手術??

今日は、7月20日過ぎに予約していた手術がうまくて有名な先生の所へ診察へ行ってきた。

「何時までも、シルバカーを持って歩かんと歩けないのなら、手術も考えた方が良いのでは?」
「今で、2か月足らず、9月いっぱいで3か月、3か月がめど・・いたずらに我慢すると神経を痛めるのでよくないです。
 少しずつ、良くなっていってるようであるなら、このままでも考えても良いのでは・・と思いますが」

9月が期限か?・・・・

「まだ若いので手術も考えていいのでは」
「どのような手術ですか?」
「内視鏡と顕微鏡も使います、2cm位の切り傷で1週間の入院です」
「どこを切るんでしょうか?」
「少し出た軟骨、それに神経に当たっている飛び出た部分だけの椎間板を少し、」
「黄色靭帯は切らなくていいのでしょうか」
「黄色靭帯も少し切ります」
「手術時間は40分、1時間はかかりません」

今までと違う診断・・・・1週間の入院、それに切るところが皆少し・・であるところ。
「再発する可能性はあります。術後の安静とどうしても椎間板が出てくる時があります」
・・・・・なるほど。

どうしよう・・・帰りに「仕込み」があるという主人に付き合いモノポールへ向かう。
  ガレージからモノポールまでシルバカーを使わずに歩いてみた。
  たいした痛みもなく歩けた。
  せいぜい、4,50mでしょうか?
  今日は散歩もできていないので、負担が少なく歩けたのかもしれない。

10月はシュトーレンの仕込みが始まるので・・・手術は微妙^^^

  がんばりますーーーー

      
f0181394_14443571.jpg
昼寝中十兵衛。
下の息子が大好きで、家に来るとドアを開ける前から玄関で待っていた十兵衛。
最近はそれほど喜ばなくなりました。
息子が、今までのような気持ちで十兵衛に接してないのが分かるのか?

十兵衛は私が腰が痛くてたまらん時は散歩でも歩調を合わせていたが
今はわがままを言う。
アッチ行きたい、コッチ行きたい
と私を振り回す。
少し良くなってきたのがわかるよう・・・
ワンコは賢いねっ。


[PR]

by yukiwaa | 2015-08-25 14:50 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(12)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/24400708
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mackworld at 2015-08-25 21:08
■ワンコは飼い主の健康状態をあの優秀な鼻でかぎわけるといいますからなー。
Commented by yukiwaa at 2015-08-26 19:20
まっくさん!こんばんわ。
そうですよね、確かに^^^
可愛い十兵衛ももうじき9歳になります。
Commented by たけもも at 2015-08-27 12:30 x
今度のドクターは安心してご自分を任せられる方だといいですね。
十兵衛くんの寝顔、安心しきってますね。
きっとおうちの方の不安が少し薄れてきているのがわかって、今まで我慢していた分、甘えん坊になっているんでしょうね。「次は僕を一番にして!!」って。
Commented by at 2015-08-27 15:51 x
何方にしてもあなたが選ぶ道、で、何方を選んでもそこそこ茨。
後悔なきよう、お気張りやす! Good luck!
Commented by yukiwaa at 2015-08-27 21:58
たけももさん!こんばんわ、
そうでしょうかーーわからん状態です
Commented by yukiwaa at 2015-08-27 22:08
蛸さん!こんばんわ、
何方を選んでもイバラ・・・手術は最終手段。

気になるのは、椎間板ヘルニアと脊柱管狭窄症を分けて診断せず、若いからこのまま
良い状態にならないようだったら?・・という手術。

分けて診断してほしいのと、今の右足の痛みはヘルニアから・・と以前の先生からは聞いていて、脊柱管狭窄症は軽度だと言われていること。
それに、すこしづつ良くなっている・・・と私的には思うのですが、先生の言う「良くなること」がどの程度なのかわからない。それに期限を限られるのは・・どう受け取ればいいのか?
悔いなく気張るんやったら・・・手術せず、他の手段でヘルニアや脊柱管と闘いたい・・と思っています。痛みを抱えて頑張ろうかと^^^
あと一度診察があるので、その時までの決めないとあかんのが辛いですが^^
Commented by at 2015-08-27 23:27 x
では、一つ。中にはええ先生も居てはるかも、けど、病院は会社であり、ドンドン黒字にせにゃなりません。
それを考えて決心致しましょう、

何より、あなたが自分の体の事をクリヤーに解っとかなあかんねんで。で、納得する治療を選ぶ。
“辛い” 何が? 自分で決める事が出来るんやで、幸せやんか、
何もかも無くして、自分で決める事が出来んで、そんな人等がいっぱい居てはんねん。
そやから、大事に一生懸命、体の事を思ったら”辛い”は無くなると思うで、
Commented by yukiwaa at 2015-08-28 20:14
蛸さん!こんばんわ、
<何より、あなたが自分の体の事をクリヤーに解っとかなあかんねんで。で、納得する治療を選ぶ。>
そうなんやと思う。
辛くない・・痛いだけ。
自分で決める事です・・と7月に行った病院でも言われた事があります。
きっと手術はしないと思います。その方が張り合いが出ます。
毎日の午前中だけの仕事が結構リハビリになっているみたいです。
何も持たずに歩く練習・・少しづつやってます。痛いはズートついてくるので
たまにイラッとしますが、粘ってリハビリへを頑張ります。

ほんまっにありがとう!!しっかり受けとめたよん、
Commented by hiranuma-nasubi at 2015-08-30 10:28
yukiwaaさん
腰痛は辛いですよね。どんな病気でも、なった人は辛いですよね。私の場合はyukiwaaさんのより凄い手術になる予定でした。どんな手術かは、また今度お話ししますが、北海道でも、五本の指に入る名医に、入院日を決める段階まで進んで、最後にドタキャンしたんです。あんたみたい中途半端なネットの知識持って来て、なんも分からないのに、変な質問するんだったら、他の病院行ってくれって、言われました。裸ん坊になって身を委ねるんですから、本当に信頼出来る先生でないとだめだと思って。  つづく
Commented by hiranuma-nasubi at 2015-08-30 10:43
あくまでも私の意見なので、あまり参考にならないですが、yukiwaaさんの手術は、腰椎の手術の中では割と簡単な方だと思います。私の知り合いのなかには、やってよかったと言う人もいます。
ただ私は、一番いいのが手術しないで治ること、しかし、最新のテクノロジーを無視して、快適でない暮らしを続けるのは、具の骨頂だとおもうのです。手術しないで治すのは、とても努力がいります。なぜそうったか体と心の修正をしなければならないからです。努力が必要です。 つづく
Commented by hiranuma-nasubi at 2015-08-30 11:07
三年前の私は腰痛で立てなくなって、オムツになりました。お医者さんは、治る事はない、将来車椅子になるといいました。インチキ整体師は、脊柱管狭窄症で死んだ人はいない、手術するなと言いました。31歳で盲目、車椅子の娘さんを持った、私の友人は、車椅子になることを怖がらないで、と言いました。
私は、手術するのを少しでも先延ばししようと、思っています。
yukiwaaさんは、手術してよかったと思うかもしれません。だから悩みますね。
お医者さんの選ぶひとつのポイントは、期限を決めない人がいいと思います。よく考えて、ゆっくり決めて下さいと言うのが、本当の医師の姿勢です。術後の不定愁訴も良く聞いてくれる人。そして、この人好きだと思えるお医者さんを選んで下さい。長々と、失礼しました。
お大事にしてください
Commented by yukiwaa at 2015-08-30 17:01
なすびさん!お久しぶりです。
みんな、狭窄症・・・の話するんやね。
私は腰痛の椎間板が神経根にあたっていてそれが足に痛みをおこしているらしいのです。これはほっといても小さくなるので、最近は手術しないほうが多いらしいのです。
ただ、仕事に影響する働きざかりの男の方は「手術」を選ぶようですが、最近は内視鏡で小さな傷で40分ぐらいで終わるらしいのです。
これは狭窄症とは違います。
丁寧な先生は分けて診断します。
かかりけの先生はMRIも違う角度から切ってみるということをしてくれました。
それで、狭窄症は軽いらしいのです。狭窄症の場合は3か月ぐらいが目どで、それ以上
ほっとくと脊柱管の中の神経の束を傷つけるらしいのです。根拠があるのです。
でも気になるので、セカンドオピニオンをその先生に紹介してもらいました。
これが最後の診断になるとおもいます。

それでも、仕事もできていて、家事もできているので、慌てないで考えます。

それに、手術の時の同意書は私はビビります。

どちらを選んでも多少の茨の道…これを覚悟して・・・自分で決めます。

ありがとうございました。