あの頃の思いのまま生きてきた

杉田二郎さんコンサート行ってきました。
今年は1月から体調不良で始まり、人間関係も思わしくなく^^^余計に体調を崩したのでした。

実際に歩けないぐらい腰が悪くなると、人に言われた事、こちらから見ると「失礼」と思われる事も対した事もなく
「なんちゃ、ないさっ」と思えてきて、ただ身体がもとに戻ることだけで精一杯でした。
そんな毎日の時間の過ごしかたは一応に「無難」な過ごしかたになる。

積極性が乏しく、活力がない。

そんななか、思い切って西梅田に出かけたの「違う空気」がすえて、楽しいものでした。

おばさんが多く、おじさんも多く、車椅子のかたも、ご主人に連れられた御病気の方も、・・・みんな「元気」をもらいに
若かれし頃の思い出に浸るために、それになんといっても「温かいコンサート」でした。
手拍子もあり、声かけ・・ジローちゃん!!・・もあり、1時間後の途中休憩もあり、年代を考えた演出がありがたく
会場で出会った福岡弁の可愛いおばさまと仲良くなり、一人どうし・・と言うこともありで、6時にコンサートが終わると
時間を忘れて食事しながらお話すること・・<また会いたいねっ>と連絡先を交換して別れたが、しばらく元気な彼女の
「なんちゃ、ない」「ありがとさん」が耳から離れずすっかり気分転換して家路についた。

話すこと3時間・・・女っておそろしか!!(笑)

福岡弁っていいねーーー。再認識さっ。

北山修さんは白髪がダンデーでしゃべくりがテンポ早く、頭の良さが際立つ。言葉が楽しく、「やっぱかわってない」と思った。スタイルも若い頃のまま・・・スタイルが若い頃と変わらない人は精神的に若い頃と変わってないのでは?と思った。
物事の受け止め方は変わるだろうが、芯にあるもの・・・が変わってない。そのように感じた。
時たま亡くなった加藤和彦の話題をだすのも彼が「意識的」に<加藤さんを忘れないでやってほしい>・・という友人の熱い思いからだと感じた。
私は何度となく熱いものが込み上げてきて泣きそうになった。

時間は過ぎました。
でもあの頃の思いがあってここまで生きてこれた。
それは私も同じよ!!と会場と一体になり、みなの歌が我々の時間を超えて、
飛んでゆく。

写真はすべてNGでした。ので西梅田の地下のポスターを~~

f0181394_14452272.jpg

f0181394_14460501.jpg

  
   最近出かけて感じる事はトイレがどこでも手を出せばお湯でも水でもでて、風もでて乾かしてくれる。
   建物がすごくきれいで店がたくさんある・こないに作ってもエエんやろうか?と戸惑うぐらい「きれいやなぁ」。

f0181394_14500149.jpg

    日本が先進国になった証拠をそこにもここにも出したがっているようにみえる。
    もっといいもんがあるやんかと心ひそかにおもった。
                 




[PR]

by yukiwaa | 2015-11-09 14:34 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/24655204
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mackworld at 2015-11-09 15:00
■誰もかれもが総立ちになってヒートアップする今の若年層の喜ぶアホ臭いコンサートは
行きたくないだすなー、音が出ている時に突っ立って聴きたいのなら超巨大ダンスホールにでもセッティングすればよいのんぢゃー、クラシカルな音楽界並みに静かに音楽を楽しまんかい、と言いたいしキャーキャー煩い会場は肝心の音楽と歌詞が泣くわいな。
杉田二郎どんはまれにみる声の良さで奏でる音も良いから充実したコンサートでしたでしょう、北山修どんは医師(精神科?)だったから気配りは抜群で話にも「和」があったのだろうなぁ、よかっただすな(^.^)
Commented by antsuan at 2015-11-09 17:00
これで当分、若返りますね。
Commented by yukiwaa at 2015-11-10 09:21
マックさん!おはよう。
行ってきました。来年も会おう・・と彼女と約束。
彼女との出会いというお土産も頂いて、二郎さんが温和で温かい人柄だと、何よりも
良い年の取り方をされていて・・・新しい、まだ未発表の曲も歌って頂きました。
我々の年代が「まだ、まだ元気なのだ。ふと振り返ると次の世代が追いかけて^^追い抜いてゆきそう~~、でもここまでしっかり歩いてきたんだ~~♪」と新しい曲がありました。北山さんの本もたくさんあり・・でCDにするか本にするか迷いました。がCDにしました。一体感がすごい!!北山さんは加藤さんが横にいるみたいでしたよん。
Commented by yukiwaa at 2015-11-10 09:30
あっちゃん!おはよう。
確かに1週間は「幸せ感」がありますよん。
何よりも「良い年の取り方をしなくては、それには心身共に健康で、元気でなきゃ、それに行動的でいなくちゃ」と思いましたよん。
二郎さん、一部と二部のコンサートの最後に舞台でギターをもって歌った後、軽く両足をそろえて飛ぶんだよ。まだまだ、飛べる年代だよ!というメーセージを感じたんだよん。会場大爆笑・・元気が拍手になり共感が音楽になってゆく。良いもんでしたよん。
今日はソフトジョギングして嵐山めがけて歩きながらも走りましたよん。
北山さんも杉田さんも京都のお人。なんだか嬉しくて~~
Commented by at 2015-11-10 19:00 x
先進国って、人の不便がない事なのでしょうか?
その意味が分からなくなって来ました。
Commented by yukiwaa at 2015-11-10 21:28
蛸さん!戦後生まれの私には、お風呂もなく、おトイレはボットンでした。
家族は、皆働き続けて、我々はほったらかしでした。
幼稚園も行きませんでした。トイレが怖かったのです。
小学校のトイレも怖くて、色々な逸話が出回っていました。
低学年の時は怖くて使えませんでした。

そんな私の経験からみたら、すごいトイレが「お金持ち」になった、経済的な事が、これが=先進国と思うのは問題がありますが、いかにもそのように歌っているように、
観光立国を目指しているからか?立派なトイレが多いんです。躊躇してしまうこともありで、それを書きたかっただけなんだけど^^^人の不便がない事・・・とは一概にいえないでしょうねっ。