止めようと何度も思いながら^^

スェデッシュ織りの横糸の間隔が分からず・・先生が仰っていた「ひっつきすぎず、離れない間隔で・・」と言う言葉を追いかけて織ってきましたが。やはり、胸木のところで横糸に穴があく・・・これは織からおろせば多少は引っ付くのか^^^「でも、待てよ。やっぱりこれはおかしいのでは?」と思い、思い切って先生にメールして聞いてみる事に、「経糸が細いので、つめぎみ・・とも言いましたよ」・・・との事。
「詰め気味」言われたかなぁ~~<ひっつかず離れず>とも言いましたが経糸が細いので詰め気味で・・・との事。

改めて、もう少しつめぎみで織ることに・・・
「つめぎみ」の方が織りやすいのです。
今まではデリケートな間隔をとろうと・・筬を打つというよりは筬を引き寄せるとの言う感じで織っていました。

やっぱ、胸木での穴は^^^あんなにあくと駄目だわね・・と実感。

経糸が玉糸なので、織り機のコードにあたり、切れる・・・これも勉強。

切れた経糸を繋ぐのが上手になりました(笑)

シャトルはシャーと飛ばせるようになりました。

踏み木は間違って踏むので注意が必要・・・でも間違う回数が減りました。

何度も、「もうっ、止めよう」「糸を切って終わろう・・・と思ったことか!

これも、練習・・・やらないと次がない・・・何故かそう思って立ち向かいました。

タイアップも踏木の位置も試行錯誤・・・

踏木はなるべき踏みやすいように、下招木、上招木とも戦いながら・・・

如何にかできるかなぁ~~

でも今朝、腰が痛む・・・明日整骨院へいきます。
<今度は腰か!足も治ってないのに^^^>辛いなぁ~~

人の心無い言葉よりは辛くないけれど~~

それでも、仕事はバッチリやってます。
[PR]

by yukiwaa | 2013-07-25 15:26 | 織りものゆたゆた | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://yukiwaa.exblog.jp/tb/20083855
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by antsuan at 2013-07-26 11:03
古事記に出てくる古来の神様もこのように苦労して機を織られて居たのでしょうかね。
Commented by yukiwaa at 2013-07-26 18:27
古事記は読んだ事がありませんが、そうなんですか?
私は下手な横づき?でしょうか。
進歩が遅いのです。
何しろ、仕事があるもんで^^^
働かんと^^^何時まで続けられるんでしょうか???
Commented by トランプ at 2013-07-26 22:35 x
御無沙汰してました。

織りの経糸、、
「ちょうど隣にその経糸1本が楽に入る隙間がbest!」と思ってください。くっ付くとか、、詰めるとか、、でなく、、
経糸が、、気持ちよく縦に並び、、
横糸が、、気持ちよく経糸と織り重なって行く、

、、それが、、経糸1本が楽に入る隙間です。
Commented by yukiwaa at 2013-07-27 15:38
トランプさん!こんにちわ。
今回は泣きそう~~でした。横糸の間隔・・難しいと思いました。

織りの経糸、、
「ちょうど隣にその経糸1本が楽に入る隙間がbest!」
筬の目にもうっ1本入るぐらい・・と言う事でしょうか?
それなら、今回の経糸はだいぶ細いです。
60羽で丸羽ですが・・
始めての細さの絹糸です。(玉糸です)横糸も同じ糸です。
言葉を追いかけてやってみます。

ありがとうございました。
Commented by mackworld at 2013-07-30 21:49
■はい頑張ってお仕事してるなら、一安心だす。
Commented by yukiwaa at 2013-07-31 16:18
まっくさん!こんにちわ。

満身・・・痛いトコだらけです。マックさんもお元気そうで、何よりです。