誰よりもゴリラに近い人間。

歳の瀬に、家族が全員そろい、無口になる「かに鍋」を食べました。

2年位前はお店をやめたくて、やめたくて仕方なかったけれど、やはり、その「やま」を越えて
1年経つと「ありがたいなぁ」と思えた。
30日がお店の最後でしたが、お店の大きな会所を掃除しました。
30年近く何のトラブルもなく機能した会所にありがたいなぁ~と思えた。
夫婦二人して一生懸命、1時間ほどかけて、徹底的に掃除しました。次の歳のために・・・

今年が私にとってどんな年だったのか振りかえって見た。
頭の中に?がいっぱいの毎日がすぎて行き、「自分自身」すら読めない時がありました。

その中で私がはっとさせられた本は「嫌われる勇気」とそれにもましてピーンときたのは
「自分」の壁」・養老猛さん著、それに最後に
KU:NELと言う雑誌の中の「山際寿一」京都大学霊長類研究所助手とえて、
同大学理学研究科教授に就任。2014年10月より京都大学総長を務める方の言葉でした。


f0181394_22103059.jpg
人間の本質を知るには人間社会の由来を知らなければならないだろう・・と踏み出した霊長類学への道。
東京大学と関西を中心とする京都大学の違いも書かれていて、
「サル化する人間社会」・・それはサルの世界は上下関係がある。
でも本来人間はゴリラに近い存在であり、「争わず、相手を排除しないこと。見つめ合って、お互いの存在を受け入れること。
強く優しく、時にはユーモラスな森の同胞達からの教えは今も息づいています。

彼の本を来年は読んでみよう・・自分自身の中にある<ゴリラ的>な部分が呼んでいるように思えた。

「ゴリラは語る」「野生のゴリラと再会する」「人類進化論、霊長類からの展開」・・・等等です。

f0181394_22081106.jpg


f0181394_22075094.jpg

 ゴリラに学ぼう~~今年、学んだ結論でした。

学んで、楽しんで笑って、人を信じて生きてゆけたら良いなあ~~

それでは歳の終わりにあなたは「何にハッとされたのでしょうか?」

ヨコで眠っている長男に、私は「ハッ」としました。息子も歳をゆくんだと^^^


良いお年を~~!!



[PR]

by yukiwaa | 2014-12-31 22:30 | 生きものいきいき | Comments(2)

Commented by mackworld at 2014-12-31 23:18
■勝つか負けるかが生きるか死ぬかの武道の世界観でも「負けない構え」というのは大事なことだと思われまする。
Commented by yukiwaa at 2015-01-02 11:43
まっくさん!歳があけました。おめでとうございます。今年も宜しくおねがいします。
武道の世界ですか?
山際さんの文章で、ある日アフリカを歩き回り、疲れてので、洞窟で眠っていると、ヨコでゴリラが山際さんの足を枕に眠っていたそうです。人間はゴリラを殺すのに^^ゴリラは対等に見つめ合うのです。
この心優しい霊長類から私達人間が学ぶ事が沢山あるはずです。
京大の学長になられれ、学生達にどのような影響を与えるのかが興味シンシンです。