高野さんへゆく  ふたりで。

十兵衛の散歩を終えてから、夫婦二人で「高野山」へ行ってきました。

同じ関西なのに、和歌山はとおーーい!!かった^^^

阪急で梅田、桂で1回目の乗り換え、御堂筋線で難波へ乗り換え2回、
難波から高野山へ向かうが、橋本で乗り換え3回目
それからケーブルで山頂へ4回目、それからバス5回目・・・大よそ4時間。
勿論、高野山への「特急」を予約しておけば1度の乗換えがすくなくなります。

これから行かれる方はフリーキップを買われたら交通費が半額で行けます。
帰りの電車の釣り広告で知り、とっても残念な思いをしました。

f0181394_19345782.jpg
 
     68歳になりました。行きも帰りも若者が席をゆづってくれました・・・それなりに見えるんでしょうね。


 
f0181394_19390170.jpg

    徳川三代将軍家光が建てた、家康と秀忠(二代目)の徳川家霊台。日光を真似た小さな世界でした。
  
    朱印帳に立派な筆字で書いてもらいました。

    
f0181394_19353336.jpg

                   修行者でした。

f0181394_19351621.jpg
                 高野まきとお水、厄除けの意味があるのでしょうか?

                 お寺の門前にありました。そしてこれも・・



f0181394_19352480.jpg
   
f0181394_19355834.jpg
   
       
f0181394_19514472.jpg

   
f0181394_19364251.jpg
奥の院です。お釈迦様がおられるところです。今もおられると言われています。
此処では帽子をとり、静かに・・と言われます。写真も門前だけが許されています。


f0181394_19540415.jpg
      奥の院は武将のお墓が立ち並んでいました。

   
f0181394_19564364.jpg
   事故で亡くなられた方の慰霊塔も・・・でも最近は大手の会社が大きな敷地を買い、やはり、憧れなのか
  立ち並んでいました。


f0181394_19365626.jpg
                             こんな風に^^^
   

f0181394_19362268.jpg
                人知れず誰かが作られた「水子の供養墓」あちらこちらにありました。

   帰路についたのが4時半でもバスは5時、ケーブルは5時44分発。十兵衛がまつ家に帰りついたのは9時でした。
   電車、バスが嫌いな旦那がよく行ったな~~と思いました。
   結構、新緑に気分をよくして写真を撮りあってました。

  十兵衛は案外、機嫌が良くて不思議でした。あとで聞くと息子が来ていたみたいで・・・
  今日も資材を取りに息子は来ていましたが話は一言でおわります。
  忙がしそうです^^^



[PR]

by yukiwaa | 2015-05-12 20:07 | 夫婦こつこつ | Comments(2)

Commented by at 2015-05-17 02:27 x
ええねぇ、日本をゆっくり旅したい。
でも、日本は遠い、そんな時間とお金があったら子供等に会いに行きます。
離れててもええから、同じ国に居てたかった。
Commented by yukiwaa at 2015-05-17 15:21
こんにちわ、蛸さん!日本が遠くなりましたか?
息子が優先されるのは当然です。
同じ京都で住んでいてもナカナカあえないですが
やはり「安心感」が違うとおもいます。
私なら耐えられないかも^^^