初心者に戻って

自分の引き出しもさび付いて、思い出せないもののあるなか、初心者に戻りひとつづつ、思い出そうと思います。
以前は分かっていたつもりでも、慌てていたので、先を急いでばかりでした。ほんとに分かっていたのか怪しいものです。
整経は輪整経と着物などで使われている普通の整経をしました。
筬に入れてかまちに収め、筬、ソウコウと後ろから経糸を通すやり方、勿論後ろは括ります。筬、ソウコウ、後ろへ経糸をつなぎ、巻き取ります。それから前のフロントビームからくくるやり方。

もう一つは輪整経、両端を輪にして後ろのバックビームから経糸ビームに巻き取ります。巻き取ってから綾をみてソウコウ、筬と通して、フロントビームへくくるやり方。

それぞれ整経の仕方も違います。
なんでも出来るのは普通の整経と機かけの様です。

今回は、輪整経にしました。経糸の長さが均一になりやすいのと、ソウコウから筬に通す方が私はやりやすい。
綾返しもないので。

でも、糸数が偶数だと楽なのですが、奇数になる模様はあり、悩んでいました。
スタート点で糸を次の糸と括るのは抵抗がないのですが、最後に切るところがあり
最後の輪の所で糸が終わるのがあり、如何すればいいか迷いましたが、ここでも次の糸とと括ることにしました。その場合は1本づつの整経になりますが、仕方ありません。
模様と、地色合わせれば偶数なのですが、模様は3本づつ3色なので迷いました。

f0181394_17183416.jpg
 少しぼやけていますが、↑の綾が本綾。左の綾が荒筬に乗せるときの、数を確認するための綾。
筬が5/cmなら5本づつ 綾をとればいいのですが、奇数はややこしいので、10本にして荒筬に乗せるときに
分けようかと・・・これなら、本綾と同じにした方が良かったかもです。

今日のは練習ようです。練習しないと怖くて^^^^

f0181394_17184493.jpg
以前の教室で買った糸、青色の経糸だけ材質が違ったようでした。少しちぢみましたが、家で使うので
大丈夫です。2年以上前の整経の糸でした。
情けない位、失敗しました。でも織り終えたのでホーです!

これから練習で、経糸をはります。明日になりそう・・・です。
久しぶりの織・で・し・た。


[PR]

by yukiwaa | 2017-08-18 17:48 | 織りものゆたゆた | Comments(2)

Commented by mackworld at 2017-08-24 07:12
■こんなややこしい作業はオッサンには99.99%不可能だす。
プロのオッサンは生活がかかってるから必死こいて学習するんだろうけれど、リタイアしたオッサンが片手間でやるのは到底無理だすな。
Commented by yukiwaa at 2017-08-25 14:55
私も、リタイア組ですから、たいして変わりませんが、
やはり、大きな織機を使いこなしたいので、やってますーー