京都市動物園

今回ほど、<台風め!>と腹ただしく思ったことはない。
夏からの約束で涼しくなればいこう~~と言っていた「動物園」。
お連れは30代の女の子です。それに小学校1年生の女の子も誘おうと思っていた、それなのに「台風」です。
暴風警報がでれば、動物園は閉園されます。

大丈夫だと思いたいけれど、天気予報は怪しくてたぶん行けないと思う^^

私が関心をもったのは動物園の図面が何時も息子の机にあった事からのはじまり、新聞で「ゾウ舎」の話を読んだこと。
それに何よりも彼女と行くのは「写真」が目的。
写真をやっている彼女と「撮りにいこう」と約束したのが発端でした。彼女はお勤め人なので、祝日のそれも私が休みの月曜日でないと時間があわないのです。

台風よ!もう、1日だけ猶予を下さい。

じっと見入ったことのある人はあまりいないだろう。でも言われれば何となく思い浮かぶー。そんな建物が取り壊されます。京都市動物園のゾウ舎だ。建造は1923年(大正12年)年。
全国の動物園に現存するゾウ舎でもっとも古い・木造モルタルで外壁をレリーフが彩る。何度か改修したが、阪神大震災にも耐え、当時の外観を伝える。---略ーーーー戦中の猛獣類処分、戦後の進駐軍摂取、そして希少動物の繁殖。園の悲喜こもごもの歴史とともに歩み、ゾウが大好きな子供の笑顔を見守ってきた。今は最後のあるじ美都(みと)が暮らす。跡地を含む一帯は「ゾウの森」エリアに生まれかわる。・・・略・・・京都新聞より抜粋。

此処まで読んでこみ上げてきたものがあった。昔、相当昔に戦中に動物が殺傷された物語の本を読み泣いた事を思いだしたのです。
何だったか記憶は不確かだが、確かに動物達が死んでゆく話でした。その記憶が残る「ゾウ舎」をもう一度見ておきたい。10月の19日までなのです。

写真も撮りたいけれど、動物園にも行きたい!出来れば縁のある小さな動物好きな女の子も連れて・・・
「小学校で遠足で動物園へいったらキリンさんがいてん、みどりちゃんっていうねん」と目を輝かせながら言うその女の子は何時もの寂しそうな顔を明るく染めて笑った。私はどうしても動物園へ写真好きな彼女と小さな女のこと行きたいのです。

f0181394_21030158.jpg
ゾウ舎のレリーフ。もうすぐ壊されます・・・絶対見にいくーーー月曜日が駄目なら昼休みに一人でも、飛んでゆきますーー

[PR]

by yukiwaa | 2014-10-11 20:54 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/23102219
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]