・・と国は違っても、芸術家が感じる時代感が似ていたのかなぁと思いました。
「ミレイ展」、心が和んで、フンドシがしまり(笑)ましたか^^

元気で笑えるような日々を送りたいなぁ・・とつくづく思います。
Commented by antsuan at 2008-09-13 16:30
そういえば、そちらへお邪魔したきっかけが、竹下夢二の絵が飾ってあったからでした。母方の祖母と夢路の恋人が友達で、遊びに来たことが会ったそうです。
Commented by yukiwaa at 2008-09-13 19:56
あんつぁんさん、よく来て頂きました。
そう言えば、思い出しました。
すごいですよね、夢路の恋人は何人かいたみたいなので、どの方か知りませんが、昔は男女の仲が
今よりは自由奔放だったのでしょうか?
今はシガラミだらけで、自由なようで自由でない。
たいした記事は書けないですが、これからも宜しく・・