きままに、気ままに、すごすぞーー!!

先週のお休みは、月曜日は教室でした。火曜日は気になっていた「掃除」。何時も簡単掃除なので、火曜日は徹底的に・・と、身体の続くまで・・・無理すると<めまい>が心配なので、それでもフローリングはパソコンも退けて、ワックスがけ、片付ける場所が多くて、止まる事も多くて、朝(6時頃)から始めて、昼過ぎまでかかりました。その間に朝ごはん、昼ご飯^^^けっこうする事が多いんですよね、主婦を真面目にすると。
3時ごろからやっと落ち着き「整経」をしました。木綿糸です。織り機に慣れるためにやろうと思っていただけなのに、先生は「組織織り」をおすすめでした。従順に従い・・・40×180の夏のマフラーです。<どうなるか分からないけれどやってみてーー!>との事。
どうなるんでしょうか??

先週の話に戻すと、先週は織教室、掃除、店、それに店の植木を車に乗せてもって帰り、植えかえをすることに・・種から育てていたパセリがプラウンター3個分、大きくなったパセリが盗られていました。2日かけてのパセリ泥棒です。

ショックで「もう一度植えてやろう!!」と思いました。パセリの種を植える時期としてはギリギリか、もう駄目かです。でも悔しいのでもう一度植えとう~~とスイッチが入りました。それからが止まらない・・・「カスミソウの種と忘れな草の種」も買いました。
植木鉢がいります。・・・植え替えをせんと、植えられない・・・ダンダンする事が増えてきて、しまいには種を植えてから、今度は紫陽花の植え替え、4鉢分・・それに家の植木鉢の植え替え・・店のは車に積んでもってかえり家で土を篩いにかけて土作から始めます。なるべくお金を使わないように古い土に腐葉土やピートモスを入れて、鹿沼と赤玉は古いのを使い土作りから~~3日間やりました。重いのは20Kはあったかもです。店の植木鉢は大きいのです。腰が少し痛くなりました。

それに横浜で会社されている方から「パンの注文」です。京都で講習をするので、配達をして欲しい・・との事。こんな競合店が目の前で店をしていて、厳しい時代に断わる事なんて出来ません。承諾しました。でもその日は「福祉施設へのお仕事」もあったため、大忙しで時間割を決めて二人でこなさんと出来ません、「あ・うん」の呼吸です。仕事に関しては我々夫婦は「あ・うん」の呼吸で補助ができます。

土曜日も久ぶりに忙しく、日曜日は少しダウンしましたが、まぁまぁ~でした。

今日は貯まった売り上げをもって早速主人は銀行へーーー支払いのための入金です。これで、ワンクールクリアです。
支払いが終わると後は光熱費と生活費です・・・「戦争」です(笑)  これが終わると又ワンクール終わるのですが^^^これが厳しい時代になりました、でも投入できる「年金」があるので、これがきめ手です(大笑)

大概の小さな自営業はこの様にヤリクリしているのが現状のようです。財産がある・・とか親の遺産がある場合は知りませんが、そのような人は何処までが自分で頑張っているのか何処からが遺産や財産からの補助なのか?分からないでしょうね。

その点、モノポールは健全経営だと思います、体が痛むだけ、支払いができます。生活が出来ます。ある意味、手ごたえのある経営です。

脱線しました。

今日は何を言いたいかって?先週が公私とも忙しかったので、今日のお休みは「思いっきり、気ままに過ごすぞーー」と言いたかったのです。

織りも、食事も、掃除も、洗濯も、顔を洗い、歯を磨く事も、服を小奇麗にすることも~~みんな、みんな気ままにやるぞーー
本来の自分です。本来の自分のまま気ままに過ごす。最高の贅沢です。

今日は、主人も自分で食事して出かけました。

「あ・うん」の呼吸で、私の「きままムード」を感じたのでしょうか??
f0181394_11095664.jpg
 右手をグーに握り輪整経してみました。着物をやられているかたから教えてもらいました。
1本の糸で綾が出来るので1本づつ色が変わる場合は出きませんが、2本の糸で一度に2つの綾がとれました。
沖縄のドラム式の整経台でやられていたのですが、私は置き方で糸を吊るすところがある整経台でやってみました。

輪整経って端にしないで、真ん中で綾を取り、糸を両端に回して、その両端を輪にしようと思うと輪と綾の間がどうしてもクロスします。
(右端に糸をくくり、右手の人差し指と中指を使い綾をとり左に糸を回す方法です、これは何処かで綾以外で糸がクロスしてしまいます。端を切り、後ろにくくる場合はこれで良いのですが・・・)間違っていたら教えて下さい!!違いますか?

クロスすると・・木綿糸などは絡むので切れやすいのでは?と思うのですが、それで、端に綾をとりその綾を輪にするのです。(大き目の綾にします)
それは良いのですが、卓上用の整経台だと1本づつしか出来なくて、無理しても2本、これは2本づつ綾をとる方法です。ただ、ひたすら整経台に糸をまわすのです(アシュフォードの整経の動画などに出ているやり方です)・・急がば回れなので、これでも良いのでしょうが。
でも、抵抗あるので、1本づつ綾がとれて、何本か同時に綾が取れないか悩んでいたのです。
それで行き着いたので「グーにする整経の方法です」。
同じ色の経糸なら大丈夫です、色を変えたいときは2本からならいけそうですので、そのときに考えることにしよう~~と。

f0181394_11482019.jpg




[PR]

by yukiwaa | 2014-10-06 11:49 | 生きものいきいき | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/23069657
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]