やっとできた機仕掛け。

ノーベル賞、おめでとうございます。
嬉しい、嬉しい久しぶりのニュースでした。

「自分の好きな事をやりなさい」と言われた。結果は考えず、やりたいことやっていただけ。
「人の役に立つ事をやりたかった」それが研究へのモチベーションだと言う天野教授。

「健康に気をつけて好きな事に打ち込んで下さい」奥様の言葉。

それぞれがもたれ合わない関係からの大人の優しさ。

う~~ん、学ぶべき事が多いですね。嬉しいニュースでした。

話、変わりますが、
やっと、やっと先生から教えていただいていた「輪整経」「織り機の上での粗筬使い」綾捧を高くあげて、ソウコウから綾をみて、腰を曲げずのソウコウ通しができそうです。

言葉では、教わっていたのですが、なかなか、納得がいかず、納得いかないとしたくない・・と言う気持ちが沸きます。
それで足踏み状態の私の「整経に機ごしらえ」。

今日、どうにか納得して出来たように感じた。一山越えたかなぁ?当たり前のことですが、それが当たり前に真似できないでいました。

f0181394_22024106.jpg
 整経した経糸の輪を後ろの捧に通しました。そのまま、整経した経糸を綾棒を置いて後ろから、粗筬に置いてゆきます。
勿論、綾返しはありません。ただ、恐かったのはソウコウを全て、ソウコウの上にグルグルと巻いておいて置く事でした。
すべて経糸が通り、筬にも通ってから、タイアップの時に糸は繋ぎます。

f0181394_22023552.jpg
   通し終えました。これで織り巾が確保できました。これから経糸を前から引っ張り、後ろを機草を入れて巻いてゆきます。
   誰かに手伝ってもらうのが理想ですが、出来ない時は前の経糸をくくり紐でつけて引っ張り適当な所に括るか、重しをおきます。

   
f0181394_22024640.jpg
 綾棒を高くするために1本捧を通して綾棒をその捧に引っ掛けてます。これはスェーデンの本にも載っていました。合理的なやり方です。勿論ソウコウも高くあげて腰を曲げずにソウコウ通しができます。
織りは能率も大切ですが、楽な姿勢も大切だと思います。


f0181394_22025150.jpg
前から見たところです。イスを織り機の中にいれ、座った姿勢で綾棒を見ながらソウコウ通しができます。
ソウコウは織り機のソウコウ置きを高くして置いています。3本の捧のうち下の2本が綾棒です。綾がとても見やすいです。一番上の棒
で綾棒を高くしてます。勿論端で紐を通して綾捧をひっばってます。綾が抜けないようにしています。
この写真はソウコウ通しが終わり、筬通ししている所です。

後は、このやり方に合う、整経をして慣れるようにする事。

上手にやれば、糸の節約になり、糸に負担をかけないで後ろを結ぶ手間が省けます。勿論、機前は経糸を結びます。

次回は麻糸のそれも単糸だという、もつれても余り手をいれてさばけない。軽く糊付けしたい気持ちですが、如何でしょうか?

試行錯誤はこれからも続きそうですね。もつれても、バッバッと糸を下にたたく様にするだけですよ^~と言われて怖気づいています。

この織り機を購入して3年が経っています・・・(初めは本筬通ししてからのやり方でしたので、今のやり方は違います。)
遠回りしました。
 



[PR]

by yukiwaa | 2014-10-08 22:40 | 織りものゆたゆた | Comments(2)

Commented by takoome at 2014-10-09 17:07
サワディーカー
私は只今、風で倒れてますけど、そんなこともなく、ほんま、頑張ってるわ。
ずっと見てきてるけど、素晴らしい成果やね。
どこまで行くんやろ、楽しみや!
Commented by yukiwaa at 2014-10-09 21:59
蛸さん!こんばんわ。
輪整経で機しかけ出来たら、時間の節約になるかもと思いました。それに縦絣は輪整経でやるらしい・・パソコンで読んだので確かか如何か分からないですが。
沖縄のドラム式の整経台って面白そうでね。色々な整経の仕方があるんだと知りました。大きな収穫でした。
昔、読んでいた本の意味が今頃分かってきました。
それに何より、モノポールが月曜日火曜日と連休になったので織りに向かう余裕が出来てます。これからです~~見てくださいね。励みになります。ありがとう!!