がまんしなくていい。

長い時間、生きてきました。
何にも一生懸命で頑張っていた。

子育ても慣れなくて、何時も迷いの中で、それでも何時も逃げずにいた。
お店の仕事にも慣れなくて、辛い事もあった。

京都・・という町にも慣れなくて、
多くの親戚づきあいがあり、なれなくて「挨拶の仕方」から神経を使った時代もあった。

夫婦という難解な関係にも躓いた時が度々あった。

それでも何処かで信じていた。

頑張りながらも、あきらめることはなかった。

少しづつ、なれてゆき、「自分」が出来上がっていった。

今は、二人の息子も親以上に頑張っている。

働き者の息子達に育った。

悲しい<言葉>を聴く時がある。

その人、その人の歴史の違いからくる「歯車」の違いからか?

それでも、大切にしたいとも思った。

でも、内向きな「我慢」は正直でない。

f0181394_20442017.jpg

諏訪中央病院院長、鎌田實さんの本です。

自分を幸せにするセロトニンと相手を幸せにするオキシトシン。
この二つの幸せホルモンをたっぷり出す事でその人自身の心と体の健康が守られる。
同時に多くの人がセロトニンとオキシトシンを出す事は。世界に平和をもたらして地球を住みやすくしたり。自然を大切にして地球を守っていく事にも繫がると思う。・・・218ページより抜粋。

人に嫌な事を言う事は体に悪いんです、愚痴ばかり言っていると身体に悪いんです。優しくすると
それは自分の身体にも心にもいいんです。

簡単な話だけど、医学的に言われると何だか面白い!!

「がまんしなくていい」んだ!

大切ながまんとそうでない我慢・・・
分けないと、体がもたない。今までの人生の歴史にも申し訳ない。

セロトニンとダイオキシンを意識しながら<がまんしなくていい>は私をホットさせてくれた。
[PR]

by yukiwaa | 2013-08-20 20:56 | 生きものいきいき | Comments(6)

Commented by saheizi-inokori at 2013-08-20 23:21
素晴らしい4重奏でしたね、これからも良い音色が響くでしょう。
Commented by まっく at 2013-08-20 23:26 x
■そうだよねー、我慢してためこむと頭が悪くなって、ろくなことにならんだすなー。
おいらはワンコにぶつくさ言ってしのいでまする。
「おまえ顔がおかしーなぁ」
「ワン」
「おまえ鼻がないなー足もみじかいしなー」
「ワンワン」
なにを言っても尻尾ふって答えてくれまする。
Commented at 2013-08-21 17:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yukiwaa at 2013-08-21 23:05
鍵コメさん!ありがとう。
またまた、そちらに飛んでゆきます。聞いて下さい!
Commented by yukiwaa at 2013-08-21 23:12
佐平次さん!こんばんわ。
気持ち良い調べでした。人はナカナカコウは行かないですが^^
我が家の音色は?です。
Commented by yukiwaa at 2013-08-21 23:15
マックさん!こんばんわ。
そうですか「頭が悪くなるんですか」確かに我慢ばかりしてると頭の回転が邪魔になるもんねっ。
わんちゃんに言うの?分かっていて尻尾振っているんだよ。人間でもいるじゃん、そうゆう人(笑)