親バカという生きものは永遠に~~

眠れない夜・・という経験は皆無に近い私が昨日は眠れないでいました。

眠れない・・と言っても朝が5時過ぎに起きなければならない私にとっては1時過ぎると<眠れない>・・となるだけですが^^^

睡眠不足になると、朝の仕事の時、体が思うように動かなくなるのでは?めまいがしないだろうか?・・と心配が走り、なお更、、眠れない・・となる。

下の息子がやっと帰ってきたようだ、風呂に入る様子が感じられた。

もう、眠れる・・と思いつつ、階下に下りて軽い「入眠剤」を半分にして飲む事にした。
その時に、チラッと息子の顔を見た。

入眠剤がきいたのか?息子の顔を見たのがきいたのか、すぐに眠りにつけた。
朝も気持ちよく目が覚めて仕事が出来た。

息子・・・といっても良い歳だし、心配することもなく、<ほっーておけ!>が旦那の口癖で、なるべく、ほっておいている・・んだけど、同じ屋根のしたで住んでいるのに、3日も顔をみていない。
夕飯も勿論食べていない・・・仕事が立て込んでいるのは分かる。材料が沢山届いていた。それでもやはり気がかりになってくる。
眠れないついでに、長男にも電話する。留守電になっていたので「元気かーー」とだけメッセージを入れておいた。折り返し、長男から電話がかかってきた。「おれ、やるから~~」以前から聞いていた仕事の話でした。
何も言わせない・・と言う雰囲気がそこにはあった。
「上手くゆくように願ってるわ」と言って「食事はキチンと取らんと頭、剥げるでー」と言うと「頭は遺伝や」と言う。「お父さんそないに剥げてヘンやん」と言うと「どこがー、ずるむけやん~^」という。笑って電話を切った。
でも、眠れないでいた。

母が83歳で亡くなるとき、「あんたらの事、もうっ、心配してやれんわ^^」と悲しそうにベッドで横になりながら言っていた。その言葉が頭から離れない。
幾つになっても、母は<心配>してたんだ。それが母の愛情のシグナルだったんだろう。
若い頃は「うっとおしいーー」としか感じなくて、よく兄や姉と母の悪口を言い合った。それだけ存在感が大きくて影響が大きく、我々がどれだけ強くでようとも敵わない人、それが母だったんだ。
・・と今頃強く感じる。
それにその母のDNAがしっかり姉妹に受け継がれていたのが思い知らされた。勿論私も^^です。

もうっ、何を言おうと自分の思うように、自分の甲斐でやるんだから、でも母は心配性です。

最後は親がいる事を忘れないでいて欲しい・・思っている。

分かってるんだろうか、きっと分かっている^^^

そんなこんなで眠れない夜でした。
[PR]

by yukiwaa | 2013-09-07 14:43 | 生きものいきいき | Comments(2)

Commented by at 2013-09-08 19:27 x
そんな時もあるわな、
それに、表現が違うだけで母親はみんな心配性やで、
心配せんでもっていわれても、無理やし・・・・、
Commented by yukiwaa at 2013-09-08 23:41
こんばんわ。蛸さん!
確かにそうよね。
男だけの家族って口を揃えて「かまわんで良い」とか「心配せんで良い」とか言わぱなっしでして、私が自分の世界で楽しめば良いのでしょうが、やはり母親としては^^^気になるのです。
でも、昨日は9時頃には帰ってきました。何も言わないでいたんですが、風呂に入る時に「明日は、昨日みたいに遅ならへんし」とサラッと言いいました。私が心配するのが分かったのでしょうか?