色々な診断

今まで、色々な腰痛は経験していたが、今回のは、左ひざ下外側が電気が走ったように痛かった。それでも単なる腰痛と思い仕事をいつも通りしていたが、ある日の朝起き上がれないぐらい痛みが襲い、めまいもした。その日は店を休んだ。
主人も「臨時休業」の張り紙をして店をするのをあきらめた。
その日、私は「シルバカーがほしい」と主人に言い、近くの店で買い求めた。
車をガレージにとめてから家までが歩けなかったからだ。ほんの2,3分の距離なのに、休みやすみしか歩けない。
それからは、シルバカーを持ち歩いて仕事をつづけた。
やはり、普通じゃない・・と思い病院へ。
そこはスポーツ障害でやってくる患者がほとんどで、足をよく見る先生がいる・・という話を親戚から聞いていた。

その頃は、余裕もなく、どこの病院を選べばいいか?など考えなかった。考える余裕がなかった。痛くて、ただ病院でないと駄目だなぁ・・とだけ直感していた。
そこで、レンゲンとMRIを撮りました。
その結果を知ることになったのは2週間目でした。
薬は神経をやすめる効果があるのと、血流を良くする薬とロキソニンを1か月分もらって帰った。
何が、なんだかわからない状況なまま、なんで薬が1か月分なのか?それがどう意味なのかも分からないままでいた。

店を休むとという決断と「痛みが」が毎日襲っていた。
薬を飲むと船酔いのようになる・・それも2,3日して慣れてゆきました。
毎朝起きると「よくなっている」と信じて眠りについていた。

でも、相変わらず朝起きると台所までは少しの痛みで済むが、すぐに痛くて横になる・・と言う日が続いた。

もう、いいや。手術も視野にいれようと考え始めたとき、ある有名な病院へ行った。

「これは、もう手術しか根治はしません、それはあなたが判断することです、成功率は85%」と自信ありげに先生は言い放った。
「やっぱりなぁ」と変に納得した。主人も「信頼できそうやな」と言った。
二人して帰り、あくる日その病院へ電話した。覚悟を決めて電話した。
「手術の日程や費用など教えてほしいのですが」と言うと
「相部屋は5年待ちです、個室なら2万円、4万円。6万円とありますが個室も6か月から1年待ちで、確約はできません」と
ゆははった。
頭が混乱した。

主人と話した・・・話すうちに昨日主人の診察の際に私の症状ばかり気にして聞いていた掛かりつけの先生を思いだした。
人間的な心配を見せてくれていた先生、そうだ先生に相談しよう・・と思いついた。
主人が「何、相談するねん」と聞いたので、「分からんけど、どこ行けばいいか相談する」と言い。先生に予約した。

先生は待ってましたとばかりに私のMRIを見ると、丁寧に症状を分析して、図まで書いて説明してくれはった。それに問診も丁寧に聞き込んでくれ、足の触診や横になった時の足の動きまでみてくれはった。

今までのどの先生よりも丁寧で誠意があった。足の触診などしてくれた先生は今までいなかった。

「先生、こんなのもみはるんですか?」と私は言った。

町の掛かりつけ医はともすれば風邪をひいたとき、下痢をしたとき・・・と簡単な病気だけだと思っていた。
思えば、その先生は大阪の大きな病院の脳神経外科で働いていたお人でした。町医者といえども、立派な最新式の「MRIの装置」があるのです。考えれば何時も頭のMRIを撮ってもらっていた。お医者の家系で3代目でした。
いつも気にかけてくれていたのだ。
先生の立派さを再認識した。

その先生の見立ては「黄色靭帯よりも椎間板が神経根にあたっているとおもう。狭窄症はそれほどひどくないので、手術はいらんかもしれません」と言われた。
「最初から手術を考えないで、温存方法を考えてみた方がいい。シルバカーでどこまでも歩けますか?台所で2本の足で10分ぐらい立ってられますか?」と聞かれた。

今日は午前中にシルバカーで20分歩いてみた。夜は30分歩いた。時たま痛みは感じるがドウシヨウモナイ痛みでなかった。
明日からは筋力の低下を防ぐため、シルバカーで歩こうと思う。

8月25日と9月1日に、診察があります。
脊髄専門の先生です。

すべてはそれから考えようと思います。
8月はお盆までは完全な夏休みになりました。

私の足の痛み次第では盆明けに店を開けようと思います。
旦那が退屈でたまらんようで、私も前向きにこの状況を乗り切らんとあかんなぁと思いました。
生活は、働かんと成り立たんみたい^^^わたしたちは。

明日から、織もやろう、この時間がたっぷりある時に歯医者も行っておこう・・と思いました。

あと2週間で働ける体になりますように~~


[PR]

by yukiwaa | 2015-07-30 23:56 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(9)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/24304834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mackworld at 2015-08-02 11:38
有名で大きな病院なんて患者は物あつかいだすな、日々診察する患者数がやたら多いから面倒臭い患者は「はい切りましょう」と手術の方向に向かいまする、おいらも小腸憩室が出血していた時に外科医は速攻で「切りましょう」と言ったがオイラは頑固に内科医の内視鏡での出血部位クリップをしろと突っぱねますた、ヘソから膀胱にかけて真一文字に切り裂いて予後が悪くなる外科手術なんぞさせてたまるかでありまする、大腸と比べ小腸は内視鏡挿入が難度のテクニックがいるので内科医にしてみれば学会に報告できるような冒険でありますたが、若い医師は頑張ってチャレンジし無事やりおうせますた。
思うに町医者の方が経験値が高く、その道のプロである安心感がありますなぁ、大学病院や総合病院はアホな医者がゴロゴロいますから、信頼のおける町医者にかかった方が「吉」でありまする、辛抱強く病と向き合って頑張ってちょうだいませ。
Commented by yukiwaa at 2015-08-02 18:05
マックさん!こんにちわ。
大きな病院は若い経験の少ない医者が多くて誰にあたるか分からないので、最初から敬遠していました。
元は眼科で10年ほど前に脊髄と頸椎の手術で有名になったところへ行ったのですが、最初からホームページを見ていて、入院施設が写真に載っていたのですが、なんだかなーー金儲け主義か?とあまりいい感じはしなかったのですが、親戚の勧めもありで一度は行ってみようとおもったのです。
そこは「開腹手術で、骨も5cmほど切り取り、後でセラミックの骨を入れる」と説明してくれました。
開腹の方が黄色靭帯を端から端までとれる・・という説明で、これはこれで失敗がなくていいかも・・と思ったのですが、後でかかりつけの先生に聞くと「黄色靭帯よりも椎間板が神経に当たっているという診断でした。
全然違うのです。それから歩くようにしたら少しずつ歩けているので、やはり椎間板だったのかなぁ・・と今は思っています。かかりつけの先生が大きな病院の「良い先生」に紹介状を書いてくれはりましたので、
9月1日に行きます。
やっぱり「紹介書」があると安心です。
専門の脊髄の先生はほとんど週1回の診察しかしておらす、紹介がないとみてもらえない状態のようです。
時間がかかりますが、慎重に判断できるように私も勉強してます。ありがとうございました。
Commented by at 2015-08-03 01:25 x
たいへんやなぁ、大事にしてや、
私の腰は椅子に座ってたらあかんのよ、てか、同じ姿勢があかんみたい。で、動き回ってたら足はしびれへんし、痛ならへん。
先のことは解らんけど、兎に角、動いて、ストレッチしてで、今の所、医者いらず。
6年前に手術って言われたのが嘘のよぉ、
Commented by antsuan at 2015-08-03 11:01
いやぁ、それはお大事に。

私も仕事をしないと活きて行けない状態ですので、カミさんの力を借りて何とか頑張っています。

Commented by yukiwaa at 2015-08-03 11:24
蛸さん、こんにちわ。
痛くても仕事していたので、最初の病院では「絶対安静」いわれてん。それを忠実に守っていたら、なんだか「ホンマの動けない人」になりそうで、不安で、
違う医者にも意見を聞こうとおもって行ったんやけど、MRIをパソコンで見るだけで、私に向かったのは
結果を言うときだけ、これっておかしいやん。
でも、その時は信じてしもてんけど、帰ってから入院の料金を聞いてなんかおかしいやん・・と思ったの。
今はやりの神の手をもつ医者・・とかいうふれこみでメデイアにものっていた医者の様でした。後から知っ
てんけどね。
動いていて、痛くない・・・いいなぁ。
たぶん椎間板がある姿勢で神経根にあたり、痛いんやね。でも椎間板は最近の医学では「すぐに手術」とは
言わないらしいのです。椎間板が小さくなったりするケースが多いらしいのです。
私もそのケースであってほしい・・と今は願ってます。
蛸さんは、そのケースやろうねー
Commented by yukiwaa at 2015-08-03 11:30
あっちゃん!ご無沙汰してます。
そうなん、我が旦那も仕事がないと身体が弱るらしいのです。それにアルツハイマーもあるしね。男にはホンマ仕事って拠り所なんやね。
でも、我が旦那も私のサポートなしでは、働けんみたいで・・・近所の人や友人に「一人でもしたら?」と言われて、今は考えているけれど、結果的にサンドイッチのないパン屋はしたくないらしい・・私が
手伝えればいいんですが^^頑張ります。ありがとう。
Commented at 2015-08-03 16:27
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2015-08-03 17:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yukiwaa at 2015-08-03 19:34
蛸さん!ものすごく勇気づけられました。

今日も桂川を散歩、最初の15分は痛むこともあり、あとの15分はなんとなく痛くない感じでした。
歯医者も行けました。仰向けに寝れなかった、下向けもダメでした。簡単ななストレッチはしていますが、左足が痛いので左足を左に倒すんは痛いので駄目。
出来る範囲でやろうと思います。
確かに簡単に医者に頼れる環境にいるので、安易に考えてしまう兆候ありです。
今は手術もイランのでは?と自分次第で痛みと付き合わんと仕方ないのかもと思います。私の場合は座っている時は痛くないのです。歩くと左足くるぶし上のあたり15cmが電気が走ったようになるのです。
ただ、ズート立っていることが出来ない。サンドイッチはシルバカーにもたれながら作ろうかもと思ってます。それもリハビリかもです。
織は織っている時は痛くないのですが、同じ姿勢が良くないので、あまり長い時間はしないようにしています。
掃除機をかけるのがしんどい。台所仕事が簡単になってしまいます。
自己再生能力を信じたいです。
1時間近い足のストレッチ・・何をしていいのか分からんから本でも探してみます。

ありがとう。がんばるね。今から夜の散歩してきます。