ボストンカバン

先日もブログに載せましたが、ボストン型のカバン・・・注文を頂いた方に、やっと手渡しする事が出来ました。
3月頃に注文を頂ましたが、肝心のミシンが壊れていて、ネットで見つけた業者にミシン全体を検査してもらいました。
丁度、入学時期でもあり、ミシンの修理依頼が殺到していて、混んでいました。それでも大急ぎで一月ぐらいで修理完了して手元に届きましたが、3月、4月と競合店が出来、落ち着かない日々の中、<ものづくり>する気になれず、それでも「構想」だけは、練っていました。
「あの着物にしよう・・とかあの着物を裏にしよう・・とか模様をつけるにはあの糸を使おう・・経糸もはりこんで、コットリンでしよう・・・」などなどです。

そうして出来上がったのが  ((6月から始めて7月の頭に出来ました。)

f0181394_12022233.jpg
このカバンでした。
裏は
f0181394_12023515.jpg
2種類の絣地を使いました。

それに、今回、始めてネームタグをつけました。
f0181394_12031235.jpg
これです。たては24mm、横は5cm位です。

最近の天気は異常気象で、ゆっくり、雲を見て楽しむ事も少なくなりましたが、私が小さいときは良く空を見たものでした。

「アッ、飛行機雲や!」「あれっ入道雲」「わた雲、ふんわり」だとか色々な雲を見て会話になったものでした。
恐さもなく、穏やかに変わる空を楽しめた時代でした。

子供の頃を思いだし<わた雲>と入れました。大人になり店をすると、お客さんは「奥さん」と呼び、子供達は「お母さん、から かあ~さん、仕舞いにはおい!」です。主人もはっきりと私の名前は呼びません。昔の友人はその時代の「あだ名:」です。
ただひとり「ふみよさん」と呼んでくれるのは、主人の大学時代の後輩です。それにブログでお友達になった彼女です。
親から貰った名前が陰が薄くなりました。主人は皆が名前で呼ぶのにねーー。
それで、忘れないよう<文代>なのでfumiにしました。

でも、意外な事にカバンを依頼してくださったお客様が、涙声で喜んで頂きました。

ネームタグが気に入らないなら外してください・・・と言うと「いやっ、嬉しくて、子供の頃のあの情景がワーと思い出されて嬉しくて
^^」と涙声でした。「丁寧に作って頂きありがとう!」とも言われました。

色の感覚も彼女は気に入って頂いたようで、私も今までの苦労が飛んでゆきました。

始めてのお金にした作品でした。

次回も頑張ろう・・・と思いました。お金以上の有り難さが私にも伝わりました。
[PR]

by yukiwaa | 2014-08-05 12:30 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/22681046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by aamui at 2014-08-29 04:04
いや~~凄いです もうバッグまでできるようになったのですね!(^^)!おめでとうございます
Commented by yukiwaa at 2014-09-01 10:35
aamuiさん!ご無沙汰です。こんにちわ。
お店に、織りに、家事^^まだ息子がひとりいるので結構な食事量です。
忙しくて、身体はボロボロですが、人に喜んでもらえて気持ちがハッスルします。このカバン良いでしょう??