ありがとう。

8月の23日に次男から、突然「結婚式のスライド出来る?」と聞かれた。

「うんっ、」と答えたものの、「すだち君」にブログで尋ねる事に・・
丁寧にメールでの返事・・・
私も"拡張子”などはソニーに電話してサポートを受ける。
どうにか出来そうなので、
次男に「出来そう・・」というが、彼は私に任せるのではなく、
自分でするつもり。

「分からない事だけ教えて」と言うがそれが大変だ!!
半人前の知識のものがクオーターの知識の者に伝える。
至難の業。

が、そのブログでの「スリランカ頼り」の人が
親切に自分で作られたスライドを「時間限定」で見せてくださった。
息子には事情を言い「見本」を見て参考にするように言う。

夜の11時過ぎにその「スライドの見本」はきた。
"約束のもの”として。
息子と二人で見た。見ながら私は眠りについてしまった。

それから、写真やCDが揃ったのは、8月の末。
結婚式は9月15日。
急がないと^^^

何やかや言いながら息子は友人の結婚のスライドをつくった。

息子の友人は高校の1年の時、
父親をなくし、母一人子一人になる。
その後、「やんちゃ」をしながら、親不孝もしながら、
高校も中退して・・母親とぶつかり家を出る。
いろんな災難が彼を襲った。何人かの友人は離れていった。

私も母としてヒヤヒヤしながら息子と彼を見ていた。
いやっ、いらん事も言ったと思う。。。。
でもいつも息子はぶれない。
「あいつは友達やし・・」。と言い切る。
私は生唾を飲み込んだ。
黙ってみている以外ない。

何年かたって、彼は大工さんなった。
親方にも恵まれ、真面目になり、親の元に戻り、
母親思いの息子になっていった。

スライドを作る時息子は彼が、学歴がないので、
「~~時代」とは書けない。
そこをきずかって、とてもシンプルに仕上げた。

音楽はヒップホップ調の曲で「RSD」アーチスト。
アルバム「DICE」曲は「感謝」だ。女の子の幹事が決めたらしい。


ちなみに息子の友人は父親が亡くなった時に、
その保険で買っておいた土地に自分で家を建てた。
新居だ。いずれ母親も住むという。

ここに、
ブログで協力して下さった彼(旧姓セイロベンケイさん)
にも「ありがとう」。
息子は貴方のアドバイス「写真1枚だいたい7秒」を
基準に作りあげました。

スライドの一部です・・
















息子は11月の国家試験の勉強が棚上げです。
 「マズイ!」と言ってます。
 結婚の「司会」もするようで・・・これ以外にもビンゴの景品の用意。
 毎日遅くまで仕事して、友人の事に奔走する
 試験はすべるかもしれないが、もっと大事なものを彼は「実感」として
 感じていることだろう。
  
 母は頼もしく見ています。
 駆け引きなしの貴方の態度ーーGOOです。
[PR]

by yukiwaa | 2008-09-09 15:53 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(8)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/9024738
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by miki3998 at 2008-09-09 20:23
駆け引き無しのあなたの態度・・・>
  ほんとうですね。 グゥ~です!
 お友達もそうですが、息子さんもしっかり成長なさっていますね。
 ほんと、頼もしい!

 どんなことがあっても 息子同様、その友達も宝物なのだと思います。 じっと見守ることがどんなに大変か、私もちょっとだけ分かるつもりです。 偉そうにすみません。

  結婚式、無事成功しますように。
  そして息子さんの試験も・・・・。 祈ってます。
Commented at 2008-09-09 21:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hiranuma-nasubi at 2008-09-10 05:42
私も遠くから、雅則君と藍子さんと、それに繋がってる人々の幸せ、祈ってますよ~~~~~。
届いたかな?
Commented by cazorla at 2008-09-10 06:46
ちゃんと その若さで 家を買って 
堅実でしっかりした 男の子ですね。
お幸せに。
Commented by yukiwaa at 2008-09-10 15:09
mikiさん、
スライドの製作に親子であたり、息子からは「仕事の話」をよく、聞くようになりました。
今日、明日と20時間労働です。昼は家の配管。これは民間からの仕事です。
夜は本管から家に引く菅を鉛から塩化ビニール(?)に変えるそうです。それは京都市の仕事です。
あまりのハードさに親としては心配です。
寝不足で交通事故に会わないかと。
でも人は額に汗して働いてこそ、
色んな事を体から学ぶと思います。
それは強いんではないかと思います。

とくに、男の子は大事なのかなぁ・・と思いながら
横目で見ています。
Commented by yukiwaa at 2008-09-10 15:19
鍵さん、貴方にこの場所を知らせた方に感謝です。
「もう、一杯のコーヒー」は主人と恋をしてる時に何度も聞きました。
「あの人ともう一杯コーヒーを飲む時間がほしい・・」等と思いながら(とても、トンチンカンでした)
でもこの曲の意味は、違うんですね。
「人生を又、違った角度で見ようとした時の、歩き方を変えようとした時の・・もう、一杯のコーヒーなんですよね。
デュランも変わり目だったのでしょうか?
私も、もう一杯のコーヒーを飲んでみたいものです。
Commented by yukiwaa at 2008-09-10 15:21
なすびさん、届きましたよ~ん。
若い子が出発する。いいもんです。このような事に関われた事は私としても大切な経験になりました。

息子にも良い経験です。
Commented by yukiwaa at 2008-09-10 15:26
カソルラさん「家を買った」のではありません。
父親が亡くなった時にお母さんが土地だけ買っておいた。後の生活は彼女が3Kの仕事をして支えました。だから、大工さんである息子の友人が家を建てた。勿論彼の工務店と協力して・・
お母さんの苦労が実ったのでしょう・・

厳しいお母さんでしたが、最後は「大きな母」なり、息子を送り出したのでしょう。
偉いなぁ・・と思いました。